Blog

秋色シャンパンゴールドでほっこり♪屋久島ー沖縄、海を越えての結婚指輪作り

今日の屋久島サウスはやたらと暑くて、

まるで夏が戻ってきたようだった。

ネコも日陰を求めてやってきたけど、

きっとそれでも暑かったのだろう、

すぐにどこかに行ってしまった。

 

それでも秋はアトリエに届いてて、

かぼちゃと今年最初のサツマイモを前に

フレッシュな心持ちに満たされた昼下がり。

みなさま、そちらの秋はいかがですか?

 

アトリエでもフレッシュに、新しい作業が始まっておりますよ。

18kシャンパンゴールドにバーナーの火を当ててます。

秋の結婚指輪作り、最初の第一歩。

 

お二人は3月に沖縄からしずくギャラリーに来てくれて、

それからメッセージを何度も何度もやりとりして、

春が過ぎて、さらに夏を越えて、

デザインが出来上がって、今。

そのイメージがいよいよ形になろうとしています。

ドキドキ。

火を当てて柔らかにしたシャンパンゴールドを鉄の芯金に当てて、コンコンと叩いて、丸く形成して

くるり。

 

奥が彼のリングで、手前が彼女のリング

お二人はお揃いのシャンパンゴールドを選んでくれました。

しずくギャラリーで一緒に過ごした時間が懐かしいなあ。

(全くの作り始めだけど、オレにはもう、並んだ指輪がお二人っぽく見えてたのが不思議)

 

レディースのリングを繋ぎ合わせたところで、

おやつの時間です。

今日のおやつは蒸したサツマイモといたしました。

シャンパンゴールドとサツマイモ。

並べてみると、どちらも秋色で、

なんともほっこりした気持ちになりました。

 

始まった秋、美味しい秋とともに、指輪作りは続きます。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の雨上がりに輝いた、オーダーメイドで届ける[プラチナ×ダイヤモンド]の結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

雨上がりの屋久島サウス。

花に、葉っぱに宿ったしずくがキラキラで、とっても素敵なんです。

 

そういえばお二人が屋久島に新婚旅行に来た時も

雨の森を歩いたって言ってたなぁ。

 

屋久島を訪れると、

雨や太陽のひかりがずっと近しく感じられると思う。

 

お二人にはオーダーメイドで、

キラリと輝くプラチナの結婚指輪を作りました。

2.0mm and 2.5mm with hammered texture in platinum

 

プラチナ
ラウンドシェイプ 
叩き模様
マット仕上げ

お揃いのデザインに、お二人それぞれのエッセンスを加えたプラチナリングです。

 

お二人の指輪を手に取ると、
眩しいくらいの木漏れ日があって、
プラチナに映り込んだ緑も、
ダイヤモンドのキラキラも、

この瞬間、ここにあった全てがお二人のオリジナルに見えました。

 

しばらくの間、ここで角度を変えたりして指輪を眺めていたのですが、

確かなものって、絆とか喜びとか、そういうものなのかなと、不思議と思えてきた。

ひかりやぬくもりのある指輪が大好きです。

 

彼のリングが2.5mm幅の叩き模様小さめ。

彼女のリングが2.0mm幅に叩き模様とダイヤモンド。

 

指輪作りで大切にしたのは

お揃い感と、お二人それぞれのスタイル作りでした。

 

デザイン作りの途中、

「彼の表面仕上げと同じマット仕上げに私も変更したいです!」

という場面もありました。

お、意外だな!と思ったけど、

お互いに響きあうところがなんだか微笑ましくて。そんな偶然もいいなと思った。

 

オーダーメイドで、自由に作りました。

長く指輪作りにお付き合いいただいて、ホントにありがとう。

 

お二人とはお会いしていないけれど、

メールを通じてお話ししていくうちに、

同じ関西人の近しさも感じられたりして、

そんな時間も今となっては素敵な思い出です。

 

指輪作りの間、日に日に色濃くなってきた屋久島サウスの空。

次は秋の屋久島にもいらしてくださいね。

ご結婚おめでとうございます。

楽しいジュエリー作りをありがとうございました!

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

オーダーメイドで、自由に。お二人にぴったりの結婚指輪を屋久島でつくること

 

始まり編

屋久島 海とジュエリー  プラチナ結婚指輪作り 始まり編

色づいた月桃の実、シャンパンゴールド。秋色 屋久島, 新しい結婚指輪が始まります。

久しぶりに夜明け時刻に散歩に出かけた。

すっかりと空が秋色になっているし、

虫の合唱も秋の音色だったし、

なんだかワクワク。

新しい始まりの予感に包まれた朝だった。

 

屋久島から東京にお届けする、“しずくのしずくネックレス

ダイヤモンドとゴールドの組み合わせが秋色に似合ってました。

 

つい先日、しずくギャラリーに来てくれた彼女が

このネックレスに出会いを感じてくれて、

 

この間見たネックレスと同じものはありますか?と

東京からお便りを頂きました。

 

いつもは海を隔てて、全く違う暮らしの中にいるけれど、

屋久島があって、旅があって、ジュエリーがあって、

ここは素敵なつながりがある場所だなと思う。

出会ってくれてありがとう!

 

そして、それからちょうど1週間が経ち

土曜日のギャラリーへ行くと、

 

 

 

ここでも小さな秋、見つけました!

 

wedding ring collection

 

この日は台湾からの取材があったり

鹿児島から裕子さん絵画を観に来ていただいたり、

友人がポルトガルからの友人と一緒に来てくれたりと、

なかなか賑やかな1日。

 

台湾も鹿児島も、ポルトガルにも美味しいご飯があって、よい波が訪れるので、いつの日かジュエリー持って海の向こうにも行ってみよう。

 

そしてそして、沖縄。

ここもまた気になる場所の一つなのであります。

 

というのも、

ちょうどこれから沖縄に暮らすお二人にお届けする結婚指輪作りが始まるからなんです。

 

春に沖縄からしずくギャラリーに来てくれたお二人とは、

facebookでメッセージを交わしたり、、サンプルリングを送ったり、

3月からこれまで、ずっと一緒にデザイン作りを進めてまいりました。

 

iPhone越しにも沖縄の情緒を感じるものなのですね。

 

色づいた月桃の実。シャンパンゴールド

 

伺うと、

沖縄でも月桃はとても身近な存在だという。

屋久島ではお茶にしますし、

沖縄にはなんと!月桃チョコまであります。

 

今回はお二人にとって大切なシンボルとなるこの月桃をテーマとして

結婚指輪を作ります。

 

3月にギャラリーに来てくれて、月桃スポットを案内した時はまだ花も咲いていたかったのに!

季節は秋になりました。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

出会い編

沖縄から屋久島へ ありがとう!お二人がしずくギャラリーに結婚指輪を作りにきてくれました!

 

お二人が選んだ結婚指輪のお揃いとは。屋久島の虹とプラチナリング 。シンプル ラウンドシェイプ の魅力。

造形を終えたプラチナリング を朝の光の下で眺めていたら、

七色の光が現れた。

 

それにしても彼のリングを作っている間はよく虹に出会うものだ。

もしかして、虹男??

 

作業の始まりにはダブルレインボーもありました。

山際に二重の虹が出た!屋久島でつくる、屋久島のお二人に届ける結婚指輪 #制作編

 

こんなに虹率が高いのは

屋久島で生まれて、屋久島で育った彼だから、

もしかすると島とリズムが近しいのかもしれないし、

もしかすると、彼は毎朝欠かさず生まれ育った海岸のクリーンナップを続けているからかもしれない。

現れては消えそうになる七色の光を大切にしながら

そんなことを考えていた。

 

 

2.3mm round in platinum

 

普遍的なデザインである、シンプルなラウンドシェイプのリングを、

つけ心地柔らかに、カスタムメイドで作るのが得意です。 

 

「僕はシンプルなラウンドシェイプ で」

彼がデザインをリクエストしてくれた時、

やったぞ!と密かに胸の奥でガッツポーズでした笑

 

と言うのも、

普遍的なデザインだからこそ、

作り手の個性が表れたり、

使う人の暮らしに合わせてみたり、

オーダーメイドで作ると“人”が色濃く反映されるのが面白くて。。

 

わたくしなりの、ラウンドシェイプ のデザインはあるけれど、

つけてくれる人との出会いがあって、

どんな化学反応するんだろうと、いつまでたっても夢中になっている。

 

20号と大きなサイズの彼のリングは

思い切ってすっきり細身のデザインを選びました。

丈夫にお使いいただけるように、しっかりと厚みをつけて。

でも、見た感じは軽やかな印象となるように、側面から内側を柔らかにカーブさせる。

こうするとつけ心地も柔らかくなって、とってもフレンドリーなんです。

 

彼女のリングと重ね合わせてみる。

 

ラウンドシェイプのアウトライン とプラチナ素材。

お二人が選んだ結婚指輪のお揃いがあって、

そこに、それぞれの個性を作るように、叩き模様とプレーン仕上げを施して仕上げると、

違っているのに、いや、違っているからだろうか。

なんか、ムッチャ親密な雰囲気が伝わってきた!

 

さてさて、お二人の指輪作りは

ここからあといくつか秘密の作業が用意されてまして。

わたしも出来上がりが楽しみで仕方ありませんが、

この続きはもう少し先のお話に。

出来上がる頃は屋久島も、もうすっかり秋本番になってるのかなあ。

 

波打ち際を歩いたら、まだまだあたたかくて、夏を感じた海の水。

ああ、夏、もっとここにいて欲しい。

夕暮れ時にはこんな景色も。

でもクリームシチューやサツマイモも食べたいし!

 

嬉しい悩み多き季節の屋久島サウスより。

皆さま、どうぞ素敵な週末を。

素敵なジュエリーライフを。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

それぞれの個性を作る。シンプルラウンドシェイプ 結婚指輪の叩き模様とプレーン仕上げ。#屋久島 #海とジュエリー

 

相談会編

晴れの日だから!公園に指輪もって行こう。屋久島の海が大好きです。シャンパンゴールド結婚指輪作り、最初の第一歩。

それぞれの個性を作る。シンプルラウンドシェイプ 結婚指輪の叩き模様とプレーン仕上げ。#屋久島 #海とジュエリー

台風18号のうねりが、いつものビーチに届いた。

ホント夏のような1日で、陽差しが眩しかったー!

 

朝から波に乗って、気がつけばもう13時を超えていて、

海から上がって、お腹がぺこぺこなことに初めて気がついた。

お昼は大盛りのヒジキとご飯にいたしました。

しかもヒジキおかわりのダブルですw

 

ひじきは砂糖の代わりに薄くスライスした玉ねぎを甘くなるまで炒めて

一緒に煮込むのがお気に入りで、

これは数年前にmoss ocean houseの友香先生に教わったのですが、

それ以来玉ねぎ入りのヒジキにすっかりハマってしまい、

作るたびに、どんどん玉ねぎ量が増え続けてる笑

 

 

さてアトリエです。

同じ屋久島に暮らすお二人の結婚指輪作りもいよいよラストスパートに。

鉄鋼ヤスリ片手に彼のリングの造形をはじめました!

 

彼が選んでくれたのはシンプルなラウンドシェイプ のデザイン。

彼女の叩き模様仕上げがあって、彼のプレーン仕上げがあって、

同じラウンドシェイプ でも、

それぞれ違ったチョイスになるところが結婚指輪作りの面白いところ。

それぞれの個性を作るように、

一つ一つのタッチを重ねていきたい。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

一つだけの表情を生み出したくて。すっきり細身、槌目模様のプラチナリング作り #屋久島でつくる結婚指輪