Blog

一つだけの表情を生み出したくて。すっきり細身、槌目模様のプラチナリング作り #屋久島でつくる結婚指輪

夕暮れ時、海に向かう途中、

ふと懐かしいピンク色が目に入って車を停めてみると、

やっぱり!サキシマフヨウの花が咲いていました。

今日から10月ですね。

咲き始めた秋の花とともに、今月もよろしくお願いします。

 

それにしても、

屋久島の秋色にはいつまでたっても夢中になってしまう。

サキシマフヨウに淡ピンクに澄み切った空のブルー、燃えるようだった朝焼けのオレンジ、月桃の実色づきも、

彼と彼女も同じ秋の色を眺めているのかなあ。

ちょうど今、同じ島に暮らすお二人の結婚指輪を作っています。

昨日までの作業で荒く削り出したプラチナリング は

紙やすりで表面を滑らかに磨き上げて、つるりとしたリングといたしました。

 

スッキリ細身、

柔らかなラウンドシェイプ のアウトライン。

色はダークトーンの銀白色で、

その中にとても明るい白と深い黒が共存するのはプラチナならではのコントラストだろう。

手にしなくても、繊細なフォルムからプラチナの重みが伝わってきた。

 

これが土台となって、これからさらなる装飾を一つ、二つ、三つと重ねてゆくことになっている。

彼女のアイデンティティや、好きを集めた結婚指輪作りです。

そして、奥に置いてあるハンマーを手に取る。

 

表面がキラリとしているのは

その輝きをスタンプするように、プラチナに映しこむためなんです。

接触すると、輝きや、硬さまでもが共鳴する。

金属の性質でありますが、なんだか私たちとも似ているような。

 

コンコン。慎重に。でも力強く。

 

一度きりの作業。

そこから生まれる一つだけの表情があります。

角度を変えてコンコン。何度も角度を変えて。

 

一度だけの作業は動画にも収めました。

うん、いい具合です。

プラチナはこうして叩くと硬く仕上がるので、

細身のスタイルでも確かな手触り感じました。

 

 

ここでリング幅1.9mmに。

 

叩く前よりもサイズは大きくなって、

スッキリ細くなりました。

 

着地地点イメージに近づいてきたところで、

今日の作業はここまで。

 

 

 

そして海へ。

台風ウネリが少しずつやってきています。

なんか、空の真ん中に虹色が見える!

海の中で出会った不思議。

今日のコレクション。

なんでもないガラスのかけらだったけど、

少し迷ってポケットに入れて帰りました。

 

日々がいつも新しい楽しみを与えてくれますように。

また明日、ここで!

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

結婚指輪作り、幸せな屋久島時間。デザイン作りで生まれたアットホームな空気が懐かしい!

結婚指輪作り、幸せな屋久島時間。デザイン作りで生まれたアットホームな空気が懐かしい!

屋久島サウス、ここにきてハイビスカスの勢いがすごいです!

庭の生垣にも満開のハイビスカスで、

窓際から眺めては、目に優しくて助かってます。

 

まだまだ夏のようだった日差しにも、秋を感じる虫の合唱にも癒されて、

からのジュエリー作りです。

これから造形を施すリングにラインを入れて寸法をとっています。

 

彼女のリングは表面から5mmのところに一本。

並行して9mmのところにもう一本。

表面にはさらにもう3本。

 

これらのラインがガイドとなって、

これから進める造形を導いてくれます。

そして、その数値はお二人と一緒に作り上げたイメージが置き換わったもの。

 

ジュエリーを作るときはこうしてo.1mm単位で寸法を測って作ることが多いのは意外かもしれません。

案外こう見えても数字好きなわたくしであります。

 

とくに欧米では、ジュエリーは工学的なジャンルにポジションを取ることが多くて、とにかく理詰めで数値がたくさん!

建築などと同列な印象があります。

必要から生まれる美しさ、的なところが欧米のジュエリーで好きなところ。

 

一方、日本のジュエリーの好きなところは

森羅万象をカタチに変えること。

そこには水のような流れるラインがあったり、

光のような揺らめきがあったり、

言葉や理論で表現できないことをカタチに表現しようとする風習のようなものを感じます。

 

 

ガイドラインに沿って。

鉄鋼ヤスリでガリガリとプラチナを削り落としてゆきました。

120番と荒い紙やすりでざっと表面を削り落とすと、

柔らかなラインが現れましたよ!

 

リング幅1.9mm ラウンドシェイプ 。彼女のリングデザイン。

デザイン作りで生まれたアットホームな空気が懐かしいなあ。

 

お二人とは宮之浦の公園で指輪の相談会をいたしました。

夏真っ盛りの屋久島ノース。

指輪作りの幸せな時間だった。

晴れの日だから!公園に指輪もって行こう。屋久島の海が大好きです。シャンパンゴールド結婚指輪作り、最初の第一歩。

 

 

夕暮れ時、作業をひと段落して散歩に。

見上げると、また新しくなった空が広がっていた。

 

ずっとずっと水平線の向こうまで。

遠くを眺めてみたら、またふわりと力が抜けてきた。

 

もう少し、指輪作りを続けよう。

また同じ道を歩いて帰ろう。

 

皆さまもどうぞ素敵な一週間を!

 

雨のち晴れのしずくギャラリーへ。屋久島の好きな花とシンプル,プラチナ結婚指輪作り。

赤と白の花、とか、

アポロチョコ的な色合いの花、とか、

自由に呼んできましたが、

正式には“ヘクソカズラ”というらしい。

先日指輪をお届けした、京都の植物博士が教えてくれたのです。

 

この“ヘクソカズラ”が毎年咲くスポットがしずくギャラリーの周りにあって、

土曜日のギャラリーに行くと、それは満開も満開で、

あたり一帯に赤と白が素敵に散りばめられていた。

雨上がりのしずくと一緒だったのも情緒を盛り上げてくれた。

 

雨のち晴れのしずくギャラリー。

カレンダーを見て数えてみると、今年のオープンもあと7回となっていて驚いた!

もうすぐ新しい月がやってくるのですね。

9月最後の週末を皆さまいかがお過ごしでしたか?

 

こちら屋久島サウスのアトリエには、

海の向こうの友人から、「アルプスの山頂で指輪を渡すことができました!」

なんて嬉しいLINEが届いたり、

結婚指輪と婚約指輪をお作りしたお二人から「引っ越しました」のお知らせハガキが届いたり、

なんと、長野の自然の中に出向いてサンプルリングを試してくれたお二人からお手紙が届いたり、

なんともあたたかな気持ちで作業机に向かってました。

彼と彼女、ともにプラチナを素材として作り進めている結婚指輪作り。

彼女のリングも金槌でコンコン、火を当てて接合して、また金槌でコンコンと

作業を重ねて、小さなリングとなりました。

 

 

彼のリングと重ねてみると、こんなにも大きさが違って!

なんだか微笑ましかった瞬間。

 

そしていよいよリングの造形作業へと進むことに。

彼のリングがシンプルなラウンドシェイプ 。

彼女のリングがシンプルなラウンドシェイプ +アルファ。

シンプル大好きなわたくしはドキドキ感いっぱいだった。

いざ、鉄鋼ヤスリを左手に、右手に彼女のリングを持って、、、

この続きはまた明日に!

 

今日もこちらブロブにお越しいただきましてありがとうございました。

新しい1週間始まりますね。

10月になって税率変わったりもありますが、

まあ、じっくりいきましょう。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

山際に二重の虹が出た!屋久島でつくる、屋久島のお二人に届ける結婚指輪 #制作編

山際に二重の虹が出た!屋久島でつくる、屋久島のお二人に届ける結婚指輪 #制作編

屋久島はノースサイド、

アトリエのあるサウスとは反対側の地域に暮らす友人に声をかけていただいて、

今、お二人の結婚指輪を作ってます。

 

同じ島でも北側と南側では

お天気も花の開花具合も、波の様子も、山々の見え方も

少しずつ違っているのが屋久島流でありまして、

 

こちらは雨だけど、今日のノースサイドはどんな具合かなあ、

大きな虹が出たけど、お二人も見たかなあ、

なんて思いを巡らせながら作業机に向かっていました。

アトリエから見えた虹。

 

山際に2重の虹が現れたときに

たまたまアウトラインのチェックをしていた彼のリング。

まるでお二人の結婚指輪作りが島の祝福を浴びてるようで嬉しかった。

 

それにしても虹に出会うと、誰かと感動を分かち合いたくなるものですね。

 

生まれてからずっとこの島に暮らす彼は今までどれだけの虹に出会ったんだろう。

屋久島に来た頃、しずくギャラリーのすぐ近くに住んでいた彼女は今日と同じ虹を見たことがあるかもしれないなあ。

少しずつ薄くなっていく虹を眺めながら、そんなことを考えていた。

 

 

さてさて、ここから少し時間を巻き戻して、アトリエです。

 

お二人に用意したプラチナ素材をリング状に加工していく場面。

 

作業中は木鎚や金鎚、プラスチックハンマーなど、

大小たくさんのハンマーを使ってリングを造形してゆきます。

 

最後に火を当てて、丸いリングとするのですが、

それまでの工程を動画に短くまとめて、インスタグラムにアップいたしました。

 

プラチナリング 作り、はじめの第一歩。

ハンマー中心の作業です。コンコン。

 

View this post on Instagram

from studio today, making platinum ring 🔨🔨🌈

A post shared by Kei Nakamura (@keinakamurajewellery) on

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

山に海にハイビスカスに。屋久島とともにある結婚指輪作り、始まり編。

 

山に海にハイビスカスに。屋久島とともにある結婚指輪作り、始まり編。

パラダイスから箱いっぱいのプルーンが届いた。

パラダイスというのはこのプルーを生産している農園 “新海プルーンパラダイス”さんでありまして、

この時期になると友人がオーダーして屋久島まで送ってくれるのが、毎年の楽しみになってるんです。

朝のプルーン。

プルーンはもっぱら皮ごとカプリといただいていておりますが、

そろそろ慣れてきたので

鶏肉や豚肉と一緒に煮込んだり、炒めたりして料理してみようかと考えてます。

 

そういえば、お料理もぐっと深みのある味わいが恋しくなってきましたね。

9月最後の週末をみなさまいかがお過ごしになりますか?

 

夕方はさすがに冷たく感じるけれど、

まだまだトランクスで大丈夫だった屋久島の海。

夕暮れ時、山サイド。

夏と秋の雲が共演していました。

海も山も、ハイビスカスもあって、いつもの屋久島。

 

ここで暮らしながらジュエリーを作りたくて、

わたしが屋久島にやってきたのはもう10年も前のこと。

 

島には同じように、屋久島の自然や人に魅了されてる仲間がいます。

海の向こうから移り住んだ人もたくさんいますし、もちろん、この島で生まれてこの島で育った人もたくさんいます。

 

仲間とは、ほんの些細なことだけど、

「昨日の夕日、よかったね」とか、

「そろそろサキシマフヨウだね」とか、

「そろそろタケノコだね」とか、

「お祭りの太鼓頑張ってね」なんて

日々のささやかな出来事や感動を分かち合うことができるのが嬉しい。

この島の何気ない瞬間が好き。

 

そしてアトリエでは新しく結婚指輪作りが始まる。

島で生まれ育った彼と、

島に魅了されて移り住んだ彼女、

そしてオレ。

 

もしかすると、ずっと奥の方に同じ“好き!”を抱いてるのかな。

 

 

いつもの大好きな景色の中で、

いつもの大好きな音を聴きながら、

いつものジュエリー作りができればいいなと思ってる。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

相談会編

晴れの日だから!公園に指輪もって行こう。屋久島の海が大好きです。シャンパンゴールド結婚指輪作り、最初の第一歩。