Blog

10年、30年 いつもフレッシュな結婚指輪、制作編。 シンプルデザイン、フィットするアウトライン、なじみよい素材。

屋久島のスミレ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

わ!スミレも咲きました。

暖かい日が続く屋久島です。

 

かれこれもう10日以上の小春日和が続いているだろうか。

今年は稀に見る暖冬で

ストーブなし、昼間はアトリエの窓を開け放って、毎日シャツ一枚で作業をしている。

 

熱々のお鍋に焼酎というよりかは、お好み焼きにビールといった具合で、

昨日お邪魔したkiinaさんでも

熱いお茶にぜんざいというよりかは、カフェオレにちょっと冷たいロールケーキの組み合わせに目がいってしまった。

ちょっとした気候や温度で食べ物や服装の趣が変わってしまう。

そう考えると季節があるのって楽しいものですね。

 

一方、季節によて変わらないもの、ずっと一緒であるものもあります。

ジュエリーでいうと、それはマリッジリングだろう。

朝起きてから夜寝る時も、

日曜日も木曜日も、

結婚指輪の場合、どんな季節でもずっと同じ指輪をつける事になる。

なので、結婚指輪は

長く、いつもフレッシュな気持ちでお使いいただけるように

シンプルなデザインのものを、

体の一部のようにフィットするアウトラインを選んで、

なじみの良い素材でお作りするようにしています。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

今作っている結婚指輪。

シャンパンゴールドの地金に火を当てて柔らかくしたものを力一杯ぐるりとリング状に巻きつけたところ。

これが頑丈で結構硬いのです。

 

メンズのリングはシンプルなフォルムに切り返しを入れたデザインを選びました。

これなら表情を感じられるし、シンプルなので使い込むうちに味わいが出てくるだろう。

そう、10年、20年と使ってゆくと

経年変化はまるで季節のように、新しい趣を与え続けてくれるのです。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ ゴールドのリング 屋久島で作る結婚指輪

火を当てて、しっかりと繋ぎ止めて、そして黒かった酸化膜を落としてあげると

ここに綺麗なリングが出来上がりました。

 

金属の硬さと柔らかさ、輝きと渋い味わい、

ああ、

この小さなリングの中に詰まっている可能性に、今日もまた魅せられてしまった。

 

ここからさらに柔らかく、柔らかく。

アウトラインの造形を進めてゆきますね。

早く出来上がりを見てみたい!でももっと制作を楽しみたい!

シャンパンゴールドで作る結婚指輪

作業はちょうど折り返し地点を過ぎたあたりです。

 

 

 

屋久島山暮らし、ジュエリー作り。kiinaさんのふんわりロールケーキ。緋寒桜も咲き始めました!

ジュエリーのアトリエ 窓越しに屋久島の山々 屋久島日々の暮らしとジュエリー

アトリエの窓から見えた今日の山々。

 

屋久島にやって来て新しく知ったことは、

山々の雄大さと美しさ。

そして、その山々を眺めていると、心がやたらと落ち着いてくるということ。

海が大好きで、いつも海のことばかり考えていたオレですが、

ここに暮らすようになって山々の魅力に惹きつけられてます。

 

屋久島の暮らしでは

休憩中に窓の向こうに眺めていたり、

山をイメージした作品を作ったり、

励まされたり、

願い事をしたり、

山はいつも暮らしのすぐ近くにあるもので、

気がつけば、山を愛する方々ともたくさん交流を持つようになっていた。

 

 

オーダーメイドマリッジリングの素材 ジュエリーのアトリエ  ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

今日から作り始めた結婚指輪もそう。

こんな美しいラインが作り出せたらなあ、と山々の稜線を眺めながら思い描いたデザインを、

山が大好きで、彼女と一緒になんとキリマンジャロに登ったりもした彼が選んでくれた。

 

旅先で指輪を作りたかったんです。しずくギャラリーで結婚指輪のご相談会

キリマンジャロ。

調べてみると、タンザニア北東部にある山で、標高5,895m。アフリカ大陸の最高峰。そう記されてあった。

出会いってホント奇跡のようだ。

ジュエリー作りを通じて、想像していなかった可能性や世界と出会うことができるのだから。

 

 

 

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 手に素材 ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

準備したシャンパンゴールドの地金を大きな火で焼き鈍して、

グイとねじりを加えて、

まずは最初の第一歩。

ここからさらにさらに手を加えて、

カタチが生まれてまいりますからね。

 

山々の稜線のような、

柔らかくて力強いラインを生み出したい。

 

屋久島のカフェ kiina 看板 屋久島日々の暮らしとジュエリー

こちらは島の北側。

アトリエのあるサウス地区とは反対側に位置する志戸子はkiinaさん。

今日のおやつをここでいただくために

約58km、1時間と10分ほど車を走らせてやって来た。

屋久島のカフェ kiina 入り口 屋久島日々の暮らしとジュエリー

ガジュマルの森を抜けると隠れ家的なカフェが現れる。ドキドキ。

 

屋久島のカフェ kiina 店内 中村圭とケーキ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

なんとオーナーのちえさんはわたしの写真仲間でもあり

カフェのお料理はもちろん、アクセサリー作りも、そしてこの建物の外装内装までご自身でメイクされた凄腕なのであります。

この冬にはさらに改装工事を進めてゆく予定だとか。。

屋久島のカフェ kiina ロールケーキ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

ここでは新作のロールケーキとカフェオレをいただきました。

しっとりふんわり。

 

屋久島の山々 夕暮れ時 オーダーメイドマリッジリングのモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

帰り道に出会った山々の稜線。

屋久島の桜 屋久島花とジュエリー

緋寒桜も花を咲かせ始めていました。

 

寒さが大変だったりはありますが、

冬の景色は美しいものですね。

この季節をまだまだ楽しみたい!

 

手の中でじっくりと眺めてしまいました。イエローゴールド wave ring 完成!#屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドマリッジリング ジュエリーのアトリエに指輪 ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

wave ring : 18k yellow gold

 

屋久島でつくる結婚指輪、

今日はレディースのリングが完成。

 

去年の秋にしずくギャラリーに来てくれたお二人と打ち合わせを重ねて生まれたデザインが長い時間を経てカタチになったのが嬉しくて

出来上がったばかりのリングを手の中に収め、

じっくりと眺めていた。

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 作業場に指輪 プラチナ、ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

火を当てて、叩いて、くっつけて、

ヤスリで荒く削り、細かく磨く。

昔ながらの手作業でじっくり進めてきました。

 

屋久島 たんぽぽ 屋久島の春 オーダーメイドジュエリーのモチーフ

屋久島 小花 屋久島の春 オーダーメイドジュエリーのモチーフ

この指輪を作っている間は、屋久島はなんと20度越えの日が続くという、

小春日和のあたたかい日々でありました。

春が近づくにつれて、

今日は何かが咲いているかな?などと

ついつい足元の小花を探してしまうのも幸せなひと時。

 

オーダーメイドマリッジリング 手のひらに指輪 ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

素材は18金のイエローゴールド。

 

これだと程よい華やかさを演出してくれるので、上品にそしてキラキラと指元を飾ってくれるだろう。

彼女と打ち合わせを重ねた結果、

世界中で広く愛される、スタンダードなイエローゴールドの配合を使うことにしたんです。

 

このイエローゴールドの輝きのせいだろうか。

しっかりと重みがあるのに、指の上でふわりと軽やかさを感じることができました。

 

オーダーメイドマリッジリング 手のひらに指輪 ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

太い部分、細い部分、ラウンドしたり、平面だったり、

アウトラインに変化をつけて造形したのは

見るところによって違う表情を感じていただきたかったから。

 

最近はこの辺りがお気に入りだなあ。

なんて指の中でくるくると回してみたりするのも楽しいですね。

 

並行して作り進めているエンゲージリングと、素材やボリュームを合わせて作ってあるので、

一緒に並べるのも楽しみだ。

 

 

オーダーメイドマリッジリング ジュエリーのアトリエに指輪 ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

ゆらゆらと、

緩やかにカーブを描く波のようなリズムで。

大好きな屋久島の海からインスピレーションを得て作りました。

 

海も大好きで、

そしてもう一つ、屋久島暮らしで大好きなものが。。。

それは明日から始まるメンズリング編で!

 

 

ここは大切にしました。結婚指輪素材選び。こんなに違う!イエローゴールド、シャンパンゴールド

今日は素材編です。

 

場面1 オーダーメイドマリッジリングの素材 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

今日から作り始めた結婚指輪の素材。

こちらは去年の秋にしずくギャラリーに来てくれたお二人のマリッジリングとなるもの。

左側が18金シャンパンゴールド、右側が18金イエローゴールドです。

 

18金のゴールドでもいくつか種類があるのですか?

そう思いますよね。

結婚指輪選びでは、最初は金色か、あるいは銀色か

大まかなイメージだけを抱いて始まることがしばしばなのですが、

実は、繊細な配合が作り出す色感があって、

それをお試しいただくと

似合う似合わない、スタイルに合う合わない、好きもっと好き、など

自分にフィットするものを感覚的に選ぶことができる。

 

ギャラリーに来てくれたお二人とは実物を見ていただいたり

お話をさせていただいたのち、

今回は2種類のゴールドを提案させていただくこととなりました。

 

場面2 クローズアップ オーダーメイドマリッジリングの素材 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

二つの素材をクローズアップしてみると

色合いの違いをはっきりと確認できた。

左のシャンパンゴールドは少し重みを感じる褐色、一方イエローゴールドは軽やかなレモンイエローとなるだろうか。

 

コーヒー豆の説明調にまとめてみると、このような言葉となりました。

シャンパンゴールド:

夕暮れ時の光や木肌の様な落ち着いた褐色、シャンパンを思わせるような輝き。肌馴染み良い質感。

イエローゴールド:

太陽や、ひまわり、新鮮なハチミツを思わせる輝きで、軽やかな印象。手元をきらびやかに飾ってくれます。

 

 

場面3 手に取って オーダーメイドマリッジリングの素材 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

肌馴染みはどうだろう。

二つの素材を手のひらに乗せてみた。

 

この二つの素材、お二人にご提案させていただいたのは

ギャラリーでこのような会話があったからなんです。

 

「ゴールドちょっと目立ちすぎるかもですねー」

と彼

「それではシャンパンゴールドはいかがでしょう?シックな色感で肌馴染みよく、男性にも多くご愛用いただいている素材です。」

 

「彼女の指輪はもう少しきらびやかというか、少し派手さがあった方が好みです。」

とお二人。

「ゴールドで、華やかで、少しきらびやか。それは広くジュエリーに使われるイエローゴールドがオススメです。」

 

ここは三人で大切に話し合ったところでしたね。

しずくギャラリーで、サンプルリングをお届けして、

じっくりと素材選びにお付き合い頂きましてありがとうございました◎

 

場面4 屋久島の緑バック オーダーメイドマリッジリングの素材 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

窓際で太陽の光のかざしてみると、

お互いが共鳴しあって、なんとも!

また新しいゴールドの美しさを知ることができた。

 

さあ、これから指輪作りを進めてゆきますよ。

彼女のリングは波のようなイメージで、

彼のリングは山の稜線をかたどって、

素材やアウトラインをお二人に合わせてゆく作業も

たった一度きりなのでワクワク感がいっぱい。

 

素材が指輪になると

またそれぞれの質感の違いを大きく感じていただけますので、

そちらもお楽しみに。

 

屋久島の海、空 屋久島日々の暮らしとジュエリー

空の質感。空の色。

そういえば、金属もこの大地から生まれたものなのだ。

自然の作り出すフィーリングって、ほんと気持ちが良いですよね。

郵便局に行く途中に出会った、屋久島の冬景色。