Blog

お二人だけの結婚指輪!キラキラ模様が素敵、お揃いシルバーリング制作編。#屋久島でつくる結婚指輪

ポコポコと道脇にリズムよく並んでるツワブキの花。

こちら屋久島では今、ツワブキの花が満開なんです。

ふと見上げると、サキシマフヨウ の種を包んだ実莢が朝露をまっとっているのに出会ったり。

過ぎゆくものと、始まるもの

季節は繰り返すものですね。

12月になり、大好きなノマドカフェさんも今シーズンの営業が終わってしまった。

2019年最後のランチをカオマンガイとして、

きっと同じではないだろう、ノマドカフェさんの2020年に想いを馳せた。

 

さて、さて、

こちらは始まりの印といいますか。

リングはくるりと輪になっているのも、始まりや到達、巡りを感じるアイテムでありますね。

ちょうど今、静岡は浜松で新しい暮らしを始めたお二人の結婚指輪を作っています。

silver950, 2.3mm wide

 

彼と彼女、そしてわたし、3人で進めたデザイン作りでは

屋久島からお二人の暮らす浜松にサンプルリングを見ていただいたり、

動画を送ってリングの質感を伝えたり、

そんなやりとりで、

 

彼と彼女は2.3mm幅のラウンドシェイプ 、素材はシルバーと、

お揃いデザイン選んでくれました。

 

そしてもう一つ、大切なデザインがありまして。

いよいよ今回のエッセンスとなる作業をこれから始めることになり、

金槌を片手にドキドキしていた。

 

リングをコンコンと打ち付けて、槌目模様を施す作業は

戻ることのできない、でも一気に進めたい作業だったので、

その工程をカメラ2箇所固定で作業の動画を撮って短くまとめてみた。

 

リズムよく、力強く、端正に、時にランダムに、跳ねるように、

彼女のリングに続いて、彼女のリングも。

夢中になってどれくらい時間が経ったのだろう、

一通りのハンマー作業を終えると、

リングの表面にキラキラと光る質感が現れた。

お二人だけのキラキラ模様!

 

シルバーのリングは、こうしてハンマーで叩くと2〜3サイズほど大きくなるので、

職人のわたくし的にはサイズも目標地点にぴったり着地できて、ほっと一息。

 

そして、これからいよいよ最後の仕上げ作業を始めることとなりました。

ああ、これで終わってしまうのかと、

ここにもまた到達を感じて、

少しさみしい気持ちにもなりますが、

でもここからがまた新しい始まり。

 

フレッシュな指輪が出来上がって、

お二人の元に届いて、そこからまた新しい時間が始まるのだ。

 

小さな2本のリングを手にして、果てしなく繰り返すループに想いを巡らせていた。

 

制作編

屋久島から長崎へお届けする結婚指輪。シルバー×ラウンドシェイプ リング作りの1.2.3

 

このようなsnsをやってます

Kei Nakamura Jewellery このようなSNSをやっています!

屋久島から長崎へお届けする結婚指輪。シルバー×ラウンドシェイプ リング作りの1.2.3

屋久島から長崎へ。

これから海を渡る結婚指輪。

 

彼から初めてお便りをいただいたのは新緑の季節で、

婚約指輪をお作りして、

暑い夏にはお二人でしずくギャラリーに来てくれた。

それからサキシマフヨウ に花が咲いて、プルメリアも、コスモスも咲いて、

季節は冬になりました。

 

これから始まるお二人の新しい時間にご一緒できた、

素敵な指輪作りにありがとう。

 

今屋久島で満開のツワブキの花とともに、

お二人に指輪をお届けしますね。

 

朝ごはんにはパパイア盛り合わせをいただいて

 

さて、アトリエです。

こちらもまた海の向こうからお便りをいただいたお二人に届ける結婚指輪作り。

アウトラインを丸く柔らかに造形した彼のリングに続き、

今日は彼女のリング作りです。

その工程のステップを4段階で画像といたしました。

こちらが最初の段階で1/4

2/4

 

3/4

 

4/4

夕暮れ時、

リングの造形がひと段落。

空にかざしてリングのアウトラインをチェックしていると、

半分の月に出会いました。

制作編

海、光、シルバーリング。屋久島 冬の結婚指輪作り。

海、光、シルバーリング。屋久島 冬の結婚指輪作り。

いつものビーチにドスンと北西のスウェルがやってきた。

今年初めて冬の波に乗った記念日。

そして、新しい制作が始まる日でもあって、

季節とジュエリー作り、一つの区切り目を感じて、

晴れ晴れしい気持ちだった。

 

冬の結婚指輪作りです。

 

3時間ほど波に乗りつづけて、アトリエに戻ると、

さすがにお腹が空きすぎていました。笑

 

朝ごはんを通り越しての昼ごはんはしっかりといただいて、

いよいよジュエリー作りを始めることに。

 

シルバーのリングを造形する前に、

設計図といいますか、

アウトラインのイメージをリング上に細い線で表してゆきます。

 

使うのは定規にけがきペン、ルーペとクラッシックな道具ばかりで、

はるか昔のジュエリー職人も、同じように作業をしていたのかなあと、果てしない気持ちに包まれる。

 

ラインを描いて、

削り、削る。

丸く、柔らかなイメージで。

夕暮れ時、大まかな削り出しが終わったので、

アウトラインの確認をすることに。

 

それにしても、

屋久島もこの時間になるとぐっと冷え込むようになってきた。

 

指輪作りの声をかけてくれたお二人の暮らす静岡よりもずいぶん遅れての冬支度なのだろうなあ。

彼は林業をされているので、毎日を森の中で過ごしていると、

きっと季節に近しくて、その変化を一番早く見つけることができるのだろう。

屋久島にもようやく冬が訪れて、不意に、海の向こうとの繋がりを感じた。

うん。いい感じです。

 

冬の景色をキラリと彩る光のように、

あたたかな指輪を作りたい。

 

 

もうすぐクリスマス!屋久島の季節を纏う“ツユクサのネックレス”

お隣のお家のそのまた隣

それは大きなパパイヤの木があって

そのパパイヤは昔ある人がタネをポイっとほおって置いたところから元気に育ったのだという、屋久島あるある。

 

そのパパイアにたくさんの実がついたので、お隣さんと一緒に収穫作業をいたしました。

とったばかりの青いパパイヤは私がもらうから!と言って、

数日前にとって黄色く熟れてきた実を持たせてくれたお隣さんの松本さん。

 

松本さんは屋久島サウスで松本ファームを営まれている、あの松本さんでありまして、

ハーブやお花のことにはめっぽう詳しい。

松本さんの家の周りもまた、ファームと同様、植物愛でいっぱいなのです。

屋久島 ハーブガーデン入り口から望む緑の風景 気持ちの良い春ですね、本当に! 屋久島サウス、山の麓 松本ファームさんにて

 

そしてこちら。

プレゼント用にリボンを巻いて、これから海を渡るジュエリー。

そういえばもうすぐクリスマスなのですね。

 

大切なプレゼントにはツユクサのネックレスを選んでいただきました。

ツユクサのネックレス silver, yellow gold, aquamarine

 

ツユクサのネックレスはチョーカーのように、

くるりとチェーン一周の一部にペンダントトップが収まるスタイルが個性であります。

 

お花部分の大きさは約1cmで、たぶん本物のツユクサと一緒くらいなのですよ。

 

ほんの1.5mmほどで小さくても、石の力ってすごいと思う。

中央にセットしたアクアマリンのブルーがシルバーのペンダントを包み込んだ。

屋久島の暮らしの中でも、

ギャラリーの川沿いや、アトリエのお庭で、畑のあぜ道で、雨上がり、しずくと相まって、

とっても近しい存在で、

ツユクサに出会うと、ついつい嬉しくなってしまうのはなぜだろう。

 

出来上がったシルバーのツユクサを小指の上に乗せてみると、

屋久島の里でツユクサに出会った時と同じようなフィーリングに包まれた。

なんかいいことありそうな気がした昼下がり。

石のセッティング作業も一つ一つ手作業で行うので、

お花と同じように、全く同じ個体ができないのがハンドメイドのジュエリー作りの面白いところだと思う。

 

コンコンと石の周りを彫り起こして、グリグリと爪を作ってアクアマリンをセットする。

その工程を短くまとめた動画を最後においておきます。

 

お花もそうだし、お花のジュエリーもそう。

自分で身につけても楽しいし、

周りの人も幸せになるし。

そしてプレゼントにもぴったりなのが素敵ですよね。

 

皆さまも素敵なフラワーライフを♪

素敵なジュエリーライフを♪

 

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで

hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

ありがとうの花。おめでとうの結婚指輪。屋久島冬の花とジュエリーと。

夜明けとともに東側のビーチにやってきた。

ちょうどここではツワブキの花が満開で、

文字通り!海まで続く花道を通り抜けると、

この森に祝福を受けているような気がして嬉しかった。

少しひんやりはしてきましたが、

黄色い花を見ると心躍るものですね。

ツボミも大好きです。ポコポコ。

 

祝福といえば、アトリエには海の向こうから嬉しいお便りが届いております。

こちらは神戸より。

「結婚式の日程が決まりました!」とお手紙に。

そして神戸メリケンパークで撮った写真とプリンが入ってあった。

 

ありがとうございます!

挙式前にはリングのお磨き直しをいたしますね。

「屋久島まで一番近い浜辺まで出かけて、指輪の交換をしました!!」

とメッセンジャー経由で写真と指輪交換動画をくれたお二人。嬉し涙。

こちら屋久島よりもずっとあたたかそうだった、沖縄からメッセージも届いて、

祝福の気持ちとありがとうの気持ちでいっぱいになりながら、

今日も作業机に向かっています。

silver950, リング幅1.6mm-2.6mm, サイズ8号

彼女のリングのアウトラインが決まり、

ここに二本のリングが揃いました。

 

屋久島を旅するお二人と、幾つもの偶然が重なって出会い、始まった結婚指輪作り。

シルバーでのリング作りは、実まだ折り返し地点ほどの工程なのですよ。

 

ここからさらなる細工を加えてゆくことになりますが、

少しお時間をいただいて、

この続きはもう少し先のお話に。

 

出来上がる頃には椿の花も咲き始めるだろうか。

 

屋久島を旅して、出会うこと。しずくギャラリーで出会ったお二人に結婚指輪を作ってます。