Blog

秋色屋久島、一度だけの結婚指輪作り! プラチナ、ゴールド始まり編

これまでのジュエリー作りが終わって、

また新しい制作が始まる前に、

いつものビーチに出かけた。

 

海ではもう、ちらほらと秋色に出会います。

 

お二人がしずくギャラリーに来てくれたのはちょうど七夕の日だったから、

夏を越えて、もう3ヶ月も過ぎたのかと、

あの日からこれまで、3人で進めてきたデザイン作りのあれこれを思い出していた。

 

左側がプラチナで彼のリングになる素材。

右側が彼女のイエローゴールド 。

波の音。

 

色違いの素材を使って、でも、デザインを同じくして、

これからお揃いの結婚指輪を作ります。

波の巡りのように、リズムを感じる指輪になればいいと思ってる。

お二人は音楽が大好きなんです。

 アトリエでも秋色、ありました。

 

季節というのは楽しいものですね。

ここ最近は熱いお茶にサツマイモなどがおやつの主流になっております。

皆さま、そちらの秋をいかがお過ごしですか?

 

サツマイモは焼き芋にしたいところではあるけれど、

それはなかなか大変!

お家で簡単に、何度も作りたいところだと思います。

そんな時、オススメなのが鉄のお鍋!

僕はいつも、重たい重たい鉄のお鍋を使って、サツマイモを蒸し焼きにしています。

 

重たい鉄の鍋にはクッキングシートを敷いて、洗ったサツマイモをアルミホイルで包んで入れて、蓋を。

極弱火で1時間ほど火をかけて、余熱で20分ほど熱を加えて出来上がり。

時間はかかるけど、洗い物も少なくて、ホント簡単なんです。

フォークでザクっと切れるほどに柔らかに、そしてジューシーに出来上がるのですよー。

 

さて、新しいジュエリー作りです。

まずは彼女のゴールドに火を当てて、最初の第一歩。

火を当てると、ゴールドの表面に酸化膜がついて、

このように黒くなるのですよ!

 

火を当てて柔らかになったゴールドは、金槌で叩いて細い部分と太い部分、

アウトラインに抑揚を与えてゆきます。

 

ここからの作業は一度きり。

できる指輪も一つだけ!

 

金槌を手にとって、いざコンコンと始める瞬間、

ふと、お二人と過ごした時間を思い出した。

笑いあり、涙もあった!、夏のしずくギャラリーだった。

 

七夕!初めての屋久島旅。しずくギャラリーで結婚指輪の相談会

 

屋久島でつくる結婚指輪

ご結婚おめでとうございます!屋久島サウスより、ノースのお二人に。 プラチナ、ラウンドシェイプ の結婚指輪を作りました。

屋久島の友人に作りました。

プラチナ、ラウンドシェイプ の結婚指輪。

 

シンプルでプレーンな表面仕上げは彼のリング

彼女のリングは叩き模様をつけて、有機的に仕上げました。

 

細いリングに埋め込んだグリーンのダイヤモンドは

彼女のお名前にちなんで選んだもなのですよ。素敵。

 

ラウンドシェイプ のリングは普遍的なデザインではあるけれど、

そこにお互いの“好き”を装飾すると、

少し違ってるからなのか、いっそう2本のリングが近しく感じられました。

 

お二人が選んだ結婚指輪のお揃いであります。

 

そしてそして、

指輪の内側に彫り込んだ屋久島の形!

 

屋久島と溶け合うように暮らすお二人のアイデンティティをどうにか指輪にキュッと凝縮させたい!

というのはお二人とわたし、満場一致の意見でありました。

 

案外、屋久島マークは初めての試みで、

わたしも大のお気に入りとなりました。

これからも使っていくことが決定!笑

雨上がり。プラチナリング とサキシマフヨウ。

朝の光の中できらり。爽やかに輝いてた。

 

思えば、

ハイビスカス咲く夏に始まったデザイン作りだったなあ。

作業の間はちょうど夏から秋に変わる頃で、なぜか不思議と虹によく出会う日々だった。

そして、秋の花サキシマフヨウが満開になる頃、

お二人の指輪が出来上がりました。

 

同じ島での指輪作りということもあって、

季節の移り変わりを共有しながら作業を進めたのも素敵な思い出となりました。

しずくギャラリーで、お家の前の公園で、インスタグラムやフェイスブックを見ながら、

ここまでお付き合いしてくれてホントありがとう!

 

1.9mmと2.3mm

スッキリ細身のプラチナリング 

夕暮れ時の光の中で手に取ると柔らかに、優しく輝いていた。

 

これからはお二人とともに、この指輪が屋久島にあるのだと思うと嬉しくなってきた。

 

毎年秋になるとサキシマフヨウが咲いて、

夏になると虹が出て、

毎朝海を眺めて。

いつもの繰り返しが新鮮に感じるのはなぜだろう。

 

指輪は時間とともに古くなるけど、日々変わりゆくという意味では、

それはいつも新しくなるのだと思う。

 

お互い時間を重ねるごとに、日々がフレッシュになると素敵ですね。

 

ご結婚おめでとうございます。

屋久島サウスより。ノースのお二人に。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

お二人が選んだ結婚指輪のお揃いとは。屋久島の虹とプラチナリング 。シンプル ラウンドシェイプ の魅力。

 

相談会編

晴れの日だから!公園に指輪もって行こう。屋久島の海が大好きです。シャンパンゴールド結婚指輪作り、最初の第一歩。

ほら。お揃いのシダ模様! 屋久島ー新潟、お二人の約束みたいな結婚指輪作り

並べてみるとアウトラインと素材が違ってて、

でも、そこにしっかりと繋がりを感じた、

お二人だけの結婚指輪作りのお話です。

 

イエローゴールド のリングは彼女に。

シルバー のリングは彼に。

屋久島から新潟のお二人に届ける結婚指輪が出来上がりました。

くるりとすると。

ほら。

リングの表面と裏側にお揃いのシダ模様!

 

シンプル×シダ模様がお二人の指輪作りの基礎になっているので、

並べてみると、とっても親密な雰囲気。

お二人の約束みたいな、一つだけの結婚指輪が作りたかった。

 

そして何と言っても、

デザイン作りのヒントとなったのは、

自然の中で暮らすお二人の時間そのものでした。

fern ring in 18k yellow gold, silver

 

新潟でお米を育てて暮らすお二人。

自然の中で、季節の中で、

馴染み深い情景を伝えてくれました。

 

暮らしの中では、シダやワラビがいつも近くにあって、

それをシンボルのように指輪に表現したいという。

 

あれ?

初めてだったけど、なんだか自分のことでもあるような笑

お二人に新潟でのいろいろを伺った時、とても近しく感じられたのをよく覚えてる。

屋久島と新潟で、自然があって、物作りがあって。

仲間ができたようで嬉しかった。

 

あと面白かったのは

屋久島の指輪作りと新潟の米作りが並行して進んでいたところ。

サンプルリングを作りながら合鴨の放流の様子をfacebookで見たり(合鴨農法なのです!)、

本番の作業中はまさにお二人も稲刈りの最中で。

3人とも集中マックスでありました笑

 

お互いがお互いに、自分たちの“好き!”に真剣に向かい合ってた数ヶ月は今となっては貴い時間で。

記念の指輪を作ったことが、これもまた新しい記念になったのかもと感じては、今、清々しい気持ちに包まれてます。

 

そして、これから海を渡って指輪が届く日に、ちょうど新米の初出荷が終わるという。なんと!

 

素敵な歩みにありがとう。

いつの日か屋久島にもいらしてくださいね。

こちらでは橋の上からシダ飛ばしなんかもありますよ。

ご結婚おめでとうございます!

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

お二人の暮らしを映すモチーフ、シンプルなスタイルで結婚指輪をつくる。#屋久島 #新潟 #シダ模様

 

始まり編

屋久島から新潟へ。 新しく始まった[シルバー×イエローゴールド ]結婚指輪作りと大きな大きな虹。