Blog

紫陽花を手の中に抱くように。眺めていても楽しくなる、屋久島を感じる指輪作り

台風が去って紫陽花が咲いた、屋久島サウスのアトリエです。あの勢いに驚いて、間違えてしまったのだろうか。台風時の屋久島あるある。

 

ここ最近は雨が続いているので、アトリエにこもってじっくりと作業を進める時間が心穏やかで。

ポツリと咲いた紫陽花を窓の向こうに眺めながら、紫陽花の指輪を作る時間になんだかとってもミラクルなフィーリングを覚えている。

月としずく。屋久島の海からいただいた夜光貝を使って指輪とネックレスを作りました。

5つリクエストいただいたジュエリーも、もう4つ目なのか。

夏の初めから終わりまで、島の情景とともに歩んだジュエリー作りの時間がすでに懐かしい。

サイズを合わせて、微妙なボリューム感や細部のデザインをアレンジして進んできた、オーダーメイドの作業だ。

手作業の温かみをジュエリーに求めて。雨の屋久島、お花のエタニティーリングを作る

月に花にしずくに、実に屋久島らしいモチーフだと思う。

島の情景と、つけていただく方との出会いがあって、そこから生まれてくる新しい何かを、いつも楽しみにしている。

 

偶然の発見があったり、必然のようなタイミングに出会ったりもした。オーダーメイドならではの時間を愛おしく思いながら。

あと少しとなった作業を眺めていこう。

ランダムにかたどったプラチナの花を、思い思いのバランスで散りばめてゆく。

リズムよく、並んだり、でもたまに跳ねたり、

一つ一つ手を加える作業から生まれる響きを大切に手を動かしている。

自然のバランスに近づくことができるだろうか。

ぐるりと一周。花がつながると、いつも庭先に眺めている紫陽花のイメージが浮かび上がる。

ここでも素敵だけど、ダイヤモンドの装飾を加えると、今日の雨の雰囲気をまとうことができるだろう。

紫陽花の指輪は手の中に小さな世界を抱くようで、眺めていても楽しくなる。 屋久島を感じるジュエリーだ。

 

お花のリングはあと二つ。

早く手に取っていただきたい、でも、愛しい時間をもう少し味わいたい。

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

snsもやっています

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

雨と指輪作りと、季節外れに咲いた紫陽花

雨の屋久島サウスです。

窓の向こうを時折眺めながら、アトリエにこもってじっくりと作業を進めることに。

 

先日の台風が通り過ぎた際に、庭にポツリと咲いた紫陽花とともに、

紫陽花の指輪を作る時間はなんだかとってもミラクルな感覚があります。

 

制作編

手作業の温かみをジュエリーに求めて。雨の屋久島、お花のエタニティーリングを作る

屋久島の海からいただきました。夜光貝×ゴールド、小さな月のネックレス

ocean moon necklace  18k yellow gold, island shell

 

三日月をかたどった小さなネックレス。屋久島の海からいただいた夜光貝にイエローゴールドを組み合わせて作りました。

 

太陽の光やスポットライトの下で、キラキラと変化を続ける色彩にうっとりなので、ぜひ手に取っていただきたい。

 

夜光貝はやっぱり海との相性が良い。出来上がったネックレスをお届けする前に、いつものビーチに出かけて、眩しい光を浴びて、なんて心に響くのだろうと、ネックレスの輝きに癒されているところです。

 

 

手作業の温かみをジュエリーに求めて。雨の屋久島、お花のエタニティーリングを作る

しとしと雨が降り始めた。屋久島サウスのアトリエです。

優しげなリズムは久しぶりのような気がする。

ふと気が抜けて、台風では緊張していたなあと気が付いたり。

柔らかな癒しに包まれながら、今日もジュエリーを作っています。ぽつり。

 

台風一過、屋久島にありがとう!再開しました、お花のエタニティーリング 作り

島ではしばしば激しい雨も降るけれど、今日みたいなしとしと雨降りはお気に入りだ。

今作り進めているリングがちょうど雨の季節に咲く花がモチーフになっているのもムードを高めてくれている。

心を平らに、雨音に耳を傾けて。

ジュエリー作りでは出来上がりには見えない裏方的な作業があって、今日はその部分。

このあとリングにはプラチナの装飾もあるし、ダイヤモンドもセットする。

家を建てる時に基礎を固めるように、ここをしっかりと作り進めていこう。

短く切ったゴールドの線を等間隔に。同じ作業を繰り返して生まれる微妙な歪みが愛おしい。植物も、わたしたちも、自然の中ではズレたり足りなかったりすることも含めて完璧なのだろう。手作業ならではの温度感を求めている。

ぐるりと一周、エタニティーリングは終わりのないイメージが好きです。

希望に溢れるジュエリーになりますように。 

 

希望といえば、今日のおまけです。

なんとなんと、庭の菜園ではサツマイモがこんなにも大きく育っておりました!

台風の雨風に耐えてくれてありがとう。

長くじっくり時間をかけて出来上がるものがあるのだなあと、感激です。

植物たちに見習って、オレもじっくりいかなくっちゃ。

一歩ずつ一歩ずつ。

明日もまた、ジュエリー作りです。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547