Blog

屋久島の小さな森の中で。出来上がったばかりの結婚指輪を眺めている。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウス、ツワブキの花咲く小さな森の中で。出来上がったばかりの結婚指輪を眺めている。プラチナのリングが鏡のように島の情景を映している。

屋久島でジュエリーを作っていると、偶然のように感じるほんのささやかなきっかけも、必然のように思えることがある。

しずくギャラリーがきっかけで出会うことができたお二人が迎える新しい始まりに、おめでとう、ありがとうの気持ちでいっぱいに包まれながら。

今日はお二人との結婚指輪作りにまつわる色々を。

そういえば、ツワブキの花をかたどった婚約指輪をお作りしたのは初夏の頃だったなあ。プロポーズをします!と彼にお伝えいただいた日が懐かしい。

お二人の特別な日のために。オーダーメイドでお届けしたお花の婚約指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

あれから夏が過ぎて、冬が近づいて、お二人の結婚指輪を作り進める頃、島ではツワブキの花が咲き始めました。

婚約指輪は先にお届けしていたので、ちょうど今咲いているツワブキの花にリングを合わせてみた。

植物が日々成長するスピードにも驚かされるけれど、わたしたちがの暮らしもまた、ダイナミックに移ろいでいて、ご結婚を迎えるお二人とこうして少しの時間を共有できることが何よりも嬉しい。喜びや希望が溢れている。今、この時間をキュッと詰め込んで未来へとつないでいけるような、そんな指輪を届けたくて、日々作業机に向かっている。

ハイビスカスからサキシマフヨウ へ、季節は移ろいでツワブキも山茶花も咲き始めたこの頃だけど、島はまだまだ暑いほどの日差しだ。

 

カラフルに彩られたジュエリー作りの日々を思い出しながら。

屋久島の季節を分かち合いながら結婚指輪を作ること。水のイメージとお二人のプラチナリング 、制作編

 

あと少しで海を渡ることになったお二人のリングをもう少しだけ眺めていこう。

お二人のリングはシンプルなラウンドシェイプ のデザインをベースに、流れるような切り込み模様を施して。こちらは彼のリング。2.3mm幅、すっきりとでも確かなプラチナの重みを感じる安定感。

お二人とはラインでデザイン画を描きあったり、サンプルリングをつけて動画を送ってもらったりしながらデザインを作ってきた。お二人がいて、わたしがいて、そこに新しいデザインが生まれて、オーダーメイドの結婚指輪作りならではの楽しさがあると思う。そしてここで生まれた息吹がまた次のジュエリー作りへと受け継がれてゆくと嬉しい。

どうしてキラキラと輝くひかりに惹きつけられるのだろう。彼女のリングをくるりと囲む切り込み模様には、星屑のようなキラキラ模様を散りばめて。ダイヤモンドを一粒セットして。

少しずつ違っていて、でも二つで一つのようでもあって、お二人と一緒に作った結婚指輪にはお二人の雰囲気も感じられて。これまでのジュエリー作りのいろいろも、今となっては大切な思い出となりました。

終わりの始まりですね。

おめでとうございます!

楽しいジュエリー作りをありがとう。またお会いしましょう!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ジュエリー作りの合間の窓の向こうを眺めたりして屋久島と繋がっている日

作業にむっちゃ集中しすぎて作業の写真が撮れないでいる。ときおり窓の向こうを眺めたりして屋久島と繋がっている日。

作ることだけに夢中になるのも大好き。石留めだったり、磨き上げの工程だったり、いつくかのリングの仕上げ作業を一緒に進めています。

島の北側で荷物をピックアップした帰り道でコーヒーを買った帰り道、毎年恒例の場所で山茶花を眺めてきた。

むむむ、もうこんなにも咲いているのだと、きっと蜜のように甘いだろうコーヒーの香りと重ね合わせたり。

ジュエリーとともに写真を撮ってみんなに贈りたい花で島がいっぱいの季節だ。

3本で一つが素敵。ペアリングと一緒につくる、ダイヤモンドのしずくリング。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。ゴールドの破片に火をかけ続けると、溶けていながらにキューっと丸く形を留めるのだけど、液体になったゴールドはどこか水滴のようにも感じられて、好き。

ゴールドのしずくは同じくゴールドで作ったリングの一部に宿ることになるので、今からドキドキしながら作業机に向かっている。

不思議と夏の余韻漂う指輪作りの日々。

 

ハイビスカスも山茶花もイエローゴールドも!南国日和、屋久島 ジュエリー制作記

ご結婚10周年のリングとセットになるようにと進めてきたリング作り。セットリングはペアリングと合わせると、3本で一つになるような感覚が素敵だなと思う。ペアのリングはとてもシンプルなデザインとしたので、ゴールドのしずくやダイヤモンドはリズミカルに彩りを与えてくれるだろう。

ときおり出来上がったペアのリングを眺めてバランスを取りながら、夏から長く続いた指輪作りもいよいよ終わりなのかと、しみじみ。きっとお二人はオリーブの収穫期と重なり合った指輪作りだったのかな。気がつけばこちらはポンカンが色づく季節になりました。

ゴールドのリングと小さな粒。そしてダイヤモンドを用意して、いよいよ最後の工程だ。シンプルに、爽やかに最後のタッチを施してゆこう。

 

夕暮れ時、作業の手を止めて、いつもの散歩道へ。

ツワブキの花が咲いて、あたたかな冬が近づいてきている。

冬が近づくと、光が暗くなるので海のキラキラが際立って見えるようになるらしい。ツワブキも山茶花も、海のきらめきも、今ここにある。散歩道の情景を眺めているとジュエリー作りはいつも賑やかな仲間に囲まれている気がしてくる。明日もまた、島の季節とともに歩んでいこう。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

秋の屋久島、サキシマフヨウの花をかたどった小さなネックレス。ありがとうの日。お磨き直しの日。

屋久島サウスより。お使いいただいているネックレスとイヤリングをお預かりしています。今日はお磨き直しの日。

ネックレスとピアスはざっと洗浄した後、紙やすりで磨き直して、金具周りを交換して、綺麗にリフレッシュした姿を、お気に入りの場所に咲いたサキシマフヨウ 越しに眺めながら。

ずいぶん前の屋久島のアトリエに来てくれたり、大阪だったり、再び屋久島だったり、彼女と会った日のことはなぜか鮮明に覚えている。ほんのささやかなきっかけで始まった繋がりが、こうして長く紡がれていることが何よりも幸せ。いつもジュエリーをつけてくれてありがとう。

幼い頃から島に通っていた彼女だから、このフワリとしたピンク色感はわたしよりもずっと馴染み深いのだろうなあ。

秋の屋久島を柔らかに飾るサキシマフヨウ の花をかたどった小さなネックレス。今となっては少し遠くなってしまったかもだけど、ときおり島の香りを感じてもらえると嬉しい。

サキシマフヨウ のネックレス silver,18k yellow gold, pink sapphire

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで

hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547