Blog

屋久島の友人にお届けするダイヤモンドリング。ご家族がお使いのジュエリーをお預かりしてリメイクしました。#受け継ぐ指輪

ここ数週間はずっと庭先でチョウチョが賑やかに飛び回っていましたが、

雨が降ると羽が重たくなって、動きがスローになることを知って、

 

雨上がりをねらってチェックに出かけてみると、

これがかなり近しくなることができた!

 

ハイビスカスに蝶々に、

今年も屋久島らしい夏の中でジュエリーを作っているなあ。

 

アトリエではご家族から受け継いだプラチナリング のリメイク作業がいよいよ完成を迎えました。

 

silver950, diamond

 

シルバーとダイヤモンド、

シンプルな組み合わせで指輪を作りました。

 

4.5cmと大きめのダイヤモンドではありますが、

ダイヤモンドまわりは、石枠でくるりと包み込むスタイルを採用。

このスタイルだと日々の暮らしの中で、自由に溶け込んでくれそうだ。

彼女と彼と、わたし、

春先のしずくギャラリーで始まった指輪作り。

 

小さなシルバーリングに必要だけを集めるように、すっきりと仕上げると、

僕たちのデザインがキュッと浮かび上がりました。

後ろ姿。少し高さのあるダイヤモンドリング。

たくさんお使いいただけるように、

シンプルに、しっかり頑丈に作りました。

 

海とプラチナリング 。土曜日の屋久島しずくギャラリー。やっぱり!ダイヤモンドの輝きは永遠でした

そしてそして。

何と言っても、このジュエリー作りで思い出深かったことは、

ご家族がお使いのリングをお預かりしてのリメイク作業だったこと。

 

ダイヤモンドの輝きはやっぱり永遠なのですね!

 

指輪を身につけると、時間や場所を超えてつながりを感じていられそう。

大切な指輪作りを任せてくれてホントにありがとう。

 

 

島の友人にお届けする前に、

指輪を持って、海へ。

サンセットタイム。いつものビーチ。

ダイヤモンドの輝きが

夕焼けのオレンジ色と重なって

海のずっと向こう側まで続いてた。

その小さなリングを手に海のキラキラを眺めていると、

いま、この瞬間が希望に溢れてるように感じられた。

 

 

ご結婚おめでとう。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

世代を超えて受け継ぐダイヤモンド、リメイク編。シンプルさ、美しさ、大好き。沖縄ー屋久島、月桃イメージ結婚指輪作り。

 

yellow gold and champagne gold “wave ring” with one-of-a-kind botanical pattern

material: 18k yellow gold, 18k champagne gold
size: left:2.0mm wide , right: 2.3mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島の緑に囲まれて。お二人の好き!が詰まった[シャンパンゴールド×イエローゴールド ]植物がらの結婚指輪。

世代を超えて受け継ぐダイヤモンド、リメイク編。シンプルさ、美しさ、大好き。沖縄ー屋久島、月桃イメージ結婚指輪作り。

こちらは早朝のアトリエ

日中暑すぎるこの頃はまだ暗いうちから作業をすることが多くなってきた。

 

シルバーで作ったリング、シルバーで作った石枠

二つの部品に火を当てて、一つとする作業をしています。

 

このリングにセットするのは

屋久島の友人が持ってきてくれたジュエリーからお預かりした、

大きくて、それは美しのダイヤモンドなのです。

 

ご家族がお使いだったリングを、今、日々の暮らしの中で使うことができるようにと、

デザインやサイズ、素材、

全てを新しくして

リメイクのジュエリー作りを進めています。

 

その中で一つだけ変わらないものがダイヤモンドで、

こうして大切なものが世代を超えて受け継がれていくことを思うと、

その長い時間感覚に果てしない気持ちに包まれた。

 

必要な事柄を選択して、限りなくシンプルに、

機能的なフォルムを追求していくと、

そこにポツリと現れる美しさが大好きです。

 

細くてプレーンなリングと、シンプルな石枠、

そしてダイヤモンド。

ただそれだけ、だけど、そこには全てがありました。

 

必要から生まれる美しさ、と言いましょうか。

彼女とは以前、ピアス作りをご一緒したことがあったので、

きっと彼女もこのスタイルを気に入ってくれるだろうと思った。

 

制作編

シルバー×ダイヤモンド、シンプルが好き。ご家族のジュエリーをお預かりしてつくるリメイクの指輪。#制作編 #屋久島でつくる結婚指輪

 

 

いよいよもう少しで完成となったところで、夜も明けてきた。

早く手渡したいなとワクワクしながら、

今日は土曜日のしずくギャラリーへ。

 

ギャラリーに着くと、庭にユリの花が咲いていました。

こちら屋久島ではこの夏はユリが満開だったなあ。。

 

まだまだ暑さは続きそうかなと思いきや、

近くには月桃の実が大きくなっているのを見つけましたよ。

次の季節もすぐそこまでやってきているようであります。

月桃の実を見つけて、ちょうど今朝海の向こうに送ったサンプルリングのことをおもいだした。

春の沖縄から来てくれたお二人がシンボルと伝えてくれて、結婚指輪作りの中心としているのイメージが月桃の花だった。

 

ほんの小さなきっかけや、季節の変化に注意深くいよう。

必然的な何かを感じながらジュエリーを作っていこう。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

海を渡る準備をしていると、蝶々も集まってきた一コマ。

夏のジュエリー作りは続きます。

 

しずくギャラリー編

沖縄から屋久島へ ありがとう!お二人がしずくギャラリーに結婚指輪を作りにきてくれました!

シルバー×ダイヤモンド、シンプルが好き。ご家族のジュエリーをお預かりしてつくるリメイクの指輪。#制作編 #屋久島でつくる結婚指輪

台風10号が過ぎ去った朝、

ほんわり晴れ渡ったいつものビーチ。

最後のうねりを仲間たちと一緒に、何度も何度も乗りつづけました。

いざ、アトリエでは新しい制作を。

ご家族がお使いだった指輪をお預かりしてリメイクのジュエリーを作ってます。

シルバーとダイヤモンドのシンプルな組み合わせがお気に入りです。

 

 

 

始まり編

海とプラチナリング 。土曜日の屋久島しずくギャラリー。やっぱり!ダイヤモンドの輝きは永遠でした

出会うって素敵。彼と彼女、サイズ違いの結婚指輪作り。屋久島、まだまだ続いて欲しい夏!

台風10号が過ぎ去った翌朝、

庭に出てみると新しい花が咲いていた。

 

こちら屋久島のアトリエはさほど雨風も強くなく、無事に過ごすことができました。

これから台風が向かうエリアでも、どうか皆さま無事でありますように。

 

今回の台風では停電がなくて助かった。

おかげで作業の方はグイグイと進み、シャンパンゴールドのリングの造形もひと段落。

すっきり細身で、抑揚のあるアウトラインが出来上がりましたよ!

メンズと重ねると、こんなにもサイズが違って驚いた。

なんだか、出会いって素敵です。

 

台風も過ぎ去ったし、ちょうどキリが良いところで、

こちらの制作を少しインターバルを置いて

月末あたりに仕上げ作業を再開することにいたしますね。

 

お盆を利用して長いお休みの皆さま、

お盆関係なしにお仕事の皆さま、

この夏をいかがお過ごしですか?

わたしの方は、明日は台風の名残波を求めて、朝一番でいつものビーチに行こうと思ってます!

まだまだ続いて欲しい夏!