Blog

小さくてつめたい。でも、木肌のように温かな質感でした。[樹木のうねり]プラチナの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドマリッジリング 屋久島の緑バック プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

木のうねり。

樹木のもつ、うねりの表情を指輪に現すと、

それは水の流れのようでもありました。

 

お二人の心の中にある、大切な自然の風景を写すようにと進めてまいりました、プラチナの結婚指輪作り。

メンズのリングはスクエアシェイプのアウトラインに大きく切り込みを入れて、いよいよ完成!

 

「6月には森の中で結婚式をするのです!」

と送ってくれた、大きな桂の木とお二人の写真があって、

屋久島の森の大木ともどこか似ているような太古の風景に思いを巡らせながら、作業中は机に向かっていました。

木肌のような表情を持つプラチナリング です。

 

夕暮れ時、屋久島の深い緑の中に指輪をかざすと、

小さくて冷たいプラチナのかけらが、

どこか温もりを帯びているようで、

ついさっきまで動いていたかのようにも感じられた。

 

屋久島より、海を越えてはるか北。

東京よりもずっとずっと北で、青森よりは少しだけ南。

雪国に暮らすお二人に届ける結婚指輪作りもいよいよ後半に差し掛かりました。

 

そして、これからバトンをレディースのリングに渡して、

最後の仕上げを進めてゆきますね。

 

彼のリングは樹木で、

彼女のリングは雪のイメージです。

 

出来上がりは来週、ここで。

少し先になりますがどうぞお楽しみに!

手に持って オーダーメイドマリッジリング 屋久島の緑バック プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪 角度2 手に持って オーダーメイドマリッジリング 屋久島の緑バック プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

岩手ー屋久島。海を越え、遠い場所で出会う結婚指輪作り。メンズリング編

岩手ー屋久島。海を越え、遠い場所で出会う結婚指輪作り。メンズリング編

今朝はしずくギャラリーから始まりました。

窓際ディスプレイは指輪メインのセッティング。

「屋久島旅でぜひ実際に指輪を見てみたいのです!」

FBでメッセージをいただいたのは1ヶ月ほど前。

時間を合わせて、今日ここでお会いすることになったのです。ドキドキ。

 今日のインスピレーション。

 

ツワブキのお花をメインとして、もう少しリングをしっかりとできますか?

では、リングは思い切ってシルバーにするのはどうでしょう? タフにお使いいただけます。

お花は?ゴールドで。

合わせる石は?ダイヤモンドで。

 

一緒に指輪を挟んでお話しするうちに、

彼女のオリジナルがするりと決まってゆく時間。

それはまるでずっと前から決まっていたような、

偶然のような、必然のような。

 

そしてあとはサイズ。

指輪はサイズをピタリと合わせてお使いいただきたいので、

しっかりとサイズを測って、いよいよデザインが出来上がった。

 

ちょうどこのブログを書いているときに、

FBにメッセージが入った。

「今、名古屋に帰りました!」と彼女から。

 

おお!さっきまで一緒にいたと思ったら!

屋久島が恋しくなる頃に、指輪をお届けいたしますね。

僕も今からとても楽しみです。

 

 

そしてそして、

楽しかったギャラリーを後にして、

からの、今日のアトリエです。

お二人の暮らす岩手と、ここ屋久島。

海を越え、遠い場所で出会う結婚指輪作り。

今日からメンズのリングを作り始めました。

 

お二人には指輪の中に、岩手の自然を写し込むようなイメージがあって、

彼女のリングは雪で、

彼のリングは木のイメージでした。

 

屋久島も圧倒的に自然優位な場所なので、

全てのことが自然から始まるのは、

きっと多分、同じようなフィーリングに違いない。

お二人がいつも見てる景色がここにあるんだろうなあ。

伝えてくれたモチーフを思いながら、

そんなことを考えていた。

 

メンズのリングはこのようにカーブをつけました。

木のうねり。

それを現そうとすると、

緩やかなカーブや流れるライン、

それが水のイメージと重なることに気がついた。

 

指輪の表面に“うねり”を施す作業を前に、

今日はここまで。

 

外からは波の音が聞こえるので、

明日の朝は海に行ってみようかと思ってます。

あと少しで週末がやってくる!

みなさま素敵な一日を。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

レディースリング制作編

お二人の好きな自然のこと。自然の中にコロンと見つけた結婚指輪。屋久島から岩手に届ける結婚指輪。制作編

お二人の好きな自然のこと。自然の中にコロンと見つけた結婚指輪。屋久島から岩手に届ける結婚指輪。制作編

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪 場面2 オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

朝まだ暗いうちから始まった今日の指輪作り。

プラチナのリングのアウトラインを鉄鋼ヤスリで削り出してゆき、

そして紙やすりに持ち替えて、丸くて柔らかなアウトラインを造形する。

外では激しく雨が降り続いていました。

 

彼女のリングはいつもよりも少しだけ丸みを多くつけて。

細身ながらにしっかりとボリュームを保ちつつ。

海を越えてお二人と作ってきたデザインのイメージを地図のように大切に抱きながら作業は進み、

造形がひと段落する頃にはすっかりと明るくなっていた。

屋久島雨の雫 屋久島雨とジュエリー 屋久島ジュエリーのアトリエ 屋久島でつくる結婚指輪

朝のキラキラ。

 

「自然の中にコロンと見つけたような結婚指輪をイメージしています。」

ちょうどデザイン作りを始めた頃、彼女からいただいたメールの中にあった一言がずっと心の中で響いてて。

今朝もぼんやりと、お二人の暮らす岩手の大地のことを思い巡らせていた。

 

お二人の好きな自然。

遠く離れた屋久島もそことつながっているだろうか。

雨上がり。しずくのキラキラ。

いま、ここでお二人の指輪を作ってます。

屋久島雨の雫と結婚指輪を手に  屋久島雨とジュエリー プラチナ 屋久島ジュエリーのアトリエ 屋久島でつくる結婚指輪

丸くて柔らかなプラチナリング のライン。

お気に入りです。

 

レディースのリングはここからさらに作業あるのですが、

ひとまずここまでにしよう。

(これはとっても楽しみな作業なんです!)

 

そしてそして、

次なる作業の準備に取り掛かろうとして空を見上げると、

屋久島の山々、青空 屋久島ジュエリーのアトリエから見た景色 屋久島山とジュエリー

すっかりと晴れました屋久島サウス!

 

ザッと降ったと思ったら、ピタリと止んで、太陽が眩しいいほどで、思わず目を細めてしまう。

屋久島が屋久島らしい季節になってきた。

屋久島の山々バック オーダーメイドマリッジリングの素材 プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

さて、メンズの材料を用意して、

楽しみはまだまだ続きます!

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

始まり編

雪と結婚指輪。新しい結婚指輪作りが始まりました! #屋久島でつくる結婚指輪

 

 

雪と結婚指輪。新しい結婚指輪作りが始まりました! #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の海、空、夕暮れ時 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

昨日の夕暮れどき

これから始まる指輪作りを前に海に出かけた。

屋久島の海、空、夕暮れ時  オーダーメイドマリッジリングの素材、手に持って プラチナ 屋久島海とジュエリー 屋久島でつくる結婚指輪

結婚指輪作りの素材となるプラチナ。

海の向こう、お二人の暮らす岩手はずっと向こうにあった。

 

そして今日。

アトリエではいよいよ制作が始まりました!

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ サンプルリング 屋久島のはな 屋久島でつくる結婚指輪

指輪作りのために用意したのは、

素材となるプラチナの線が2本。

奥には、お二人と長く打ち合わせを重ねて出来上がったサンプルリング。

そして遠く岩手から届いたお手紙。

 

お二人から初めてお便りをいただいたのは去年の十二月。冬が深まる頃だった。

屋久島の自然を写しとるようなジュエリーを気に入ってくれたことを伝えてくれて、

お二人の暮らす岩手の雪景色の写真が何点か添えられてあった。

「わ、これままるで神話の一場面のようだ!」

今まで見たこともなかった雪景色に感動しながら、これから始まる指輪作りに胸を躍らせたことを、

こうして材料を前にして、今また鮮明に思い出していました。

 

雪と結婚指輪。

 

お二人と、

お二人の大好きな岩手の自然のイメージとともに、

ここまで一緒に歩いてきたの道のりを振り返りながらの制作が始まりました。

まずはレディースです。

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ  屋久島でつくる結婚指輪

platinum900, work in progress

 

1本の線の時は、このようにしてくるりと曲がるのだけど、

場面2 オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ  屋久島でつくる結婚指輪

リングになると固くてビクともしなくなる。

 

これって繋がることの強さなのだろうか。。

なんとなく哲学めいた比喩を思いつきそうになって、

すぐにどこかに通り抜けていった。

 

そしてまた指輪作りを再開して、

岩手の雪景色をイメージする。

場面3 オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ  屋久島でつくる結婚指輪

これまでプラチナリング を何度作ってきたんだろう。

でも、

オーダーメイドの指輪作りではその一つ一つが全てオリジナルで、

いつも新しい出会いを与えてくれるのが面白い。

今回もまた、たった一度だけの巡り会いがあるのだと思うと、心が躍りました!

 

天気最高だったので、屋久島の緑に囲まれて結婚指輪の相談会でした。 遠くからしずくギャラリーに来てくれてありがとう!

屋久島の空 飛行機雲 屋久島日々の暮らしとジュエリー 

快晴の屋久島!

今日は結婚指輪の相談会でした。

 

屋久島しずくギャラリーの庭 オーダーメイドマリッジリングの相談会 屋久島の緑バック 記念撮影 屋久島でつくる結婚指輪 

静岡から海を渡ってしずくギャラリーに来てくれたお二人。

三日前に屋久島入りして、

白谷雲水峡、ヤクスギランドと深い森、苔の世界を堪能したという。

そして雪苔屋さんでのおやつタイム、フォーマサンヒロさんで宿泊と

屋久島のすばらし時間を経て、しずくギャラリーにやってきた。

 

木漏れ日のコントラスト。小川のキラキラ。飛行機雲。咲き始めた白蝶草。しずくギャラリーとお二人とわたし。

 

なぜだろう。お二人とは初対面とも思えないほどで、

いつものお話の続きのように結婚指輪の相談会が始まりました。

屋久島でつくる結婚指輪 オーダーメイドマリッジリングの相談会 屋久島しずくギャラリーの中 

最初はいつものようにギャラリーの中で

サンプルリングのデザインや素材、サイズなどをお試しいただいて、

お二人が気に入ってくれたゴールド素材の色や輝きを

お天気も良いことですし、外の光でも試して見ましょうかと、

会場を移すことに。

オーダーメイドマリッジリングの相談会会場 屋久島の緑バック ジュエリートレーにマリッジリングのサンプル 屋久島でつくる結婚指輪 

いくつかのリングをトレーに入れて、屋久島の緑に囲まれて、

結婚指輪の相談会の第2幕が始まりました。

屋久島しずくギャラリーの庭 オーダーメイドマリッジリングの相談会 屋久島でつくる結婚指輪

光の下で見るとどんな色合いに見えるだろう?

彼がシャンパンゴールドのリング、

彼女がイエローゴールド のリングを試しています。

屋久島しずくギャラリーの庭 オーダーメイドマリッジリングの相談会 手に結婚指輪のサンプル ゴールド、シルバー 屋久島でつくる結婚指輪

「おお、ここだと空気の中にゴールドが溶けこむように感じますね。思っていたよりも目立ちすぎなくて。。

蛍光灯の下で見ていた時はくっきりと分かれていたように見えたけど、不思議です。」

 

それはきっと、ゴールドもこの大地の一部で、この地球そのものでもあるからだろう。

みんな言葉には出さなかったけど、そう感じていたと思う。

屋久島の緑バック テニシルバーリング オーダーメイドマリッジリングのサンプル 屋久島でつくる結婚指輪

今日のインスピレーションはこの2本でした。

 

振り返るとたった2時間だったけど

何日間も一緒に過ごして、ずっと指輪のことやお互いの暮らしの話を続けてきたようにも感じた、キュッっと凝縮された時間だった。

お二人が出会う指輪は、きっとこの2本しかなかったんだ。

確かに、そう思えた。

それは不思議で、でもとても自然なフィーリングだった。