Blog

屋久島から海の向こうに暮らすお二人にお届けする結婚指輪作り。夏のプラチナリング、メンズ編

毎日海に通った今週の思い出。

いつものビーチでは大きな虹にも出会いました。

 

夏真っ盛り屋久島サウスより、こんにちは。

お盆休みが始まりますね!

みなさま、この夏をいかがお過ごしですか?

 

暑さが増すと、シンプルな暮らし、シンプルな食べ物がフィットするようで、

わたしはここのところ冷やしトマトを気に入って、毎食のように食べています。

今日はパンドシュクルさんの食パン、ゆで卵にコーヒーを合わせてお昼ご飯といたしました。

 

さて、アトリエです。

海の向こうに暮らすお二人にお届けする結婚指輪。

春から始まったデザイン作りも、

いよいよ制作が始まって、今、夏真っ盛りの屋久島。

ハイビスカスやチョウチョ、潮風やセミの鳴き声に囲まれてお二人の指輪を作ってます。

 

作業もいよいよ後半に差し掛かりました。

昨日に作業を終えたレディースリングに続き、

これからメンズのリングに金槌で装飾を加えてゆくところ。

一度だけのアクションなので、この瞬間はいつまでたっても背筋がピンと伸びます。

 

ここから先はコーヒーも飲まず、カメラも持たず、

金槌とプラチナリング を片手に

コンコン、コンコン、と

何度も何度も繰り返して叩き、

そしてまた叩き、

ぐるりとリングを一周すると、

リングの表面に有機的な凸凹模様が現れた。

さっそく、窓際から空にかざしてアウトラインをチェック。

 

サイズもピタリ、18.7号になっている。

理想のサイズ感を見つけるために、海を越えてサンプルリングをお送りして、つけたところを動画で撮って送っていただいて、

そんなやりとりも楽しかった思い出です。

 

緑の中でもチェック。

うん。いい感じです。

 

金属って、こうして周りの色や世界を鏡のように写すのが素敵なところですね。

指輪は自分自身でも眺めることができるのも嬉しい。

2.5mm幅のプラチナリングを手に、その表情についつい魅入ってしまった瞬間。

 

 

 

 

制作編

屋久島ー関西ー関東、海を越えてデザイン作りのお話し。2019夏!しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。屋久島にありがとう、プラチナリング と夕暮れ時の海。

 

屋久島ー関西ー関東、海を越えてデザイン作りのお話し。2019夏!しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。屋久島にありがとう、プラチナリング と夕暮れ時の海。

彼の暮らす関東と彼女の暮らす関西、

そしてわたしの暮らす屋久島と、

これまで海を挟んで、長い距離を紡ぐように進めてきた結婚指輪のデザイン作り。

待ちに待った制作が始まっています。

 

ここまでは主にメールを通じて、そしてサンプルリングなどの郵送を通じて、

お二人と長く打ち合わせを重ねてまいりました。

 

いざ本番の作業を進めるにあたって、

これまでのメールをざっと見返してみたら、

30通以上はあって驚いた。

 

「自分達の指輪のサイズなどもわからない状態なのですが、このような状態でもお願いすることは可能でしょうか?」

一番最初は全くの白紙だった指輪作り。

 

そこからさらに少しずつメールを読み返していくと、

指輪作りのあれこれが蘇ってきて、グッときた。

ここまでお話を繰り返すごとに、

お二人のかたちや素材、付け心地や大切なポイントなどが、

少しずつ生まれてきたデザイン作りだった。

 

今となっては、

この距離感、この時間感覚がかえって創作意欲を盛り上げてくれたような気がしています。

ワクワクでした。

 

さて、今日のアトリエです。

昨日は2本のプラチナリング の土台が出来上がったところまでを書きました。

屋久島 夏の雨上がり。プラチナの結婚指輪を作る。

 

彼女のリングは幅2.0mmで彼のリングが幅2.5mm

シンプルなスクエアシェイプ のアウトラインです。

 

微妙なボリューム感を調整するために、

海を越えて何度もサンプルリングを届けてお試しいただいたのも、

今となっては楽しかった思い出だなあ。。

お二人の暮らしの中で、ずっと長くつけていられるフィット感にはこだわりました。

 

そして、もう一つのこだわりは屋久島を感じるテイスト作り。

ここからシンプルなプラチナリング にお二人オリジナルの装飾を加えてゆくことになります。

鉄の土台にリングをはめ込んで、その上から金槌でリングを叩いています。

コン。コン。

と何度も。そして力強く。

そうすると、リングの表面、見えますか?

金槌の叩き模様がついて、凸凹の表情が生まれてきています。

 

叩く作業は一度だけ!

生まれる表情も一つだけ!

 

ハンドメイドのジュエリー作りの素敵なところは、

その微妙な揺らぎも含めて作品の要素となるところだと思う。

 

さてさて、

作業がひと段落したところで、金槌を一旦置いて、

しずくギャラリーに。

今日は結婚指輪の相談会でした。

ずっとお会いしたかったお二人に会える。ドキドキ。

 

東京から屋久島へ。

飛行機とフェリーを乗り継いで来てくれたお二人。

うまく台風の影響から逃れて屋久島入りできてよかった。

 

聞くと、昨日は屋久杉ランドで森を歩き、栗生の海をひと泳ぎして、夜は癒しの宿フォーマサンヒロさんに宿泊されて、それは最高の夏時間を満喫されたとのこと。

お話ししているとお二人の楽しいフィーリングがギャラリーいっぱいに広がった。

 

そして、嬉しかったのは

twitterでずっと長くジュエリーのことを見てくれていた彼女に、こうして屋久島でお会いできるなんて!

ほんの小さな今がずっと先の未来を創っているんだなあと思うと、なんだか希望が溢れてきた。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

ギャラリーでのお話が終わると、お二人はまた海へ向かって車を走らせていきました。

それにつられるように、わたしも車に。

まだ日没まで数時間ある!

オレも海に行くことにしよう。

プラチナリング と夕暮れ時の海。

 

今朝の作業で凸凹模様の装飾を施したプラチナリング を持って、

いつものビーチまでやってきた。

 

手の中でプラチナリング をくるくるさせると、

海のブルーや夕日のオレンジ、屋久島の夏色がキラキラと表面に映っては跳ね返っていった。

動くと変わり続ける表情が万華鏡のようでもあるなと思った。

ざあざあと波音に包まれてるのに、静かなのがお気に入りです。

いつものビーチのサンセット。

今日も屋久島にありがとう。

 

皆さまもどうぞ素敵な夏の日を♪

いつもここにきてくれてありがとうございます!!

 

屋久島 夏の雨上がり。プラチナの結婚指輪を作る。

夏の雨上がり。

光が強くてしずくがダイヤモンドみたいに見えます。

アトリエではプラチナの結婚指輪作りが進んでいます!

いつものように、プラチナの角ばった線をくるりと巻いて、火を当てて、リングを作りました。

シンプルなリングに、これから少しずつ装飾を加えてゆくのが楽しみだなあ。

今日も暑い屋久島サウスでした。

 

始まり編

屋久島から静岡に届けたマリッジリング。台風波と紫芋のパン。結婚指輪作りのリレー。

屋久島から静岡に届けたマリッジリング。台風波と紫芋のパン。結婚指輪作りのリレー。

朝早い時間、出来上がった結婚指輪を静岡に送り出した。

春から長く続いた指輪作りがひと段落したので、ほっと一息。

今日は島の北側まで足を延ばすことにした。

台風のうねりが届き始めていた秘密のポイント。

秘密の、というのはポイントの名前であります。

台風波を心待ちにしていた仲間たちがすでに二人海に入っていた。

 

午前中をここで波乗りして過ごして

帰り道、宮之浦は“ひらみや”さんで紫芋のパンを2個と牛乳パックを買い求めて

アトリエまでの長いドライブのおやつといたしました。

 

アトリエに戻ると、夏の木漏れ日が心地よかったので、

これから始まる結婚指輪作りの素材を持ち出してみた。

ハイビスカスとプラチナ

一つの指輪作りが終わって、また新しい制作が始まります。

まるで指輪作りのリレーのようですね。

指輪作りで生まれたインスピレーションが、次へ次へと繋がってゆくのが面白い。

明日からプラチナリング 制作編をよろしくお願いします!

屋久島の緑に囲まれて。お二人の好き!が詰まった[シャンパンゴールド×イエローゴールド ]植物がらの結婚指輪。

屋久島ジュエリーのアトリエ オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

k18シャンパンゴールド、イエローゴールド で作りました。

リングの表面にお二人オリジナルの模様を施した、植物がらの指輪。

 

出来上がった指輪を前にして、

4月にしずくギャラリーに来てくれたお二人が、今とても懐かしく感じています。

 

ここまで長く3人で一緒に試行錯誤を重ねに重ね、

出来上がったデザインが形になって、感動でいっぱいです。

 

屋久島の緑に囲まれて![しずくギャラリーで結婚指輪の相談会]

デザイン作りが始まったのは春のことでした。

お二人にしずくギャラリーでお会いした日は最高の晴天日で、

あまりの心地よさに庭の木陰に指輪を持ち出したのをよく覚えてます。

 

そしてそして、

いよいよ始まった指輪作りの間、とにかく屋久島は暑い日が続いていて、

海に通いながらの

夏の指輪作りとなりました。

 

屋久島の緑バック オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

さっそく庭に持ち出して、夏の木陰で眺めてみると、

木漏れ日も、ゴールドの輝きも、緑も植物模様も、

屋久島の一つの景色のように見えたお二人の結婚指輪。

 

彼のシャンパンゴールドと、彼女のイエローゴールド が微妙だけどはっきりとした色の違いがあって

アウトラインは揃って、緩やかにカーブしている。

 

少し違っているのに、お揃い感があって、

いや、少し違っているから、お揃い感があるのかも。

リングを手にしてそんなことを考えた。

 

屋久島の自然に中で暮らして、素晴らしいのは植物の多様性の中に身を置けることだろう。

そこには実に様々な個性があって、

その中にいると、ああ、オレはオレでいいんだ!と自分がここにふさわしいように思える。

力強い癒しがあるんです。

 

そして、この指輪も。

日々、自然の中で作業をされるお二人の暮らしの一部になるように、シンプルで丈夫に仕上げました。

角度2 屋久島の緑バック オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

同じ自然大好き仲間だったからかな。

「大好きな苔のデザインをリングにレイアウトしたいのです!」

と彼女が言ってくれたイメージをとてもスムーズに思い浮かべるすることができました。

 

タマゴケに、コツボゴケ、

実際にある苔をかたどった彫刻なんですよ。

一つだけのオリジナルデザインが出来上がって、

二人の表現としての指輪作りだったなあと思う。

角度3 屋久島の緑バック オーダーメイドマリッジリング ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

楽しかった指輪作りも、いよいよ一区切りとなりましたね。

なんだか名残惜しいような気持ちますが、

終わりの始まり。

わたしの中にはこれから始まるお二人の素敵な時間のイメージが広がってます。

 

いつかまた、緑の中で一緒に写真撮れると嬉しいですね。

そうそう、そういえば4月に一緒に写真を撮ったとき、後ろにあった柿の木に大きな身

実がつき始めているんですよ。

しばらくすると実りの季節ですね。

ご結婚おめでとうございます!

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらより
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

オーダーメイドの流れまとめ

[オーダーメイドの流れまとめ]屋久島より、海をこえて結婚指輪お届けします。

 

制作編

屋久島の夕焼けに包まれて。 笑顔になる、あたたかでオリジナルな結婚指輪作り。