Blog

オーダーメイドでお届けする、自由な結婚指輪とは #屋久島でつくる結婚指輪

シダをモチーフにジュエリーを作ったのは屋久島に暮らしてすぐの頃だっただろうか。そしてまた新しいスタイルが生まれつつある。お二人の結婚指輪作りもいよいよ終盤へ。

 

 

オーダーメイドが始まって、お二人からアイデアをいただいて、

シルバーとプラチナの組み合わせがとっても素敵なことに気がついた。

雨の屋久島、シダの葉としずく、幸せな結婚指輪づくり #屋久島でつくる結婚指輪

 

一人だけでは辿り着かない。お二人と屋久島の季節、そしてわたしと。出会うことによって初めて見える景色がある。

早朝の庭先で眺めたシダの葉は透き通るグリーンだった。

冬が近くなってきた光のように思う。

 

二つのシダがリングになって寄り添っている。

 

結婚指輪を自由なスタイルで選びたい!というアイデアは1/4世紀前まではほとんど見なかった。

遠く離れていてもオーダーメイドでジュエリーをお届けできるようにもなった。

デザインを作り出すのは多数に合わせたものではなくて、お二人の大切な想いである。

お二人の暮らしに寄り添うデザインが生まれて、屋久島の季節の中で作り出し、一つだけの結婚指輪に出会うことができる。

 

ラストタッチ。雨音。そして磨き仕上げに。

 

リングの造形がひと段落したところで、プラチナの粒大きさを変えていくつか作った。

いよいよラストタッチとなる。

リズムよく仕上げるのは、雨の雫のように散りばめるとよいのだと思う。

 

それにしても指輪作りの間は庭先でたくさんシダの葉を眺めていたなあ 笑。

すぐ近くにモチーフを感じられる屋久島ならではのジュエリー作りがとても好きだ。

 

ここから磨き仕上げなどを施して、また大きく印象が新しくなって仕上がる予定のだけれど、

制作編はここまでにして楽しみを先に取っておこう。

出来上がりは初めて見るジュエリーになると思いますので、ぜひお楽しみに。

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています

雨の屋久島、シダの葉としずく、幸せな結婚指輪づくり #屋久島でつくる結婚指輪

ほんと久しぶりだった大阪、京都の旅から帰ってくると、屋久島は雨でした。朝が少し冷たくなっていた。植物たちにしずくが宿っていた。

 

まずは庭先をぐるりと回って、花々を眺めるところから。

シダもハイビスカスも、山茶花、ツワブキ、サキシマフヨウ。いつものメンバーに会えて幸せで元気になった。

 

 

遠く離れていても屋久島の季節を分かち合いながら。

お二人の結婚指輪作りは、プラチナをシルバーでかたどったシダの葉っぱをくるりと巻いてゆくところまでを書きました。

お二人と分かち合う結婚指輪づくり。オーダーメイドの愛おしい日々。#屋久島でつくる結婚指輪

 

不思議なことなのだけれど、島に帰ってくるとお二人と繋がりが強くなったような気がして、

ふと海の向こうに思いを巡らせる。

お二人はどんな冬の始まりを過ごしているのかな。

 

アトリエには数日前の余韻がまだ残っていて、

とても自然な流れで机に向かって作業の続きを始める。

 

そうか、もう少しで12月なのか。

ぐっと背筋が伸びる。

いよいよ工程も後半だ。

彼のリングの上に彼女のリングを乗せて、ぴたり。

 

ほぼほぼ同じデザインではあるけれど、

サイズが大きくなる彼のリングはほんの少しだけリングを太くしてあるのはここだけのお話。

こうすると丈夫になるし、つけた時にお揃い感がアップするので嬉しい。

 

火を当てるシーンはこれを含めてあと2回。

いよいよここまでやってきた。

 

シダの指輪のサンプルをお送りしてお二人のデザインづくりを始めたのは

ほんの少し前のはずだけれど、ずいぶんと遠い日のようにも感じられる。

喜びがキュッとつまった濃密な日々なのかもしれない。

 

そして、この作業もまたすぐに懐かしい時間になるのかな、

そう考えると、今この瞬間がとても貴重なものに思えてきた。

 

 

朝のしずくのように儚く、力強く。

 

時々窓の向こうを眺めてふんわりと。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

永観堂へ、圓光寺へ。紅葉の京都で夢の中にいる。

河原町から永観堂へ、圓光寺へ。

秋の紅葉を眺めてきました。

細やかな葉が織りなすグラデーションに世界が彩られていていました。

こんなにも美しい季節に訪ねることができるなんて!

京都は夢の中のようでした。

全てが意識された構図の素晴らしさも。

建築物や庭を含めたデザインもとても深く響いてきました。

 

お二人と一緒に歩む、 オーダーメイドのジュエリーづくり。屋久島からお送りするサンプルリング。

屋久島サウスのアトリエです。

 

屋久島から岐阜のお二人に

出来上がったサンプルリングをお送りする朝。

 

彼と彼女、わたしが一緒に作り上げたイメージが

初めてカタチになった瞬間に

喜びで胸がいっぱいになりながら。

 

 

オーダーメイドの結婚指輪作りでは

スケジュールだったり、お会いできるかどうかも、

その時々に合わせて、といった感じなのですが。

 

お二人のデザインが出来上がって、

本番の制作を迎える前に。

 

できればそのタイミングで、

一度サンプルリングをお作りすることにしています。

 

出来上がったデザインをシルバーでカタチにして

サイズやつけ心地をお試しいただいて

最後のデザインにOKを頂いてから

いよいよ本番の制作が始まることに!

 

といった流れだと出来上がりがイメージできて嬉しい。

 

お二人は気に入っていただけるだろうか。

いつもながらにワクワクする作業もあります。

 

さて、

お二人との指輪作りで生まれたリングのデザインは。

2.2mm幅のお揃いデザイン。

リングのアウトライン全体が柔らかにカーブした、

つけ心地優しいリングです。

 

流線形のデザインは

これまで作ってきたスタイルのものを気に入ってくれていたのだけれど、

 

今回はお二人だけの特別が作りたくて!

表面にお二人のオリジナルの模様を施して仕上げました。

 

このデザインが生まれたのがあまりにも自然だったので、

まるでお二人のために予定されていたようにも思えた不思議。

 

お二人と一緒に歩む、

オーダーメイドのジュエリーづくりはいつも新しい発見に満ちています。

 

 

さあ、海の向こうにお届けしよう。

一日つけていただいたご感想が今からとても楽しみ。

 

一歩ずつ、そして確実に、

お二人の結婚指輪がカタチになりつつあります。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

3年ぶりの大阪へ! 

 

3年ぶりの大阪へ!

 

 

色々と相談したいことがあって、羽田さんと緊急ミーティング。

ほんと久しぶりだったけど、昨日まで屋久島で一緒にいたような感覚でした。

いつものように未来のことを語り合ったり、食事もいつものようにサーブしてもらって!楽しい夜をありがとうございました!

 

 

京都編に続きます!

 

お二人と分かち合う結婚指輪づくり。オーダーメイドの愛おしい日々。#屋久島でつくる結婚指輪

朝の気持ちよさに、素敵な一日が始まる予感がした。

潮風も鳥の鳴き声も今日を祝福しているようだった。

 

今日はいい夫婦の日。

これから新しい時間を迎えるお二人とご一緒できて、結婚指輪をお作りすることができて幸せです。

お二人の物語と屋久島と。 宝探しのような結婚指輪作り。#屋久島でつくる結婚指輪

 

たしかに、結婚指輪づくりはシンプルな造形作業ではあるけれど、

それにまつわる色々がとても愛おしかったりもする。

お二人と分かち合うオーダーメイドの日々はいつも有機的な喜びに彩られている。

 

海を越えてなかなかなれない作業にお付き合いをいただいてありがとう。

 

今この瞬間から生まれるジュエリーがあると思う。

 

ご入籍おめでとうございます。

朝に花を開いたばかりのハイビスカスをお二人に。

 

 

そして

少しずつ、少しずつ、

今日も島リズムで。

プラチナとシルバーを組み合わせてかたどったシダの葉を

作業が始まる前に空にかざして眺めておく。

 

さあ、くるりくるりとしていくよ。

 

植物と遊ぶ記憶。大地のリズム。儚さと永遠と。

 

シダの葉は2本が対になるように、同じタッチを順番交代で繰り返していった。

同じアクションを、同じ力を加えて、ぴたりと同じになるように。

それでも少しずつ揺らぎが生まれて、微妙に違って仕上がるところが手作業ならではの味わい深さだと思う。

案外、その凸凹がお互いを引き寄せてくれるのが面白い。

 

違っているからこそひとつになれるのかもしれないなあと、

しみじみ思うのも今日がいい夫婦の日だからかも。

 

お揃いって深い!とっても素敵じゃないか。

わたしも思い切り進めていこう。

 

しなやかで繊細だけれど、とても力強い。

植物たちに近づくことができるように。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お二人の物語と屋久島と。 宝探しのような結婚指輪作り。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。

葉っぱをシルバーで、リングをプラチナで、

よく考えてみると、これは初めての組み合わせだ。

 

ぴたり。

なんだかとても素敵な雰囲気に今からもうドキドキしている。

 

 

オーダーメイドのジュエリー作りでは、当たり前のことなのだけれど、つけていただく方のリクエストやイメージが始まりになっていて、そこから生まれるアイデアやデザインはいつも個人的な想像を簡単に超えてゆくから面白い。思考に自由な広がりがあるのだ。

風に任せて船を進めるうちに気がつくと辿り着いた港は理想の場所だったりもする、ような感覚に似ているのかもしれない。

今ここにあることをキャッチすることなのだと思う。

 

アトリエの近くにツワブキの花が咲いて、お二人の結婚指輪作りを始めました。

シダの葉をジュエリーに。お二人の結婚指輪作りに夢中になっている。#屋久島でつくる結婚指輪

 

お二人の物語と、そしてわたしと屋久島と。

それぞれが出会う場所を求め進める、宝探しのような結婚指輪作りなのかもしれない。

今日も屋久島にありがとう

 

窓の向こうに雨の気配を感じながら。

 

さて、

そして工程は序盤にしていきなりのクライマックスを迎えている。

葉っぱをかたどったシルバーと、茎のリングになるプラチナはバーナーの火を当てながら接続してゆくのだけれど、お互い全く組成の異なる金属なので、熱に対する収縮や反応も大きく違ってくるのだ。

お互いが許しあい近づく瞬間を見極めることが大切になってくる。

金属の呼吸にリズムを合わせながら。

 

platinum×silver

 

無事に溶接の作業を終えて、ほっと一息。シルバーの葉っぱとプラチナのリングは一つになった。同じ白色系の金属ではあるけれど、その色調のコントラストは大きい。白とグレーを組み合わせたモノトーンのようにも見える。造形を印象的にしてくれる素材の組み合わせなのだろうか。シックでそして特別な雰囲気がとても新鮮に感じられた。

 

それにしても、初めてのアプローチだと子供の頃のような気持になる。わくわく。一度だけのオーダーメイド感を味わいながらタッチを重ねてゆこうと思う。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

シダの葉をジュエリーに。お二人の結婚指輪作りに夢中になっている。#屋久島でつくる結婚指輪

しとしと、秋雨が心地よく響く。

屋久島サウスのアトリエです。

海の向こうからお便りをいただいたお二人にお届けする結婚指輪を作りで夢中になっています。

 

「まさか、海を越えて注文するとは思っておらず、

シダの葉のリングを見た瞬間にビビッと、

2人で着けているイメージが湧いたので」

 

お二人からの嬉しいメッセージで始まった結婚指輪作りだ。

 

遠く離れてはいるけれど、大切な想いで繋がることができる喜びがある。

声をかけてくれてありがとう。

素敵な巡り合いにありがとう。

 
 

海の向こうのお二人へ。屋久島からお送りするサンプルリング #屋久島でつくる結婚指輪

 

シダの葉は軽やかで、自由な印象が大好き。

いつもの散歩道で、庭先で出会う感動をこうして分かち合えることは何よりも幸せだと思う。

 

まだお会いしたことはないけれど、どんなお二人なのだろう。

屋久島からはるか海の向こうを想いながら。

 

少しずつ、少しずつ、

ゆっくりではあるけれど、

たしかな歩みを続ける力が植物の素晴らしいところだと思う。

 

ジュエリー作りもそのようなリズムで。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

2.5mm square and 1.1mm-1.6mm wave in 18k champagne gold #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k hampagne gold
size:2.5mm and 1.1-1.6mm wide

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com

寄り添い、一つになる。屋久島からお届けするシャンパンゴールドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

幸せな気持ちに包まれる。屋久島からオーダーメイドでお届けする、菜の花のジュエリーたち。

ナノハナの指輪 18k yellow gold, diamond

 

ふわり、

あたたかなひかりを纏うように。

菜の花をかたどったゴールドリング。

 

三つのお花と三粒のダイヤモンドを散りばめて、

k18イエローゴールドで作りました。

 

お気にりの菜の花畑に持ち出して

黄色いひかりのドットとともに眺めた風景

やっぱり素敵。

 

屋久島に降り注ぐ祝福のようなジュエリーだと思います。

 

 

こちら屋久島ではなんと!

まだ寒い12月から咲き始めるのです。

 

散歩道に、海岸沿いに、ドライブ中の窓の向こうに、

日々の暮らしの中でとても馴染みの深い菜の花です。

 

なぜだろう、

菜の花畑を眺めていると

喜びがいっぱい溢れていて、

幸せな気持ちに包まれる。

 

そんなフィーリングを皆さまと分かち合いたくて、

これまでもたくさん作ってきました。

 

今日は菜の花をかたどったジュエリーたちのお話を。

 

やわらかな希望のひかり。

 

ナノハナのネックレス 18k yellow gold, diamond

 

小さく一輪。

さりげなくて印象的なネックレスが大好きです。

 

それにしても

イエローゴールドとダイヤモンドの組み合わせは、

普遍的ではあるけれど、

いつも新鮮な喜びに満ちています。

 

いつもの日々にきらりと輝きを与えてくれるような。

 

そして、

耐久性が高くて変色しない素材なので、

お守りのように

ずっとつけっぱなしできるのも嬉しい。

 

 

ナノハナのジュエリーは

サイズを合わせて、

お好きな素材にアレンジして、

ご予算に合わせて、

オーダーメイドでお届けしています。

 

サイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらにご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ナノハナのピアス 18k yellow gold, diamond

 

野に咲く花を積んで手渡すように。

素敵なプレゼントにお選びいただいた思い出もありました。

 

大切なひとに、

ありがとうの気持ちを込めて、

愛を込めて、

お花をプレゼントする日は何よりも幸せな瞬間に思えます。

 

 

指先に収まるくらいの小さなお花。

 

ピアスはつけていると自分自身では見ることができないのだけれど、

周りにいる人たちを華やかな気持ちにしてくれるところがホントに花のよう。

 

中央にセットしたクリアカラーのダイヤモンドも小さいのですが、

その輝きは眩しいくらいで!

 

小さいほどに気になって、

魅せられてしまう不思議があるのです。

 

 

 

なんだかほんのりだった昼下がりの思い出。

芝生にゴロンと寝そべっていると

ミツバチも集まってきた。

 

屋久島の風やひかりも一緒にお届けできますように。

 

 

お花好きとして

素敵に思うのは

お花にちなんだお名前をお持ちの方。

 

どんな気持ちなのだろう、

自分と重なり合うような、自然とつながるような、

そのお花には特別な想いがあるのだろうなあと、

羨ましくも思います。

 

結婚指輪の内側には、

彼女のお名前にちなんで

菜の花模様を彫刻いたしました。

 

外側からリングを見ると

とってもシンプルなのですが、

心の奥の方へと響くような装飾と言いますか、

 

日々に豊かな彩りを与えてくれるるのは

ほんの少しのアイデアやひらめきだったりするような気がします。

 

 

風に揺れる菜の花を眺めていると、

なんだかとても優しい気持ちに包まれるのですよね。

 

さりげない、けれども

日々にきらりと輝く喜びを与えてくれる

菜の花が大好きです。

 

この小さな幸せを手に取っていただきたい!

ピンと来られた方はぜひメッセージを。

 

屋久島から皆さまに、

オーダーメイドでお届けいたします。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています

 

 

 

寄り添い、一つになる。屋久島からお届けするシャンパンゴールドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

波と水面のように、光と風のように。

寄り添い、一つになるような結婚指輪があります。

 

屋久島から海の向こうに暮らす友人にお届けする

シャンパンゴールドの結婚指輪。

 

 

シャンパンゴールド、咲き始めたコスモスと山茶花、手作業のリズムと。

お二人と島の季節を分かち合いながら結婚指輪をつくる、愛おしいオーダーメイドの日々でした。

シャンパンゴールド結婚指輪作り。手作業から生まれる一つだけの表情 #屋久島でつくる結婚指輪

 

まだ2ヶ月も過ぎていないのに、結婚指輪相談会でお会いした日がもう懐かしくて!幸せいっぱいだった日。海を渡って会いにきてくれてありがとう!

屋久島の友人にお作りする結婚指輪相談会の日。幸せいっぱいだった日。

 

たしかに、ジュエリーには目に見える形やデザイン、

手触り感があります。

 

結婚指輪はずっと長くお付き合いをいただくものなので、

日々の暮らしに寄り添うようように、

丁寧に手作業で仕上げてお届けしています。

 

でも、その造形を作り出しているのは

今までの記憶だったり、これからの未来だったり、

お二人が紡ぐ物語なのだなあとしみじみ思った今回の指輪作り。

 

そしてお二人とわたくし、屋久島が繋がって

いよいよ出来上がりました。

 

世界に一つだけの結婚指輪。

 

雨上がりの庭先にて。

島のひかりと一つになりそうに見えたシャンパンゴールド。

 

とっても繊細な彼女のリング、しっかりと真っ直ぐな彼のリング。

素材は同じシャンパンゴールドを選んでくれました。

 

ぴたりと重ね合わせてみると、

なんだかお二人がすぐ近くにいるようにも感じられて!

思わずぐっときてしまいました。

 

少しずつ違っているからこそ、補い合えるような。

出会う事ってなんだかとても素敵です。

 

そして、

なんと言いますか、

胸の奥の方に響いてくるこの佇まい。

 

手作業から生まれる“揺らぎ”

なのだと思います。

 

ふわりとした雰囲気もありますが、

手に取るとゴールドの確かな重みも感じられるのが嬉しい。

とても安心なのです。

 

ああ、早くお二人に手にとって頂きたい!

 

見上げると山々には大きな虹が掛かっていて。

 

 

リングを空に掲げて眺めていると、

お二人にありがとうの気持ちがいっぱい込み上げてきました。

 

幸せなお二人とご一緒するオーダーメイドの時間では、

いただくことが本当にたくさんあると思います。

 

 

わたくし事になるのですが、

 

ジュエリーも写真も、海で泳いだり、花を眺めたり。

わたしにとっての日々の色々は、自身を癒して助けるためにあるもので。

そんな小さな喜びの数々を集めて集めて、気がつくと両手から溢れるようになっていました。

もしこれらのパッションに共感して必要としてくれる誰かがいるのならば、

そう信じることから始まったジュエリー作りです。

 

こうして島で出会った感動を

お二人と分かち合えることが何よりも幸せです。

 

たゆたう光のような、

 

煌めく水面のような

 

夕暮れ時はいつものビーチにやってきた。

 

さあ、いよいよです。

指輪作りの時間はひと段落となったけど、

これからがまた新しい始まりですね。

 

屋久島に飛行機で到着して、ドーナツを買って、真っ直ぐにアトリエにきてくたり。

パーティーのケーキカットでは子供たちにむっちゃ囲まれていたり笑

ほんの最近のことなのに、今となっては全てが素敵な思い出です。

 

いろいろとアップダウンある日々なのが似ているのかなと思うのだけれど、

まあ、お互いゆっくりと歩んでいきましょう。

何気ない日々に、小さな幸せを見つけることができれば素敵だなと思います。

そんな二人のシーンにこのリングも一緒にあると最高です。

 

ご結婚おめでとう!

楽しい指輪作りにありがとう!

 

いつものビーチにて。

2022年11月

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547