Blog

オーストラリアと屋久島をつなぐジュエリー作り。 プラチナ×シャンパンゴールド、今日から海を渡る結婚指輪編です!

屋久島の木々を見上げる 緑いっぱい 屋久島日々の暮らしとジュエリー

今日の始まりは

空が晴れわたり、暑くて、いつもの8月らしい朝だった。

 

近所に散歩に出かけて、

木々の下から空を見上げると、

葉っぱの間から漏れる光が強くて、

眩しく、

夏の気配をまだまだ十分に漂わせていた。

 

そういえば、台風もやっていていいる。

 

屋久島のシダバック オーダーメイドマリッジリングの素材を手に 屋久島のシダモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

pt900 and 18k yellow gold in Yakushima green

 

今日から新しい制作が始まりました!

ガラスのトレーの中に入れたプラチナとシャンパンゴールドをアトリエの庭に持ち出すと、

木漏れ日の中で屋久島の緑と響き合っていた。キラキラ。

 

 

pt900, 18k champagne gold for wedding rings from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.

角度を変えると

明るく輝くところ、暗く落ち着いたところ、鮮やかな色彩、

様々な表情を見ることができる。

その特徴がゴールドとプラチナに際立っているのも、

結婚指輪の素材として多く使われることに、

やはり自然な成り行きがあるように思えた。

 

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 プラチナリング ジュエリーのアトリエ トーチの火 屋久島でつくる結婚指輪

まずは最初の第一歩。

プラチナの線はそのままだと、とても硬く作業に大変なので、

火を当てて柔らかくしています。

 

火を当てて金属を扱う工程は、はるか昔からずっと変わらない作業で、

もちろんずっと職人の手作業によるものだった。

火を使う作業。

ジュエリー作りではほとんど毎日がそうなのです。

 

長く打ち合わせを重ねて、お二人のために作ったサンプルリング。

これを横に置いて、本番を作り進めてゆきます。

 

お二人から指輪作りの声をかけていただいたのは

まだ雨の多く降る梅雨時の頃でした。

オーストラリアからのメールが届いて、

屋久島とオーストラリアを結んで指輪作りを始めることになりました。

 

お二人はニュージーランドで出会ったこともあり、

スカイプを使った会話では

屋久島、オーストラリア、ニュージーランドと

わたしたちに縁のある場所のことが話題に上がり、

それぞれの場所とお二人の時間を紡ぐようなデザイン作りを進めてまいりました。

そして、

その世界広しのデザイン作りをまとめていたのは

彼女とわたしの出身である関西弁だったのも楽しかった。

 

オーストラリアと屋久島をつなぐジュエリー作り。

今日から海を渡る結婚指輪編です!

 

オーストラリアと屋久島に通じ合うモチーフが、あったのです。

とても身近なところに!

屋久島の海、海面のキラキラ ぼんやり 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

夕暮れ時、海へ。

ジュエリーがあって、海があって、

いつもの夏の日にありがとう。

明日もまた、ジュエリーです。

お二人の雰囲気と近しさを感じました!結婚指輪の相談会で“シンプル シルバーリング”をお試しいただきました。

屋久島しずくギャラリー エントランス 屋久島の緑に囲まれて 結婚指輪の相談会

朝早い時間に指輪の仕上げ作業を終えて、

そのリングをお試しいただく待ちあわせの時刻になった頃、

しずくギャラリーを小さくオープンさせました。

 

小さく、というのは

ご予約を頂いて予定を合わせてお越しいただいての時間限定オープンだったので、小さく。

 

「日曜日なら家族揃って指輪を試しにいけます!」とお二人。

「じゃあ、昼前に11:00でどうでしょう?」オレ。

お二人は同じ屋久島の、しかもお隣の地域にお住いだったので、

待ち合わせもリズムよく決まったのです。

 

トレーにシルバーリング 屋久島の緑に囲まれて 屋久島でつくる結婚指輪

結婚指輪の相談会では特に、

お二人でのゆっくりとした時間の流れを大切にしています。

 

たとえば、オーダーメイドのジュエリー作りのきっかけが

お二人のイメージや、小さなひらめきであることは

これまで出来上がってきた結婚指輪を見るとよくわかる。

 

オーダーメイドの結婚指輪は

時間や体験的なもの、

お二人の、ということに価値観を移せば

最高のジュエリーなのかもしれません。

 

屋久島しずくギャラリー ジュエリーのディスプレイ シルバーリング オーダーメイドマリッジリングのサンプル 屋久島でつくる結婚指輪

2.3mm and 2.6mm round shape in silver

 

「シンプルで優しいスタイルが好きです!」

シルバーのリングをお揃いで

お二人が選んでくれた。

 

ギャラリーのディスプレイに置かれた

2本のリングを眺めていると、

お二人の雰囲気に近しい何かを感じることができました。

これがオーダーメイドの持つ力なのかもしれない。

 

そこに屋久島らしくワンポイント、

大切な日付とともにアイデンティティーを記すことにいたしました。

それは同じ屋久島に暮らすお二人と、

わたしの時間や体験を感じるものとなるにちがいない。

 

屋久島のハイビスカスと雨のしずく 屋久島花とジュエリー オーダーメイドジュエリーのモチーフ

お話を終えて、アトリエに戻ろうとしたら

スコールが降り出した。

激しく、短く降った雨のせいでモワッと蒸し暑い。

まだまだ夏なのだ。

丸ごとスイカ 椅子の上に 屋久島日々の暮らしとジュエリーと

アトリエに帰ると、

椅子の上に大きなスイカ!

夏はここにもありました。

 

皆さまもどうぞ素敵な夏の続きを。

今週もよろしくお願いします。

秋の気配?屋久島の柿。しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。エメラルドは森の色

柿の実も大きくなり、暑さの中にも季節の移ろいを感じる屋久島です。

ディスプレイではゴールドのジュエリーが目を引きました。

柿の若い緑も。

エメラルドのような深い緑も。

屋久島を感じる色合いです。

暮らしの中で作ること。心温まる、屋久島スタイル結婚指輪作り

少しずつ進めていた指輪作り。

今日は最後の仕上げ作業をじっくりと進めることができた。

ラウンドシェイプ、シルバー 

シンプルで好きなスタイルです。

 

ここからさらにお二人のテイストが加わることになっていて

今からとても楽しみ。

屋久島にお住いのお二人にお作りする結婚指輪であります。

 

そして、

お二人はすぐ隣の地域にお住いなこともあって、

島暮らしの中で

郵便局で出会ったり、

ふらりとギャラリーに来てくれたり、

ふとしたタイミングでお二人と出会い、

指輪と出会えることもあるだろう。

お子様も大きくなったりして。。

そう思うと胸がぽっとあたたかくなってきた。

屋久島スタイルですね。

心温まる指輪作りです。

作業がひと段落したところ。

 

今日はなんとなく暑さも和らいだ気がするぞ!

そう感じて、いつもの散歩道に。

急に緑が恋しくなってきた。

 

森の日陰では思った通りの快適さがあって、

暑さも折り返し地点を過ぎたことを認定。

自分の体よりも大きな葉が風でゆらゆらと揺れて

その隙間から緑色の光が溢れてきた。

 

 

からの、

尾の間はパンドシュクルさんでフィッシュサンドを買って

今日のお昼ご飯といたしました。

 

フライものや、カボチャだとか、

食べたいものも少しずつ変わってきて、

なんだか夏も後半ですね!

 

この週末も素敵な夏に包まれますように。

明日は土曜日のしずくギャラリーです!

 

水平線の指輪 お二人にありがとう!海を渡る前の1日 #屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドマリッジリング ジュエリーのアトリエ ゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪 場面2 オーダーメイドマリッジリング ジュエリーのアトリエ ゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪 屋久島の海、空 夕暮れ時 オーダーメイドマリッジリングのモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

水平線の指輪が海を渡る前の1日。

 

指輪作りでは

雨の中、しずくギャラリーで初めてお二人にお会いして、

新しいひらめきをデザインに表現したり、

アウトラインの優しさや、つけ心地、表面の仕上げにはこだわりました。

 

そしていよいよお二人の元に、海を渡ります。

終わりはまた、始まりでもありますね。

 

屋久島より、

楽しかった時間にありがとう!

お二人にありがとう!

 

 

海を渡る前の結婚指輪 from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.