Blog

どこまでも続く旅路のように。お二人の永遠を思い、結婚指輪を作っている。#屋久島でつくる結婚指輪

パン屋さんからの帰り道に車を停めて彷徨ってみたり。今日は小さな森の情景から。

寒さが緩んできたのか、少しずつアクティブモードになってきているような。雪解けの頃を待って、また山までオウレンの花も見に行きたいと思っている。

清流の音色に引き寄せられて

野生の椿を発見!これから優美に咲き誇っていただきたい。

新しい出会いにわくわくしつつの、アトリエへ。

お二人のサイズに合わせることができたので、リングはここで両端をつなぎ合わせる。火を扱う繊細な作業にはいつまでも背筋の伸びる。ぴたりと綺麗に合わさって一安心!

絶え間ない川の流れのような。どこまでも続く旅路のような。お二人と語り合っていたイメージがここに形になりつつある。

こういった金属の生っぽい質感も好きだけど、これから柔らかなタッチをいくつも重ねつつ、ジュエリーとして昇華させていこう。次の章へとページを進めていこう。

永遠に続くクリエイションのように完成のある指輪づくりを進めてゆく。そんなフィーリングも良いなあと思う。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

二つで一つの幸せ感。k18イエローゴールドとシャンパンゴールドの素敵とお二人だけの結婚指輪づくり。#屋久島でつくる結婚指輪

二つで一つの幸せ感。k18イエローゴールドとシャンパンゴールドの素敵とお二人だけの結婚指輪づくり。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。イエローゴールドとシャンパンゴールド、お二人の結婚指輪は2種類のk18ゴールドを使って作っている。

似ているけれど違っているのか。あるいは、違っているようで、とても近しいのか。作業台の上に二つのリングが並んで、一つになり補い合っている。なんだかとても素敵なお揃い感。

海を越えて指輪作りの声をかけてくれたお二人とは、いつもzoomのモニター越しにお会いしていた。新しい暮らしが紡ぎ出される場面にご一緒できる結婚指輪作りはいつも楽しい。きらきらした幸せな心地になる。ご結婚の準備いろいろあるなか、デザイン作りにお付き合いいただきましてありがとう!

イエローゴールドとシャンパンゴールド、結婚指輪作りの始まりは屋久島の色とりどりに囲まれて

ゴールドは全体を24と数えることになっていて、純度100パーセントの純金をk24と記す。ジュエリーづくりで使われるk18は18/24が純金で、残りの6/24に別の金属を配合していることを表している。6/24の6のところ、ここに複数の金属を配合することによってゴールドに色の変化が生じ、ジュエリーづくりに彩りをもたらせてくれる。そして、金属は種類を多数混ぜ合わせるほどに強度を増すところも大きなポイントなのだと思う。

作業の前に遠くを眺めつつ。さて、今日もじっくりと。

左側が彼女のリング、k18イエローゴールド。右側が彼のリング、k18シャンパンゴールド。小さなリングだけど、手の中にゴールドの重みが確かに伝わってくる。この雅やかさ。わたしたちが暮らす大地そのものが奇跡のようだなと思う。

一生ずっとお使いいただくリングだからサイズはぴたりと合わせる。

冬が続くうちに冬の味わいを。

そして春の予感と。

季節が歩むスピードと作業のタッチはきっと同じくらいのような。作業机に向かっているこの瞬間が、島の冬と春の狭間に佇んでいる。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

イエローゴールドとシャンパンゴールド、結婚指輪作りの始まりは屋久島の色とりどりに囲まれて

手前がポンカンで奥がタンカン。そして、手前がイエローゴールド、奥がシャンパンゴールド。とっても似ているけれど、味わい深い違いがある。

2022年のタンカン収穫が始まりつつある屋久島サウスです。この時期は島中が収穫祭のように盛り上がる!そしてアトリエではその喜びと感謝のムードに包まれて、今日から新しく結婚指輪作りを。

ご近所さんだったり友人から採れたばかりの果物をいただくのも屋久島流。食べても眺めても、黄色いものはいつも元気になる。受け取ったバトンをリレーするように、ゴールドのリングにキュッと島の光を閉じ込めたい。

今年もありがとうございます!お気にりの農園を眺めて。

さあ、お二人と一緒に作り上げたイメージがいよいよカタチになり始める。今回も楽しい指輪作りになると思う。

春よこい、でも冬よまだまだ続いてほしい。

果物や野菜、花々も雨の雫も。季節の色とりどりに囲まれて、いつもの島時間が流れてゆく。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

春の予感とイエローゴールドの輝きと #屋久島でつくる結婚指輪

冬はツワブキや山茶花でいっぱいだったのですが、造形の仕上がったゴールドリングは久しぶりにハイビスカスと共に。

 

結婚指輪作りは種子島のお二人と同じ季節を分かち合いながら。

屋久島と種子島、お二人と同じ季節を分かち合い歩む結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

 

春の予感とイエローゴールドの輝きと

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島と種子島、お二人と同じ季節を分かち合い歩む結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

今年は暖かい冬なので椿の姿はちらほらと。去年に発見した椿の小さな森には時々出かけて頃合いを逃さないように気をつけている。屋久島の冬よもう少し!

今、結婚指輪をお作りしているお二人とはツワブキが咲き始めた秋にお会いした。それから山茶花も咲いたし海岸沿いではナノハナも咲いた。そして緋寒桜のピンクも見るようになってきたし!

お隣種子島に暮らすお二人とは、同じ季節の巡りを分かち合いながら、結婚指輪作りの道を共に歩んでいる。幸せなお二人とご一緒できる指輪づくりのいろいろもまた、素敵な時間だなと思う。長くお付き合いいただいてありがとう!

手作業でじっくりと。屋久島から種子島のお二人にお届けする、オーダーメイドの結婚指輪 #制作編

さて、今日も作っている。

彼女が選んでくれたシンプルなスクエアシェイプのデザインは、スクエアだけど全体を極々緩やかな曲線で包み込んでゆく。いつも手触り快適なように。海と共にあるお二人の暮らしを思い描きながら。

リングと、リングと手を結ぶ道具たちと。手とリングの距離感をできるだけ近く作っていたい。

きらきらと輝くものに心奪われるのはなぜだろう。この輝きが私たちが暮らす同じ大地から生まれたものだと思うと希望に包まれる。指輪をつける日々の暮らしの中で、ふとした瞬間にきらりと響く瞬間があると嬉しい。

イエローゴールドはあたたかで、彼女の印象にぴったりだなと思う。太陽の光と海の煌めきと、星の穏やかさと。いつもの暮らしの中で出会うフィーリングを、小さなリングの中にも感じ始めている。あと少し。

そしてまた雨が降り始めそうだ。窓の向こうでは山々を分厚い雲が覆い始めている。皆さま、どうぞ穏やかな冬の日々を。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

手作業でじっくりと。屋久島から種子島のお二人にお届けする、オーダーメイドの結婚指輪 #制作編

屋久島から向こう岸、種子島に暮らすお二人の結婚指輪はじっくりと手作業で作り上げてゆく。

何世紀もの間受け継がれてきたヨーロッパの伝統がこの小さな島のアトリエにたどり着いたと思うと果てしない気持ちになる。

今日はその工程の断片を、昔ながらのリズムで。

サイズは11号よりも、ほんのりと大きめに仕上げる。初めてお会いしてお二人とここまで一緒に歩んだデザイン作りの道のりも楽しかったなあ。

火を当ててゴールドを柔らかにして、叩いて曲げて、また火を当てる。金属は鍛えながら造形すると表現するけど、なるほど。

2022年の緋寒桜にこんにちは。車の窓越しに、温泉の駐車場で、ところどころに春の気配を感じ始めている。

コンコン。コンコンコン。

彼女のゴールドを、ほんの少しだけシルバーを多めにバランスをとって配合したのは今回のポイント。ライトなレモン色は春の光のようで元気になる。

ここ屋久島でも、お二人が暮らすお隣種子島でも、ツワブキだったりハイビスカスも、山茶花、桜の花も、寒い冬なのに花々の色鮮やかに満ちていて、やっぱりここは南の島なのだなあと、ほっこりする。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

お二人と海にまつわる物語。シルバーとゴールドで、あたたかな結婚指輪を作ろう!

お二人と海にまつわる物語。シルバーとゴールドで、あたたかな結婚指輪を作ろう!

少しだけ時間が空いた制作を再開することになって、気分を新たにするために海まで出かけてきた。キラキラ真冬の情景。寒いのは得意というわけじゃないけれど、屋久島の冬が大好きだ。

海の海は冬になり周りのトーンが沈むことによってその輝きを増す。この海のすぐ向こう側、種子島に暮らすお二人も、きっと毎日眺めているだろう。お二人とはこの海の情景を分かち合いながら結婚指輪作りを進めている。

お二人にお会いしたのは冬の始まりのこと。二つの小さな島は近いようでなかなか遠くもある。海を渡って屋久島に来てくれてありがとう。

屋久島から種子島にお届けするサンプルリング。この冬を分かち合いながら、お二人と歩む結婚指輪作り。#屋久島でつくる結婚指輪

あの時、海の前でご一緒した時間だったり、お二人の思いだったりが、今こうして少しずつ形になりつつある。もし違うタイミングで、別の場所でお会いしていたり、晴れていなかったりしたら、少し違ったデザインになっているのかもと考えると、お二人のリングが小さな奇跡のようにも思えてくる。

出来上がった彼のシルバーと、これから作り始める彼女のイエローゴールド。波打ち際で手に取ると午後の光に溶けていきそうに。

お二人はとてもシンプルなリングを選んでくれたのだけど、そのシンプルさの中に私たちがいつもの暮らしで眺めている島の光を感じられるような、あたたかな結婚指輪を作りたいと思っている。

さあ、楽しい時間の再開です!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

指先に収まるほどの愛おしさ。ご誕生1年の記念にとお声がけいただいてベビーリングを作っている #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。春に向けて庭先では小さな草花たちが姿を現し始めている。新しい始まりのイメージにはいつもワクワクする。喜びはいつも、たとえ自分の周りのことであっても、頑張っていこう!と励ましてくれる。

今日は海の向こうから届いた、お二人の始まりにまつわるジュエリー作りのお話を。

指先にちょこんと収まるほどの愛おしさ。ご誕生1年の記念にとお声がけいただいてベビーリングを作っている。

結婚指輪をお届したお二人にベビーリングをお作りできる喜び #屋久島でつくる結婚指輪

お二人に結婚指輪をお作りしてからもう2年が経とうとしているのか。徳之島から屋久島にお越しいただいてギャラリーで相談会をした、穏やかだった時間が懐かしい。あれからほんと世界ではいろいろあったけれど、こんな時だからこそ大切にしたい繋がりがあると思う。お二人にはご出産のご報告をいただいて本当に嬉しかった。お嬢様の大切なリング作りをおまかせいただいてありがとう。

桜×ピンクゴールド。屋久島から徳之島に暮らす友人に届ける結婚指輪。#完成編

「ベビーリングでは自分達の指輪の時以上の思いを詰め込みそうです。笑」

彼女からひさしびりにメールが届いてベビーリングのご相談をいただいた時、実はすぐにリングの出来上がりがイメージに浮かび上がっていた。

「お二人のリングの一部を分け合ったような、同じピンクゴールドを使った、同じシダ模様のリングはいかがでしょう。彼女の印象に合わせて、コロリとした雰囲気にすると素敵だと思いました。」

お二人とは2度目になるデザイン作りだからか、とても息のあった歩みだったのをよく覚えている。

小さきものは愛おしい。今回は鋳造という工程を経てシルバーの原型がピンクゴールドに置き換わった。いつもよりもタッチが多くなる工程だけれど、ゆっくりと時間を感じながら作業の手を進めるのも良いものだろう。ご家族の時間が育まれてゆく、この凝縮された時間軸。幸せなひと時を海を越えたアトリエで感じながら。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お昼休みのアトリエより #屋久島日々の暮らしとジュエリーと

じっくりと焼いて、塩胡椒のお料理が好きだなあ。イタリアの職人さんだったらワインとか合わせているのかもだけど、ここはハトムギ茶とともに。今日もシンプルに。味わい深く。

かぼちゃとジャガイモは薄くスライスをして、少量の油を引いたフライパンに並べます。その上に小さく切ったブロッコリーを乗せて塩胡椒。弱火にして蓋をしておきつつ、鶏肉を隣のフライパンで焼いていきましょう。今日はもも肉だったので油は引かなくて大丈夫でした。火をかけて塩胡椒、小さく切ったニンニクも一緒にぜひ!

鶏肉が焼きあがる頃にはお野菜も蒸し焼きにされていい頃合いのはず。熱いうちに召し上がれ。

 

屋久島の季節とお二人の結婚指輪作り、動画編 #屋久島で作る結婚指輪

プラチナリングの造形がひと段落してホッと一息。毎日のように現れた虹を眺めては作業机に向かっていた冬の日々を動画で振り返っています。お二人の物語と、屋久島の季節にありがとう。

お二人は去年の秋に屋久島に会いにきてくれました。

屋久島に会いに来てくれてありがとう!!今日は結婚指輪の相談会でした。

デザイン作りでは、巡りや流れ、そして水がお二人との合言葉だった。

循環と繋がりも。

去年の秋に屋久島でお会いしたお二人のストーリーと、一緒に過ごした時間から新しいデザインが生まれました。

ここからさらに深めていく造形をお楽しみに!

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

屋久島から東京へ。秋から春へ。お二人だけの結婚指輪をオーダーメイドすること。

屋久島から東京へ。秋から春へ。お二人だけの結婚指輪をオーダーメイドすること。

屋久島サウスのアトリエです。お二人の結婚指輪が形になりつつあるので、早い時間から作業机に向かい続けています。

そういえば、ミモザにも蕾が出来てきたことだし、秋にお会いしたお二人のリングは、このひと冬を全部使って出来上がる感がある。リングの内側にはお二人の記念日を数字でシンプルに刻印する。ちょうどその数日前にこのリングをお届けしたいと思っている。

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

巡る季節にありがとう。屋久島の自然から生まれる結婚指輪作り。#オーダーメイド #プラチナリング