Blog

屋久島サウス、雨上がりのアトリエにて。しずくの指輪を作り始めました

屋久島は年中雨が降ってるイメージがあるけれど、

案外、冬は晴れる日が多くて、

ときおり屋久島らしい、重ための湿度が恋しくなることがある。

 

今日はパラパラ雨降りの屋久島サウス。

なんだか嬉しくなって窓の向こうばかり眺めてしまったり笑

これはちょうど良いタイミングだなと思い立って、

雨にまつわるジュエリー作りを始めることにしたのです。

作り始めたのは、雨上がりのしずくをモチーフにした、しずくの指輪。

 

まずゴールドの線をさらに細く、角ばった線に造形することから始める。

大きさ違いでいくつもの四角い穴が空いた鉄の板にゴールドの線の先端を差し込んで、グイと引く。

次の小さな穴に差し替えて、さらにグイと引く。

お目当の寸法になるまで何度もそれを繰り返した。

細いラインが印象的なこのリング作りだ。

 

0.85mm×0.85mm, 18k yellow gold

 

線がスクエアになってるのが見えますか?

これまで何百本と細身のリングを作り続けてきて、

たどり着いたのが、0.85mmのスクエアシェイプというバランスなのです。

 

細身のゴールドリング。

繊細で華奢だけど、

ゴールドの存在感があって、

リッチな感じもあるし、

さりげなくもあって、

わたしも大好きなスタイルです。

 

普通に細いだけも素敵だけど、

そこにオリジナルな装飾があれば嬉しいなと思うことってありますよね。

できればシンプルに、印象的に。

 

細いゴールリングの上にプラチナの粒々を。

雨粒のように散りばめてみよう。

そう思いついたのは、屋久島での暮らしの中で、とても自然なことだったと思う。

 

プラチナの粒は酸素トーチで高温を与えて、

大小ランダムに、たくさん作る。

リングができたら、思いつくまま、好きなバランスで、

この粒を雨の雫みたいに散りばめることにしよう。

 

 

雨上がり、

庭に出ると、雨の雫が世界を飾ってた。

その輝きがまばゆくて、

まるでダイヤモンドみたいに思えた。

屋久島ミカンとパール。育てる果物をモチーフにジュエリーを作ること。[オーダーメイド、ブローチ編]

淡水パールをお預かりして、新しいジュエリー作りを。

彼女が育ててるミカンをモチーフにしようとひらめいたので、

今日はミカン畑見学に行ってきた

冬の自由研究です。

屋久島サウスは尾之間。

モッチョム岳の麓に、それは素敵な庭園を作られている彼女。

わたしの植物友達でもあって、

しずくギャラリーの花々も彼女のピックアップしてくれたものがたくさんあるし、

実はアトリエのすぐご近所さんでもあるんです。

 

ちょうど去年の暮れの頃、

庭先でマンゴーの収穫を一緒にした時に、

ふと彼女から淡水パールを見せてもらったのが今回のお話の始まりだった。

「ケイさん、昔海外で買ってきたこれを使って、ブローチを作ってもらえるかな?」

 

「いいですね!お作りいたしますね。」

と答えてから、年を越して、

屋久島に帰ってきて何日かが経った頃、

彼女が農園で収穫したところのミカンを玄関先まで持ってきてくれた時、

ピンときたんです。

 

あ、ミカンとパール。

 

モチーフを思いついてから、頭の中でデザインが出来上がるまでは一瞬のことだった。

 

そして今日、

そのデザインの助けとなるように、実物をきちんと見ておきたくて、

農園にお邪魔して、お願いしたのがこちら。

枝付き葉っぱつきのミカンをぜひ!

 

ミカンと一緒に気に入ったお花関係もしずくギャラリーのお庭用に頂いて、

もちろん、ミカンはお話ししながら、

木から千切ってはパクパクといだだきました。

 

むっちゃ酸っぱい!

むっちゃ酸っぱくて美味しくて、

なぜか不思議と、心の奥までぐっと響いた。

 

こうやって彼女が大切に育ててる果物をモチーフにしてジュエリーを作ることができるなんて!

それも、コレクションだったパールを使って。

ジュエリー作りにまつわる物語のことが思い巡らされて、

あたたかで幸せな気持ちに包まれた。

さて、

アトリエに戻って、朝の印象が濃いうちに、

パールを眺めながらのイメージトレーニングです。

 

ミカンの小枝を切って友人に届けるような、

そんなジュエリーになればいいと思ってる。