Blog

ピンクゴールドとプラチナと、屋久島リズムの結婚指輪作り。お二人だけのリングを育んでゆく。

2本のリングを並べてみると、ぴたりとお揃いデザインであることがよくわかる。彼女のピンクゴールドと彼のプラチナはスクエアシェイプで同じリング幅、とてもシンプルなスタイルの結婚指輪だ。

お二人の暮らしにフィットするだろうと思ったお気に入りのデザイン。

スクエアシェイプのリングはずっと昔から広く愛されていて、今もそのシンプルな魅力は変わらない。でも、おふたりの暮らしだったり手にカタチに合うようにと寸法をとって出来上がるリングには、オーダーメイドならではのフィット感があると思う。同じスクエアシェイプなのだけれど、世界に一つだけ、ここにだけ存在する伊吹がある。

そやがてリングを使ううちに小さな傷がついて、それもまたお二人だけの装飾になってオリジナルを作り上げてゆく。

あらゆる選択の繰り返しが人生そのものを形作ってゆくことに似ていると思う。

すっきりとシャープで、でもどことなく丸くて、つけ心地は柔らかい。わたしのお気に入りのスクエアシェイプだ。

 

お二人が想った植物模様、

これだと閃いてわたしが描いたデザイン、

オーダーメイドで生まれた彫刻模様が加わって、さらにこれからの長い時間をかけて、一つだけの結婚指輪が育まれてゆくのだ。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

ピンクゴールドとプラチナと、屋久島リズムの結婚指輪作り。感じる、暮らす、分かち合う。

ピンクゴールドとプラチナと、屋久島リズムの結婚指輪作り。感じる、暮らす、分かち合う。

屋久島サウスのアトリエです。素敵な季節になりました。庭先に咲く百合の花を毎朝眺めてから作業机に向かうのがここ最近の日課。もう10年以上も経ったのか、暮らしの中に自然を感じながらジュエリーが作りたくて屋久島に移り住んだことを思い出す。

日々のなにげない、でも大切なこのフィーリングを分かち合いたくてジュエリーを作っている。そして、そこにお二人の時間が出会って生まれる結婚指輪はいつも新しい。

ピンクゴールドとプラチナと、屋久島リズムの結婚指輪作り。なにげない日々の癒しについて。

感じる、暮らす、分かち合う。そこから生まれるデザインは無限なのではと考えている。我々の心はいつも自由であるからだ。

 

さて、今日も作っている。彼女のリングは造形がひと段落をしたところだったので、雨上がりの庭先でそのアウトラインをチェックするところから。

ピンクゴールドに緑の出会いも美しい。シャープではあるけれど、どことなく柔らかい手触り感。シンプルなスクエアシェイプのリングだ。

あちらも雨が多くなってきているのかな?暑くなってきているのかな?お二人が暮らす海の向こうを思いながら。

彼のプラチナリングにバトンをタッチしよう。

最近はお二人とも同じリング幅でお作りすることが多くなってきているような。男女ではなくて、個性を大切にデザインを選ぶ傾向は素敵な流れであるように思う。

毎日のフィーリングを大切にしたいから。内側もスムーズに柔らかにするよ!

お二人の結婚指輪作りもそろそろ折り返し地点かなと思っていたら、散歩道にはツユクサがぽつりぽつり。

うん、明日もきっと良くなる。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

ピンクゴールドとプラチナと、屋久島リズムの結婚指輪作り。なにげない日々の癒しについて。

屋久島サウスのアトリエです。きっと結婚指輪作りでは最も色彩のコントラストが大きい素材の組み合わせだろうと思う。ピンクゴールドとプラチナの個性が、ぐぐっと現れてきたのでクローズアップといたしました。

異なる素材使いではあるけれど、お二人の結婚指輪は同じスクエアシェイプのデザインで作っている。同じステージで一層際立つ個性である。

ピンクゴールドとプラチナと、屋久島リズムの結婚指輪作り。2本のリングに素敵な響き合い。

移りゆく島の季節に離されないようにと、少しずつ、そして休むことなく作業の歩みを進めている。長く続いた雨がぴたりと止んだタイミングもあって、ハイビスカスや百合の花が一斉に開花を迎えているのだけれど、鮮やかで優しい色彩にはいつも心癒される。ピンクゴールドもプラチナも同じ大地から生まれたものだと思うと、とても納得がいくのである。

庭先で採れた木いちごはトーストを焼いてバターとハチミツと。

なにげないけれど、そっと静かに輝くひとときにありがとう。

さあ、明日もまたジュエリー作りだ。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島-宮古島、素敵な繋がりにありがとう!オーダーメイドでお届けする、お二人だけの結婚指輪

 雨上がりの屋久島サウス。アトリエの庭先で出来上がったばかりの結婚指輪を眺めながら、お二人とご一緒したオーダーメイドの時間を思い出している。木々の間から差し込み始めたひかりがイエローゴールドとプラチナを柔らかに照らす。二つのリングはそれを受け止めて、小さくて、でも眩しい光を世界に解き放つ。おめでとう、ありがとう。これから海の向こうへお届けするリングを前にして、とてもシンプルな言葉が浮かび上がってきた。

宮古島と屋久島。お二人とは見えないくらいに細くて長い糸で繋がっているように思う。大好きな海に通いながら作業机に向かっていた日々は記憶に新しい。いつもLINEでお話ししていたけれど、同じ南の島暮らしをする仲間のようにも感じていたなあ。真冬にお便りをいただいてから、これまでずっとありがとう!

宮古島ー屋久島、オーダーメイド結婚指輪制作記。自然のリズムと繋がること

お二人が出会って、わたしがいて、屋久島があって、それが今この瞬間に交差しているのだと考えると、とても感慨深い。出来上がったリングが奇跡のひとひらのようにも思えてくる。

そしてこの出来上がりは、同時に始まりの合図でもあるという幸福感に包まれながら。

雨上がりにキラキラだった屋久島の植物たちとともにお二人の結婚指輪を送り出すことにしよう。

大好きな海ともう一つ、お花にまつわるストーリーもお二人と一緒に抱いていた大切なテーマだった。リングの内側にはジャスミンの模様がぐるりと描き刻み込まれている。彼女のお名前にちなんだモチーフの花に包まれるフィーリングは、たしかにお二人だけのものだと思う。

宮古島ではツユクサ咲いていますか?

大切そうにたくさんの雫を抱いたハイビスカスを見上げながら。屋久島の祝福を感じながら。

また降り始めた雨。雨宿りをするように、木陰でそっと手に取ってみる。マット仕上げの表面に島の緑が映り込む。彼女のラウンドシェイプと彼のスクエアシェイプ、形は違っているのだけれど、元々一つのものだったくらいに近しく感じるのはその素材使いによるものだろう。お二人が選んでくれたゴールドとプラチナが2本のリングの中で同じ境界線を描いて組み合わさっている。巡り合うことって素敵だなと、不意にお二人のことを思った。

もうすぐ雨の季節が始まって、そして夏本番がやってくる。南の島では何かと忙しくなる季節でもありますね笑。これからは結婚指輪も、お二人のいろいろな場面に寄り添ってくれますように。

ご結婚おめでとうございます。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

5月の結婚指輪相談会 #屋久島でつくる結婚指輪

森の中でのプロポーズ、そしてアトリエまでお越しいただきましてありがとうございました!5月の結婚指輪相談会は、お二人の幸せな心地に包まれて。どんな指輪が出来上がるのだろう、ワクワクしながら少し先の未来を思い描いています。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547