Blog

新しい結婚指輪作り、始まりました! 銀白色のプラチナと屋久島 春の色とりどり。

寒さが緩んだ!屋久島サウスもまた少しずつあたたくなってきた。

このタイミングに、ギャラリーのことやら庭仕事やら春準備進めておかないと!

春だったり新年度だったりの区切り目って、アップデートには必要なのかもですね。

 

「新居の準備しています」とか「新学期の準備でもう!」とか「新しいポストカードを部屋に飾ります」

などなど、最近はみんなからの春メッセージをいただいているので、わたしもフレッシュな気持ちで日々制作できてるような気がます。

オーダーメイドのジュエリー作りは日々言葉をやり取りしながら作業を進めてゆくので、季節や行事ごとなんかも、その時の色々も含めて全てがデザインに映し出されるのだと思う。

 

つい先日、参加してきた結婚式も屋久島の空気感や季節感が溢れてて、

素敵な始まりを感じたなあ。

あらためて、おめでとうございます。

しずくギャラリーもリフレッシュ!ということで、看板周り作り始めてます。

やり始めたらどっぷりとハマってしまうのがいつもの癖で、

あれもこれもと、多分この一年かけてリフレッシュ作業することになりそうです。

 

屋久島のハイビスカス 屋久島春 屋久島花とジュエリー

淡色だった、ハイビスカスの赤、緑。空のブルー。

オーダーメイドマリッジリングの材料 プラチナ 屋久島の緑バック 屋久島でつくる結婚指輪

そして、新しい結婚指輪作りも始まりました!

お二人に用意した銀白色の素材と春の柔らかなグリーン。

 

プラチナの表面に屋久島の春が写り込んでいましたよ。短い動画もあります。

 

 

屋久島の海、空、夕暮れ 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

春は夕暮れ時もいいですね!

海から上がって車の中で空を眺めていたら、

ほんのり色づいてきた空のオレンジ色。

春の屋久島を海から眺めてみた

いよいよこれから新しい制作がスタート。

ワクワクを抱きながらも、今日はちょっと一息入れました。

海から見た屋久島。

ちょうど島に春がやってきた頃、同じような気持ちで海に入ったのを思い出しました。

新しい何かが待っている。きっと!

春の屋久島 アトリエ便り。シダの指輪で結婚式。大阪ー屋久島 結婚指輪のサンプルリングを作る!

シダの指輪 屋久島の緑バック 屋久島のシダモチーフ プラチナ、ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

シダの指輪 pt900, 18k yellow gold 

結婚パーティーを控え、お磨き直しをしたシダの指輪。

 

週末に参加した森の中での結婚式といい、

最近は結婚式のお話しもたくさん聞くようになってきました。

春ですね。

屋久島の祝福!小さな森の結婚式に行ってきました。 結婚指輪作りとその夢の続き。

 

ジュエリーのアトリエから望む屋久島の山々 屋久島とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

窓の向こうにも春の空。

オーダーメイドマリッジリングのサンプル作り風景 シルバー 屋久島でつくる結婚指輪

2月にギャラリーにきてくれたお二人のために結婚指輪のサンプルを作り始めたら、ピリリと寒かった冬のしずくギャラリーでの時間を思い出した。

海を渡ってきてくれたお二人とはその日初めてお会いしたのだけど、同じ大阪出身ということもあって、デザインや付け心地などなど、指輪話にパッと花が咲いた。

そのあと、お二人は屋久島の森を歩いて何やらインスピレーションを得たようなので、そのひらめきを、その時間をデザインの一部とするのもとても楽しみ。

 

屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の海 サーフボード、車 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

4月になった途端に、北風が吹き続けて美し波がやってくるなんて。

作業を終えて夕暮れ時、いつものビーチに向かうと、いつものメンバーが海に入っていた。そこでいつものように波に乗った。温暖になってきたからでしょうか、水はきりりと冷たいように感じた。

冬の天気もうすぐ最後となって、春雨の季節がやってくる。
今の波は今の波でキャッチできますように。

みなさまの四月が素敵な時間に包まれますように♪

 

 

さあ、春の森に出かけよう!屋久島の小花とともに、“オウレンのネックレス”を届けたい。

オウレンのネックレスが出来上がりました!

 

オウレンとは、屋久島は冬の森に咲く白く小さな花でありまして、

正式な呼び名は、オオゴカヨウオウレン。

わたくしもその可憐さ、その麗しさに出会ってから、ずっとオウレンに夢中で、これまで何度もオウレンをかたどってジュエリーを作ってきた。

 

手の中に出来上がったばかりのペンダントトップを眺めていると、

“もしかするとまだ間に合うかも!”

森の中に咲くオウレンのイメージが浮かび上がってきた。

 

い、いや、オウレンの季節はもうとっくに過ぎている。

と迷うオレ。(0.1秒)

でもこれも何かのタイミングなのかもしれない。(0.1秒)

気がつけばネックレスとカメラをカバンに入れて車に乗り込んでいました笑

 

さあ、森に出かけよう。

 

季節の終わりに一輪のオウレンに出会いました♪

 

こうすると、ほら。

大きさは実物の花とほとんど同じなのがよくわかりませんか?

約1cmほどの繊細なペンダントトップなのです。

今回はプラチナとゴールド、ダイヤモンドの組み合わせで作りました。

 

お花のジュエリーを作るときはいつも、

その花の印象にピタリとくる石を選ぶようにしているのだけど、

オウレンには絶対ダイヤモンド!

これだけは何千年も前からずっと決まっていたようにも感じてしまうほど。

美しき組み合わせだなと思います。

オウレンが咲いたら、森に春がやってきた合図。

今日の屋久杉ランドではホントにこの一輪だけに出会ったので、

むっちゃラッキーだった!

この花と一緒にネックレスを届けたいとずっと思ってた。

光いっぱいだった森。

オオゴカヨウオウレンのネックレス

 

屋久島からスイスにお届けする小さなお花のネックレス。

手にとって木々の間から通り抜ける光にかざしてみたら、

多彩な緑に囲まれてキラキラ輝いた。

小さな花をかたどったネックレスが、

まるで森の一部のようだったワンシーン。

屋久島の祝福!小さな森の結婚式に行ってきました。 結婚指輪作りとその夢の続き。

 

屋久島の森 結婚式 屋久島でつくる結婚指輪

今日は島の友人の結婚式へ。

ガジュマル公園で艶やかな衣装に包まれたお二人が素敵だったなあ。

海の前の大きなガジュマルも、たくさんの拍手、フラワーシャワー、シャボン玉も。

全てがキラキラ輝く屋久島のかけらのようで、

島の祝福ってやっぱりあるんだと思った。

屋久島の結婚式、リングリレー シダ模様の指輪 屋久島のシダモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪。

リングリレーのスタート地点。

 

結婚指輪が出来上がるといつもは「結婚式楽しんで!おめでとう!」と言葉を交わして最後となることが多いのですが、

ほんのたまに、お二人の指輪の交換の瞬間までご一緒できることがある。

まるで楽しかった夢の続きのように。

今日はそんな一日でした。

 

手の中に結婚指輪のケース、シルバーの結婚指輪 屋久島の緑バック 屋久島のシダモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

結婚式の前にお磨き直ししてお二人に届ける前の指輪。

 

彼女が

「シダ模様の指輪が好きです」と言ってくれた時、

「屋久島らしくていいね!」

と彼が笑顔で応えた瞬間を今でも鮮明に覚えてます。

 

ご結婚おめでとうございます!

屋久島が、指輪が紡いでくれたお二人との繋がりにありがとう!

屋久島の森 屋久島でつくる結婚指輪

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

草花を摘んで、くるり。 屋久島を纏う♪シダ模様の結婚指輪が完成いたしました