Blog

あっ、これだった!つけた時にホッとする。神戸ー屋久島 結婚指輪作り

好きな感じだった空の色。

 

まだまだこちら屋久島は暑い日が続くけど、

もう9月も後半なのですね!

市場ではサツマイモの姿も見るようになってきたことだし、

これは冷蔵庫の夏を食べてしまおう!

と思い立って、ゴーヤを料理することにしました。

 

お料理の素材は

ゴーヤ小3個、鶏肉たっぷり、ニンニク、レモン、塩、胡椒。

シンプルな組み合わせでいきました。

 

鶏肉は一口サイズに切って。

焼くと油が出るので、最初は油をひかずにフライパンに。塩胡椒。

 

少し焼き色がついて、じわじわと鶏肉の油が出てきたところで、ニンニクをひとかけ投入です。

ここでポイントなのが、ニンニクはかけらのまま、柔らかになるまでじんわりと火を通したいこと。

時に裏返したり、時に鶏肉の上に乗せてみたりして、大切に育てていきますw

 

6割ほどでしょうか。

鶏肉に日が通り始めた頃に、鍋の半分に鶏肉を寄せておいての、できた余白にゴーヤをどさっと投入。

ここではあまり混ぜたりせずに、じっくり焼いていきました。ゴーヤに塩胡椒。

 

ゴーヤはしゃっきり、でも、しんなり。くらいが好きな感じです。

いよいよ全体に火が通って、ここからラストスパートです。

 

ここまで大切に育てていたニンニクをフライパンの上で押しつぶしてペースト状にします。

ペーストになったニンニク、こんがり焼き色のついた鶏肉、しゃっきりしんなりのゴーヤを、ここで初めて一つになるようフライパンでザッザッと混ぜてゆくと、

照りとトロミが現れた!

 

ここで、レモンをぎゅっと絞って。たっぷり絞って。

最後にもう一度、フライパンでザッザッと混ぜて、出来上がり。

 

“鶏肉とゴーヤのにんにくレモン風味”

ご飯がムッチャ進んで進んで、もう!

簡単だけど、なぜかテンション上がるメニューであります。

 

 

今日の幸せ。

海の向こうからサンプルリングとともに、カワイイお手紙届きました。

朝一番で手紙を読んで、胸がジーンと温度急上昇でした。

happy jewelryですね!

 

さてさて、今日のアトリエです。

platinum wedding ring, work in progress

 

神戸のお二人に届ける結婚指輪を、今、屋久島で作ってます。

 

昨日、丸くなったプラチナの線を作業台において、

いよいよアウトラインに造形を加えていくところ。

鉄鋼ヤスリを片手に、ドキドキだった。

 

雨の季節に初めてメールをいただいたお二人とは

以来ずっとメールを通じてデザイン作りを進めてきたので、

こうして今を迎えることができたことが、とても嬉しかった。

 

お二人と一緒に話したこと、イメージしたことを

手の中でクリエイトしよう!

角ばったプラチナのリングを思い切りよく丸く削り上げてゆきます。ガリガリ。

紙やすりは120番。

粗い番手のものを使って削るように表面をブラシすると、

リングの表面に柔らかなラインが現れた。

それは彼と彼女、私と一緒にイメージしていたものに間違いなかった。

 

 

今までずっと思い描いてたけど、

なかなかそれに出会えないでいたり。

ぼんやりした印象だけど、

でもそれは自分の中にすでにあるものだったり。

オーダーメイドの指輪作りは

実はすでにどこかにあるものをカタチにする作業なのかなと、

最近は思うことがある。

大切なことって、どんなことでも、もうすでに自分の中にあるのかも。

みんなとのやりとりから学びました。

 

 

出来上がった時、

初めて出会う指輪だけど、

あっ、これだった!つけた時にホッとする結婚指輪があると思います。

 

 

屋久島と神戸、海を越えて、季節を越えての結婚指輪作り。その第一歩。

屋久島ノースは宮之浦。

日の出とともに大好きな場所にやってきた。

 

この浜辺のすぐ近所でで生まれ育った友人がいて、

彼は毎朝、欠かさずに、この浜の清掃をしてくれているんです。

 

すぐ近くの神社の雰囲気と相まって、

この日も清らかな空気が流れてた。

 

ここの波がまだ本領発揮ではなかったので、

さらに北に車を走らせて

秘密の場所、文字通り“シークレット”と呼ばれている場所にたどり着いた。

ここにはサーファー達が歩いてできた、海岸まで続く道があって、

このハートマークのクワズイモの道をグイグイと降りていくと、

 

ハート型のサンゴに出会いました。

 

そんな一日の始まり。

そして、今日からいよいよ新しいジュエリー作りが始まる。

 

神戸に暮らすお二人とは夏の間ずっとメールでデザインの打ち合わせを重ねてきてて、

海からアトリエに帰って

「いよいよ制作始まります!」

作業開始の合図をメールすると

「海ですか!こちら神戸はもう涼しくなってきて。。」

そんなメッセージが帰ってきた。

 

そうなのか、神戸にはもう秋がやってきているのだ。

屋久島と神戸、海を越えて、季節を越えての指輪作りであります。

お二人が選んでくれたプラチナ素材。

 

何と言ってもプラチナは鏡のように世界を写すのが特徴で、

キラリと光を写し、跳ね返ると、ドキッと心に響くのがわたしも大のお気に入り。

つい先日も海に持っていったらキラキラに溶け込んでたのを思い出して、うっとりしてしまった。

 

お二人は山登り大好きといってたので、

空のブルーや森の緑をきっと写しこんでくれるだろう。

 

屋久島 海とジュエリー  プラチナ結婚指輪作り 始まり編

 

 

結婚指輪作り、その第一歩。

くるりと巻いたプラチナの線の両端を、目標のサイズに合わせてカット。

酸素トーチを当ててその両端を溶接。

温度は約1240度。

高温での作業となるプラチナででの指輪作りに

いつもながら集中がマックスだった。

 

緊張感あふれる場面は案外好きなフィーリングで、

その中にいるといつもリラックスしている自分に気がつきます。

心地よいラインはリラックスの中に生まれる。

 

目的のサイズは12号と17号でありますが、

これからの作業の余白を取って少し小さめに仕上げておいて、

明日は造形作業であります。

 

今朝の波にサーフボードで描いたように、

指輪にも柔らかで、大きなラインを描きたい。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

facebookで日々のダイジェストやってます

custom champagne gold “wave ring”

material: 18k champagne gold
size: left:2.0-1.2mm wide , right: 2.0mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島旅でお二人のオリジナルに出会う。シャンパンゴールド、カスタムメイドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

雨上がりの指輪 platinum, diamond

material: platinum, diamond
size: 3.3mm diamond

Delivery time is within 1 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズ、素材、ダイヤモンドの大きさをアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約1ヶ月。

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島を感じていたいから。プラチナ×ダイヤモンド “雨上がりの指輪”が出来上がりました。

屋久島 海とジュエリー  プラチナ結婚指輪作り 始まり編

一つの制作が終わって、

新しいジュエリー作りが始まる日。

まだ暑い海に出かけた。

 

水辺でプラチナを手に取ると、

夕暮れ時のキラキラに溶けていった。

 

気がつくと潮が満ちてきて、

太陽が西の水平線めがけて落ちていく。

 

そしてまたジュエリー作りが始まる。

新しい波が打ち寄せるように。

 

platinum900

 

屋久島旅でお二人のオリジナルに出会う。シャンパンゴールド、カスタムメイドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

シャンパンゴールド、カスタムメイドの結婚指輪

 

18k champagne gold “wave ring”

 

シャンパンゴールドの柔らかな質感と輝きは

手にするほどに親しみが湧いてきて、

奥の方までぐっと響きます。

 

お二人のリングは

シャンパンゴールドの有機的な質感によく似合う

すっきり細身で、シンプルなアウトライン。

 

フィット感高く、付け心地柔らかになるように、

リング全体にカーブを施して仕上げました。

細い部分から太い部分に、

そしてスクエアシェイプ からラウンドシェイプ に。

抑揚のあるアウトラインが彼女のリング。

均一幅でストレート。スクエアシェイプ からラウンドシェイプ へのグラデーションをお揃いにした彼のリング。

 

並べてみると、

二つで一つのオブジェのようにも見えて綺麗だった。

 

 

指輪作りで印象的だったのは、

夏の初め、しずくギャラリーでお二人に会った時。

大好きな植物に囲まれてお話をしていると、

ひらめきが繋がって、お二人のオリジナルに会うことができたこと。

 

細くて丈夫で、有機的で、丸くて、スクエアで、シックで、お揃いで、

 

出来上がった指輪はとても小さなものだけど、

そのにはお二人の“好き!”がいっぱい詰まってる。

 

屋久島ー京都、しずくギャラリーのモンステラに囲まれて結婚指輪の相談会。今年最初のパッションフルーツ!水面の表情を描く結婚指輪作り。

モンステラいっぱいだった、相談会のひとときを思い出して、

しずくギャラリーに行ってみると、

今日は雨降りだった。

 

 

ボツボツとモンステラの葉に落ちる雨の音を聞きながら

シャンパンゴールドの指輪を眺めてると、

また季節が一つ新しくなったことに気がついた。

 

終わりの始まりですね。

ギャラリーのディスプレイに並べた、お二人の指輪。

 

一つのリングの中にスクエアシェイプ とラウンドシェイプ があって、

それがグラデーションにつながるように。

 

全体的には有機的で柔らかなイメージの中にも、

スッキリ爽やかな雰囲気を纏って欲しくて、

 

側面をしっかりとシャープに造形して、

集中力あるアウトラインに仕上げました。

 

わたしの中では

使ううちに味わいが深くなるシンプルさ、

というスタイルもお気に入りで、

 

これからお二人の暮らしとともに、

この指輪も少しずつ味わい深くなっていくのかなと思うと、

ワクワクせずにはいられなかった。

 

大好きな植物旅や釣り旅にも一緒に指輪つけて行ってくださいね。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

 

 

さいごに、

しずくギャラリーで5年ぶりに咲いた白ムクゲの花をお二人に。

おめでとうございます!

ありがとう!!

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

制作編

満月の屋久島、お二人の結婚指輪を空にかざしてみたら、丸い月明かりとピタリ重なった #屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

 

しずくギャラリー編

屋久島ー京都、しずくギャラリーのモンステラに囲まれて結婚指輪の相談会。今年最初のパッションフルーツ!水面の表情を描く結婚指輪作り。

満月の屋久島、お二人の結婚指輪を空にかざしてみたら、丸い月明かりとピタリ重なった #屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

結婚指輪、屋久島でつくる結婚指輪、オーダーメイドマリッジリング、制作過程、屋久島ジュエリーのアトリエ

屋久島から東京へ。

いよいよ指輪を送り出す朝がやってきた。

庭では大好きな花も咲き始めてて、

一つのことが終わって、また新しい何かが始まる予感をキャッチした1日の始まり。

 

屋久島を感じていたいから。プラチナ×ダイヤモンド “雨上がりの指輪”が出来上がりました。

 

屋久島の自然、オーダーメイドマリッジリングのモチーフ、屋久島とジュエリー

こちら屋久島はスコールが5分ほど、ザーッと激しく降ってピタリと止む。

そんな毎日が続いています。

屋久島の自然、オーダーメイドマリッジリングのモチーフ、屋久島とジュエリー

雨のち晴れ。

まだまだ満開のハイビスカスを見上げながら、

たくさんの友人が暮らす千葉のことを思っていた。

どうか皆さまご無事でありますように。

 

 

結婚指輪、屋久島でつくる結婚指輪、オーダーメイドマリッジリング、制作過程、屋久島ジュエリーのアトリエ

さて、アトリエです。

7月の屋久島でお二人の大好きな植物に出会って、デザイン作りをした結婚指輪があって、その制作もいよいよ最後の仕上げとなりました。ドキドキ。

 

k18シャンパンゴールドで作ったリングの内側を鉄鋼ヤスリを使って、

丸く造形しています。

こうすると指とリングの接点が滑らかに仕上がって、

付け心地柔らかになるんです。

 

彼は造園のお仕事をされていて、

ハードな作業の時はリングを付け外しすることもあるかも。

 

わたしもそうですが、

リングって付け外しが大変だと、どうしてもつける機会が減ってしまうものなんですよね。

毎日、長くお使いいただけるように、

カラダへのフィット感は大切にいたしました。

結婚指輪、屋久島でつくる結婚指輪、オーダーメイドマリッジリング、制作過程、屋久島ジュエリーのアトリエ

さらにガリガリと。

 

お二人のリングを作っている時はちょうど夏から秋の気配をところどころに感じる瞬間があって、

色濃くなる空のブルーや、柔らかになってきた光の中で、

作りかけの指輪を眺めたりしたなあ。。

 

お二人も今、京都で秋の情緒に包まれてるのかな、と考えていたら、

あ、今日は中秋の名月だ!と思い出して

二つのリングを庭に持ち出してみた。

屋久島の自然、オーダーメイドマリッジリングのモチーフ、屋久島とジュエリー

満月と彼の指輪と彼女の指輪。

いよいよ明日に完成となります!

結婚指輪、屋久島でつくる結婚指輪、オーダーメイドマリッジリング、制作過程、屋久島ジュエリーのアトリエ

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

満開のハイビスカス。シャンパンゴールド。眩しかったひかり。屋久島の夏 最後の結婚指輪作り。

 

しずくギャラリー編

屋久島ー京都、しずくギャラリーのモンステラに囲まれて結婚指輪の相談会。今年最初のパッションフルーツ!水面の表情を描く結婚指輪作り。

満開のハイビスカス。シャンパンゴールド。眩しかったひかり。屋久島の夏 最後の結婚指輪作り。

もしかするとこれがこの夏最後の指輪作りになるのかなと思ってたけど、

夏はまだ本気を出してた。

 

満開のハイビスカス。シャンパンゴールド。眩しかったひかり。

今日はレディースのリングが出来上がりました。

時間を少し巻き戻して、

まだ造形を加える前のリングたち。

少しずつ少しずつ手を加えるほどに、

小さなリングに息吹が芽生えてゆくのを実感できるのは

作り手ならではの喜びだと思う。

 

この躍動ごと、お二人に指輪を届けたい!

 

制作編

お二人のひらめきを集めた結婚指輪作り。屋久島の植物に囲まれて、一つだけのデザインに出会う。

お二人のひらめきを集めた結婚指輪作り。屋久島の植物に囲まれて、一つだけのデザインに出会う。

朝、雨が10分ほど激しく降って、ピタリと止んだ。

お、これは!と思って急いで庭に出ると、

世界がキラキラしずくで飾られていた。

 

そして、日中はまだまだ暑い!

夏と秋の入り混じる屋久島サウスより。

焼酎は水割りかお湯割かを悩む頃でありますね。

みなさまいかがお過ごしですか?

 

ケイさんは野菜だけ食べるのですか?

時々そんな風に聞かれることもありますが、

もちろん、お肉も普通に食べてます笑

今日は牛肉とトマトを炒めて”朝食といたしました。

 

味付けは塩胡椒、醤油とシンプルに。

簡単なお料理ではありますが、

コツを一つあげるとしますと、

①玉ねぎとトマトを先に炒めておいて、

②牛肉を炒めてから

最後に①②を合わせるということ。

(トマトと卵の炒め物と同じ要領ですね。)

醤油をかけてざっと炒めてめしあがれ♪

作業を始める頃にはすっかり青空が広がっていた。

 

シャンパンゴールドでつくる結婚指輪。

いよいよアウトラインの造形作業を始めることになって、ドキドキしていた。

 

というのも、実は今回の指輪作り。

私にとっても初めてのデザインを施すことになっているんです。

上がレディース。 

全体的に細身のアウトラインで、その中に細い部分と太い部分があります。

 

下がメンズ。

こちらも細身だけど、日々の作業になじむように、しっかりと全体にボリュームをつけています。

 

ここからがお二人のデザイン作りの始まりで、

そのアイデアは、

7月の初めにしずくギャラリーにお二人とお会いした時、

彼女がふと言った一言から始まったのです。

 

「リングの半分がスクエアシェイプ で、残り半分がラウンドシェイプで。それがつながるようなイメージを思いついて、なんとなく。。」

 

そのアイデアにピンときた彼とわたくし。

「ムッチャいいですね!スクエアとラウンドが滑らかに繋がるようなアウトラインを作りましょう!!」

 

結婚指輪の新しい姿を発見した瞬間でした。

 

その日はお二人の大好きなモンステラに囲まれながらの相談会だったからだろうか、とても自然な流れの中で、お二人の指輪に出会うことができた。

 

あの時、しずくギャラリーでの、

ひらめきを集めた結婚指輪になると思ってる。

 

片側を見ると、スタイリッシュなスクエアシェイプ 

逆サイドは柔らかで優しいラウンドシェイプ 

 

一つの指輪の中に、スクエア、ラウンド、二つの形があって、

それらが自然につながるイメージを抱いています。

 

 

作業をひと段落して夕暮れ時、

窓の向こうには秋を思わせる空が広がっていた。

季節は流れる。

遅れないように一緒に歩んでいこう。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

晴れの日だから!公園に指輪もって行こう。屋久島の海が大好きです。シャンパンゴールド結婚指輪作り、最初の第一歩。

 

出会い編

屋久島ー京都、しずくギャラリーのモンステラに囲まれて結婚指輪の相談会。今年最初のパッションフルーツ!水面の表情を描く結婚指輪作り。

晴れの日だから!公園に指輪もって行こう。屋久島の海が大好きです。シャンパンゴールド結婚指輪作り、最初の第一歩。

屋久島の北側にある町、宮之浦までお二人に会いに行った。

 

今日は天気が良かったので、公園に行きましょう!

と満場一致で開催した結婚指輪の相談会のワンシーン。

 

生まれた時から、おばあちゃんの時代からずっとある、宮之浦のお家に暮らす彼。

海のずっと向こうでお仕事をしていた彼女。

出会うことって素敵です。

 

この公園のことを聞くと、

ブランコや滑り台、子供相撲の土俵まで、彼が全部自分たちで作ったという、なんと!

日曜日だったので、子供達が指輪に興味津々で離れなかった笑

 

ここでは本番制作前の最終チェック、サンプルリングのサイズ調整と確認を終えて、

せっかくだからと、北側の海に出かけることに。

澄み切ったブルー。

夏の屋久島ノースが好きです。

 

よし、1時間だけ波に乗ろう!と決めて海に入り、サウスに向けてまた1時間ほどドライブして、

からのアトリエです。

いよいよ作業が始まる前に

木漏れ日の下でシャンパンゴールドを手にとってみた。

 

シャンパンゴールドの輝きが緑の中を漂って、島の自然によく似合ってた。

 

彼は造園のお仕事をされていて、

世界各地に出向いて植物を鑑賞したりするほどの植物愛溢れる男子でありまして、

この素材を選んだのは直感だったのだろうけど、妙に納得できた。

火を当てて柔らかにする

鉄の芯金に当てて、ぐいぐいと丸く形作ってっていく

 

いつもの指輪作りの始まり。

楽しい時間は続きます。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

始まり編

18kシャンパンゴールド。月明かり。屋久島のリズムに包まれる、素敵な結婚指輪作りの始まり。

18kシャンパンゴールド。月明かり。屋久島のリズムに包まれる、素敵な結婚指輪作りの始まり。

雨上がりの屋久島サウス。

台風の大雨がザーッと島全体を洗い流したようで、

すっきりとクリアな気分。

 

そして、島の自然とリズムを同じくして、

これからまた新しいジュエリー作りが始まろうとしています。

 

夏の始まりにしずくギャラリーにお二人が来てくれた時は

眩しいほどの南国の日差しいっぱいで、

このモンステラを日傘がわりにしていたなあ。。

 

お二人とは、あの日から今までずっと、

結婚指輪のデザインのこと、素材のことなど、

時には電話で、時にはサンプルリングをお送りして、

じっくりと打ち合わせを重ねてきたので感慨無量だった。

 

いよいよ作業が始まる!

屋久島ー京都、しずくギャラリーのモンステラに囲まれて結婚指輪の相談会。今年最初のパッションフルーツ!水面の表情を描く結婚指輪作り。

夕暮れ時の海には静かな力を感じます。

海から上がると月が淡く輝き始めていて、

その明かりで指輪作りの素材となる素材を眺めていた。

 

18kシャンパンゴールド。月明かり。

あたりは波の音で包まれてたけど、

静かだった夜が、

素敵なジュエリー作りの始まりに思えた。

 

明日から新章、結婚指輪作り編始まります!

 

屋久島でつくる結婚指輪