Blog

今しかできないこと。オーダーメイド、お二人だけの結婚指輪作り。[屋久島、制作編]

冬の屋久島は鳥がいい。

アトリエの周りではメジロがいっぱいで、

ここ最近はチュチュチュと鳴き声に包まれながら作業机に向かってる。

空気もキリリとしているし。

お野菜も美味しいし。

物作りに集中するにはぴったりの季節だ。

2019年末から2020年始にかけて続けてきたシルバーでの結婚指輪作り。

作業も後半に差し掛かると、

お二人と出会ったことや、

メールで打ち合わせを重ねたこと、

夏から秋、そして冬に移り変わった季節のことなどなどが思い出されて、グッとくる。

 

ふとしたきっかけがあって、お二人がギャラリーに来てくれて、

そこから長い時間をかけて、

小さなリングが生まれようとしているのだから、出会いってすごい。

これから出来上がるお二人の指輪はホント、今しかできないものなんだなと思う。

いくつかの金型に当てて木槌で叩いて、柔らかにカーブさせたリングを中指の上に乗せてしばらく眺める。

フォルムが自然のリズムに近しくなるほどに、ほっこりと安心感が漂うものなのかも。

丸くて柔らかなラインって、自分ながらにやっぱり癒されるー。

そして、彼のリングと並べてみる。

アウトラインは微妙に違っているのだけど、

ぴったりお揃いを感じるのは、

素材も一緒で同じ一つのテーマを抱いているからだろう。

 

違ってるけど、一緒。

違ってるから一つ。

あとちょっとで出来上がるリングを見ていると、なんだかお二人そのもののようにも思えてきます。

よし。

ここから少しだけ時間をあけて、最後の仕上げを進めていこう。

 

年始のいろいろある時期ではありますが、

美味しいもの食べて、じっくりいきましょう。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

屋久島の森で結婚を決めた。しずくギャラリーでのお二人との出会いと結婚指輪作り。

屋久島の森で結婚を決めた。しずくギャラリーでのお二人との出会いと結婚指輪作り。

春と間違えたのかな?

庭先でスミレの花が咲いてました。

今年は、いや、今年もまた、

驚くほどにあたたかな冬に包まれている屋久島サウスであります。

ご近所の鬼塚農園さんに行くと、

サツマイモやポンカンに混じって、菜花やブロッコリーなんかも。

冬と春が一緒に並んでた。

鬼塚さんでは

キャベツとニラ、サツマイモにポンカン、ブロッコリー、そして名物ミックス野菜を買い求め、

その中からミックス野菜とサツマイモを使って朝食といたしました。

 

 

さてさて

今日のジュエリーづくりです。

去年の夏のことです。

屋久島旅で、森の中で、

結婚することを決めたお二人がいました。

そのお二人とは、

島の友人を通じて、裕子さんの作品を通じて、森の巨木繋がりがあって、

次の日にしずくギャラリーでお会いすることができた。

ギャラリーでは森の巨木のお話や、写真の話で盛り上がり、

それはふわりとした感覚だったけど、

どこか確かなものを感じたのをよく覚えてる。

そんな偶然のような必然のような、

素敵な出会いがきっかけで、

お二人の結婚指輪をお作りすることになりました。

 

今日は彼女のリングの造形作業を。

ざっくりと形をとったシルバーのリングを120番と荒い番手の紙やすりをかけることから始める。

表面を滑らかに。滑らかに。

 

ここから紙やすりを400番、600番、800番と持ち替えてゆき、

さらに、内側にも柔らかなカーブをつけた。

内側に加工を施したのは着け心地良くするためなのです。

 

ずっと長くつける結婚指輪ですものね。

彼女はお仕事の関係で、指輪をつけたり外したりすることが多くなるということだったので、つけ外しの際にストレスなく、むしろ気持ちいいくらいのフィット感を作りたかった。

 

磨き上がったリングを持って庭に出ると、

キリリとした空気中にハイビスカスも咲いていて、陽だまりがポコポコで、

ああ、南国の冬だなあと、屋久島を感じた夕暮れ時。

柔らかな曲線。

リングのリズムが現れ始めた。

 

彼女のリングはここからさらにもうひと作業、加えていきますよ!

一つずつ、一つずつ、進んで行こう。

明日もまた、ジュエリーです。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

屋久島で感じるリズムが好き。海と星とシルバーと、今日の結婚指輪づくり。

屋久島で感じるリズムが好き。海と星とシルバーと、今日の結婚指輪づくり。

今日はいつものビーチで2020年初の波乗りを。

 

波とか、月の満ち欠や、星の位置とか、

島で感じるリズムが好き。

 

アトリエに戻って朝の余韻に包まれながら、

シルバーリングの造形作業を進める。

 

感じたこといろいろを一つにまとめて、

そっと差し出すような作業です。

 

 

silver950 wave ring, work in progress

 

細いところ、太いところがあって、

緩やかな流線型のアウトラインをデザインした彼女のリング。

波のように、スムーズな曲線を与えてゆこう。

今日の海にありがとう。

冬のキラキラはなんて素敵なんだろう。

お正月は終わったのに、まだまだのんびり気分すぎる笑

 

制作編

お二人の大切なこと。屋久島、星空、シルバー、オーダーメイド結婚指輪づくり。

お二人の大切なこと。屋久島、星空、シルバー、オーダーメイド結婚指輪づくり。

春の嵐??

ごおごおと強風が吹き続いた屋久島サウス。

 

一度海をチェックしようと出かけてはみるものの、

いつものビーチも大荒れで車からでれないほどだった。

 

こんな時はじっくり作業ができるぞ!と思い立ち、アトリエに戻る。

そんなこんなで、島の季節に流されるように、

2020年のジュエリー作りが始まった。

庭先でシルバーのリングと、これから始まる作業の素材となるシルバーを手にすると、

時々強く差し込む木漏れ日がキラリと照らした。

山茶花も風で揺れて、花びらいっぱいだった。

 

彼のリングは去年のうちに造形が終わっていたので、

年を挟んで、七夕前の織姫と彦星みたいな状況になっておりましたが、

いよいよこれから彼女のリングを作ることに。

 

そういえば、お二人のリングは星をテーマとするものだったなあ。。

 

屋久島を旅して、出会うこと。しずくギャラリーで出会ったお二人に結婚指輪を作ってます。

まずはシルバーの線に火を入れて柔らかに

ローラーでくるりと伸ばして

幅2.9mm 厚み1.5mm 長さ60mmの素材を作る。

 

今年もまた、手作業でじっくりのジュエリー作りです。

彼女のリングはアウトラインに太いところと細いところ、抑揚をつけてデザインしました。

 

最終的に幅2.8mm-1.6mm×厚み1.4mmの寸法に仕上がるのでありますが、

こんなにも細かく数値を得ることができたのは、

サンプルリングを何度もお試しいただいて、

コミュニケーションを密にデザイン作りを進めてきたからだろう。

 

しっかりとリング幅があって、でも細い所があると、手を握った時に付けている感覚を感じないほどフィットして良い感じだった、と彼女が言ってくれました。

彼女の理想を見つけることができて、小さくガッツポーズです笑

 

サイズは8.0号よりほんの気持ち小さく、7.8号にいたしましょう。

サイズ選びではこんな会話もありました。

「ほんとですか?微妙な調整感。それは助かります!」

 

オーダーメイドの指輪作りでは

指輪が出来上がるまでに何度も会話のやりとりがあって、

時には毎晩のように、お仕事終わって、お二人と私とで「今日もお疲れ様でした!」

などと言いながら素材やサイズのお話をすることもあるけれど、

そんな指輪作りのあれこれも、

私にとってはかけがえのない時間で。

お二人の暮らしと、屋久島の時間が

溶け合うように指輪が出来上がってゆけばいいなと思ってる。

形の向こう側というか、言葉のもう少し向こう側に、

何かお二人だけの大切なものを見つけたい。

 

それにしてもお二人の指輪作りは物語感あふれてて。

お二人の大切な時間から生まれたデザインを形にするのが、

僕も今から、とても楽しみです。

使った道具はこのようでした。

今年もシンプルにいきたいですね。

明日もまた、ここで。

 

屋久島でつくる結婚指輪

大阪→屋久島2020

大阪は雨。

伊丹空港までリムジンバスで出発する時は6度だった。

でも、雲の上まで登るとすぐにこんな色彩にも!

屋久島に帰る時がやってきて、

いよいよ感がハンパなかった。

 

大阪伊丹空港から屋久島までは

約660km、410マイル。

小型のプロペラ機でおよそ1時間50分と、

一瞬に思えてしまう近さなのだけど、

まるで別の時代の別の国に行くような感覚に、

毎度のように包まれる。

 

機内では昨日本屋で手に取った“新潮 1月号”を最初から順番に読んでいって、

村上龍さん、角田光代さんと読み終えたところで眠りに落ちてしまった。

 

目を覚ますと、

まるでまだ夢のなかにいるようにも思えた屋久島の姿が窓の向こうに広がっていた。

 

そしてそして、いざ空港に降り立つ。

 

屋久島、むっちゃ暑いです!

 

iphoneで気温をチェックしてみると、なんと20度越え。

飛行機の中に一人半袖のTシャツを着た兄さんがいて、

それはないやろ!と思ってたけど、彼が大正解。

彼が空港でレンタカー借りてサングラスして海まで走る姿がなんとなくイメージに浮かんだ。

やっぱりここは南の島なのだ。

 

それにしても今日は空気が澄んでいて、

島に着いたら空ばかり眺めてた。

屋久島2020の始まり。