Blog

イエローゴールド ×ダイヤモンド×シルバー ツワブキの指輪 

material: platinum900, 18k yellow gold, yellow sapphire

size: 0.8mm flower, 2.3mm diamond

Delivery time is within 1 months.

Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。

ご注文からお届けまで約1ヶ月。

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com

tel: 0997-47-3547

小さくてもふわり!広い気持ちに包まれた。“ツワブキの指輪” 屋久島の花をオーダーメイド ジュエリーに。

素材もアウトラインも、同じデザインで揃える。楽しむ。屋久島で生まれた、お二人だけの結婚指輪

オーダーメイドマリッジリング 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナリング  屋久島でつくる結婚指輪

2.0mm and 2.2mm wave ring in platinum

 

完成いたしました!

プラチナの結婚指輪。

すっきり細身、柔らかなwave、有機的な質感。

 

今回は素材もアウトラインも、同じデザインで作りました。

わたくしなんかは一緒のものを持つのってなんとなく気恥ずかしく感じるものですが、

結婚指輪だと、お揃いを楽しむことができて嬉しい!

 

お二人の幸せを分けていただきながら指輪作りができたこと、

本当にありがとうございます。

 

指輪を作ってる間、アトリエのある屋久島サウスではハイビスカスや夏な花々が咲き始めた頃で、

つい二日ほど前、庭では大きなハマユウがポン!と花を咲かせたんです。

屋久島のハマユウ 手に結婚指輪 プラチナ 屋久島花とジュエリー 屋久島でつくる結婚指輪

大好きなハマユウが咲いたのが嬉しくて、

出来上がったばかりの指輪を持って、庭に出てみた。

 

結婚指輪にフォーカス 屋久島のハマユウ 手に結婚指輪 プラチナ 屋久島花とジュエリー 屋久島でつくる結婚指輪

朝のハマユウとプラチナリング。

 

柔らかさを纏う。

ハマユウの甘い香りに包まれてペアのマリッジリングを眺めていたら、

そんな言葉を見つけました。

 

まだ指輪作りが始まった頃に、

どんなスタイルの指輪が理想ですか?

とお二人に聞いてみたところ、

暮らしになじむような、付け心地良いリングをイメージされていたようで、

「すっきりとしながらも、丸くて柔らかなリングが好みです」

と伝えてくれました。

 

わたしの中では、

その言葉が長く続いた指輪作りのテーマとなっておりました。

 

仕事が終わって遅い時間に何度も打ち合わせお付き合いいただいたのも、

今となっては楽しかった思い出です。

 

実は彼女、

3年ほど前にしずくギャラリーに来てくれたことがあって、

その時に指輪のことを知ってくれたのがきっかけで、

今回指輪作りの声をかけてくれて。

あの時の出会いから、長い時間が紡がれていたのだと思うと、

全ての瞬間が奇跡のようで、かけがえなく感じました。

 

ギャラリーでの出会いがあって、お二人のイメージがあって、わたしのデザインがあって、

ハイビスカスに、ハマユウに、プラチナリング に、

屋久島で生まれた、お二人だけの結婚指輪だなと思う。

 

そしてそして、

この指輪作りにはまだ続きがありまして。

なんと、お二人はこの指輪を受け取るために

屋久島に来てくれることになっているのですよ。

 

もうすぐ出来上がる婚約指輪とともに、この指輪をお渡しするのが楽しみ。

お二人にお会いできるのがとっても楽しみ。

長く続く素敵な時間にありがとう!

角度2 オーダーメイドマリッジリング 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナリング  屋久島でつくる結婚指輪

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

朝 海に入ってから結婚指輪を作った日。スッキリ細身で優しい付け心地のプラチナリング。屋久島のアトリエに咲いたハマユウ

 

婚約指輪、リメイク編

家族の繋がり感じるリメイクジュエリー。屋久島 夏色“エンゲージリング”作り。

 

屋久島の青い空とオパールとアジサイ。日々の暮らしにキラリ!石を抱いたジュエリーとは

 

青くて広い空が広がった日。

少し先に始まるジュエリー作りで使うオパールを眺めていると、

今日の空をキュッと閉じ込めたようだった。

オパールは小さなしずく型のネックレスになるのですよ!

しずく=水=オパールって連想してると、

オパールの色はアジサイのブルーにも似ていたり。

全てのもともとが同じに感じるのが不思議です。

そう思うと石って小さな地球のかけらのようですごいです!

 

オパールのことをメキシコではオパロといいまして、

ウォーターオパールはアグア デ オパロ

ファイヤーオパールはオパロ デ フエゴ

と呼ばれているんです。

オパールを眺めてると、

もともとは石が大好きで世界を旅してた頃に意識が戻っていき、

メキシコでのオパールやターコイズ、琥珀に、遺跡にタコスに路上のアクセサリーに、

あの時のあれこれを思い出してしまった。

 

石を見ると、何かを思い出したりするの面白いところですよね。

日々の暮らしの中にキラリとした瞬間があって、

そこに一緒に石を抱いたジュエリーがある風景って素敵だなと思います。

 

朝 海に入ってから結婚指輪を作った日。スッキリ細身で優しい付け心地のプラチナリング。屋久島のアトリエに咲いたハマユウ

こちらは昨日のしずくギャラリー。

ギャラリーのオープン中だというのに、

この日はiphoneのsmsがやたらと賑やかで、

 

「明日の朝は波が良さそうだ」

「今がマックスだけど、明日の朝もサイズが残るのは間違いない」

などと仲間の間で噂が広がっていた。

 

そして今朝、

海に行くと、やっぱり形の良い波が打ち寄せていて、

昨日の大波の噂を聞いたのだろうか、

久しぶりにイサジロウもやってきていた。

イサジロウというのは、しまじろう+イサム(本名)から来たニックネームだとか、そうでないとか。

 

ここで1時間ほど波に乗ってからの、

今日も結婚指輪を作るため、アトリエに戻ることに。

何だか空が新しくなっていて、また夏に一歩近づいたように感じられた朝でありました。

アトリエの庭で咲き始めた大きなハマユウを横目に

作業机に向かい

プラチナリング の表面を洗い紙やすりで削り始めた。

この黒い紙やすりは120番という相当洗い番手のもので、

磨く、というよりかはガリガリと削り落とす、といったフィーリングの方が近いと思う。

余分な角を落とすように、カリガリ、カリガリ、

目指したのは丸くて柔らかな付け心地。

スッキリ細身で、優しい付け心地。

デザイン作りではお二人と何度もメールやお電話で言葉をかわしてきたけれど、

きっとお二人の雰囲気とこのリングの雰囲気はぴったり重なるような。。

 

お二人は大阪からしずくギャラリーに、指輪を受け取りに来てくれることになってるので、

揃ってお会いできるのがとても楽しみなんです。

さらに造形は進み。進み。

波のような流線型をリングに与えましたよ!

うまくいって一安心。

一歩ずつ、少しずつ、お二人と一緒に作ったイメージが形になるのが嬉しかった。

打ち合わせから始まって、婚約指輪作りへ、そして結婚指輪作りへと続くこの時間も

いよいよ終盤に差し掛かるのだなあ。

何だか少し名残惜しいような気もしたり。。

あと少しの作業のことを思うと、

明日という時間がとても貴重な、掛け替えのないもののように思えた。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

雨とアジサイとプラチナが叙情的でした。淡色、6月の屋久島と6月の結婚指輪作り。

屋久島の花にずっと夢中。ヒカリのかけらのようだった[ツワブキのネックレス]

ツワブキのネックレス pt900, yellow sapphire

 

屋久島に訪れて初めて出会ったツワブキの花。

もう10年以上経つけれど、

冬に咲く黄色い花にずっと夢中です。

小さなネックレスにすると、

まるでヒカリのかけらを手にしたみたい。

屋久島の暖かな冬を想いながら、

プラチナとイエローサファイア で作りました。

 

 

 

指輪編

小さくてもふわり!広い気持ちに包まれた。“ツワブキの指輪” 屋久島の花をオーダーメイド ジュエリーに。