Blog

小さいけれど、永遠のリング。屋久島からオーダーメイドでお届けする稲穂模様の結婚指輪

紫陽花の上で柔らかな光を纏っているプラチナリングを雨の中眺めている。

お二人の結婚指輪を作り始めたのは、ちょうど紫陽花の花が咲き始めた頃だったような。水にまつわるテーマの制作だったから、屋久島が素敵に寄り添ってくれていたのだろうか。

彼女のお誕生日には、雫をモチーフにした婚約指輪をお作りした。一緒にデザイン作りをした彼とはもう半年のお付き合いになるのかあ。冬を越えて、春になり、それからお二人と一緒になって、今は夏の気配も漂い始めている。島の季節とともにお二人と歩んだ時間にありがとうございます。

雨上がりの屋久島、しずくとプラチナリング、一粒のダイヤモンド。お二人にお作りした婚約指輪は水のイメージで。

結婚指輪をオーダーメイドするときは、形のずっと奥の方にある広がりを見つめていたいと思っている。お二人の想いだったり、屋久島の季節だったり、指輪作りの物語も、大切な心像はいつだってここにある。とても小さくはあるけれど、永遠のリングだ。

 

お二人と一緒に駆け抜けた指輪作りの日々を思い出しながら。今日は満開の紫陽花とともにリングを眺めることに。

一粒のダイヤモンドをセットした婚約指輪は一滴の雫、始まりのイメージで、

そして雨が降り、稲穂が豊かな実りを結ぶ物語。シンプルなラウンドシェイプ のプラチナリングの表面に、ぐるりと一周の稲穂模様を刻み込む。

お揃いの図柄が現れると嬉しい。ささやかかもしれないけれど、大切な人とともに抱くあたたかな瞬間が好きだ。

リング幅は2.5mmと2.1mm。すっきり細身のデザインを硬い配合のプラチナを使って、じっくりと手作業で丈夫に仕上げました。

長野の山々だったり、水田だったり、お二人の暮らしの情景とともに、いつもこのリングがありますように。

さあ、いよいよ始まりの時がやってきました。島の山々はいつも変わらずお二人を待っていますので、次は指輪と一緒にいらしてくださいね。いつかお会いできる日を楽しみに思いつつ。

屋久島より、ご結婚おめでとうございます。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

プラチナリングに稲穂模様。お二人の暮らしをモチーフに結婚指輪を作ろう。#屋久島でつくる結婚指輪