Blog

あっ!素敵な巡り会い。ダイヤモンドとイエローゴールド、シンプル婚約指輪作り。

あっ、これだ!

予期もしなかった出会いにひらめき感じるような瞬間って、たまに訪れることがって、

そんな時は自分にフィットするジュエリーを自然体で選ぶことができる。

素敵な出会い。

しずくギャラリーで、メールで、

お話をさせていただいている時に、不意にその瞬間がやってくることがあるんです。

 

18k yellow gold× diamond  /in progress

 

今、お作りしている婚約指輪は

秋にしずくギャラリーに来てくれたお二人にお作りしているもの。

 

お二人がギャラリーを訪れる際に、お好みのデザインを揃えて見ていただけるようにと

事前にメールで打ち合わせをしてしていたけれど、

実際に実物を前にしてみると、思っていたものとは少し違うデザインの指輪に出会い、気に入ってしまった!

嬉しい出会いから生まれたジュエリーなんです。

 

石枠とリングとダイヤモンドと。

シンプルな組み合わせで出来上がる指輪の大まかな構成が出来上がって

屋久島の緑の中でアウトラインを確認しているところ。

 

出会った時に

これだ、とわかる瞬間。

あるものです。

屋久島があって、お二人がいて、指輪があって、

全ては巡り合いから生まれてくるのだろう。

ちょっとしたきっかけがあればまた違う作業をしていたことになるのかも。

そんなことを考えたり。

人も、ジュエリーも、奇跡のような選択を繰り返しながら進んでいることを学び、

紙やすり片手に小さなゴールドの指輪を磨き上げていた。

 

これからすぐに石をセットしたい気持ちを抑えて、今日はここまで。

明日からは結婚指輪の制作を始めますね!

 

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

今日はもう一つ、

ちょっとしたひらめきが。

作業がひと段落したところで

もしかすると、そろそろかなと思い立って

いつもの場所に出かけてみると

咲いていました!椿の花。

 

屋久島では冬が深まる頃、椿の花を所々で見ることができて

標高の高い森の中では12月ごろ

里では1月を過ぎてから咲き始めるというのが毎年のお決まり。

冬のシャキッとした空気の中でこの赤が気持ちよかったー。

 

 

和風なお嬢様テイストを感じますね。

しずくギャラリーのお庭にも椿の木があるので、こちらも楽しみ。

季節の移りゆく屋久島より。

今日もここに来てくれてありがとうございます。

明日もまたジュエリーです!

 

やっぱりシンプルなダイヤモンドリングをお勧めしたくなりました。屋久島 今年最初に作る婚約指輪。

冬の中に小さな春、見つけました。

屋久島の山々、空 ジュエリーのアトリエより。

つい最近まで雪化粧だった山々。

3日続いて、4日ゆるむ、という具合に

寒波は周期的におとずれるので、これは中休みといったところだろう。

それでも

窓の向こう側に見える空に、ほんの少しだけ動いた季節を感じていた。

 

屋久島の西洋タンポポ 木漏れ日 オーダーメイドジュエリーのモチーフ

暖かくなるとついつい地面を見ながら小花を探してしまうのですよね。

春の小花にも出会いました。

気がつけば今年も14日が過ぎました。

みなさま、2018年をいかがお過ごしですか?

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 作業場に素材 ゴールド、ダイヤモンド 屋久島で作る婚約指輪

アトリエです。

今年最初に作る指輪はエンゲージリングとなるもので、

去年の秋にしずくギャラリーに来てくれたお二人に合わせて

素材やデザインを選んだジュエリーなのです。

 

大好きな屋久島の水をイメージした作品ということもあって

心を澄まして机に向かい、

ダイヤモンド、昨日作ったゴールドの石枠、細い線を

そのパーツと準備した。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 作業場に素材 ダイヤモンド クローズアップ 屋久島で作る婚約指輪

ダイヤモンドとゴールド。

石枠と、リング、ダイヤモンド。

とてもシンプルな組み合わせとしたのは、

一粒のダイヤモンドに存在を与えたかったから。

名前はone drop ringといいまして、

指に落ちた一滴の雫のようなイメージなんです。

 

これから先もずっと長くお使いいただけるように。

結婚指輪と重ねてつけても、一つでつけても楽しめるように。

そう考えると

やっぱりシンプルなダイヤモンドリングをお勧めしたくなりました。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 作業場に指輪 ゴールド 屋久島で作る婚約指輪

まずは細い線をぐるりと曲げて、リングを作るところから。

サンプルリングをお試しいただいて決めたサイズに合わせるように、じっくりと進めてゆきました。

 

この次に作る結婚指輪とセットとなるエンゲージリングなので、

細いスタイルで、重ねてつけるところをイメージしてみたりして。

指輪だと時々自分でダイヤモンドの輝きを眺めることができて楽しいですね!

キラリ。キラリ。

楽しい制作はまだまだ続きます。

小さいほどに存在感が溢れてくる。 ジュエリーって、とても神秘的。2018年、結婚指輪作り始め。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 作業場に指輪のパーツ ゴールド 屋久島で作る結婚指輪

小さな小さな丸いカタチ。

ここに2.5mmほどのダイヤモンドを収めることになるので、

全体では約3.5mmの大きさとなる。

気を抜くと見逃してしまいそうな小さなものだけど、

これが指輪になってダイヤを包み、薬指の上にポツリと乗ると

それは印象的なものとなるのです。

造形を進めるときは

右手に持ったピンセットで挟んで左手にヤスリを持つ、というスタイルで

手を動かしていると、この小さなカタチにしっかりとした重さや存在感を感じることができる。

小さいほどに溢れてくる存在感。

ジュエリーって、とても神秘的であります。

 

年が明けて初めてとなる結婚指輪作り、始まりましたよ!

 

海を越えてしずくギャラリーまで来てくれたお二人にお作りする指輪。

その日のことをインスタグラムで見返してみると

日付が11/2となっていた。

 

うん。あの時の空気感が戻ってきます。

 

お二人とギャラリーでお話をして印象的だったのは

指輪のデザインがストンと降りてくるように生まれてきたこと。

アウトドアが大好きなお二人と、屋久島で生まれるジュエリーのバイブレーションが合っていたのかも。

そう考えるといっそう作品のイメージがクリアになってきた。

素材のことやサイズのこと、メールを通じてじっくりと打ち合わせにお付き合い頂きましてありがとうございました!

お二人の大好きな山や海のリズムを感じられるように、じっくりと作り進めてゆきますね。

いよいよです。

 

山茶花にメジロ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

山茶花+メジロ=最高

屋久島にやってきて学んだ方程式。

メジロはすばしっこくてなかなか人に近づくことがないので

いっそう絵に描いた方が実際の感覚に近い感動を表せるのだろうか。。

 

わたしがガラス越しに眺めているのを知らずに、超夢中になって花をつついているところ。

今日、幸せに感じた一コマ。

屋久島冬の海と花。今日は虹も出た! #島とジュエリーと

屋久島の海 屋久島海とジュエリーと 結婚指輪のモチーフ

冬の屋久島より、こんにちは。

こちらも寒い日が続いていますよ!

この寒波の影響でいつものビーチには4mmを超える大きな波が運ばれてきていて、

連日ここに通い、波に乗り続けている。

エイっと気合を入れて入ってみると

水はかなり温かかくて、

ウエットスーツを着ているとはいえ体を動かしていると暑くも感じるほどではあるけれど。。

陸から見ていたら信じられないと思います。ホント!

 

 

屋久島の菜の花 屋久島花とジュエリー オーダーメイドジュエリーのモチーフ

アトリエまでの帰り道に通り過ぎた菜の花畑。

そろそろ菜の花シリーズのジュエリーも作りたいなあ、やっぱり菜の花はゴールドだなあ。

そんなことを考えていた。

 

途中寄った野菜朝市ではこんなにも大きなブロッコーリーが並んでいましたよ!

そうだ!今夜はたっぷりブロッコリーと玉ねぎ、鶏肉でクリームシチューを作ろう。

一日の始まりに掲げてみた小さな目標。

 

 

 

アトリエの窓 虹 屋久島の山々 ジュエリーと屋久島の暮らし

窓の向こうではあられが降ったり

時折虹が見えたり

 

アトリエの絡みた虹 屋久島の山々 ジュエリーと屋久島の暮らし

静かに、美しく、

屋久島の冬時間が進んでおります。

今日もありがとう。