Blog

pink gold and champagne gold with rice plant pattern

material: 18k champagne gold, pink gold
size: left 2.0mm , right 2.5mm

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

オーダーメイドならではの掛け替えのない時間。お二人の暮らしを映し出す、稲穂模様の結婚指輪。#屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドならではの掛け替えのない時間。お二人の暮らしを映し出す、稲穂模様の結婚指輪。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島のアトリエより、仙台のお二人に届ける結婚指輪が出来上がりました。

素材はピンクゴールドとシャンパンゴールド、2種類の18kゴールドを使った、ラウンドシェイプ のリング。

表面に施した稲穂模様が木漏れ日に照らされてキラキラ輝いている。新しいデザインが生まれたお二人との指輪作りにありがとう!

 

ちょうど梅雨の入り口から始まった制作。

色濃くなるアジサイも、ハイビスカスも、指輪のピンクゴールド、シャンパンゴールド、艶やかな色彩に満ち溢れた時間だったなあ。

結婚指輪+好きなこと。お二人の時間がデザインになる「屋久島 ジュエリー制作記」

紫陽花とシャンパンゴールドとピンクゴールド。屋久島の雨と共にお二人の指輪を作る。

 

そうそう、あの時まだまだ小さかったトマトも収穫できるようになったのですよ!

畑といえば、

農作業をライフワークとされて、お米を育てるお二人の暮らしを映し出すようにと進めてきたデザイン作りでは、

「稲穂の彫刻模様はどうでしょう?」とアイデアが生まれたり、お二人に合わせたサンプルリングを作ったり、つけたところの動画を送ってもらったりした。

最初の電話をいただいてから、小さなリングが出来上がるまで3ヶ月半ほどかかったけれど、それもまたオーダーメイドならではの掛け替えのない時間だったなと思う。

彼のリングが2.5mmピンクゴールド。彼女のリングが2.0mmシャンパンゴールド。

そっと手に乗せてみると、とても軽やかに。

彫刻模様のないシンプルな表情もシックで素敵。

クローズアップすると稲穂の彫刻模様がはっきりと確認できて、つけた時はまるでアンティークの複雑なテクスチャーのようでもあります。

あとはこれから時を経て深みを増してゆくのが楽しみ。

 

それにしても、稲穂にはなんとも豊かな印象を感じるものですね。

お二人の幸せを感じながら過ごした素敵な指輪作りでした。

ご結婚おめでとうございます。

楽しい時間をありがとうございました!

 

久しぶりの晴れ間、庭先でリングを眺めていた昼下がり。夏を感じさせる虫の音がリングに響く。屋久島からお二人に。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

好きな色、好きな素材に出会うこと。ホワイトゴールド×プラチナで結婚指輪作り。屋久島夏の花レポート

自然から生まれる色にずっと魅了されている、屋久島サウスのアトリエです。

左側がホワイトゴールド、右側がプラチナ 。夏が近づいてきたこの頃に、佇まいが涼やか。

作り進めてきた結婚指輪の造形がひと段落したので、2本のリングを並べてみた。

 

お二人の指輪を作っている間はちょうど梅雨真っ只中の屋久島だったなあ。

雨の中色濃くなっていたアジサイのブルーがずっと印象に残っている。

屋久島から東京へ。ホワイトゴールド×プラチナ、夏の結婚指輪作り

プラチナ、ホワイトゴールド、夏の気配。新しい結婚指輪づくりが始まります。#屋久島でつくる結婚指輪

 

そして日差しもずいぶんと強くなってきた。暑かった日。

アジサイからヒマワリへ、そろそろ季節もバトンをタッチです。

 

 

 

金属もまた、この大地から生まれた天然の物質なのだと思うと、花と同じように、その色調や質感を近しく感じるようになった。

好きな色があって、好きな花を手に取るように、結婚指輪もそれぞれにフィットする素材があると思う。

 

お届けしたサンプルリングを前にしたり、画像を眺めたりすると、すっと手が伸びたり。あ、とひらめいたり。

ずっと前から知っていたような素材との出会いを前にしては、わたしも喜びに包まれています。

偶然のような、必然のような、確かな何かを感じる出会いってあるものですね。

デザインや素材もそうですし、お二人がいて、わたしがいて、そんな出会い全てが奇跡のように感じています。

彼女が選んでくれたホワイトゴールド。落ち着きのあるグレーのダークトーンが心地よい。

リング幅が2.3mm-1.5mmと繊細なボリュームだけど、しっかりとした質感や重さを感じられるのがゴールドの素敵なところだと思う。

表面に切り込み模様の装飾を施したり、サンプルリングを作って細かいサイズを決めたり、楽しかったデザイン作りの日々も懐かしい。

ちょうど世界が大変な渦中でもあって、不安の中、なかなか慣れない作業に付き合ってくれてありがとう! わたしもずっと忘れない指輪作りになりました。

そして、彼のリングはしっかりボリュームのストレートライン。切り込み模様は彼女のものと少しリズムを変えてみた。

 

「素材やデザインの細部をお互い少しずつ変えて作りましょう。」というのが今回の指輪作りで3人が一緒に抱いたテーマでありました。

違うが重なり合って、一つになるようなイメージ。

 

ここからさらに彫刻などの工程へと進み、出来上がる頃にはもう夏になってるだろう!

この続きは少し先のお話に。

楽しい作業はまだまだ続きます。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

屋久島から東京へ。ホワイトゴールド×プラチナ、夏の結婚指輪作り

夏がもうそこまで近づいている。屋久島サウスのアトリエです。

もう外を散歩するだけで汗ばむほどに暑い。

梅雨も、夏も、本土よりも早く訪れるのが南の島の特徴だろう。

この夏の気配が数日、数週間ののちに届くのだろうと、お二人のことを思っては山際のずっと向こうを眺めたり。

このリアルな距離感もなかなか心地よいものだなと思う。

 

屋久島から東京のお二人に、アトリエでは結婚指輪づくりが進んでいます。

屋久島の祝福。雨、ハイビスカスとプラチナリング。 #屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

 

 

彼のリングに続いて、今日は彼女のリングの造形を始めることに。

サイズ10号で、2.3mm-1.5mmのリング幅を目指すホワイトゴールドの輪っかは繊細で、手に取るととても小さい。

 

彼と少しだけパターンを変えて表面に切り込み模様を施して、リングにリズムと抑揚をつけるように。これから始まる作業の流れをイメージしています。

 

あともう一つ、ホワイトゴールドの素材づかいも楽しみにしていたところなのです。

鉄鋼ヤスリを入れた瞬間、彼のプラチナとは別の手触り感が伝わってきて驚いた。

ホワイトゴールドは優しい金属だなと思う。

芯は強いけれど、手触り感がとてもデリケートで、ほんの少しのヤスリの角度を、ほんの少しの手の力具合を、ダイレクトに造形に響かせてくる。

作業はいつもより少しだけ柔らかに。手の中でふわりと覆うようなタッチを心がけている。

 

彼のプラチナと比べて、色の違いはどうだろうか。

屋久島の雨と “プラチナ×ホワイトゴールド”お二人の結婚指輪作り。

ベースは18kゴールドなので、その奥にイエローを感じることができる、銀白色のホワイトゴールド。

造形が終わって磨き仕上げを経て、二つのリンングを並べてみよう。また違った色合い表情が生まれるはず。わくわく。

 

そんな造形を続けながら、休憩時間にはサンカラホテルさんのケーキをいただきました。

キューっと集中続く細かい作業なので、時々こうしてふわりと緩めるスタイルでやっております。

6月のフルーツソートケーキが好評だったので、7月のバスクチーズケーキから月替わりの恒例となるらしい!これは魅力。

最近はなかなか外出することが減って、家でパンケーキなどを主に焼いていたけれど、やっぱりふわりとしたケーキは最高ですね。

皆さま、そちらの甘いもの事情はいかがですか?

 

造形がひと段落すると、太陽の光の下で眺めることにしています。

夕暮れ時、木々の間から差し込む光をスポットライトがわりにして、アウトラインをチェック。

こうすると、自然との距離感というか、ナチュラルな造形のバランスを確かめることができる。

日々の暮らしにスーッと溶け込んでくるようなリングになればいいと思う。

ずっと長くつけていただく結婚指輪だから。時には小さな傷もつくし、それもまた思い出深い装飾になるような、楽しい余白を残しておきたい。

白いキャンバスのようなシンプルさも。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547