Blog

屋久島でのジュエリーアフターケアにつきまして。結婚指輪をもう一つ。しずくギャラリーからのお知らせです。

左側のネックレスが数ヶ月前に作ったもの。

右側のリングが8年ほど前に作ったもの。

 

種子島と大阪からお送りいただいたジュエリーの、

今日はお磨き直し会でした。

久しぶりのジュエリーに会うことができて、嬉しかった日。

 

ネックレスは金具部分が弱くなっていたので、

ろう付け作業を行い、接続を強く補強。

なかなかに黒っぽく変色してしまっていたリングをザッと紙やすりで磨いて、

ぴかり。ゴールドとシルバー本来の輝きを取り戻した。

 

「屋久島でのアフターケアの期間などはどうなっていますか?」

と、時々ご質問をいただきます。

 

「はい。ずっとやります。いつまでも僕が手作業で。」

なんとなくふわりとしておりますが、

いつもこのようにお答えすることが多いです。

 

できる限りの事は全て、必要な経費だけをいただいて、作業させていただこう。

今のところは決まりごとはあまり作らないスタイルで、

メンテナンスやお修理を承っております。

 

ジュエリー作りが終わっても、こうして時折コンタクトを取れるのは嬉しいものですから。

何かありましたら、

何もなくても笑

いつでもお気軽に声をかけてください。

 

いつもつけてくれてありがとう!

ここのところ雨の続く屋久島サウスです。

アトリエの窓の向こうには水墨画のような風景が広がって!

いよいよ雨の季節が始まるのだと、

気を構えながらも、少しワクワクしている自分も発見した。

祈りのように見える木蓮の花。

庭の木蓮がこれまでにないくらい満開なのは、

偶然にも今の気持ちをピタリと表していて、

ときおり窓の向こうを眺めては、

この世界の状況、情報をできるだけ広く深く収集しています。

 

日々状況の変化するこの頃ですが、みなさまいかがお過ごしですか?

とにかく元気に、ご家族健康でありましょう。

わたしは元気にやってます。

 

このような時にジュエリー作りさせていただけることに、

大切なご縁を感じながら、

ジュエリー作りや、オーダーメイドの会話や色々を進めています。

いつもの島のリズムです。

今日から新しいジュエリー作りも始まりました。

 

k18シャンパンゴールドの線を1本用意して、

結婚指輪をもう一つ!

彼が声をかけてくれた楽しい響きを感じながらの、

新章の始まりです。ワクワク。

 

最後に、しずくギャラリーからのお知らせです。

 

41日よりギャラリーの営業を予約制とし、

曜日にかかわらずお越しいただけるように営業スタイルを変更いたしました。

 

ジュエリーのご購入や結婚指輪のご相談、そして受け渡しなど、

しずくギャラリーは今までと変わらない場所でオープンいたしますので、

いつでもお気軽に声をかけてください。

もちろん、わたしが在廊いたしますし、

場所がわからないときは県道に出て手を振ります笑

 

そうそう、今シーズンは壁も白く塗りなおしてリフレッシュしたのですよ。

これからも変わらずよろしくお願いします。

 

ご連絡はこちらまで

hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ケイナカムラジュエリーのsnsもやってます

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

 

屋久島から北海道へ。プラチナとシルバーで作りました、結婚指輪オーダーメイドのストーリー。

2.3mm round in silver, 1.3mm-2.0mm wave in platinum

 

屋久島から距離を超え、北海道へお届けする結婚指輪。

 

シルバーは軽やかに。プラチナの洗練と。

同じ白色系の金属を使って作りました。

 

スクエアシェイプ とラウンドシェイプ 、

それぞれの個性もあり、つながりも感じられて、

スッキリ細身のデザインにしたのが大正解!

 

結婚指輪を作るのに、少しデザイン違ってもオーケーでしょうか?

デザイン作りの時には、そんなご相談もいただいましたが、

みなさん少しずつ違ったデザインをお選びいただくことが多いことは意外と知られていないかも。

実は、このお互いの個性がとってもいいスパイスになるのです。

 

 

こちらは去年、11月の屋久島サウス

 

指輪作りを始めたのはまだ寒くなる前、秋の終わりのことでした。

そして冬の間続けたデザイン作り。

島に春一番が吹きました!とフェイスブックでメッセージを送ると

こちらはまだ吹雪です!

みたいな、日本の中でも距離を感じる会話があって楽しかったなあ。

 

iphoneでフェイスブックのメッセンジャーを開いて当時の会話を辿ってみると、スクロールがむっちゃ長くって!

サンプルリングを送ったり、磨き仕上げのことで悩んだり、

ともに分かち合った指輪作りの時間も大切な思い出となりました。

 

北海道と屋久島

大きさは違うけれど同じ島で、

日本の北の端と南の端

自然いっぱいで、

季節折々の植物に囲まれている風土を皆んなが愛しているところが似ているなあと、いつも思う。

 

遠くに暮らすお二人に少しでも近づくことができるかな。そう思って。

出来上がった指輪は海に持って行こうと決めていたのです。

春の海。屋久島サウス。

ビーチを歩き、お二人のリングを手に取る。

空と海、山々のブルー、グリーンがリングに写る。

きらきらひかる3月の光が海面に、リングに反射して眩しかった。

プラチナとシルバーも溶け合って、一つのように感じたお二人のリング。

 

細身ながらも上部にお使いいだだけるように、

素材選びや細部の採寸にはこだわりました。

昔ながらの手作業で、じっくりと作り上げた結婚指輪です。

 

シンプルなデザインなので、

小さな傷がついても味わいが深くなるだろう。

 

そして時々磨き直して、

またリフレッシュして、

なんだか人生のようでもありますね。

 

この小さなリングがこれから紡がれるお二人の大きな時間に寄り添うのだと思うと、グッと背筋が伸びる思いです。

大切な指輪をお任せいただいてありがとう。

 

そうそう、

海からの帰り道、レンゲ畑ができているのに出会ったのですよ。

咲き始めた春の花をお二人に。

ご結婚おめでとうございます。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

メンズリング制作編

2.3mm ラウンドシェイプ 、シルバーの結婚指輪 #動画編 #屋久島でつくる結婚指輪

レディースリング制作編

屋久島、花とジュエリーと。すっきり細身、スクエアシェイプ のプラチナリング

始まり編

屋久島から北海道のお二人に。島に訪れた春とともに結婚指輪を作り始めよう。

屋久島から北海道へ。 海を越えて、心を紡ぐように進めるお二人の結婚指輪作り。#メンズリング編

今日はここで泳いだ。

ビーチについた途端、気がつくと走り出して飛び込んでいた。

3月24日、昼下がりの屋久島サウス。

 

「あの雨の日が過ぎて、島は早くも夏の気配感じる暑さになりました。」

海から上がった後、つい先日しずくギャラリーに来てくれたお二人にはそんなメールも送りました。

 

暖かくなって、少しでも状況落ち着くこと願いつつ、
お互い、こころ穏やかに、そして静かに日々を過ごしましょう。

 

屋久島から北海道へ。

海を越えて、心を紡ぐように進めてきたお二人の結婚指輪作り。

昨日は彼女のリングが出来上がったところまで書きました。

屋久島、花とジュエリーと。すっきり細身、スクエアシェイプ のプラチナリング

今日から彼のリング作りを始めることに。

しっかりとボリュームのある金属は、彼の選んでくれたシルバーです。

まずは火を当てて柔らかに。

そして、ロラーという機械を通して、

パスタを伸ばすように、くるくるとシルバーを圧縮してゆきました。

 

幅2.4mm、厚み1.9mm

目指したのはリングの出来上がりイメージよりも一回り大きめの寸法です。

(造形作業を経て一回り小さく仕上がります。)

 

ここまでお二人と一緒に考えてきた、微妙なボリューム感が、このデザインが、

いよいよ実際のカタチになるのだと思うと、胸にグッと響いた。

くるりと鉄の芯金に巻いて、サイズはお目当の11.2号よりもほんの少し小さくなるように。(造形作業を経て一回り大きく仕上がります。)

 

そうだ、お二人のリングが出来上がったら、リングを持って海に出かけよう。

くるりと巻いたシルバーをリング状に造形していると、

そんなアイデアが浮かんできた。

 

海まで行くと、少しだけお二人に近づくことができるような気がした。

 

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪