Blog

屋久島夏の白百合 旅立つブローチ、木陰にて 海の日ありがとうございます!

屋久島の白百合 雨のしずく 屋久島花とジュエリー オーダーメイドジュエリーのモチーフ

朝のうち、久しぶりの雨が降った。

雨上がりに庭に出てみると、

大きな百合の花が咲いていて驚いた。

屋久島には7月と5月に咲く白い百合があって、

こちらは夏に咲くほう。

この暑さのせいなのか、ぐんぐんと背が高くなるのがいつものことで、

背丈よりも高い百合を見上げていると、

真夏の日差しが目に入って眩しかった。

屋久島の浜木綿 雨のしずく 屋久島の緑 屋久島花とジュエリー

こちらは足元に小さく咲いていたハマユウ。

白い花が心地よく感じた、暑い1日の始まり。

 

屋久島の緑木陰 ケースの中にブローチ 屋久島の菜の花モチーフ オーダーメイドジュエリー シルバー

flower brooch under the summer shade

 

昨日出来上がったブローチは早速旅立つ事となり

木陰の下でフレームに収めたり、

プレゼント用のリボンを巻いたりと、

島での最後の時間が過ぎていった。

ジュエリー×ありがとう ナノハナのブローチ、花束を届けるように。

ジュエリーケース 手に持って リボン 屋久島でオーダーメイドジュエリー

ブローチは大切な方へのプレゼントに選んでいただきました。

 

“ありがとう×ジュエリー”

このブローチづくりの間響いていた言葉。

いつもの暮らしの中にある、

キラリと輝く瞬間が大好きです。

 

お花のブローチはオブジェのようで、

花束のようで、

とても楽しいジュエリー作りとなりました。

happy jewelryにありがとうございました!!

 

屋久島の海、空 屋久島日々の暮らしとジュエリー

yakushima south coast

 

そして、

海の日にありがとうございます!

今日はほんと、海の日にぴったりの夏日となりました。

 

素敵な夏が続きますように。

今日もここに来てくれてありがとうございました!

 

 

ジュエリー×ありがとう ナノハナのブローチ、花束を届けるように。

お花のブローチ 屋久島の緑バック 屋久島の菜の花モチーフ シルバー 屋久島でオーダーメイドジュエリー

sv925, yellow sapphire  ナノハナのブローチ

 

ハワイのレイのようでもあり、花束のようでもあって、

お花がくるりと輪を描くデザイン。

 

7つのお花に7粒のイエローサファイアをセットして出来上がりました。

ナノハナのブローチ。

屋久島の緑の中で、あたたかい祝福感をまとっていた。

 

お花のブローチ 手のひらに乗せて 屋久島の菜の花モチーフ シルバー 屋久島でオーダーメイドジュエリー

手のひらに乗せてみると、こんなにも小さくて繊細。

測ってみると、大きさが2.3cm×1.9cmとありました。

程よいボリュームがあってオブジェっぽくもあるのがブローチの素敵なところですね!

 

花束を届けるように、

ありがとうを伝えるように、

祝福のイメージをカタチにしたくて、

このブローチをデザインしたのを思い出し、

作業机に向かって作っている間も

ずっとあたたかい気持ちに包まれていました。

 

「妻にジュエリーをプレゼントしたいのです」

大切な方へのプレゼントに選んでいただけて嬉しかった。

 

コーストラインにあるお気に入りの場所。

車を走らせていると

視界いっぱいに柔らかいヒカリを与えてくれて、

屋久島サウスでは

12月になると咲き始めるナノハナです。

場面2 お花のブローチ 屋久島の緑バック 屋久島の菜の花モチーフ シルバー 屋久島でオーダーメイドジュエリー

 

夕暮れ時、

緑が濃くなってゆく時間。

明日になると、もう海を渡る準備をすることになるので、

最後に島の光の下に持ってきたら、

木々も空も雲までもが

ナノハナのブローチと一緒に写り込んでいた。

 

 

 

制作記はこちらよりどうぞ

花の色と天然石の色のこと、そして屋久島の色。 ナノハナのブローチ制作編

“ありがとう×お花のジュエリー” 花束を届けるようにプレゼントしたい! ナノハナのブローチ制作編

大好き!ブローチ ナノハナのブローチを作る 

夏のお知らせ 屋久島しずくギャラリー 毎週土曜日オープンいたします

屋久島しずくギャッラリー外観 屋久島の夏 ジュエリーと絵画の展示販売 屋久島しずくギャラリー ジュエリーのディスプレイ 屋久島夏の緑バック オーダーメイドマリッジリング 屋久島でつくる結婚指輪

今日は土曜日のしずくギャラリー。

ギャラリー横を流れる小川が涼しげで良いですね!

こちら屋久島もいよいよ夏本番となりました。

ギャラリー内も涼しげに、ジュエリーをディスプレイしておりますので、

こちら屋久島にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

この夏も毎週土曜日オープンいたします!

屋久島しずくギャラリー ジュエリーのディスプレイ しずくのネックレス ゴールド、ダイヤモンド 屋久島でオーダーメイドジュエリー

しずくのしずくネックレス 18k yellow gold, diamond

手に持って 屋久島しずくギャラリー ジュエリーのディスプレイ しずくのネックレス ゴールド、ダイヤモンド 屋久島でオーダーメイドジュエリー

お二人の“好き!”から生まれたオリジナル。 夏のキラキラ、プラチナとイエローゴールドの結婚指輪。

オーダーメイドマリッジリング 屋久島の緑バック ゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪 

結婚指輪が出来上がった時は

いつも決まって太陽の光に当ててその指輪を眺めることにしているのです。

 

今日、新しく2本の指輪が出来上がり、

いつものように窓際で眺めていると、

色濃い緑が共鳴して、まるで島の一部になったように感じられた。

 

6時を過ぎてもまだまだ明るい空。

日を追うごとに広がりゆく緑のモコモコ。

眩しい光。

お二人の指輪が出来上がってふと周りを見渡すと、

島がすっぽりと夏に包まれていた。

 

オーダーメイドマリッジリング ジュエリーのアトリエ ゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪 

pt900, 1.8mm / 18k yellow gold, 1.6mm wave ring with hammered texture
   

夏のキラキラ。

海を越えて声をかけていただいたお二人に作りました。

プラチナとイエローゴールドの結婚指輪です。

 

細身のシルエットなのにしっかりと安定感があって、

わたしもお気に入り。

スクエアシェイプはカチリとシャープな印象になりがちですが、

柔らかな印象を感じるのは、アウトラインに緩やかなカーブが与えているから。

 

表面に金槌で施したデコボコ模様もそうですし、

このイエローゴールドとプラチナのwaveデザインも考えてみると初めて作った組み合わせ。

様々な“好き!”が重なり合って、

そこにお二人だけのオリジナルが生まれてきたことに気がついた。

 

もともとは、以前わたしの作った指輪のデザインを気に入ってくれて、

そのデザインを基調として、お二人のお好みを写しこむように作り上げたこの指輪。

広い世界のどこかとどこかで、

エッセンスが繋がった瞬間を感じています。

 

お二人が出会って、一つの指輪が出来上がる。

そのようなシンプルなリズムが、今だからこそとても貴重に思えてならない。

ご結婚おめでとうございます!

巡り会うことって本当に素敵です。

 

屋久島夏の花 木漏れ日 屋久島花とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

咲き始めた夏の花をお二人に。

青空に蝶々 屋久島の山々 屋久島の木々 屋久島日々の暮らしとジュエリー 屋久島でオーダーメイド結婚指輪

共に空を舞うチョウチョ!

屋久島ー香港、旅立つ指輪。 結婚指輪オーダーメドはオンラインで?お会いして? 屋久島夏始まりました!

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリーと オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

いよいよ夏が始まりました。

こちら屋久島サウスは暑い!

ビーチではもう、砂が熱くなって裸足で歩くのがキツイくらいの夏っぷりなのです。

こうなると、やはりここは南の島だなあと感心してしまう。

涼を求めるために、ついつい水辺に引き寄せられてしまうのも、いつもの夏の決まりごと。

 

オーダーメイドマリッジリング ケース、手に持って 屋久島の海バック 屋久島海とジュエリーと 

そして今日は海を越えて、1組の結婚指輪が旅立ちました。

屋久島から香港へ。

お二人がギャラリーに来てくれたのは春先のことでした。

出来上がった指輪を、こちらの夏とともにお届けいたしますね。

香港から屋久島へ。 「感動がフレッシュなうちに!」とデザインしました。 旅で生まれたプラチナの結婚指輪。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ ゴールドリング 屋久島でつくる結婚指輪

さて、こちらはアトリエです。

今、こちらも海の向こうのお二人に、マリッジリングを作っています。

プラチナとイエローゴールド。

スタンダードで広く愛される素材を選んでの指輪作りです。

結婚指輪素材編  世界に愛されるって素敵!イエローゴールド、プラチナ その魅力について

 

その2 オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ ゴールドリング 屋久島でつくる結婚指輪

イエローゴールドで作ったリングの表面を金槌で叩いてゆくと、

凸凹と有機的な表情が浮かび上がった。

 

この槌目模様、イエローゴールド、スクエアシェイプアウトライン、そしてこれから施すカーブの造形。

無数にある組み合わせの中からお二人がお選びになったデザインが

今こうしてカタチになろうとしています。

 

お二人とはメールやサンプルリングの郵送などを通じて、

サイズや素材、デザインの微調整をやり取りしてまいりました。

 

結婚指輪作りでは、

お二人とお会いして、デザインのお話をする場合もありますし、

お会いすることなく、指輪を完成、お届けさせていただくこともあります。

 

でも、

指輪作りの中でお二人とデザインの相談をしたり、サンプルをお試しいただくのはどちらもまったく同じ工程で、

最初から最後まで、その都度適した方法を選んで、わたくしがじっくりとご案内させていただいております。

 

それにしても、

画像を送ったり、スカイプで顔を見ながらお話ししたり、海外までも荷物を送るのが随分と速くなりました。

わたしがまだ10代の頃は、電話ボックスからテレホンカードで国際電話をかけていたことを考えると(それも超早口で笑)、

今という時代に支えられながら、こうして結婚指輪をみなさまにお届けすることができているのだなあと、感慨深い思いに包まれます。

 

コツコツと手作業で指輪作りを進めているので、

広くたくさんというわけにはいかないけれど、

深く、じっくりと指輪作りでつながっていたい!

そんなジュエリー作りがあってもよいだろう。

 

少しずつ、少しずつ。

 

作業の合間、

ふと気がつけば窓の向こうにオレンジ色に染まった雲が広がっていた!

 

今日にありがとう!

ありがとう!

夕暮れ時 ジュエリーのアトリエから見える屋久島の空 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

結婚指輪素材編  世界に愛されるって素敵!イエローゴールド、プラチナ その魅力について

屋久島の空、海 屋久島海とジュエリー オーダーメイド結婚指輪のモチーフ

台風がやって来て、また一つ季節が新しくなった。

 

「いい波来てるよ!」

朝の5時ごろにSMSと LINEにメッセージが入った。

いまちょうど台風8号が島に近づいていて、

海に入ってから1日を始めるのが定番となっている。

 

眩しいくて肌を刺すような日差し。夏の雲。

それにしてもずいぶん暑くなったものだ。

何本か良い波をキャッチして、アトリエに戻りました。

オーダーメイド結婚指輪の素材 屋久島のハイビスカスバック イエローゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

からの、結婚指輪作り。

今日から新しい制作が始まりました。

お二人のために配合、準備した素材もどことなく南国風味であります。

始まった夏のキラキラと共に作業を進めることができるのが嬉しい!

 

ジュエリーのアトリエ オーダーメイド結婚指輪の素材  イエローゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

18k yellow gold, platinum900 blended for wedding rings

 

k18イエローゴールドとプラチナ。

結婚指輪、いやジュエリー全般において最もスタンダードな素材だと思う。

長い歴史の中でたくさんの人たちに愛されてきたイエローゴールドとプラチナ。

その普遍的さは夏のメニューでいうと、冷やし中華やかき氷

夏の花でいうと、ハイビスカスにひまわり、

くらいに当たるだろうか。

まず真っ先に思い浮かぶトップランナー的存在なのであります。

世界から愛されるって素晴らしい!

 

そして何より、

その耐久性と変色に対してとても安定的だということ。

これは二つの素材を語るときにまず挙げられる特徴で、

そのようなイエローゴールドとプラチナに

永遠のイメージが重なっている。

 

さらに、わたくし職人目線でお話しさせていただくと、

この重み。

これが大切なところなのですよね。

プラチナとゴールドは比重の高い金属なので、

結婚指輪の繊細で小さなものでも、

つけているとしっかりとした重みを感じることがでいて

なんとも確かな、安心感を感じることができるのがお気に入り。

 

長くつけるジュエリーですものね。

心地よさや快適なフィーリングって、大切にしたいところです。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 窓の向こうに見える屋久島の緑 プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

まずはメンズのリングを丸く造形するところから。

彼は白色系のプラチナを選びました。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 手にプラチナリング 屋久島の緑バック プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

丸くなったプラチナリングのアウトラインを外の光の下で確認していたら、

色を素直に写し込む、というのも白色系金属の特徴なことを思い出した。

 

島の緑も、空のブルーも、もしかすると虫たちの鳴き声まで、

全てを収めて受け止める瞬間。

それはとてもとても静かなひと時でありました。

大好き!ブローチ ナノハナのブローチを作る 

屋久島のモンステラ、雨 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドジュエリーのモチーフ

昨日の雨の余韻の中、朝からナノハナのブローチ作りを進めていて、

夕暮れ時にひと段落したころ、急遽急ぎの制作予定が入り、

作業を終えてこのブログを書く頃にはすっかり日付が変わっていた。

 

急ぎの制作は綺麗に仕上げるために、絶対に急がずに作る、

と決めているものだからついつい時間が長くかかってしまうのは仕方ない。

 

濃いコーヒーを入れて作業机に向かっていると、

こうして一日作ることだけに集中できる暮らしをずっと求め続けてきたのだなあと、ジュエリーを作り始めた頃のことが蘇ってきた。

 

なので今は、声をかけていただけるのがただただ嬉しく、

ついつい時間を忘れて机に向かってしまうのです。

作るものがあればどこまでも作り続けよう!

 

オーダーメイドジュエリーの制作風景 お花のブローチ ジュエリーのアトリエ 屋久島の菜の花モチーフ シルバー 屋久島花とジュエリーと

さてさて、

ナノハナのブローチ作りもいよいよ終盤となりました。

今日は、くるりと輪を描いたお花の後ろ側に金具を設置する工程。

ブローチなので、ここが大切なところですね!

角度2 オーダーメイドジュエリーの制作風景 お花のブローチ ジュエリーのアトリエ 屋久島の菜の花モチーフ シルバー 屋久島花とジュエリーと

金具は付け外ししやすい、普遍的なスタイルのものを選びました。

こう見ると、

ブローチって、オブジェ感がありますね。

大きさも自由だし、つける場所も気分次第、

ジュエリーの中では一番アーティスティックなジャンルかもしれません。

わたくしもブローチが大好きで、

お気に入りの作家さんの作品や、もちろん自分で作ったものも、

ネコやらチョウチョやら、葉っぱモチーフのものを持っていて、

ちょっとしたお出かけの際には気に入ってつけています。

お花は女性に似合いますが、

男性に似合うブローチもたくさんあるのですよ!

 

いよいよあとはイエローサファイアをセットして完成となりました。

少しだけ時間をおいて、

次は完成をこちらでご紹介いたしますのでどうぞお楽しみに。

 

屋久島の山々、夕暮れ時の空 屋久島日々の暮らしとジュエリー

空も夏っぽくなってきた!

素敵な一週間となりますように。

 

昨日の制作

屋久島の夜光貝にずっと夢中! ゴールド、ダイヤモンド、しずくのジュエリー 雨のしずくネックレス

屋久島しずくギャラリー 雨のしずく 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドジュエリーの販売 屋久島しずくギャラリーの芝生 雨のしずく 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドジュエリーの販売

今日の屋久島は雨降りでした。

 

しずく型のネックレス、屋久島のハイビスカス、屋久島の雨 夜光貝、ゴールド、ダイヤモンド 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドのマリッジリング

雨のしずくネックレス 18k yellow gold, diamond, 夜光貝

 

しずくギャラリーでは久しぶりにギャラリーのディスプレイに並びました。

雨のしずくネックレス。

屋久島の海からいただいた夜光貝の色彩にうっとり。

 

ハイビスカスにも、軒先にも、

この季節はホント、しずくがとても近しく感じられて。

もう5年ほども前になるだろうか、

ここ屋久島の暮らしの中でこのデザインが生まれてきたのは、

気がつかないほどに自然なことだった。

 

 

しずく型のジュエリー、というのは古くはビクトリア時代から、

いや、古代の神聖な装飾品の中にも存在していただろう。

それは歴史の中で深く親しまれてきたデザインで、

古今東西、素晴らしいしずく型のジュエリーがたくさんある中、

その屋久島版を今こうして作ることができたのが嬉しく、

毎年のように、

雨の季節になるとこのネックレスを作ってます。

 

しずく型のネックレス 屋久島の緑バック 屋久島の夜光貝、ゴールド、ダイヤモンド、 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドでハンドメイドジュエリー

ゴールドのしずくと屋久島の夜光貝で作ったしずく。

よく見ると、チェーンを通す金具もしずく型になっているのです。

それぞれが動くようになっているので、ゆらゆら。

ふた粒のダイヤモンドもキラリ。

 

夜光貝のしずくの大きさが約1cmほどと小さいフォルムではあるけれど、

手に取るとゴールドの重さがしっかりと感じられた。

なんとも安心感のあるつけ心地です。

 

夜光貝もダイヤモンドもゴールドも自然から生まれた素材なので、

ジュエリーのきらびやかさも、

有機的な柔らかさも、

色々な表情があって、

ホントに楽しいのですよね!

わたしもずっと夢中になっているジュエリーです。

 

 

 

雨のしずくネックレス from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.