Blog

物語“モモ”の中に出てくる想像の花、“時間の花”をモチーフにジュエリーをつくってます

海と春の小花、そしてお花のジュエリー作り。

ここ最近はそんな日が続いている。

いつもよりも暖かな冬のせいだろうか、

花の開花もスピードが速くて、海水も温度が高く、

こちらも少しピッチを上げ気味で日々の制作を進めてます。

あたたかかった!

海もキラキラだった。

 

屋久島サウスでは冬の方が晴天が多く、キラキラ感が強いことは、案外広く知られていないかも。

これから季節が進み、また雨も多くなってくるのだろう。

 

こちらはいつものお花。

島でもいたるところで見られますが、名前を調べたこともなく、

地元のおばあちゃんに聞いても、野草系の花の名前は総じて“花”と呼んでいるのも屋久島流であります。

(念の為調べてみると、ムラサキカタバミとありました。日本中広く咲いているようですねー)

18k yellow gold and silver925

 

ゴールドの板を小さく切り取って、組み合わせ、もう一つのお花パーツを作りました。

花びらのような、ガクのような。。

モデルになった花の名前は“時間の花”と言いまして、

想像の中に存在する花、

“モモ”という本の中に出てくる花なんです。

 

始まりはインスタグラムでいただいたメッセージで、

ふとしたタイミングで、この“時間の花のネックレス”を作ることになって、

いつものように、今もまた大好きな“モモ”を読み返しています。

 

バーナーで火を当てて、ゴールド部分とシルバー部分の間に金属を流し込み、

二つをピタリとつなぎ合わせた。

 

大きさはほんの1cm弱ほど。

シルバーとゴールドの花びらが重なるスタイルで、

わたしにとっての“時間の花”は、ちょっとハスの花のような印象もありました。

 

こうして手を加えるほどに、

少しずつ金属に息吹が帯びてくるのが嬉しいです。

 

いよいよあと少しで完成となりますが、

今日はここまで。

明日は完成編、よろしくお願いします!

 

制作編

春の始まりに小さな小花のネックレスを作っています。

屋久島サウス、アトリエの庭でスミレ咲きました。 小さな喜びとともにジュエリーを作った日。

今日は嬉しい開花報告あります。

暖かな日が続くので、そろそろかなと思ってたけど、やっぱり!

アトリエの庭で、すみれ咲きました。

 

春になると花を咲かせると言われているスミレですが、

調べてみると、日本列島では北海道から屋久島までその分布が見られるらしい。

屋久島でもアトリエのあるサウス地域は暖かな方なので、ここが一番南端で、

一番早い開花なのかも。

 

毎年同じようにやってくる開花ではあるけれど、

いつも新鮮に感じるが不思議。

小さな喜びとともに今日の制作を始まることにしました。

 

 

昨日、準備したシルバーの塊は、丸一日作業を加えてこのようなフォルムになりました。

人差し指の上に収まるほどなので、かなり小さいです!

なにやら連なる花びらのようにも見えませんか?

 

春の小花のように軽やかな息吹を帯びるように、

これからさらに造形を加えてゆきます。

屋久島ダブルレインボーの思い出。お花ジュエリー制作編の始まりました。 ゴールド、シルバー、ムーンストーン、大好きな組み合わせ!

 

 

 

夕暮れ時、作業をひと段落して、海に。

冬に思いっきり体を動かすのもいいものですね。

明日もまたジュエリーです。

屋久島ダブルレインボーの思い出。お花ジュエリー制作編の始まりました。 ゴールド、シルバー、ムーンストーン、大好きな組み合わせ!

屋久島の海、空、にじ 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション 

大きな虹に出会った、先週の思い出。

 

結婚指輪作りが終わって、いつものビーチに出かけると

ダブルレインボーが海面から山に向けて架かっていた!

大きな虹を眺めながら波に乗っていると、なぜだろう

初めてここに来た時のようなフレッシュな空気感に包まれた。

 

それは終わりのような、始まりのようでもあり。。

まっさらな気持ちになって、アトリエに戻りました。

 

オーダーメイドジュエリーの制作過程 ジュエリーのアトリエ ゴールド、シルバー、ムーンストーン 屋久島でつくるジュエリー

そして始まりました新しいジュエリー作り!

 

ゴールド、シルバー、ムーンストーン

わたくしも大好きな組み合わせ。

作業の始まりはいつもこのように素材の塊感たっぷりであります。

 

これから造形するのは、あるお花をイメージしてかたどるジュエリーなのですよ。

久しぶりのネックレス作りをずっと楽しみにしていました。

 

そういえば、ちょうどアトリエの庭では春の小花も咲き始めてきた。

屋久島の小花 屋久島花とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション いつもの顔ぶれ。

その2屋久島の小花 屋久島花とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

小さくても、一つ。

その3 屋久島の小花 屋久島花とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

パカりと手のひらを広げたように。

 

うーん。どれも個性的です。

そして、どれもそれぞれが素敵。

当たり前だけど、ブレませんね笑

眺めていると、春の小花に大きく勇気付けられたような気がしました。

自分の時間生きてるなあ!

 

これからお花ジュエリー編始まります。

 

 

それにしても、この季節に暖かな日があると、リラックスした気持ちに包まれますね。

そんな午後のおやつに

あたたかパンケーキはいかがでしょうか?

バナナパンケーキ つくるところ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

今日のおやつ。

最近ハマっているのはバナナパンケーキでありまして。

もう25年ほど前にバリ島に通っていた時、

海上がり毎日食べていたバナナパンケーキ(五十円。ちなみに、お昼は屋台のナシゴレンを食べると五十円。夜は仲間と一緒に動けなくなるまで食べて飲んで一人千円くらい。日本は当時から物価変わってないけど、向こうは成長期なので、現在はまた別の感覚となっているだろう。)の味を再現すべく思考錯誤してると、

“田舎パンケーキMix”という素晴らし食材を発見したので、ここに共有いたします。

懐かしみ感が、不思議と新しいのですよねー。

 

今回はバリのものよりかなり分厚くなったけど、かなり近く出来上がりました。

コーヒータイム、バナナパンケーキ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

 

皆さまも美味しい一週間を♪

ハッピージュエリーでいきましょう。

wave ring in 18k pink gold and champagne gold #屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドマリッジリング 白バック ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪 屋久島の海モチーフ

material: left: 18k pink gold, right: 18k champagne gold
size: left:2.0mm wide  right:1.8mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

シャンパンゴールド×ピンクゴールド、色違いのお揃い! k18ゴールドの結婚指輪が出来上がりました。