Blog

屋久島から北海道へ。 海を越えて、心を紡ぐように進めるお二人の結婚指輪作り。#メンズリング編

今日はここで泳いだ。

ビーチについた途端、気がつくと走り出して飛び込んでいた。

3月24日、昼下がりの屋久島サウス。

 

「あの雨の日が過ぎて、島は早くも夏の気配感じる暑さになりました。」

海から上がった後、つい先日しずくギャラリーに来てくれたお二人にはそんなメールも送りました。

 

暖かくなって、少しでも状況落ち着くこと願いつつ、
お互い、こころ穏やかに、そして静かに日々を過ごしましょう。

 

屋久島から北海道へ。

海を越えて、心を紡ぐように進めてきたお二人の結婚指輪作り。

昨日は彼女のリングが出来上がったところまで書きました。

屋久島、花とジュエリーと。すっきり細身、スクエアシェイプ のプラチナリング

今日から彼のリング作りを始めることに。

しっかりとボリュームのある金属は、彼の選んでくれたシルバーです。

まずは火を当てて柔らかに。

そして、ロラーという機械を通して、

パスタを伸ばすように、くるくるとシルバーを圧縮してゆきました。

 

幅2.4mm、厚み1.9mm

目指したのはリングの出来上がりイメージよりも一回り大きめの寸法です。

(造形作業を経て一回り小さく仕上がります。)

 

ここまでお二人と一緒に考えてきた、微妙なボリューム感が、このデザインが、

いよいよ実際のカタチになるのだと思うと、胸にグッと響いた。

くるりと鉄の芯金に巻いて、サイズはお目当の11.2号よりもほんの少し小さくなるように。(造形作業を経て一回り大きく仕上がります。)

 

そうだ、お二人のリングが出来上がったら、リングを持って海に出かけよう。

くるりと巻いたシルバーをリング状に造形していると、

そんなアイデアが浮かんできた。

 

海まで行くと、少しだけお二人に近づくことができるような気がした。

 

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

屋久島、花とジュエリーと。すっきり細身、スクエアシェイプ のプラチナリング

各種ゴールドやプラチナ、シダ模様にお花のリングを少し大きめのケースに並べて、海の向こう、三重県と宮城県に送ることに。

 

海を隔てての結婚指輪作りでは、こうしてサンプルリングをお届けして、

実際に手にとって試していただくことにしているのです。

 

リング気に入っていただけるかな?

と、ドキドキしながら、しずくギャラリーの庭で指輪を眺めてるとミツバチも集まってきた。

 

そして、こちらは大阪に。

 

今からお届けの準備をしますね、と電話で伝えると、

「こちらでもちょうど桜の開花始まったところです。

でも、今年はお花見に行けそうにないので、、

このネックレスを眺めて過ごせるのが嬉しい!」

と、彼女が言ってくれた。

 

「よかった!よかったです。」

と、オレ。

こんな時だからこそ、誰かに喜んでもらえるのが、やけに嬉しかった。

 

「じゃあ、ケーキも買ってお家で食べましょう。」

スッと肩の力が抜けてゆく。

「もちろんショートケーキですね。」

 

さてさて、アトリエです。

暖かな日、大波の日、雨の日、屋久島の季節の中で作り進めるお二人の結婚指輪。

今日は彼女のプラチナリングが出来上がりました。

1.2mm-1.8mm wave ring in platinum

 

スクエアシェイプ 、すっきり細身のアウトラインです。

屋久島の暮らしで、私が大好きな海のイメージから生まれた指輪には

“wave ring”と名前をつけました。

緩やかなライン。島のリズム。

 

プラチナは白色系だけど、グッと力強いコントラストを感じるところが心地よいのですよね。

 

ちょうどお天気も良かったので、

外の光の下でもみてみたい!

そう思いついて庭に指輪を持ち出してみた。

光いっぱいのなかでプラチナリングを手に取る。

木々の隙間から差し込む虹色の光がリングを通り抜けた。

手磨きでつるりと磨き上げた表面には島の緑が、夕暮れ時の空が写っている。

マットな質感なのに柔らかな光沢を感じるのは、その磨き仕上げのせいだろう。

キラキラが心地よくって、

木漏れ日の下、くるくると手の中で遊んでしまったプラチナリング。

 

きっと真っ白な雪景色もあるだろう。

お二人の暮らす北海道では、このリングはどんな世界を写すのだろう。

実はまだ訪れたことのない、北国のことを、ぼんやりと思った。

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

屋久島ー北海道。海を越え、一つの気持ちを分かち合う結婚指輪作り 制作編

屋久島ー北海道。海を越え、一つの気持ちを分かち合う結婚指輪作り 制作編

昨夜は久しぶりに、ざあざあ雨が降りました。

夜のうちにたくさん降って、朝になるとピタリと止むのがいつもの屋久島であります。

こんな朝は庭に出るのがワクワクで。

見上げたり、しゃがみこんだりしては、しずくの世界に魅入ってしまう。

スミレは雨上がりが似合う花だなと思う。

しずくが宿るシダの若葉に始まりのイメージを感じた1日の始まり。

 

小さな植物たちの力強い躍動を受け取って、

今日のジュエリー作りを始めました。

 

鉄鋼ヤスリを片手に、ガリガリと削り始めたのは彼女のプラチナリング。

「すっきり細身が好みです!」

と伝えてくれた彼女のイメージをかたちに表すように、アウトラインの造形作業を進めています。

 

フェイスブックからメッセージが届いたのはまだ寒い冬のことだったなあ。

 

屋久島と北海道、

季節を超えて、海を越えて、

お二人と一つの気持ちを共有するように歩んできた結婚指輪作りです。

側面を平らに、表面にほんの気持ちだけカーブを持たせたスクエアシェイプ 。

指に当たる内側はつけ心地柔らかになるように、丸みを持たせて仕上げました。

 

ここからさらに造形を加えて、有機的なラインを作り出したい。

ヤスリ作業からの、鉄の型にリングを当てて木槌でコンコンコンと叩いてゆく作業を納めたのがこちらの動画。

 

 

1日の終わり、緩やかなカーブに包まれたプラチナリング。

完成まであと少しです。

 

折り返し地点までやってきて、なんとなく寂しいよう気もしたり笑

でもその先には新しい未来が待っている。

お二人と分かち合った瞬間、瞬間を刻み込むように明日を過ごそう。

 

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

春の合図、しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。夕暮れ時、屋久島サウス、プラチナリング。