Blog

ご結婚記念日おめでとうございます!屋久島の夜光貝とイエローゴールドで月をかたどった  “海の月ネックレス”

ネックレスは屋久島サウスに咲き始めた月見草を眺めながら作っていた。庭先で、散歩道で、いつものビーチで、日に日にたくさんになってゆく。ふわふわ。月のジュエリー作りを素敵に盛り上げてくれてありがとう。

 

屋久島の夜光貝とイエローゴールドで月をかたどった  “海の月ネックレス”

ご結婚記念日のプレゼントにと声をかけていただきました。

大切な記念のジュエリーを作るのはとっても嬉しい。

ぽかぽかと幸せな気持ちに包まれる。

 

ネックレスはケースに入れて、リボンを巻いておきました。ご結婚記念日おめでとうございます!これから海を越えてお二人の元にお届けいたします。ふわり、島の風も楽しんでいただけますように。

 

海の月ネックレス 18k yellow gold, island shell 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

咲き始めたユリとともに、ピンクゴールドのリングを眺めている #屋久島でつくる結婚指輪

去年の秋にお便りをいただいて、お二人と、屋久島の季節とともに進めてきた結婚指輪作り。

ピンクゴールドのリングは造形作業がひと段落。アウトラインを確認したくて庭先で手にとって眺めていた表情のいろいろ。

リングには太さの強弱と波のリズムがある。静かでもあるし、さっきまで動いていたようにも感じる。

彼のプラチナリングとはほんの少しずつバランスを変えて作ってあるけれど、きっとそれがつけたときにお揃い感を増してくれるだろう。補うように。共に歩むように。結婚指輪ってなんだかお二人に似ているようにも感じられて、出会うことって素敵だなと思う。

夕暮れ時、海へ。お二人の指輪作りの間はよく海に通っていたなあ。作業もいよいよ終わりに近づいてきて、少ししみじみ 笑。今日も屋久島にありがとう。

空を見上げて、ふわり、自由な気持ちに包まれる瞬間が好きだ。

大きな鳥が風に乗って西の空へ、羽ばたいてゆく姿を追いかけている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

結婚指輪は屋久島の季節とともに。大好きなピンクゴールドでつくる、お二人だけのリング

結婚指輪は屋久島の季節とともに。大好きなピンクゴールドでつくる、お二人だけのリング

屋久島サウスのアトリエです。雨が上がるたびに日差しが強くなてゆくのがよくわかる。梅雨を間に挟むはずだけど!もう夏の気配をキャッチし始めている。

お二人の結婚指輪作りの間はちょうど季節の新しくなるポイントでもあって、咲き始めた紫陽花や百合の花、ランタナも、センダンの花も、島の色彩を眺めながらの作業が叙情深い。

磨き上がったプラチナリングの佇まい。お二人とご一緒した結婚指輪のデザイン作り。屋久島の移ろう季節とともに。

彼女のリングはピンクゴールドでお作りするので、ついつい赤系の花を眺めつつ。ランタナのピンクに、ハイビスカスは指輪が出来上がる頃にきっとでいっぱいになっているだろうなあ。あとドラゴンフルーツも!

 

さてさて、今日も作っている。

k18ピンクゴールドは可愛さの中にシックな落ち着きを感じるところが好き。

表面を削り落とすと現れる、きらびやかな佇まい。キラリと輝くものに目がいってしまうのは、子供の頃からずっと変わらないなあ。ついつい手を差し伸べてしまうようなワクワク感。

荒い番手の紙やすりでざっと表面をきれいにすると柔らかなラインが現れた。優しさって大切だなと思う。

窓の向こうに緑のモコモコを眺めながら、時々海に車を走らせたりしながら、お二人の指輪を作り進めるGWです。みなさま、5月になりましたね。素敵な春となりますように。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

磨き上がったプラチナリングの佇まい。お二人とご一緒した結婚指輪のデザイン作り。屋久島の移ろう季節とともに。

屋久島サウスのアトリエです。造形の深まるリングを手にしてときどきお二人のことを思う。彼が選んでくれたのは17.2号、スッキリ細身のデザイン。まだお会いしたことはないけれど、好きなスタイルが伝わってくる。繊細さを際立たせるために、しっかり丈夫に仕上げなくっちゃ!とデザイン作りの時に思った。なのでプラチナは特別硬い配合で精製した。

最初は均一幅の予定だったデザインを、彼のリクエストで思い切ってリズムを持たせて仕上げたのも良かった。ほんのちょっとしたインスピレーションを信じて、お二人と一っしょにここまでやってきたような気がする。

これまでデザイン作りの時間が長かったので、なんだか名残惜しいような気持ちもありますね。始まった指輪作りのいろいろはここに。

波のリズム、大地の手触り感、お二人だけの結婚指輪を屋久島で作ること。

さて、今日も移ろう季節とともに。指輪作りは中盤を過ぎたところくらいかな。

作業の合間に雨季の始まりを見つけた。今年もありがとう。

パンケーキは厚めに焼くのが気に入っている。薄くスライスしたバナナをたっぷり入れて。

磨き上がったプラチナリングの佇まい。確かな存在を感じるけれど、とても静かだと思う。

細いところ、太いところ、切り込み模様とリングのカーブ、角度を変えるたびに新しい表情を見せてくれるのも楽しい。作業台の上でくるくると回して遊びつつの、次は彼女のリング作りへ。素材は違いながらもお揃いのデザインなので、彼のプラチナリングを横に眺めながら作り進めていこうと思う。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547