Blog

海を渡る結婚指輪_ゴールドとプラチナ。自然と仲良くなる指輪。

屋久島のコスモス オーダーメイドマリッジリング ケースを手に プラチナ、ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

これからいよいよ海を渡る結婚指輪。

夏真っ盛りの頃にここ屋久島に来てくれたお二人と一緒に進めて来た指輪作りがこれでひと段落するのだと思うと、とても感慨深く、

秋のせいなのか、それと同時にちょっと名残惜しくも感じていた。

 

コスモスやうろこ雲の屋久島も素敵なので、また今度は秋にでも島に遊びに来て下さいね!

 

 

屋久島の海、空

昨日から北西の風が強く島に吹き付けていて、いつものビーチでは波が大きくなるだろう。

そんな話題が仲間内で取り交わされていて、今朝は久しぶりに何人かの友人が一人二人と海に集まって来た。

ここのビーチに足繁く通うことになると、いよいよ冬の訪れを感じる。

 

屋久島 なみ、雲空、光 海とジュエリー

今日の思い出。

夢中になって、たくさん波に乗りました。

 

話は飛びますが、

「圭さん、一番好きなことって、やっぱり海ですか?」

先日、髪の毛をカットしてもらっている時に聞かれ、即座に答えたことをなぜか海で思い出した。

「海とジュエリーはセットで、海に入ってからジュエリーを作るのが一番好きなんです。」

 

今日もジュエリー作ってますよ!

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 プラチナ 屋久島で作る結婚指輪

リング状となったプラチナの指輪を鉄鋼ヤスリで削り出してゆくところ。

今回は彼がゴールドで、こちらのプラチナリングは彼女がつけることとなり、

女性の魅力を高めるように、流線型のラインを意識して造形を進めております。

 

屋久島が大好きな彼女はもう10年来の屋久島フリークで、この指輪も森に馴染むような指輪にしたかったという。

ライフワークの農作業を通じて出会われたお二人は、

シンプルで有機的な、そしてその中にしっかりとした個性を感じるような指輪が良いです!打ち合わせを始めた時にそう伝えてくれた。

 

ゴールドとプラチナ。自然と仲良くなる指輪。

お二人の言葉を感じながら、作業の手を進めていると、

なんだか素敵な響きを見つけました。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 プラチナリング 屋久島の空にかざす 屋久島で作る結婚指輪

夕暮れ時に、空に指輪をかざして、アウトラインの確認です。

さあ、いよいよ完成が近づいて来た!

明日もまた、ジュエリーです。

[指輪作り]どこからみても違う表情を感じられるように。流れる、という意識。

オーダーメイドマリッジリングの素材 プラチナ、ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

昨日メンズのリングが出来上がったのが嬉しくて、今日はその続きを作りたくて仕方がなく、まだ早い時間から机に向かって作業を進めていた。

 

素材はプラチナ。レディースの指輪です。

 

そういえば、ここ最近は男子がゴールドを選ぶケースが多くなってきたなあ。

オレが自分の指輪を作った頃は、男=銀色!みたいな公式を、なぜか決まりごとのように、みんなで大切に持ち合わせていたのだけど、

好きだからゴールド。今は、そんな当たり前が当たり前になっている良き時代。

何と言っても、お二人のライフスタイルに寄り添う指輪が素敵で、

ハッピージュエリーを作らせていただける喜びに包まれて作業の手を動かし続けていた。

 

屋久島 山茶花の蕾

屋久島は朝から、しとしと雨降りでした。

 

雨音を聴きながらの作業が調子良かったからか、

気がつけば3時間ほど手を動かしっぱなしで、頭の中にあるイメージが一気に形へと変化して、そのスピードに自分でも驚いてしまった。

 

途中経過を撮影することも忘れるほどに真っ白になれるって、ジュエリー作りに今日もありがとう。

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ プラチナ 屋久島で作る結婚指輪

丸くから形取られたプラチナのリング。

いきなり飛びました w

 

細身のスタイルで、つけている時に変化を感じることができるような。

柔らかい自然のリズムを感じることができるような。

 

彼女とはLINEで度々言葉を交わしながら、打ち合わせを進めていて、

心の中にある、ぼんやりとした、ふわふわのかたまりのようなものを、指輪という一つの形に少しずつ変換してゆく、

そんな作業もとても楽しく貴重な時間に感じた。

 

 

 

角度2 オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ プラチナ 屋久島で作る結婚指輪

どこからみても違う表情を感じられるように、幅の広い部分と幅の狭くなる部分を設けてボリュームに抑揚をつけてみた。

 

流れる、という意識は日本独特の美しさだと思う。

動きを生む指輪。

作っているとなぜか、静かな心持ちになるのですよねー。

 

屋久島のハイビスカス

指輪作りがひと段落したところで、

土曜日のしずくギャラリーへと向かいました。

ここも良い雨具合で、いくつかジュエリーの写真撮りを行いましたので、

こちらはまた次の機会にご紹介いたしますね!

 

今日もブログにお越しいただきましてありがとうございました。

日曜日はどのようにお過ごしになりますか?

オレは仲間と海で会う約束をしているので今からその準備です!

軽やかに、印象的に。イエローゴールド、すっきり細身の結婚指輪。

角度1 オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

今日いちにち、じっくりと作業を進めて、

メンズのリングが出来上がりました。

 

キラリ。

 

角度2 オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

イエローゴールドで作った、シンプルなスクエアリング。

普遍的なスタイルでありつつも、個性の輝きを感じる作品となりました。

 

素材感やディティールへのこだわり。

自然に近しく暮らすお二人のライフスタイルに寄り添うようにと、

彼と一緒に打ち合わせを続けてきたんです。

 

長くお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

角度3 オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

表面はマット仕上げなので、イエローゴールドといっても、

とても渋い雰囲気です。

 

印象的だけれど、さらりとつけることができる指輪、ずっと欲しかったんですよね。

ボリュームがありすぎると手作業の時に気になったりして。。わたしもそうでした。。

 

イエローゴールドで、細身のメンズ。かなりいいです。

細身ながらにも、しっかりとした重厚感も感じる。

わたしもお気に入りの指輪となりました。

 

 

角度4 オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

平たく置いてみたり。

うっとり。

気がつけばずっと眺めてしまって、ハマります 笑

 

さあ、次はレディースのリングへと作業は進んでまいりますよ!

レディースの素材は、プラチナです。

 

[結婚指輪制作編]大好きなスタイル!生まれたばかり、無垢な質感に心惹かれる。

夏が過ぎて、小降りになってきたハイビスカス。

 

冬でも暖かい南の島、というイメージを抱いて屋久島にやってきたのですが、こちらにも冬があるんです。

一応、雪も降るし、ダウンジャケットも必須アイテムですが、日差しが強くて活動的な屋久島の冬は結構気に入っていて、

今日も山茶花やツワブキの蕾を眺めては、すぐそこまでやってきている冬を少し待ち望んでいました。

 

こんにちは!

11月も後半となりましたね。

今年も残すところ、

なんて言葉も現れ始めました。

ふと、去年の今頃は何をやていたのかなと思い立って、ちょうど一年前のブログを見返してみたら、森歩きに出かけていました。

今日の思い出。#屋久島#森歩き

そういえば、紅葉のシーズン真っ只中でしたね。

そうなるともう少し冬にのんびりしてもらわないと!

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景  ゴールド 屋久島で作る結婚指輪 表面にピント

イエローゴールドのマリッジリング。現れた表面の質感。

生まれたばかり、無垢なフィーリングに心惹かれます。

 

素敵な質感ですが、つけ心地は大丈夫?

確かに、そこは一番大切なところですね。

でもご安心ください。

気持ちよく、日々快適につけていただけるように

内側を柔らかくラウンドさせて仕上げてゆきます。

 

シンプルさと洗練。

わたしも大好きなスタイル。

遠く離れた場所にお住いのお二人だけれど、ずっと仲間だったような親近感を感じながら、

あたたかい気持ちに包まれてこの指輪を作ってます。

 

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景  ゴールド 屋久島で作る結婚指輪 裏面にピント 

 

有機的。素材感を生かすシンプルな結婚指輪のデザインとは?

屋久島の朝焼け

今日の朝焼け。

深まる秋に包まれた屋久島です。

 

まだ暗いうちに目が覚めて、本を開いて読んでいるうちに夜が開けるのが最近のペースで、

今朝は黄金色に輝く空を眺めながら、ちょうど今作り進めているゴールドのリングのことを連想していた。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作過程 ゴールドリング 屋久島でつくる結婚指輪

ゴールドとプラチナを素材と選んで始まった結婚指輪作りはゴールドリングの形成作業が始まり、

火を当てて柔らかくなった金の素材をぐるりと丸く巻きつけて、その両端をつなぎ合わせて、一つの丸いリングを形作った。

 

火を当てて、丸めて、くっつける。

この3アクションを今まで何回やってきたかわからないけど、

無駄のなく少ないアクションで綺麗に出来上がると、未だに大喜びしてしまいます。

 

 

ハンドメイドジュエリー ゴールドリングの制作途中 屋久島でつくる結婚指輪

今回のデザイン、

有機的、素材感を生かすシンプルなスタイルで作り進めているんです。

 

というのも、

自然の中で農作業をしたり、環境に関わる活動をされているお二人とお話を重ねるうちに、

「長く、自然と共存することができるような指輪となればいいですね!」

そのような言葉が生まれてきたから。

 

自然と共存するような。

それなら、土から生まれたような無垢な質感を感じるようなデザインがフィットするだろう。

金属のありのままの表情を残しながら、それを気持ちの良いラインで仕上げよう。

お二人の暮らし、イメージからひと組の指輪が生まれた瞬間がありました。

 

ゴールドの方はメンズのリングとなるもので、

直線的で細身ながらもしっかりと仕上がる予定ですよ!

あと少し、これからじっくり作業を進めてまいります。