Blog

屋久島、雨上がりのしずく。しずくの指輪。プラチナ、ゴールド、ダイヤモンドで作りました。

しずくの指輪。雨上がりのしずく。

プラチナの粒々を細いゴールドのリングに散りばめるように作りました。

粒々の中にはダイヤモンドがキラリ。

それにしても、この指輪を作ってる間はそれにしても雨がよく降ったなあ。

ぽつりぽつり雨音もムードを盛り上げてくれた。

 

時折庭に出てはしずくをチェックして、また作業机に戻る。

しずくのバランスやリズムを習って、リングにプラチナの粒を散りばめてみる。

そんなジュエリー作り。

雨の多い屋久島の時間から生まれたジュエリーだなと思う。

drop ring variations       platinum, yellow god, diamond

 

今回作った3本のリングを重ね合わせて並べてみると、ぽつりぽつり、楽しいリズムが現れた。

 

同じ0.8mm幅のリングをサイズを変えて、

しずくの大きさやバランスをそれぞれにレイアウトしたのですが、

3本のリングともに個性があって!

一つだけの存在と言いましょうか。。

わたくしながら、なんとも愛おしく思えてしまいます。

まずは1本目は9.0号です。

シンプルに、
スタンダードに、
印象的に、
爽やかに、
いつまでもつけていたい、
重ねてもつけたい、
一粒のダイヤ、

そんな言葉が思い浮かびます。

そして2本目。こちらは7号。

海の向こう大阪の友人に声をかけていただいて作りました。

 

こちらも1本目と同じくダイヤモンド1粒のデザインではありますが、また雰囲気が異なります。

オリジナル、
楽しさ、
リッチさ、
親しみぶかさ、
優しさ、
がんばり屋さん、
絆、
永遠、

彼女のことを思いながら作ったので、このリングはやっぱり彼女のイメージでした笑

大阪のストリートでアクセサリーを並べてた時からずっと作品を観てくれて本当にありがとう!

そしてラスト、3本目は11.5号です。

こちらはダイヤモンドが2粒のデザインでありまして。

 

ちょっとゴージャス、
装飾的に、
1本でも素敵だし、
もちろん重ね合わせても楽しい、
初めて作ったバランスは、
きっと一度だけのバランスで、
あなただけに、
大切な人に、
時別な時も、

いつもの毎日も、ずっと一緒にいてくれるリングだと思います。

 

皆さまはどのリングがお好みですか?

1本目と3本目はしずくギャラリーに展示する予定ですので、

お近くにお越しの際はぜひ手にとって観てください。

 

海の向こうからのリクエストももちろん!

 

しずくの指輪はプラチナやゴールド、素材を選んで、

ダイヤモンドの個数を変えて、

オリジナルを作ることができるのも楽しいところ。

 

しずく好きの皆さまに、
雨大好きな皆さまに、
細身のリング大好きなあなたに、
屋久島フリークの皆さまに、

とっておきの1本となりますように。

しずくの指輪

リングゴールド、粒々プラチナ、ダイヤモンド1個 ¥33.000.-
リングゴールド、粒々プラチナ、ダイヤモンド2個 ¥44.000.-

リングプラチナ、粒々プラチナ、ダイヤモンド1個 ¥38.500.-
リングプラチナ、粒々プラチナ、ダイヤモンド2個 ¥49.500.-

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

制作編

屋久島サウス、雨のリズム。プラチナ×ゴールド“しずくの指輪”を作る。はちみつトーストの幸せ風味。 

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで、お気軽に
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島サウス、雨のリズム。プラチナ×ゴールド“しずくの指輪”を作る。はちみつトーストの幸せ風味。 

屋久島サウス、アトリエ。雨。

あと少しで出来上がる、しずくの指輪。

しとしと雨音を聞きながら作業机に向かってます。

大阪からオーダーメイドの声をかけていただいて始まったこの指輪作り。

せっかくなので、屋久島のしずくギャラリーでも見ていただけるようにと、

あと2本、一緒に作ることにした。

 

同じ細さのゴールドリングを、

7号、9号、11号と、異なるサイズで作る。

0.8mmとかなり繊細なボリュームのリングだけど、

3本並べると、なかなかゴージャスにも見える。

きっと、いや間違いなく(笑)、重ね合わせてつけても素敵だろう。

その細いリングの装飾となる、プラチナで作った粒々は、

こうして火を当てて接続してゆくのですよ。

 

大きさを選んで、バランスを見つけるように、一つずつ、一つずつ。

今日の気分はいつもよりもしずくが多くてエネルギーに満ちた感じかな。

 

外ではちょうど雨が降ってたので、

そのリズム感じながら作ることができたのもよかった。

 

そして、つぶつぶの作業、

むっちゃ細かいです!笑

集中マックスの時って、甘いものが欲しくなりませんか?

今日のおやつはコーヒーに蜂蜜トーストといたしました。

 

屋久島の敬愛する職人さんが作った食パンに、

屋久島の友人夫婦が作った蜂蜜をかけて食べる喜び!

友人夫婦が独自にブレンドした配合の“たんかんと百花”蜜は、

お二人に最近赤ちゃんが生まれたからか、

頂くといつもよりも甘味と幸せ風味が大きかったとか、

わたしがそう感じただけだったとか。

 

とにもかくにも、はちみつトーストで集中を取り戻して、つぶつぶ作業に戻り、

1日の終わりに、3本のリングのデコレーションを終えた。

うん、いい感じです。

この次のステップは大きなしずくを選んで、その中にダイヤモンドをセットするのですが、

今日はここまでとしよう。

そろそろ長く続いた雨も上がりそうだ。

 

制作編

屋久島サウス、雨上がりのアトリエにて。しずくの指輪を作り始めました

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで、お気軽に
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島サウス、雨上がりのアトリエにて。しずくの指輪を作り始めました

屋久島は年中雨が降ってるイメージがあるけれど、

案外、冬は晴れる日が多くて、

ときおり屋久島らしい、重ための湿度が恋しくなることがある。

 

今日はパラパラ雨降りの屋久島サウス。

なんだか嬉しくなって窓の向こうばかり眺めてしまったり笑

これはちょうど良いタイミングだなと思い立って、

雨にまつわるジュエリー作りを始めることにしたのです。

作り始めたのは、雨上がりのしずくをモチーフにした、しずくの指輪。

 

まずゴールドの線をさらに細く、角ばった線に造形することから始める。

大きさ違いでいくつもの四角い穴が空いた鉄の板にゴールドの線の先端を差し込んで、グイと引く。

次の小さな穴に差し替えて、さらにグイと引く。

お目当の寸法になるまで何度もそれを繰り返した。

細いラインが印象的なこのリング作りだ。

 

0.85mm×0.85mm, 18k yellow gold

 

線がスクエアになってるのが見えますか?

これまで何百本と細身のリングを作り続けてきて、

たどり着いたのが、0.85mmのスクエアシェイプというバランスなのです。

 

細身のゴールドリング。

繊細で華奢だけど、

ゴールドの存在感があって、

リッチな感じもあるし、

さりげなくもあって、

わたしも大好きなスタイルです。

 

普通に細いだけも素敵だけど、

そこにオリジナルな装飾があれば嬉しいなと思うことってありますよね。

できればシンプルに、印象的に。

 

細いゴールリングの上にプラチナの粒々を。

雨粒のように散りばめてみよう。

そう思いついたのは、屋久島での暮らしの中で、とても自然なことだったと思う。

 

プラチナの粒は酸素トーチで高温を与えて、

大小ランダムに、たくさん作る。

リングができたら、思いつくまま、好きなバランスで、

この粒を雨の雫みたいに散りばめることにしよう。

 

 

雨上がり、

庭に出ると、雨の雫が世界を飾ってた。

その輝きがまばゆくて、

まるでダイヤモンドみたいに思えた。

屋久島ミカンとパール。育てる果物をモチーフにジュエリーを作ること。[オーダーメイド、ブローチ編]

淡水パールをお預かりして、新しいジュエリー作りを。

彼女が育ててるミカンをモチーフにしようとひらめいたので、

今日はミカン畑見学に行ってきた

冬の自由研究です。

屋久島サウスは尾之間。

モッチョム岳の麓に、それは素敵な庭園を作られている彼女。

わたしの植物友達でもあって、

しずくギャラリーの花々も彼女のピックアップしてくれたものがたくさんあるし、

実はアトリエのすぐご近所さんでもあるんです。

 

ちょうど去年の暮れの頃、

庭先でマンゴーの収穫を一緒にした時に、

ふと彼女から淡水パールを見せてもらったのが今回のお話の始まりだった。

「ケイさん、昔海外で買ってきたこれを使って、ブローチを作ってもらえるかな?」

 

「いいですね!お作りいたしますね。」

と答えてから、年を越して、

屋久島に帰ってきて何日かが経った頃、

彼女が農園で収穫したところのミカンを玄関先まで持ってきてくれた時、

ピンときたんです。

 

あ、ミカンとパール。

 

モチーフを思いついてから、頭の中でデザインが出来上がるまでは一瞬のことだった。

 

そして今日、

そのデザインの助けとなるように、実物をきちんと見ておきたくて、

農園にお邪魔して、お願いしたのがこちら。

枝付き葉っぱつきのミカンをぜひ!

 

ミカンと一緒に気に入ったお花関係もしずくギャラリーのお庭用に頂いて、

もちろん、ミカンはお話ししながら、

木から千切ってはパクパクといだだきました。

 

むっちゃ酸っぱい!

むっちゃ酸っぱくて美味しくて、

なぜか不思議と、心の奥までぐっと響いた。

 

こうやって彼女が大切に育ててる果物をモチーフにしてジュエリーを作ることができるなんて!

それも、コレクションだったパールを使って。

ジュエリー作りにまつわる物語のことが思い巡らされて、

あたたかで幸せな気持ちに包まれた。

さて、

アトリエに戻って、朝の印象が濃いうちに、

パールを眺めながらのイメージトレーニングです。

 

ミカンの小枝を切って友人に届けるような、

そんなジュエリーになればいいと思ってる。