Blog

屋久島の雨や月、海のこと。日々のささやかな出会いや喜びをかたちに現して、ジュエリーを作る。

2月最後の1週間が始まりました。

まだまだ冬のリンゴや安納芋も食べたいし、

でもあたたかな日が続くので山盛りサラダやアイスコーヒーなども美味しく感じる屋久島サウスです。

 

皆さま、この二月はいかがですか?

 

北海道の友人からはまだ雪が降ってるとのお話も聞いておりますので、

朝夕の冷え込みに気をつけて、どうぞあたたかくしてお過ごしくださいね。

さて、アトリエでは新しいジュエリー作り始まりました。

三月からオープンするしずくギャラリーの展示準備をしています。

その制作ラインナップ。

海の泡ピアス
雨の雫ピアス
海の月ネックレス
海の雫ピアス

今こうしてピックアップしてみると、全部がポツリとしずくをモチーフにしたジュエリーだったことに気がついた。

いつもの馴染みの顔ぶれであります。

 

おそらく、一生のうちに100作品くらいだろうか。

これは絶対!というお気に入りのデザインが生まれれば最高だなと思ってて、

これから作るジュエリーはその中に入る4つのお気に入り。

これまでにも作ってきたけど、これからもずっと作っていきたい作品だ。

 

まずはイエローゴールドで丸やしずく、月をかたどる。

小さな丸はピアスの金具になるように、3個を組み合わせて一つにした。

 

そして、それぞれのゴールドは同じく丸やしずく、月の形をした夜光貝と一緒になってピアスやネックレスが出来上がる予定。

 

屋久島の雨や月、海のこと。

日々のささやかな出会いや喜びをかたちに現したジュエリーたちを思い浮かべると、ドキドキと高揚感に包まれた。

 

なんだかソワソワ感にも包まれる笑。

そして、海へ出かけた。

昼が長くなって、夜が短くなってまいりました。

昼と夜の境界線。

大好きな時間です。

 

Calm and peaceful.

Simple days we have together.

そんな言葉も同じように大好きです。

 

屋久島サウス、春の始まりを集めたよ

屋久島サウスで出会った春の始まり。

新学期や新しい職場、おひな祭り、、

フレッシュな準備いろいろある季節ですね。

新ジャガも見るし、タケノコも気になってきた。

山菜も食べたいし、はまゆさんのケーキもそろそろ食べたいし。

2020年はどんな春になるのだろう。

ジュエリー作りも明日から新章始まります!ドキドキ。

2.0mm and 2.3mm wave ring in platinum

material: platinum
size: left:2.3mm wide , right: 2.0mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島で出会った海のリズム、プラチナリング。オーダーメイドでお届けする結婚指輪

屋久島ーモスクワ、不思議なつながり感じたジュエリー作り。シルバー×アクアマリン “ツユクサのネックレス”

この海のずっと向こう、

ずっとずっと向こうにジュエリーが届くのかあ。

 

郵便局で荷物を送り出したあと、なんとなく遠くが見たくなって

すぐ近くの岬まで歩いて海を眺めた。

ツユクサのネックレス silver, 18k yellow gold, aquamarine

 

モスクワに暮らす彼女にお届けするツユクサのネックレス。

シルバーにイエローゴールドの装飾を加えて作りました。

 

お花の中央には天然石をセットして、きらり。

雨の季節に咲くツユクサにはやっぱりアクアマリンがよく似合います。

 

クローズアップで見ていますが、

小指の先の乗るほどの繊細な大きさなのですよ。

こちら屋久島でも梅雨前になると、あちらこちらで見ることが出来るツユクサの花。

 

朝一番、ツユクサに出会うと、ワッと心が躍ります。

なんだかいいことありそうな気がするのはなぜだろう。

 

そんなささやかな感動をキュッと詰め込むことができればいいなと思ったのが、このネックレスをきっかけだったのをよく覚えてる。

さっそく庭に持ち出してみる。

 

風でゆらゆらと揺れる。軽やかに。

1.5mmとすごく小さなはずなのに、アクアマリンが印象深かったのは、

カッティングされた表面に光が乱反射していたからだろう。

光が当たるとシルバーが白く輝き、影に入ると一転、黒っぽい表情も現れた。

「ツユクサが大好きな姉にプレゼントしたいのです!」

と彼女が言ってくれたので、

ネックレスはケースに入れて、リボンを巻いて届けることに。

 

そういえばロシアにもツユクサって咲いてるのかな?

そう思って調べてみると、ツユクサは日本から中国へ、そしてロシアへと世界に広く分布していることのこと。

ロシアの「ツユクサの歌」なんてのも検索で出てきて驚いた。

 

「ツユクサの歌」ではツユクサの青と青い瞳を重ね合わせているようで、

そうか、瞳の色に天然石の色を合わせるのも素敵だなと、新しい発見もありました。

 

屋久島の水に、アクアマリンに、青い瞳に、ツユクサに。

不思議なつながりを感じたジュエリー作り。

インスタグラムだと、遠くても“好き”で繋がることが出来るのが嬉しかった。

声をかけてくれてありがとう!

楽しいジュエリー作りをありがとう!

 

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

ふわり、屋久島サウス さくら通信2020♪ ツユクサのネックレスにアクアマリン。