Blog

雨の屋久島 結婚指輪作り。プラチナリング にお二人の好き!を詰め込もう

 雨の多い屋久島サウス。

こんな日々のジュエリー作りも情緒があっていいなあ。

アトリエでは山登りに夢中のお二人に届ける結婚指輪作りを。

彼のプラチナリング に山の稜線をイメージしたアウトラインを造形して、

あと少しで完成となりました。

そしてノースサイドの海へ、issou coffeeさんへ。

山も海もコーヒーも。夢中になるものがあるって素敵ですね。

いつも仲間みたいに感じてしまうお二人にありがとう。

指輪作りもいよいよ最終章です。

 

 

制作編

3人にとっての一度きり。[オーダーメイド]屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

3人にとっての一度きり。[オーダーメイド]屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

今日はまだ暗いうちからのジュエリー作りです。

 

昨日、削り出してアウトラインを整えたプラチナリング を作業台に準備して、

いよいよ始まる装飾加工を前に胸が高まった!

それはピリリとした、心地の良い緊張感だった。

 

準備したのは細い鉄のタガネと小さな金槌。

この二つの道具で彼のリング、その一部分に凸凹模様を施してゆきます。

スタンプを押すように、コンコン。

少しずつ道のりを進むように、コンコン。

優しく、そして力強く、ゆっくりと、リズムに乗って、

何度も繰り返してゆくと、

 

 

リングの上半分、その半分のエリアに、ゴツゴツとした模様が現れた。

 

石のような、岩肌のような、

有機的なテクスチャーは彼とデザインの打ち合わせを重ねに重ねて作り上げたもので、

イメージの元になったのは、お二人の大好きな山の表情、質感なのです。

 

お二人が出会ったことや、今一緒に楽しんでいること、そしてこれからの未来のこと。

お二人が伝えてくれて、

わたしがデザインする。

そんなシンプルな指輪作りの工程が、

3人にとっての一度きりなのだと思うと、

ラインでのメッセージや動画のやりとりまでもが、

とびきり貴重なものに感じました。

 

時間は流れてしまうけれど、

それは思いとなって留まって、

思いが形を作りお二人の指輪が出来上がります。

 

制作編

雨の日だから。屋久島で結婚指輪を作ること。

出会い編

長崎から屋久島へ、夏休みの結婚指輪相談会。ゴールド×ダイヤモンド、オーダーメイド婚約指輪作りの物語。山登りが好きだから!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

夜が明ける頃、雨も止んだ。

 

さて、土曜日はしずくギャラリーの日です。

ギャラリーに行くと、朝の強風でバナナの木が倒れてしまっていたので、

急遽果実を収穫して軒先に吊るしておきました。

季節外れで、かなり早い収穫となったけど、食べることができるといいのですが。。

 

11月も終わりに近づいて、

いよいよギャラリーの今年度オープンもあと1回となりました。

 

ここで出会った皆さまがいて、

ここで生まれたジュエリーがあって、

百合の花が咲いて、プルメリアが咲いて、

バナナも柿も実りました。

今シーズンも本当にありがとう。

これからもしずくギャラリーをよろしくお願いします。

ギャラリーからすぐの散歩道にて。

明日も素敵な1日となりますように。

 

 

雨の日だから。屋久島で結婚指輪を作ること。

雨の日。指輪作りの日!

 

今日から本格的に制作を再開しようと思っていたところに、

雨が降り始めた。

 

これはちょうど良いとばかり、しとしと雨音を聞きながら作業机に向かう。

 

こちらは夏にしずくギャラリーに来てくれたお二人に届ける結婚指輪となるリングでありまして、

大好きな山登りがきっかけで知り合ったお二人。

プロポーズをする際にエンゲージリングを頼んでくれた彼と、

ギャラリーで初めてお会いした彼女。

そして、わたくし。

3人でここまで一緒に指輪作りの道のりを歩んできた。

 

東京に行く前に、彼女のリング作りがひと段落したところまでを書きました。

夜明け前の結婚指輪作り。wave ring 新しいデザインは?屋久島ー東京 高田裕子絵画展へ!

まずは鉄鋼ヤスリを片手にアウトラインをざっくり造形。

ここまでは一気に手を進めました。

うん。いい感じです。

 

ホッと一息したところで、散歩に出かけることに。

満開だよ!と噂に聞いていたひまわり畑を訪れて、

そのあと、念願のはまゆさんにも行きました。

アトリエに戻り、鉄鋼ヤスリを紙やすりに持ち替えて表面を整えてゆくと、

1日の終わりにイメージしていたアウトラインが現れた。

 

ここまでは彼女とお揃いのようで、

でも実はここからお二人のエッセンス、生まれてきますよ!

 

彼らしい、彼女らしい、プラチナリング 。

楽しい指輪作りはまだまだ続きます。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

婚約指輪編

長崎から屋久島へ、夏休みの結婚指輪相談会。ゴールド×ダイヤモンド、オーダーメイド婚約指輪作りの物語。山登りが好きだから!

屋久島旅の思い出、お二人とつくる、オーダーメイドの結婚指輪。しずくギャラリー編

 ツワブキはころりとした蕾も素敵。

もうすぐ黄色い花でいっぱいになりそうだ。

まだまだ暖かくはあるけど、少しずつ冬支度のすすむ屋久島サウスであります。

さて、しずくギャラリーです。

今日は結婚指輪の相談会でした。

神奈川から来てくれたお二人と。

彼とわたくし、白シャツでちょうど良いくらいの、あたたかな昼下がり。

 

伺うと、お二人は神奈川で結婚式を終えて屋久島に、森を歩き、里の美味所を訪れて、

ゆっくりとお二人の時間を過ごされていたそうで、

ちょうどわたしが東京から帰る日程と重なって屋久島でお会いできたのもタイミングが良かった!

 

お互いのほんの小さなきっかけが重なり合って、ひと組の結婚指輪が出来上がるのだから、出会うことってすごいと思う。

 

お二人が島を旅して、この屋久島で出会って、しずくギャラリーでお二人とお話して、

今この瞬間がぎゅっと凝縮された結婚指輪になればいいと思う。

ギャラリーではサイズの確認をして、お好きな素材を選んで、

サンプルリングを囲みながらデザインのお話をいたしました。

 

たくさんのサンプルリングを前にすると、迷っちゃうかなと思ったけど、

すっと手が伸びて、

お二人ともに、「いいね!」と言ってくれた、お気に入りのデザインがありました。

 

「そのデザインをベースにして、ボリューム感とサイズをアレンジしてお二人のデザインサンプルを作りましょう!」

と、わたし。

 

これから生まれるお二人の指輪をイメージすることができた瞬間。

キラリと希望のような感覚がギャラリーに広がった。

オーダーメイドの結婚指輪作りでは、

旅の思い出や、お二人の思いをデザインに映すことができるのも素敵なところですね。

 

遠いところギャラリーにお越しいただきまして、ありがとうございました。

 

どんなリングが出来上がるだろう!

わたしも今から、とても楽しみです。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

週末がやってきますね!

明日からは久しぶりの雨が続きそうな屋久島サウスです。

裕子さんからは、東京ムッチャ寒いです!とメッセージが届いていますが、

皆さま、どうぞあたたかくしてお過ごしください。

 

素敵な秋を♪

素敵なジュエリーライフを♪

屋久島のリズムとお二人のリズム。“ゴールド×プラチナ” お揃いの結婚指輪

1週間の東京滞在から屋久島に戻り、

朝一番で海に向かった。

 

北の風、北西のうねり。

 

ビーチにはちょうど冬の波が打ち寄せていて

何本か形の良い波を選んで乗るうちに、すーっと島の時間に馴染んでいく。

 

波のリズム。島のリズム。

 

このあとアトリエに戻って、結婚指輪作りの最後の仕上げを予定をしていたのも、ちょうど良いタイミングに感じることができた。

お二人の結婚指輪は海や空をイメージしてデザインしたものなのです。

 “horizon ring” in platinum and yellow gold

 

彼女のリングは緩やかな波のように。

彼のリングは水平線のように。

プラチナとゴールドを組み合わせると、

境界線にお二人のリズムが現れました。

 

そういえば確かに、それぞれにぴったりのリズムだなあと、

出来上がったリングを前に彼と彼女のことを思い出していた。

 

お二人は岩手より海を越えて屋久島に来てくれて、

しずくギャラリーでお会いすることができました!

岩手と屋久島、それまではずっとメールでデザイン作りのやり取りをしていたので、最初の挨拶を交わした時はなんだか少し照れくさかったなあ笑

梅雨の終わり、夏の初めのことでした。

 

水平線のような、波打ち際のような

お互いの好きを基調とした、お揃いのリングでありますが、

もう一つ秘密がありまして。

リングの内側、見えますでしょうか?

お揃いのシダ模様。

 

「シンプルにシダの葉を一枚ずつ。内側に彫刻したいです」と彼女。

「うん、それはいいね」と彼。

しずくギャラリーでお会いした時、お二人が息ぴったりでチョイスしてくれたのがとても印象に残ってます。

 

外からは見えないけれども、お二人だけが知っているシダ模様が

約束のようでもあって、とても素敵だと思う。

ずっと歩いて行けそうだった光の道。

永遠を感じた瞬間。

海を、光を、空を映しこんだコンビネーションリング。

 

指輪作りでは時々曲がり道もあったりで、

長い時間がかかったけれど、

海の向こうからお二人にずっと励ましてもらいながら

優しさに包まれながらここまで歩んできた。

 

わたくしごととなりますが、

お二人とご一緒できたこの数ヶ月は私自身にとって掛け替えのない時間となりました。

 

フェイスブックでお互いの近況に“like”しながらの日々も楽しかったですね。

お二人に溢れるほどの“love”を!

 

そうそう、

1週間ぶりに島に帰ると、僕の大好きなツワブキの花が咲き始めていたのですよ。

遠く離れていますが、花束がわりに。

 

たくさん愛情をいただいた指輪作りにありがとう。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

ハンドメイドが愛おしくなる!屋久島の海とゴールド×プラチナ結婚指輪作り