Blog

Making wedding rings in Yakushima Island day2. Thin and delicate style with platinum and champagne gold .

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

Making wedding rings in a thin and delicate style with platinum and champagne gold,  day2.

I proceeded with ring shaping with a steel file in one hand.

The comfort of window and sunlight.

It was an ideal spring day, at my studio in Yakushima South.

 

手に持ったいっぱいのハーブ 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

Spring herbs I got from my neighbor during a walk.

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ、ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

platinum900 and 18k champagne gold, before shaping.

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島の緑バック ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

after that, the outline that I was imaging appeared.

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島の緑バック ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

thin and delicate.

It’s my favorite style to wear and to make.

屋久島のビワ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

First Loquat in 2019!!

 

Travel Yakushima,make wedding rings and..

シャンパンゴールド×プラチナ[結婚指輪] シンプルでころり。屋久島での制作その二日目

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

プラチナとシャンパンゴールドでつくる、スッキリ細身の結婚指輪。

その制作、二日目。

シャンパンゴールドのリングを右手に、鉄鋼ヤスリを左手に、

その造形作業を進めてゆきました。

屋久島サウスのアトリエを通り抜ける風の心地よさ、太陽の光。

理想的な春の1日だった。

 

 

手に持ったいっぱいのハーブ 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

海までの散歩道の帰り道、

お隣さんからハーブをいただきました。

パクチーにディルにルッコラに。

春の香りが鮮烈!

 

パクチーはどのように食べていますか?

聞いてみると、

サラダに、炒め物にはもちろん、

熱々のラーメンに散らして食べるのもおすすめと教えていただいて、ゴクリ。

夕飯のメニューに想像を巡らせながら、アトリエに戻りました。

 

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナ、ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

platinum900 and 18k champagne gold, before shaping.

 

さて、

これからいよいよ造形を始めるシャンパンゴールドのリングを前にして、

いよいよかと、ワクワクした気持ちに包まれていた。

 

お二人からメールをいただいたのは

ちょうど年が変わって2019年になったばかりの頃でした。

「初めてペアになるものを購入する感じです!」

とオーダーメイドのご相談をいただいたのです。

 

今年の一番最初のお話だったのもあって、クリスマスの日にご入籍されてからの指輪作りとお伝えいただいたのもあって、

なんだかとてもハッピーな贈り物が届いた気分だったのをよく覚えています。

 

お二人がリクエストしてくれた結婚指輪のイメージは

“シンプルでころりとしたデザイン”です。

指なじみが良くてつけやすく、日々の暮らしにフィットしてくれる指輪。

ここまで一緒に作り進めてきたイメージを抱きながら、手を動かし始めました。

 

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島の緑バック ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

シンプルで、ころり。

ラウンドシェイプのアウトラインです。

 

ここまで一気に進めて、キューっとなってしまったので、

庭に出て空を見上げながら深呼吸しています笑

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島の緑バック ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

そして、太陽の光でアウトラインの確認。

うん、

細くても、繊細でも、シャンパンゴールドの存在感いっぱい伝わってくる。

光の中で、影の中で、

グリーンにオレンジに変化するシャンパンゴールドの表情をしばらく眺めていた。

屋久島のビワ 屋久島日々の暮らしとジュエリー

そうそう、

オレンジ色、といえば、

屋久島サウスではビワの収穫が始まったようですよ。

2019年最初のビワ!

 

毎年はゴールデンウィークあたりに最盛期を迎えるビワでありますが、

気がつけばもう3月も後半となったのですね。

そろそろタケノコのことも気になり始めてきた。

季節の変わり目に、森歩きにも行かなくっちゃ!

 

今週も春とジュエリーと、よろしくお願いいたします。

どうぞ素敵な一週間を。

沖縄から屋久島へ ありがとう!お二人がしずくギャラリーに結婚指輪を作りにきてくれました!

屋久島しずくギャラリー外観 ジュエリーと絵画の販売、展示 屋久島でつくる結婚指輪相談会

春らしいフレッシュな朝だった!

土曜日は一日の始まりに、結婚指輪の相談会をいたしましょうと、

オープン前の9:30にしずくギャラリーで待ち合わせを。

お二人はなんと!沖縄から海を渡ってきてくれました。

 

前日は沖縄からは一旦鹿児島を経由してからの、さらに船で海を渡ってから屋久島に到着したという。

「島に着いたらさっそく“はまゆう”さんに行きました!」

と言ってくれたのも“はまゆう”ファンとしては嬉し。

 

ちょうど“はまゆう”の店主エイジくんとメッセージをやりとりしていて、

「お二人が来てくれたよ!」

と言ってくれたので

「はい。絶対言って欲しいリストに入れておきました。」

と答えておいた。

あと、リストの中には白谷雲水峡なんてのも入っているのは言わずもがなであります。

 

屋久島でつくる結婚指輪相談会 屋久島しずくギャラリー オーダーメイドマリッジリングの制作販売

さてさて、しずくギャラリーです。

お二人がシャンパンゴールドやピンクゴールドの素材サンプルや

waveにストレート、いろいろなデザインのリングを試しています。

 

わたしが金属の魅力の一つだなと感じているところがあって、

それは、どうしようもなく惹きつけられる引力のようなものを持っているということ。

目の前にすると、すっと無意識に手が伸びてしまうのは、天然石と同じような魅惑であると思う。

 

「ここに来る前に指輪のイメージをイメトレしておきました!」

と言ってくれた彼が実物を前にすると、また違ったデザインのリングをスッと手にして、ニコニコしながらそのリングをずっと手から離さなかったのがとても印象的でした。

お気に入りのおもちゃを手放さない子供のようでもあって、なんだかとてもほっこりとした午前のひと時だった。

 

記念写真 屋久島でつくる結婚指輪相談会 屋久島しずくギャラリー オーダーメイドマリッジリングの制作販売

沖縄の人って、みんなこんなに癒しのオーラ持ってるのかなあ。。

緩やかに流れたお二人との時間にありがとう!

最初の第一歩を踏み出した結婚指輪作りに、もうすでにワクワクしています。

 

追記:翌朝、白谷雲水峡帰りのお二人からメールが入った。

「実は昨日の白谷雲水峡で森に心を奪われまして、、、」

白谷雲水峡でたくさんのインスピレーションあったようで、躍動感いっぱいの文章とと、アイデアスケッチを読んでいると、こちらまで楽しくなってきた。

ここからまた、お二人の結婚指輪のデザインが生まれてくる予感!!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

 

雨とプラチナとシャンパンゴールド。 屋久島の春と共に結婚指輪を作り始めよう!

こちらは昨日のアトリエでのお話。

朝から色々なことがあった日だった。

結局のところ、その朝から日を超えて土曜の夕暮れ時。

やっとPCの前に立つことができたので、その色々を書き始めた。

今日のブログは2本立て、まずは回想編からとなります。

オーダーメイドマリッジリングの制作過程 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

シャンパンゴールドとイエローゴールド。

波のラインをモチーフにした指輪の造形が調子よく進んで、

朝早い時間にひと段落。

ここまでのデザイン作りや、これからセットするダイヤモンドのことに思いを巡らせていたら雨の音が聞こえてきた。

 

屋久島雨のしずく 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

最近はやたらと降るようになりました。

もう3月も中盤ですものね。

屋久島では、いわゆる雨季の始まりの合図でもあります。

 

この先雨の降る日も多そうだし、

よし!まとまった日程を確保してもう一本指輪を作ろう。

春の雨と共に作り始めよう。

そう思いついて、急ぎ足でこれから始まる制作の素材を手に取った。

オーダーメイドマリッジリングの素材 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

雨とプラチナとシャンパンゴールド

 

周囲の緑が写り込んで、雨粒がポツリと宿っては落ちて、

そこに溶け込みそうだった2種類の金属に思わずぐっと魅入ってしまった。

いつもの屋久島時間であります。

 

そこから作業を開始して、気がつけば夕暮れ時。

オーダーメイドマリッジリングの制作過程 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

くるり。小さなゴールドリングの形が生まれました。

リング幅1.7mm サイズ7.5号と完成する予定のリングなので

この時点ではサイズ7.2号 リング幅1.8mmと作業の幅をもたせて作ってあるというのは職人のワクワクするお話でありました。。

 

お二人につくるのはスッキリ細身のリング。

わたしも大好物で、得意とするところであります。

“シンプルに、素材感をもたせて”

そんな言葉を抱きながら作業机に向かってます。

 

 

今日は細いゴールド素材がリングになるまでを短い動画にまとめてみました。

work in progress on 18k champagne gold ring from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.

 

 

 

屋久島の喫茶店 屋久島の海べ 屋久島ハレノヒ 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリング作りの休憩タイム

そして、おやつの時間はおなじみの“はまゆう”さん!

裕子さんと共にここでおやつ+ミーティングの時間が常となりつつあるこの頃。

日も長くなりましたね。

皆さまも素敵な春の日を。

今日もここに来てくれてありがとうございました。

 

海に通ってジュエリー作り “波のリズム”でつくる、10周年記念の指輪 #制作編

ここ三日間、屋久島サウスは心地よい春に包まれました。

波も大きかったので、毎日いつものビーチに通ってはジュエリーを作っていた。

ちょうど波のリズムをテーマとした指輪の造形を進めているところだったので、海からインスピレーションを得ることができて嬉しかった!

小高い丘のようなライン。

滑り台のようなラインもありました。

 

海で出会ったたくさんの思い出に満たされながらの

今日のアトリエです。

手にしているのは丸く繋げたばかりのイエローゴールドのリング。

10周年の大切な記念にと声をかけていただいて、いま指輪を作っています。

 

「波のリズムに包み込まれるようなフィーリングはどうでしょう?

指輪をぐるりとラインが繋がるデザインで。」

なぜか、するりと出来上がる指輪のイメージが浮かび上がったのは

お二人が結婚する前からの長い知り合いだったからだと思う。

さらに言うと、

彼はわたしの海の先輩でもあって、初めて会ったのは海に通う集合場所の大阪駅。

先輩は白いデリカに乗っていて、

そのときわたしは18歳でありました。

 

なので、この指輪を作っているときは

10年前だったり、いまだったり、25年前だったり、

いろんな時間を行ったり来たりしてしまいがちなのですが、

ここから始まる造形作業の間は意識を一つとして。。

脇目も振らず一気に削り落としました。

現れた波のライン。

手の中でゆらゆらと揺らしてみると、

イエローゴールドのきらびやかな輝きも感じられました。

 

先日出来上がったばかりのメンズはシャンパンゴールドで作りましたが、

レディースはイエローゴールドで、

色違いのお揃いデザインというのも素敵ですね!

 

あと少し、もう少しこの時間を楽しみたい。

明日もまたジュエリーです。

 

 

 

裕子さんがしずくギャラリーの壁にしずくマークを書いています。

そう思えば8年前の今頃は毎日真っ暗になるまで

ペンキを塗ったり、セメントを固めたり、タイルを貼ったり、大工仕事も造園も

二人でこの大きな敷地のギャラリー作りをしていたなあ。

と、今日は懐かしみ多めでもあり、

なぜかフレッシュな気持ちでもあり

いよいよ今週末からオープンです!

 

しずくギャラリー

 

メンズ編

シャンパンゴールド指輪に見つけた新しいライン。屋久島暮らし、馴染み深い海、波のイメージでつくること。

 

Spring days in Yakushima Island! I went to the beach, and made wedding rings

Over past three days, were so sweet spring days in Yakushima South.

I always went to the beach and made jewelry.

I am glad to get inspiration from ocean to make the line of waves on wedding ring which i had been making!

line of the wave

and line

at my studio at Yakushima south

work in progress of champagne gold wedding ring

the line was appeared

 

Travel Yakushima,make wedding rings and..

 

Shizuku Gallery open on next Saturday!

Yuko-san painting “SHIZUKU”on the wall.

2.6mm and 3.0mm horizon ring, in platinum and yellow gold #屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドマリッジリング 屋久島の海モチーフ ゴールド、プラチナ 屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k yellow gold, platinum
size: left:2.6mm wide  right:3.0mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

海が大好きなお二人にお作りする結婚指輪作だから。ゴールド×プラチナ、“水平線”のコンビネーションリング #屋久島でつくる結婚指輪

海が大好きなお二人にお作りする結婚指輪作だから。ゴールド×プラチナ、“水平線”のコンビネーションリング #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

ゴールドとプラチナのコンビネーションリングを持って海に出かけた。

春の日差しと少し冷たい水が心地よい朝だった。

オーダーメイドマリッジリング 屋久島の海バック ゴールド、プラチナ 屋久島の海モチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

pt900 and 18k yellow gold   horizon ring

 

鏡のように磨き上げた、ゴールドとプラチナのリングの表面に

海、空、雲、波の音、

屋久島が全部写っていた。

 

2.6mmと3.0mm。

丸くて柔らかなアウトライン。

手の中でプラチナとゴールドの確かな重みを感じることができた。

 

指輪が出来上がって、ここにやってきたのは

ずっと前からそう決めていたからなんです。

 

海が大好きなお二人からメールをいただいたのは去年の夏の終わりの頃でした。

その時ちょうどわたしが大阪にいたこともあって、

お二人とは広島駅で待ち合わせをすることになった思い出もあります。

 

お二人もわたしも、海好き繋がりだったので、話はとても早かった!笑

デザインも海にまつわるテーマとなり、

こう思ったのはとても自然なことでした。

 

海が大好きなお二人にお作りする結婚指輪作だから、

最後はやっぱり海に持って行こう!

 

 

いつものビーチにて。キラキラした時間を短い動画に納めました。

platinum and yellow gold horizon ring from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.

 

 

オーダーメイドマリッジリング 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールド、プラチナ 屋久島の海モチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

メンズとレディースはお揃いの素材、お揃いのデザインです。

 

ゴールドとプラチナの境界線が波のようにカーブしているのが見えますか?

「海を感じるデザインを作りましょう」

というのが指輪作りで抱いていた3人のテーマでありまして、

海と空の境界線。

そして、水と砂浜の境界線。

大好きな場所にインスパイアを得たデザインを採用することにいたしました。

 

境界線は

昼と夜の境界線なんてのもありますね。

そこにはとてもとても、力強さを感じるのです。

 

 

もう一つ、お互いの好き!にもこだわりました。

角度2 オーダーメイドマリッジリング 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールド、プラチナ 屋久島の海モチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

彼と彼女の好きをリングの裏側に彫り込んで、いよいよ完成となりました。

 

大物を釣りに、ウミガメに出会いに、

次は屋久島でお会いできれば素敵ですね。

楽しいジュエリー作りをありがとうございました。

ご結婚おめでとうございます!

 

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

海!屋久島の暮らしに寄り添いながら、 お二人の結婚指輪を作ってます。

 

 

シャンパンゴールド指輪に見つけた新しいライン。屋久島暮らし、馴染み深い海、波のイメージでつくること。

屋久島の海、空、ビーチ 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

今日は海に行ってきた。

晴れの日!春の日!

 

あまりにも心地よかったからだろう、

同世代なのに小学生のように身軽なリョーカが爽やかにビーチを走り抜けていった。

間髪入れず海にエントリーしたと思ったら、みるみるうちに沖に漕ぎ出していった。

場面2 屋久島の海、空、ビーチ 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

海に入ってる時に見える好きな景色。

屋久島の海、空、ビーチ 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ

さらにぐっと近くに。

 

海に入ると、なぜだろう。

体が軽快になるのが佳い。

春の風が吹き抜けたように。

 

海からアトリエに戻り、

熱いコーヒーを二人分作って、自分用をコーヒーカップに注ぎ、裕子さんの分をポットに入れて、いざ作業机に。

今日はいつもの一日ブログであります。(嬉しい)

オーダーメイドマリッジリングの制作過程 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールドリング 屋久島の海モチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

いつもの屋久島暮らしでとても馴染み深い海があって、波があって、

そのラインをイメージしながら削り出したシャンパンゴールドのリング。

 

仕上げ作業もあと一息となり、

アウトラインを光にかざしてチェックしています。

 

角度を変えるごとに見える新しい表情が面白くて、

何度も回転させてしまった。ぐるぐる。

 

いや、ここからがラストスパートなので、

ふわっとした気持ちを一旦引き締めて、

さらに細かい紙やすりで磨きをかけてゆくと、

 

場面2 オーダーメイドマリッジリングの制作過程 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールドリング 屋久島の海モチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

シャンパンゴールドのリングにきめ細やかな表情が現れた。

 

アウトラインもそうなのですが、

今回こだわりたかったのは

金属の柔らかな質感。

土から生まれたシャンパンゴールドの質量を感じることができるように、

手作業で、マットに、有機的に、

丁寧に表面を仕上げました。

 

お仕事があったり、

わんぱくな子供達と一緒に過ごしたり、

日々の暮らし色々があって、

その中に溶け込むというか、

小さな傷がついたり、

たまに磨き直したりしながら、

指輪は家族の時間の一部になればいいなと思ってて、

そう考えると、

ずっと先まで受け継がれる金属は、やっぱり素晴らしい素材なんだなと感じます。

家族の時間とともに、ですね。

 

場面3 オーダーメイドマリッジリングの制作過程 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールドリング 屋久島の海モチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

シュッとスタイルを感じるライン。

というのが密やかに温めていたメンズのテーマでありまして、

それがうまく現れた瞬間。嬉し涙。

 

これからつくるレディースのリングはもう少し柔らかな印象に仕上げてみよう、

でもしっかりお揃い感は持たせていこう、

そしてセットするダイヤモンドは。。

 

気がつけば、

まだ始まっていないはずの次の指輪作りを頭の中で始めていた。

楽しくなりすぎていた。

雨の日カラフル屋久島、シャンパンゴールドの指輪作り。今日も少しずつ。少しずつ。

屋久島の雨景色、しずく 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション 場面2 屋久島の雨景色、しずく 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション 場面3 屋久島の雨景色、しずく 屋久島雨とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション

今日の屋久島サウスは雨降りでした。

緑、黄色、赤

カラフルに宿った雨のしずくがフレッシュに感じた日だった。

 

新しい一週間が始まりましたね。

皆さま素敵な春の日を。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作過程 屋久島ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

18k champagne gold, work in progress

 

イメージの形に近づいてきたシャンパンゴールドのリング。

 

ジュエリーを長く作っていると、

ある時、あるきっかけで、

ポン!と新しいデザインが生まれることがあります。

 

でも、そこにはなんとなく確かさがあって、

このデザインはここに生まれると決まっていたのかもしれない。

決まってそう感じるのが不思議。

 

あの時、あの場所、これまでの全てが絡み合って、

今があるのだと思うと、

この小さなジュエリーが奇跡のようにも思えてきた。

 

そう考えると、今食べてるおやつも未来のジュエリー作りに関わってくるのかもですね笑

大好きなリンナさんのクッキーを食べながらの

これからまたジュエリー作りに戻ります!

 

今日も少しずつ。少しずつ。

 

おやつ、コーヒー、ジュエリーのアトリエ 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのアトリエ

 

ちょっぴり悩む[結婚指輪素材選び]仲良し♪シャンパンゴールド、イエローゴールドはいかがですか?

結婚指輪や記念の指輪を選び始めると、

ちょっぴり悩んでしまうことがあります。

それは、自分に、指輪のデザインにフィットする素材選びです。

 

「彼とお揃いがいいけど、なかなか好みがピタリと一致しなくて」

お互いのスキを優先すると、

お揃い感を大切にしたくても

ついつい別の方向に向かってしまったりして。。

 

「デザインをお揃いにしよう」

「素材感をお揃いにしよう」

そんな時はどこか一点を近しくすると、お揃い感がぐっとアップするのでオススメ。

 

全部が同じよりも、少し違っているくらいが、

かえって近しく感じたりすることもあったりして。。

 

k18イエローゴールドとk18シャンパンゴールド

同じ仲間の色違い。

ちょうど今作っている指輪の素材がそうなんです。

 

オーダーメイドマリッジリングの素材 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

左側がシャンパンゴールド。

右側がイエローゴールド。

並べてみると、こんなにも色が違いました。

 

でも、二つとも同じk18ゴールドなのであります。不思議。

 

k18のことをWikipediadeチェックしてみると、このように書かれてありました。

「合金の主成分の含有率を純度、または品位という。金の品位は、24分率で表される習慣がある。その場合、純金は24金、24カラット (Karat)、あるいは、K24 と表す。そして、金の含有率に従い数値を変える。例えば、18金は金の含有率が18/24、すなわち750‰であることを表し、装飾品に750と刻印される。なお、このカラットは宝石の重量を表すカラット (carat、1ct=0.2g) とは異なるものである。」

 

純金は軟らかく、そのままでは装飾品として機能しづらいので、合金としているのですね!

24のうちの18が純金で、そのほかの6の部分に変化を持たせることで

出来上がりの色が違ってくるという訳です。

 

まあ、言葉で表すと、長くなるのですが、、

金属って、それを目の前にすると、ついつい手が伸びてしまう。

きっとそれがサインなのかも。

この動画の中では、どちらのキラキラ感が好きですか?

 

18k yellow gold, 18k champagne gold from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.

 

 

オーダーメイドマリッジリングの素材、指輪の制作過程 ジュエリーのアトリエ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

上がシャンパンゴールド。

下がイエローゴールド。

二つの素材、なんか仲良しに感じませんか?笑

 

今回は彼がシャンパンゴールドを選んで

彼女がイエローゴールドを選んでくれました。

 

好きな素材を選んだら、たまたま近しい色感になったのかな?

今度会ったら聞いてみよう。

 

さてさて、作業の方はここから造形の工程に入るところでありまして。

この先はどうしても最高の集中力を持って進めたく、

写真も撮らないし、

宅急便が来ても出ないし、

おやつも我慢して作業を進めよう!

鉄鋼ヤスリを片手に、決意を固くした。

 

からの、数時間後。

リングの表面に緩やかな波のようなラインが現れた。

 

ゴールドのリングを鉄工ヤスリで削り落とす。

物事がシンプルであればあるほどイマジネーションが浮き上がってくる。

そんなジュエリー作りがあります。

 

お二人と一緒に作り上げたデザインがこうして形になる時間に

今、とても夢中です。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

始まり編

屋久島サウスに春海!海にまつわる指輪作り始まりました。[お知らせ]しずくギャラリー今シーズンのオープン日

屋久島サウスに春海!海にまつわる指輪作り始まりました。[お知らせ]しずくギャラリー今シーズンのオープン日

これまでのジュエリー作りがひと段落して

また新しい制作が始まる日。

朝一番で海に向かった。

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ 

ちょうど良いタイミングで、

いつものビーチには春の季節風が運んだ波が打ち寄せていた。

 

やっぱり!指輪を作り始めるときはいつもこうだよねと

得意げになってると、仲間もたくさん集まってきた。

 

中には島の北側からはるばる太陽を求めてやって来た友人もいたほどで、

屋久島の中でも一番南側に位置するこのビーチが

一足早くキラキラとした日差しに包まれたことを確認して、気持ちを新たにした。

 

眩しくて目を細めてしまうほどのひかり。

春の海であります。

 

屋久島の海、海面 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ 

海のゆらゆら。

波は時間に似ているような気がする。

 

ちょうどこれから始まる制作が

波の曲線に関わるジュエリー作りだったこともあって、

水辺でそんなことを考えていた。

 

海に入るのが習慣となったのは16歳の頃からなので、

思えばもう30年近く経ったことになるのだけど、

ここで感じることや学ぶこと、考えることは本当にたくさんあって、

それでもまだまだ新しい発見や興味が溢れてくるのが我ながら驚きであります。

 

そんな海に入り始めた頃からの仲間に声をかけていただいて、

最近の感じること色々をカタチにできればいいな、

とデザインした結婚指輪作りの第一歩。

 

 

オーダーメイドマリッジリングの素材 屋久島の緑バック ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

海からアトリエに戻り、

お二人のために配合した、シャンパンゴールドとイエローゴールドを庭に持ち出すと、

キラキラ春のあたたかな光の一部にように見えました。

 

さあ、楽しい指輪作りが始まります!

ご家族みんなと、わたしで一緒に作り上げたイメージが形作られる時間に

とてもワクワクしています。

 

 

しずくギャラリーより、今シーズンオープン日程のお知らせです。

 

長らくお待ちいただきましてありがとうございます!

しずくギャラリーは3月16日より、毎週土曜日オープンいたします。

 

わたくしジュエリーを始め、裕子さんの絵画作品、

結婚指輪の相談会など、

今シーズンも楽しい展示続けてゆきますね。

もちろん、わたしも毎週在廊しています。

 

屋久島にお越しの皆さま、

ぜひ足をお運びいただけますと幸いです。

 

屋久島しずくギャラリー外観 屋久島の小花と 屋久島でジュエリーの販売 屋久島でつくる結婚指輪

しずくギャラリー

Open :Saturday
11:00-18:00