Blog

お二人と分かち合う結婚指輪づくり。オーダーメイドの愛おしい日々。#屋久島でつくる結婚指輪

朝の気持ちよさに、素敵な一日が始まる予感がした。

潮風も鳥の鳴き声も今日を祝福しているようだった。

 

今日はいい夫婦の日。

これから新しい時間を迎えるお二人とご一緒できて、結婚指輪をお作りすることができて幸せです。

お二人の物語と屋久島と。 宝探しのような結婚指輪作り。#屋久島でつくる結婚指輪

 

たしかに、結婚指輪づくりはシンプルな造形作業ではあるけれど、

それにまつわる色々がとても愛おしかったりもする。

お二人と分かち合うオーダーメイドの日々はいつも有機的な喜びに彩られている。

 

海を越えてなかなかなれない作業にお付き合いをいただいてありがとう。

 

今この瞬間から生まれるジュエリーがあると思う。

 

ご入籍おめでとうございます。

朝に花を開いたばかりのハイビスカスをお二人に。

 

 

そして

少しずつ、少しずつ、

今日も島リズムで。

プラチナとシルバーを組み合わせてかたどったシダの葉を

作業が始まる前に空にかざして眺めておく。

 

さあ、くるりくるりとしていくよ。

 

植物と遊ぶ記憶。大地のリズム。儚さと永遠と。

 

シダの葉は2本が対になるように、同じタッチを順番交代で繰り返していった。

同じアクションを、同じ力を加えて、ぴたりと同じになるように。

それでも少しずつ揺らぎが生まれて、微妙に違って仕上がるところが手作業ならではの味わい深さだと思う。

案外、その凸凹がお互いを引き寄せてくれるのが面白い。

 

違っているからこそひとつになれるのかもしれないなあと、

しみじみ思うのも今日がいい夫婦の日だからかも。

 

お揃いって深い!とっても素敵じゃないか。

わたしも思い切り進めていこう。

 

しなやかで繊細だけれど、とても力強い。

植物たちに近づくことができるように。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お二人の物語と屋久島と。 宝探しのような結婚指輪作り。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。

葉っぱをシルバーで、リングをプラチナで、

よく考えてみると、これは初めての組み合わせだ。

 

ぴたり。

なんだかとても素敵な雰囲気に今からもうドキドキしている。

 

 

オーダーメイドのジュエリー作りでは、当たり前のことなのだけれど、つけていただく方のリクエストやイメージが始まりになっていて、そこから生まれるアイデアやデザインはいつも個人的な想像を簡単に超えてゆくから面白い。思考に自由な広がりがあるのだ。

風に任せて船を進めるうちに気がつくと辿り着いた港は理想の場所だったりもする、ような感覚に似ているのかもしれない。

今ここにあることをキャッチすることなのだと思う。

 

アトリエの近くにツワブキの花が咲いて、お二人の結婚指輪作りを始めました。

シダの葉をジュエリーに。お二人の結婚指輪作りに夢中になっている。#屋久島でつくる結婚指輪

 

お二人の物語と、そしてわたしと屋久島と。

それぞれが出会う場所を求め進める、宝探しのような結婚指輪作りなのかもしれない。

今日も屋久島にありがとう

 

窓の向こうに雨の気配を感じながら。

 

さて、

そして工程は序盤にしていきなりのクライマックスを迎えている。

葉っぱをかたどったシルバーと、茎のリングになるプラチナはバーナーの火を当てながら接続してゆくのだけれど、お互い全く組成の異なる金属なので、熱に対する収縮や反応も大きく違ってくるのだ。

お互いが許しあい近づく瞬間を見極めることが大切になってくる。

金属の呼吸にリズムを合わせながら。

 

platinum×silver

 

無事に溶接の作業を終えて、ほっと一息。シルバーの葉っぱとプラチナのリングは一つになった。同じ白色系の金属ではあるけれど、その色調のコントラストは大きい。白とグレーを組み合わせたモノトーンのようにも見える。造形を印象的にしてくれる素材の組み合わせなのだろうか。シックでそして特別な雰囲気がとても新鮮に感じられた。

 

それにしても、初めてのアプローチだと子供の頃のような気持になる。わくわく。一度だけのオーダーメイド感を味わいながらタッチを重ねてゆこうと思う。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

シダの葉をジュエリーに。お二人の結婚指輪作りに夢中になっている。#屋久島でつくる結婚指輪

しとしと、秋雨が心地よく響く。

屋久島サウスのアトリエです。

海の向こうからお便りをいただいたお二人にお届けする結婚指輪を作りで夢中になっています。

 

「まさか、海を越えて注文するとは思っておらず、

シダの葉のリングを見た瞬間にビビッと、

2人で着けているイメージが湧いたので」

 

お二人からの嬉しいメッセージで始まった結婚指輪作りだ。

 

遠く離れてはいるけれど、大切な想いで繋がることができる喜びがある。

声をかけてくれてありがとう。

素敵な巡り合いにありがとう。

 
 

海の向こうのお二人へ。屋久島からお送りするサンプルリング #屋久島でつくる結婚指輪

 

シダの葉は軽やかで、自由な印象が大好き。

いつもの散歩道で、庭先で出会う感動をこうして分かち合えることは何よりも幸せだと思う。

 

まだお会いしたことはないけれど、どんなお二人なのだろう。

屋久島からはるか海の向こうを想いながら。

 

少しずつ、少しずつ、

ゆっくりではあるけれど、

たしかな歩みを続ける力が植物の素晴らしいところだと思う。

 

ジュエリー作りもそのようなリズムで。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

2.5mm square and 1.1mm-1.6mm wave in 18k champagne gold #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k hampagne gold
size:2.5mm and 1.1-1.6mm wide

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com

寄り添い、一つになる。屋久島からお届けするシャンパンゴールドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

幸せな気持ちに包まれる。屋久島からオーダーメイドでお届けする、菜の花のジュエリーたち。

ナノハナの指輪 18k yellow gold, diamond

 

ふわり、

あたたかなひかりを纏うように。

菜の花をかたどったゴールドリング。

 

三つのお花と三粒のダイヤモンドを散りばめて、

k18イエローゴールドで作りました。

 

お気にりの菜の花畑に持ち出して

黄色いひかりのドットとともに眺めた風景

やっぱり素敵。

 

屋久島に降り注ぐ祝福のようなジュエリーだと思います。

 

 

こちら屋久島ではなんと!

まだ寒い12月から咲き始めるのです。

 

散歩道に、海岸沿いに、ドライブ中の窓の向こうに、

日々の暮らしの中でとても馴染みの深い菜の花です。

 

なぜだろう、

菜の花畑を眺めていると

喜びがいっぱい溢れていて、

幸せな気持ちに包まれる。

 

そんなフィーリングを皆さまと分かち合いたくて、

これまでもたくさん作ってきました。

 

今日は菜の花をかたどったジュエリーたちのお話を。

 

やわらかな希望のひかり。

 

ナノハナのネックレス 18k yellow gold, diamond

 

小さく一輪。

さりげなくて印象的なネックレスが大好きです。

 

それにしても

イエローゴールドとダイヤモンドの組み合わせは、

普遍的ではあるけれど、

いつも新鮮な喜びに満ちています。

 

いつもの日々にきらりと輝きを与えてくれるような。

 

そして、

耐久性が高くて変色しない素材なので、

お守りのように

ずっとつけっぱなしできるのも嬉しい。

 

 

ナノハナのジュエリーは

サイズを合わせて、

お好きな素材にアレンジして、

ご予算に合わせて、

オーダーメイドでお届けしています。

 

サイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらにご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ナノハナのピアス 18k yellow gold, diamond

 

野に咲く花を積んで手渡すように。

素敵なプレゼントにお選びいただいた思い出もありました。

 

大切なひとに、

ありがとうの気持ちを込めて、

愛を込めて、

お花をプレゼントする日は何よりも幸せな瞬間に思えます。

 

 

指先に収まるくらいの小さなお花。

 

ピアスはつけていると自分自身では見ることができないのだけれど、

周りにいる人たちを華やかな気持ちにしてくれるところがホントに花のよう。

 

中央にセットしたクリアカラーのダイヤモンドも小さいのですが、

その輝きは眩しいくらいで!

 

小さいほどに気になって、

魅せられてしまう不思議があるのです。

 

 

 

なんだかほんのりだった昼下がりの思い出。

芝生にゴロンと寝そべっていると

ミツバチも集まってきた。

 

屋久島の風やひかりも一緒にお届けできますように。

 

 

お花好きとして

素敵に思うのは

お花にちなんだお名前をお持ちの方。

 

どんな気持ちなのだろう、

自分と重なり合うような、自然とつながるような、

そのお花には特別な想いがあるのだろうなあと、

羨ましくも思います。

 

結婚指輪の内側には、

彼女のお名前にちなんで

菜の花模様を彫刻いたしました。

 

外側からリングを見ると

とってもシンプルなのですが、

心の奥の方へと響くような装飾と言いますか、

 

日々に豊かな彩りを与えてくれるるのは

ほんの少しのアイデアやひらめきだったりするような気がします。

 

 

風に揺れる菜の花を眺めていると、

なんだかとても優しい気持ちに包まれるのですよね。

 

さりげない、けれども

日々にきらりと輝く喜びを与えてくれる

菜の花が大好きです。

 

この小さな幸せを手に取っていただきたい!

ピンと来られた方はぜひメッセージを。

 

屋久島から皆さまに、

オーダーメイドでお届けいたします。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています