Blog

屋久島の熱帯感に包まれて、お二人の結婚指輪指輪作りを始めようとしている #屋久島でつくる結婚指輪

南の島独特の熱帯感に包まれて、新しい結婚指輪指輪作りを始めようとしている。お二人はどんな夏を過ごしているのだろう。ハイビスカスの色濃く鮮やかな色彩やプラチナの輝きを眺めながら、屋久島よりもさらに南の島に想いを馳せている。

婚約指輪もお作りしたお二人とは大好きな屋久島だったり、お互いの暮らしの中にある海でつながっている。楽しかったこれまでの8ヶ月!そしてこの夏はお二人結婚指輪作りとともに過ご過ごすことにしよう。いつもの散歩道には花々の祝福でいっぱい。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島から海を越えて結婚指輪のサンプルリングをお送りする日 #屋久島でつくる結婚指輪

海を越えて結婚指輪のサンプルリングをお送りする日。 ここのところずっと海が荒れているので飛行機で届けてもらうことにしよう。

屋久島から熊本のお二人へ。

シルバーでお作りしたサンプルリングは緩やかな波の印象で。ご連絡を頂いてから半月ほどだろうか、ここまでごデザイン作りを一緒してきて生まれたイメージが形になって嬉しい。

サイズはどうだろうか、丸一日付けっ放しにして手触り感を確かめていただきたい。ご感想をすぐにデザインに反映して、微調整を加えながらお二人だけの指輪を作ってゆくリズム。オーダーメイドの素敵なところだと思う。

お二人からのメールが今からとても楽しみ。

こちらも九州へ。大分には次の日に荷物が届く。お二人とはサンプルリングを一度お届けしたのだけど、サイズを微調整して本番の制作前にもう一度お試しいただけるようサイズのバリエーションを揃えている。サイズ感を拝見できるようにと動画を送ってくれたりして、いつも細やかにご対応いただきましてありがとうございます!

最後の微調整が終わると、いよいよわたしの番だ。お二人だけのデザインに出会えるオーダーメイドの作業はいつも新鮮で楽しい。お二人の物語と、そしてここまでご一緒した時間を表現するように、結婚指輪作りのタッチを積み重ねてゆきたいと思っている。

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

水平線の指輪 #yellowgold #platinum #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k yellow gold, platinum
size:2.6mm wide

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お二人と出会った屋久島のビーチ。オーダーメイドでお届けするコンビネーションの結婚指輪。#水平線の指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

お二人と出会った屋久島のビーチ。オーダーメイドでお届けするコンビネーションの結婚指輪。#水平線の指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

お二人と出会った屋久島のビーチ。ゴールドとプラチナのコンビネーションリング。夏の強い日差しを浴びたままでこの結婚指輪を届けたい。きらきら。

春にビーチで催した結婚指輪の相談会でお二人が伝えてくれた言葉をよく覚えている。「海のきらきらと水平線のイメージが大好きです。」

まるで今日みたいな雰囲気だなと。

「ふわりとした感じで」

“好き”を共有できるって嬉しいなあ。海の向こうから、いつも屋久島でのいろいろを見てくれていてありがとう。

屋久島で過ごすスローな時間。結婚指輪の相談会は自然の中で。#屋久島でつくる結婚指輪

浜辺をすっと奥の方まで歩いてみる。海がすごく暑くなっていたのにはびっくりで!あれからナノハナ咲く春を、紫陽花いっぱいの梅雨をともに歩みながらこの夏にやってきたのだなあと思いがいっぱいに。

ちょうど良い木陰を見つけたところで、リングを手の平にゆらゆらと眺めて。

ゴールドとプラチナの境界線、こぼれ落ちそうなひかりいっぱい、角度を変えるたびに変化する表情に夢中になってしまった。初めて生まれるデザインに出会えるのは嬉しい。

きっとこれは6月の海だ。眩しい光を眺めながら指輪作りを進めていた日々を覚えている。

屋久島があって、お二人とわたしが出会って、オーダーメイドの作業は奇跡のような瞬間をジュエリーに変える作業のようだなと思う。

お二人はどんなきっかけで出会ったんだろう。なんとなく、そんなことを思いながら。

 

さて、いよいよリングが海を渡る前にもう少し、リングの細部を眺めてみよう。

ゴールドとプラチナは緩やかなカーブを描きながら隣り合っている。リングは丸く手触り感が柔らかくて。全く組成の異なる金属同士だけど、響き合って溶け込んでゆく一体感。これから始まるお二人の暮らしの中で、ふとした瞬間に、どこかに海の印象を感じていただけると嬉しい。

リングの内側に手書きのイラストを彫刻したのはとても素敵なアイデアだった。結婚指輪作りではお二人のひらめきを大切にしていたい。わたし自身も何が出来上がるかわからないワクワク感がある。なかなか慣れない作業だったと思うけれど、ここまでずっとお付き合いいただいてありがとう!

ビーチからの帰り道に咲いていた黄色い花。そういえば、お会いした時はここに紫の花が咲いていましたね。季節の果物もタンカンからパッションフルーツになりました。

海の向こうのお二人に、ご結婚おめでとうございます!

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

屋久島から海のリズムを届けたい。イエローゴールド×プラチナ、コンビネーション結婚指輪作り

春の屋久島から夏へ、お二人とともにオーダーメイドした結婚指輪 #動画編 #屋久島でつくる結婚指輪

お二人の結婚指輪が出来上がったら、ここに来ようと決めていた。春に相談会でお会いした屋久島サウスのビーチへ。潮風だったり、サンゴだったり、タンカンだったり、サルも鳥も大きな滝も。あの時のふわりとした時間がつまったリングになったと思う。

波打ち際でリングを眺めるひと時。

プラチナとイエローゴールドのコンビリングに施したキラキラ模様は動画だと手に取ったフィーリングにかなり近しくなっています。

ただ一つ、あの時と変わっているのはビーチがとてもとても暑かったこと!これまで季節をともにしながら、指輪作りの道のりをご一緒いただいてありがとう!

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547