Blog

夏の気配も感じ始めた屋久島サウスのアトリエで、冬にお会いしたお二人の結婚指輪を作っている #屋久島でつくる結婚指輪

九州南部では梅雨明けの宣言が発表されたようだけど、島の暮らしではハイビスカスの開花具合が雨の季節の合図。

一雨降るたびに熱帯味も増してくる。

夏の気配も感じ始めた屋久島サウスのアトリエで、冬にお会いしたお二人の結婚指輪を作っている。庭先では百合も咲いたし紫陽花も咲き始めた。

お二人と屋久島で過ごした思い出とオーダーメイド、プラチナの結婚指輪作り

さて、アトリエではお二人が選んでくれたプラチナを使ってリングの造形をさらに進めていく。スクエアのようでもあって、柔らかなラウンド具合も感じられるアウトライン。鉄鋼ヤスリ片手にタッチを加えるたびに、少しずつ息吹を帯びてきた。

 

彼のリングは表面を柔らかにラウンドさせて、次の工程が始まる前に庭先で深呼吸。

そしてまた作業机に向かって、鉄鋼ヤスリを木槌に持ち替えて、コンコン、コンコン。気がつけば周りも暗くなってゆく。

1日の終わりに造形がひと段落。プラチナリングが纏った柔らかなラインを眺めている。お二人と一緒に作ってきたイメージがここでようやく形になり始めた感じ。大切がいっぱい詰まったリング。あたたかな気持ちが込み上げてくる。

雨の合間に庭先をチェックしつつの、次は彼女のリング作りにバトンをタッチしよう。そしてまた雨が降り始めたようだ。シダ先にしずくが宿っては落ち流をリズムよく繰り返している。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お二人と屋久島で過ごした思い出とオーダーメイド、プラチナの結婚指輪作り

屋久島サウスのアトリエです。島に暮らして良かったのは、庭先で旬の花に出会えるようになったこと。紫陽花はずっと前から見ていたけれど、屋久島の季節や大地との繋がりを感じられて、なんだか安心する。

もう一つ大切なことは人との繋がり。結婚指輪を作るために屋久島まで来てくれる方々との出会いは胸の奥の方で宝物のように輝き続けている。

そういえば、お二人と始めてお会いしたのは屋久島サウスのビーチで、お二人は海から上がったばかりのウエットスーツ姿だったなあ。一緒に過ごした屋久島の時間もキュッと詰め込むように、今お二人の結婚指輪を作っている。

お二人と屋久島の浜辺で過ごした時間を思い出しながら結婚指輪を作り始めている #オーダーメイド

さて、アトリエではプラチナリングの造形を。お仕事で旅することの多い彼のリングはしっかりと頑丈に作ろうと思っていた。(最近は北海道でソメイヨシノ咲いてますと連絡いただいたりした。屋久島は梅雨なのに!)

プラチナリングの幅は2.5mm  1本の鉄鋼ヤスリを片手に表面を柔らかにラウンドさせてゆく。

集められて生成、そしてまた次の素材へと繋がっていくプラチナ片。

彼女のリングとお揃いになるよう造形に集中する。デザイン作りでは、お互いの“好き”を合わせてみたり、時には譲り合ったりもして、お二人のリズムというか呼吸感が印象的だったなあ。

そして、屋久島サウスはアラスカドーナツさんのドーナツでふわり。指輪もそうだけど、丸いものって縁起の良いイメージがありますよね。皆さまもどうぞ素敵な、美味しい一週間を。楽しい指輪作りはまだまだ続きます。

 

屋久島でつくる結婚指輪

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お二人と屋久島の浜辺で過ごした時間を思い出しながら結婚指輪を作り始めている #オーダーメイド

梅雨が近づいてきている、屋久島サウスのアトリエです。新しく始まるジュエリー作りの前に、庭先で傘を片手に百合の花を眺めて。

お二人と出会ったのは去年の暮れで、それまでに婚約指輪作りを進めてきていたので、もう半年のお付き合いになる。ここまで長くありがとう。そしていよいよ始まる結婚指輪作り。

お二人の物語とプロポーズと屋久島と。オーダーメイドでお作りした、菜の花の指輪。#屋久島でつくる結婚指輪

大切なジュエリーをオーダーメイドでお届けするときは、お名前にちなんだモチーフを選んでお作りするのも素敵なアイデアだと思う。彼が彼女に贈った婚約指輪は彼女のお名前にちなんだモチーフで作った。お二人の結婚指輪は彼のお名前とお二人が過ごした屋久島の印象がデザインのベースになっている。物語の数だけ指輪が生まれるワクワク感。お二人と屋久島サウスの浜辺で過ごした時間を思い出しながら、作業机に向かっている。

アトリエの朝。雨の音。発光する緑。

まずは最初の第一歩。酸素トーチの炎でプラチナを焼き鈍してゆく。

リングになる前は力をかけてくるりと造形できるのだけど、両はしが繋がると指輪は確かな硬さを手に入れる。大切な人と出会って繋がることに似ていると思う。

雨の止み間にリングのアウトラインをチェックして。いよいよこれから造形作業を始めていこう。リングの表面には彫刻模様の装飾を施すことになっているので、シンプルですっきりとしたフォルムが必要になってくる。柔らかさと確かさ、静けさと躍動の出会う場所を求めて。

屋久島でつくる結婚指輪

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

雨の屋久島、咲き始めた百合の花とともにお二人の結婚指輪を作っている。#屋久島でつくる結婚指輪

雨の季節が始まった屋久島サウスです。雨音と湿度に包まれて、お二人の結婚指輪を作っている。婚約指輪作りから始まって、途中島でもお会いして、約半年のお付き合いありがとうございます!深まる緑の中で綺麗だったプラチナリングと百合の花。

ツユクサのネックレス #platinum #yellowgold #aquamarine #屋久島

ツユクサのネックレス

material: platinum, 18k yellow gold, aquamarine
size: 10mm flower 

Delivery time is within 1 month.
Make by custom, One-of-a-kind  .

こちらの作品はサイズと素材をお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。ご注文からお届けまで約1ヶ月。

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島からオーダーメイドでお届けする、雨にまつわるジュエリーふたつ #しずくの指輪 #ツユクサのネックレス

しずくの指輪 #18k #yellowgld #platinum #diamond #屋久島

しずくの指輪

material: 18k yellow gold, platinum, diamond
size:0.8mm wode ring, 1.3mm diamonds

Delivery time is within 1 month.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島からオーダーメイドでお届けする、雨にまつわるジュエリーふたつ #しずくの指輪 #ツユクサのネックレス

屋久島からオーダーメイドでお届けする、雨にまつわるジュエリーふたつ #しずくの指輪 #ツユクサのネックレス

雨上がり、しずくの指輪とアトリエの庭先に咲き始めた紫陽花。

雨にまつわるジュエリーは水のイメージ繋がりから二つを一緒に作り進めていた。しずくの指輪はその一つ目。小指につける小さなゴールドリング。

プラチナの粒を装飾をして、ぽつり。セットしたふた粒のダイヤモンドが緑の中で静かに輝いている。屋久島が大好きな彼女もきっとお気に入りだろうなあ。雨上がりにいつも眺めている、屋久島らしい情景がここにある。ふとした瞬間に、島の時間を感じていただけますように。

雨が多くなってきた屋久島サウス。そろそろ梅雨もやってくる。

雨にまつわるもう一つのジュエリーはご結婚記念日のプレゼントに。大切な記念のジュエリー作りに幸せな心地を分けていただく。

プラチナの花にアクアマリンをセットしたツユクサのネックレス。小さくてシンプルなジュエリーなのでずっと長くお使いいただけると思う。

10周年おめでとうございます!これまでとこれから、この小さなネックレスがお二人の時間と共にある姿を思いながら、あたたかな気持ちに包まれています。

それにしても、雨のイメージは屋久島によく馴染んでくれる。しずくの指輪も、ツユクサのネックレスもそれぞれの場所に旅立ってゆくのだけれど、同じ屋久島の印象を抱いて、同じ季節に出来上がったと思うと、不思議な繋がりを感じてしまう。ささやかだけれど、大切な気持ちを共有している仲間がいるような気がして嬉しくなる。

雨上がりの朝にツユクサを見つけるとなんだかいいことありそうな気が。屋久島のこの湿度感も一緒に、二つのジュエリーをお届けできますように。素敵な雨とジュエリーの日々を。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の潤いに囲まれて♪ ご結婚10周年をお祝いする、ツユクサのペンダント作り。

お誕生日おめでとう!屋久島から大阪へ、海を越えてお届けしたオーダーメイドの指輪。#シダの指輪

シダの指輪 silver, 18k yellow gold

屋久島から大阪へ、海を越えてお送りしたシダの指輪。ご自身のお誕生日にとオーダーいただいていたのだけど、ちょうどその日に間に合った。春の風が心地よかった日。

シルバーの葉っぱとゴールドのリングの組み合わせの爽やかさもぜひこちらでご覧になってください。

道すがら、草花を摘んで遊んでいた記憶。

ゴールドとシルバーを使って、ずっと長くお使いいただけますように。

シダかげに見つけた小さな花を。お誕生日おめでとうございます!

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ご結婚記念日おめでとうございます!屋久島の夜光貝とイエローゴールドで月をかたどった  “海の月ネックレス”

ネックレスは屋久島サウスに咲き始めた月見草を眺めながら作っていた。庭先で、散歩道で、いつものビーチで、日に日にたくさんになってゆく。ふわふわ。月のジュエリー作りを素敵に盛り上げてくれてありがとう。

 

屋久島の夜光貝とイエローゴールドで月をかたどった  “海の月ネックレス”

ご結婚記念日のプレゼントにと声をかけていただきました。

大切な記念のジュエリーを作るのはとっても嬉しい。

ぽかぽかと幸せな気持ちに包まれる。

 

ネックレスはケースに入れて、リボンを巻いておきました。ご結婚記念日おめでとうございます!これから海を越えてお二人の元にお届けいたします。ふわり、島の風も楽しんでいただけますように。

 

海の月ネックレス 18k yellow gold, island shell 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

咲き始めたユリとともに、ピンクゴールドのリングを眺めている #屋久島でつくる結婚指輪

去年の秋にお便りをいただいて、お二人と、屋久島の季節とともに進めてきた結婚指輪作り。

ピンクゴールドのリングは造形作業がひと段落。アウトラインを確認したくて庭先で手にとって眺めていた表情のいろいろ。

リングには太さの強弱と波のリズムがある。静かでもあるし、さっきまで動いていたようにも感じる。

彼のプラチナリングとはほんの少しずつバランスを変えて作ってあるけれど、きっとそれがつけたときにお揃い感を増してくれるだろう。補うように。共に歩むように。結婚指輪ってなんだかお二人に似ているようにも感じられて、出会うことって素敵だなと思う。

夕暮れ時、海へ。お二人の指輪作りの間はよく海に通っていたなあ。作業もいよいよ終わりに近づいてきて、少ししみじみ 笑。今日も屋久島にありがとう。

空を見上げて、ふわり、自由な気持ちに包まれる瞬間が好きだ。

大きな鳥が風に乗って西の空へ、羽ばたいてゆく姿を追いかけている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

結婚指輪は屋久島の季節とともに。大好きなピンクゴールドでつくる、お二人だけのリング

結婚指輪は屋久島の季節とともに。大好きなピンクゴールドでつくる、お二人だけのリング

屋久島サウスのアトリエです。雨が上がるたびに日差しが強くなてゆくのがよくわかる。梅雨を間に挟むはずだけど!もう夏の気配をキャッチし始めている。

お二人の結婚指輪作りの間はちょうど季節の新しくなるポイントでもあって、咲き始めた紫陽花や百合の花、ランタナも、センダンの花も、島の色彩を眺めながらの作業が叙情深い。

磨き上がったプラチナリングの佇まい。お二人とご一緒した結婚指輪のデザイン作り。屋久島の移ろう季節とともに。

彼女のリングはピンクゴールドでお作りするので、ついつい赤系の花を眺めつつ。ランタナのピンクに、ハイビスカスは指輪が出来上がる頃にきっとでいっぱいになっているだろうなあ。あとドラゴンフルーツも!

 

さてさて、今日も作っている。

k18ピンクゴールドは可愛さの中にシックな落ち着きを感じるところが好き。

表面を削り落とすと現れる、きらびやかな佇まい。キラリと輝くものに目がいってしまうのは、子供の頃からずっと変わらないなあ。ついつい手を差し伸べてしまうようなワクワク感。

荒い番手の紙やすりでざっと表面をきれいにすると柔らかなラインが現れた。優しさって大切だなと思う。

窓の向こうに緑のモコモコを眺めながら、時々海に車を走らせたりしながら、お二人の指輪を作り進めるGWです。みなさま、5月になりましたね。素敵な春となりますように。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547