Blog

2024年の春, 鹿児島にお暮らすお二人との結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

日に日に雨が多くなってきている。

里ではセンダンの木が抱えきれないくらいたくさんの花を咲かせている。

 

アトリエから車を20分ほど走らせたところに川沿いに佇むお気に入りのセンダンがあるのだけど、

しとしと雨降りの中、その甘い香りに包まれていたら心が安らいだ。

ずいぶんと緑が深く湿度が満ちてきたものだなあ、と久しぶりの感覚に嬉しくなる。

なんとも屋久島らしい季節である。

 

水辺ではアトリエから持ってきたプラチナとピンクゴールドを手に取って眺めてみたり。

分厚い雲のフィルター越しの柔らかな光の中で、その輝きと色彩の力強さが一層際立っていた。

 

そしていつの間にか心持ちが新しく体も軽やかになっていることに気がつく。

いよいよこれからお二人の結婚指輪作りが始まろうとしている。

 

お二人が鹿児島から海を渡ってアトリエに来てくれたのは菜の花が咲く3月のことだったから、

2024年の春を丸ごとかけての制作になるだろう。

これから百合も咲き始めるうだろうし、指輪が出来上がる頃には紫陽花が咲いているかもしれない。

 

繰り返す季節ではあるけれど、お二人とご一緒する一度だけの季節でもある。

いつもありがとう。

若葉に宿る雨の滴みたいに美しく、かけがえのない指輪作りの時間をお分かちあうことができれば嬉しい。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

2.2mm in 18k champagne gold and 2.5mm in platinum set with alexandrite #屋久島でつくる結婚指輪

material: platinum, 18k champagne gold
size:2.5mm and 2.2mm

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

シンプルをお二人だけの特別に。屋久島から札幌にお届けする結婚指輪のお話 #屋久島でつくる結婚指輪

シンプルをお二人だけの特別に。屋久島から札幌にお届けする結婚指輪のお話 #屋久島でつくる結婚指輪

雨上がりの屋久島。

緑の中で寄り添うシャンパンゴールドとプラチナのリング。

雲のフィルターを通り抜けて庭先に届きはじめた陽光をキャッチして、

アレキサンドライトが艶やかに輝いていました。

 

 

作業机に向かっていたのは数週間だったけど、お二人とご一緒したデザイン作りは4ヶ月を超えているし、実は彼女は学生の頃からずっとジュエリーを見ていてくれたので、とても長い時間に育まれた結婚指輪作りなのかもしれない。

これまでずっとありがとう!

シャンパンゴールド×プラチナ,結婚指輪制作記。大好きな天然石、お二人とのつながり #屋久島でつくる結婚指輪

 

たしかに、ここまで長く指輪作りをご一緒してきたので、出来上がるとなんだか少し名残惜しいような気もするけれど、

指輪をつけていただくお二人にとっては、実はこれからが始まりだったりするのです。

 

指輪と共にあるお二人の暮らしに、そしてわたしとのつながりに、

新しい一歩を踏み始める喜びを感じながら作りました。

 

シンプルで特別なお二人の結婚指輪がわたしも大好きなのです。

 

彼女のシャンパンゴールドと彼のプラチナ。

お二人が選んでくれたのは普遍的なラウンドシェイプのデザインです。

 

リング幅も2.5mm と2.2mmで少しだけ違っているのも相まってでしょうか、

こうして重ね合わせてみると二つで一つのように見えて、

なんだか胸の奥にぐっと響きました。

 

ラウンドシェイプのリングは体の一部になってくれるような柔らかさが素敵なところですよね。

 

お二人からリクエストをいただいて出来るだけ厚みを抑えて仕上げたのですが、

プラチナとシャンパンゴールドの確かな質量の中に軽やかな手触りを感じることができてよかった!

 

お使いいただくうちに、時間もまた装飾となり、味わい深くなるリングだと思います。

 

シンプルなスタイルのリングだからこそ、こだわりたいことがありました。

 

「リングの内側にはイラストと文字を、このような雰囲気で刻印したいのです」

そう言ってお二人が描いたのデザインを送ってくれたのです。

 

それがなんとも味わい深く素敵な雰囲気で!

わたしも気に入ってすぐにメールを返信したのをよく覚えています。

「お二人の手描きイラストをそのままデータに落として彫刻いたしましょう。」

 

新しい発見に出会うことができるオーダーメイドのジュエリー作りはいつも楽しい。

 

表面にセットをしたアレキサンドライトもそうですし、このオリジナル刻印も。

出来上がるリングはお二人がこれまで過ごしてきた、そしてこれから共に送る時間のかけらのようなものに思えるのです。

 

まるで広い野原に一輪の美しい花が咲いたような、素敵な瞬間にご一緒することができて本当に幸せです。

 

見上げると山々を覆っていた雲は新緑をいっそう色濃くして遠ざかっていきました。

さあ、また新しいステージの始まりです。

 

屋久島から北海道までのお届け日程を調べてみたのですが、週明けに送ると週末になる、という距離感を再確認しました。

いくつかの海を越えて、ロマンのある指輪作りでしたね!

宝物のような時間をありがとう。

 

屋久島からカラフルな祝福をお二人に。

ご結婚おめでとうございます!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

動画で眺めるシャンパンゴールドとプラチナの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

動画で眺めるシャンパンゴールドとプラチナの結婚指輪。

春の花いっぱいの屋久島から札幌のお二人にお送りします。

アレキサンドライトむっちゃ綺麗で、庭先で眺めていてうっとりでした。

オリジナル刻印も最高ですね!

 

雨上がりのアトリエにて。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

小さな祝福. 屋久島からお届けする“菜の花のネックレス” #屋久島でつくる結婚指輪

大切な記念日に、

お名前にちなんで、

お花を届けるように、

菜の花をかたどったネックレスをお選びいただいています。

 

島では今年もたくさんの菜の花が咲いて、そのふわりとした輝きに癒されました。

皆さまと季節を分かち合うことができて幸せです。

 

菜の花のネックレス 18k yellow gold, diamond

 

菜の花をかたどったペンダントトップの大きさは7mmほど。

黄色い花の繊細さに憧れて、ほぼ実物大で作っています。

 

お花のジュエリーを作るときはいつもモーチーフのイメージに合わせて素材選びをするのですが、

菜の花にはイエローゴールドとダイヤモンドの組み合わせはすぐにひらめきました。

ああ、これしかない!と。

 

とっても小さくて、メンテナンスフリーな素材ですので、つけっぱなしできるのは嬉しいところですよね。

 

まだ寒さの残る春。海風に揺れる黄色い光。希望のかけらを集めたみたいな菜の花畑。

車の窓の向こうに、いつもの散歩道に、ふと出会うと嬉しくなる。

日々の暮らしに何気ない喜びを与えてくれる菜の花が大好きです。

 

出来上がったばかりのネックレスを屋久島から海の向こうにお届けしたのは、ちょうど菜の花に種がつき始めた頃でした。

 

お気に入りの名の花畑に出かけてケースをそっと開けてみる。

雨上がりの陽光を受けて滴が強く輝いている、黄色い光が散りばめられていて、緑の中にネックレスが佇んでいて、イエローゴールドとダイヤモンドが屋久島と響きあっている、春の甘い香りが漂っている。

それはただただ綺麗な情景でした。

 

この感動をお届けできますように。

そう願わずにはいられませんでした。

 

ありがとう、

小さな祝福のように輝く黄色い光がいつもすぐ近くにありますように。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

“地球の歩き方 島旅”シリーズの新刊『屋久島』にて、作家・高田裕子を取り上げていただきました!

久しぶりに手に取った地球の歩き方は島旅シリーズ。

屋久島をガイドした一冊には裕子さんの記事も掲載されています。

 

以下裕子さんinstagramからの引用

“地球の歩き方 島旅”シリーズの新刊『屋久島』にて、作家・作品を取り上げていただきました!

とても丁寧な取材で、良い記事を書いて下さって
ほんとうにありがとうございました。

屋久島に行きたい、という方にとても親切な
屋久島情報がいっぱい詰まった充実の一冊です!

 

島に出会い暮らし始めたた頃が懐かしい!

屋久島でつくる結婚指輪 森と響き合う. オーダーメイドでお届けするシダ模様の結婚指輪

出来上がったばかりのリングを持って小さな森へ。

プラチナの輝き、お揃いで彫刻をしたシダ模様、細身のシルエット、

緑の中で安らかな響きを感じました。

 

 

屋久島のアトリエから皆さまへ。

オーダーメイドの結婚指輪作りでは少しの間お付き合いを頂きながら、

ゆっくりと時間のかかる手作業となりますが、

お二人だけの指輪を大切にお作りさせていただいております。

 

海の向こうに暮らすお二人とはメールでデザインのご相談をしたり、サンプルリングをお送りしておりますが、

もちろん、屋久島のアトリエにて相談会も承っております。

 

 

デザイン作りが始まってお届けまでは約3ヶ月ほどでしょうか。

短い間ではありますが、お二人とご一緒できる日々もまた宝物のように思えます。

 

指輪作りに寄り添っていてくれた屋久島の季節もお二人を祝福しているようで。

ありがとう、おめでとうの気持が溢れていて。

わたしも幸せな気持ちに包まれました。

 

 

2本のリングをぴたりと重ね合わせてみる。

彼のリングは表面に、彼女のリングには側面にグリーンダイヤモンドを一粒ずつセットいたしました。

力強くて透明感のある緑に癒されます。

 

リング幅はどちらも2.0mmと細身のスタイルなのですが、

それぞれ微妙にアウトラインが異なっているのがわかるでしょうか?

 

彼女のリングは側面にダイヤモンドをセットできるように、

ラウンドシェイプからスクエアシェイプに徐々に移り変わるように造形しています。

 

細やかなリングの表情をお二人のお好みに合わせてアレンジできるのも、

オーダーメイドの素敵なところですよね。

 

お二人とのオーダーメイドで生まれたデザインがわたしもお気に入りなのです。

 

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

長くお使いいただいて、お磨き直しをして、また長くお使いいただく、

そのようなリズムを繰り返すうちにジュエリーは味わいを増してゆきます。

 

長い時間もまた一つの装飾となり、ジュエリーは世界に一つだけのになるのかもしれません。

 

実は、お選びいただいたジュエリーが日々味わいを増してゆく時間に、このようなメンテナンスの作業を介してお付き合いをさせていただけることも私自身の楽しみになっているのです。

 

ジュエリー作りを行っている間は、わたし自身の手でメンテナンスの作業をさせていただきますので、何かあればぜひお声がけいただけると嬉しいです。

ご結婚おめでとうございます!

アトリエに満開のハイビスカスをお二人に。

 

いつの日かお会いできることを夢見ながら。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がるまでの流れ、素材、価格

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

 

 

2.3mm and 2.5mm wave ring in platinum #屋久島でつくる結婚指輪

material: platinum
size: 2.3mm and 2.5mm

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

響き合い新しくなるプラチナリング #屋久島でつくる結婚指輪

雨の日にミートソースのスパゲッティ #屋久島日々の暮らしとジュエリー

ハイビスカスも藤の花もシダもモコモコで!

アトリエの庭にはいつものメンバーが集まっている。

 

百合の花がもう少しで咲きそうになっていて、なんだか少し焦るくらいにドキドキするけれど、

雨はその色とりどりをいつも一つにまとめてくれているように思う。

 

少しだけひんやりとした空気の中には静けさが漂っていて心が凪いでいく。

しとしと雨音に包まれているとむっちゃ癒された。

 

今日はルーペとピンセットを置いて過ごす日。

部屋の掃除でもして、久しぶりにミトーソースのスパゲッティでも作ってみようかと思っている。

 

 

響き合い新しくなるプラチナリング #屋久島でつくる結婚指輪

出来上がったプラチナリングを愛おしく思いながら、これから海の向こうにお届けします。

ご結婚されたお二人の幸せを願って。

カラフルな屋久島の祝福も一緒にして。

 

 

オーダーメイドの結婚指輪作りでは、案外作業机に向かっているそのほかの時間がたくさんあって、

お二人とはたくさんのメッセージを交わしてここまで一緒に歩んできました。

 

もちろんデザインのお話も、お互いのライフワークの話だったり、

そのような指輪作りにまつわるいろいろも、わたしにとっては大切な宝物になっています。

 

少し遠回りするくらいが景色を楽しむことができるものですね。

のんびり島リズムの指輪作りにお付き合いをいただきましてありがとうございました!

一期一会の結婚指輪作り。屋久島の緑の中でプラチナリングを眺めていた。#屋久島でつくる結婚指輪

 

シンプルで、どこか特別で

結婚指輪作りではお二人と共に抱いていたキーワードがありました。

 

日々を重ねるたびに、使ううちに味わい深くなる“新しさ”、といいますか、

古くなるものを愛おしく思う気持ちでお二人とは繋がっているように思うのです。

 

毎日が新しくなりますように。

わたし自身も爽やかな気持ちで作業机に向かっていたのをよく覚えています。

お二人の結婚指輪が出来上がったのはアトリエの庭先に藤の花が満開になった頃でした。

春の風に揺られて漂う甘い香りの中で。

 

手のひらにそっと2本のリングを重ね合わせてみる。

彼の2,5mm幅、彼女の2.3mm幅。

ぴたりとお揃いデザインの結婚指輪であります。

 

マット仕上げを施したプラチナが木漏れ日の中でやわらな陰影を作り出しています。

冷たい金属のはずなのに、どこかあたたかい。

 

リングの表面にはぐるりと一周波のようなカーブを描いてあって、

そのカーブが二つ重なり繋がっているフォルムを眺めていると、まるでここに生まれた新しい時間のようだな、と思う。

 

大きなリズム、小さなリズム

手のひらの上に佇むリングの中に、島の空気に漂う“自然の神秘”のようなものを感じることができました。

 

ご結婚おめでとうございます。

今を生きるお二人と出会うことができて、

大切な指輪作りをお任せいただけて、

毎日が幸せなジュエリー作りでした。

 

同じ船に乗って海を渡るクルーのような仲であるとお二人は言っていたけれど、なるほど。

一度漕ぎ出してしまうと、広い海の上では二人の他にはたまにイルカや鳥くらいしかやってこない。

クルーはやがて言葉を超えた響きで語り合い、同じ場所を目指すのだろうか。

あるいは、海を航る、ということ自体が生きるということなのでしょうか。

 

素晴らしい景色に出会ったとしても、クリアなレンズを持っていないと胸の奥まで届いてこない。

自分が自分でいられる場所があるのって素晴らしいことだと思います。

二人で一緒に紡いでゆく何気ない日々が愛おしいものです。

思い切りいきましょう。

育まれる希望はやがて世界に輝きを与えるのだと思います。

 

春のなってシダの葉がモコモコ過ぎる屋久島サウスのアトリエから海の向こうのお二人へ。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

宮之浦. 新月堂のいちご大福! #屋久島日々の暮らしとジュエリー

アトリエからノースに行くと買っておきたいお菓子がある。

宮之浦は新月堂のいちご大福。

 

いちご大福は生菓子であるので4個購入して、

それを妻と一緒に二日に分けて大切にいただくのがいつものリズムである。

 

餡と苺のまさかの出会いは、やっぱりうまい。

屋久島の山々のように普遍的な和菓子ではあるけれど、

このパラダイムシフト感にありがとう!

 

 

屋久島のひとしずく。水にまつわるジュエリーをオーダーメイドでお届けしています #屋久島でつくる結婚指輪

しずくの指輪 18k yellow gold, platinum, diamond

 

雨のしずく、しずくの指輪。

ゴールドとプラチナ、ダイヤモンドを組み合わせてオーダーメイドいたしました。

 

 

アトリエの庭先に届き始めたひかり。

しずくの輝き。

宝石箱みたいな世界。

 

屋久島からオーダーメイドでお届けするジュエリーたちを、

今日は雨上がりの情景とともに。

 

プラチナとダイヤモンドを組み合わせて

小さな雫のネックレスを作りました。

しずくのしずくネックレス

 

浜辺で眺めているとなんだか屋久島の一滴のような。

太陽の日差しが眩しくて、プラチナが輝いていて。

ダイヤモンドには海のブルーが透き通って見えました。

 

雨、海、川、森、

いつも暮らしの中に水の音が聞こえてくる、

しずくの印象は屋久島を感じるモチーフだなと思うのです。

 

ツユクサのネックレス platinum, aquamarine

 

雨上がりの朝にツユクサを見つけると

なんだかいいことありそうな気がするのはわたしだけでしょうか 笑。

 

雨の多い屋久島の暮らしではとても馴染み深いツユクサをモチーフにして、小さなペンダントを作りました。

 

チェーンとお花はプラチナをベースにして、

ツユクサのブルーにはアクアマリンかブルーダイヤモンドがやっぱりよく似合います。

 

これからどうしても湿度の高い日が多くなってきますが、

ツユクサのネックレスがあると、

雨の日が楽しみになりそうですね!

 

 

さりげなくて、でも特別で。

屋久島のかけらのようなジュエリーは、

金属や天然石の種類をお好みにアレンジして、

オーダーメイドでお届けしています。

 

素材やサイズ、チェーンの長さもご自由にお選びいただけますので、

こちらにご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

長くお使いいただいて、お磨き直しをして、また長くお使いいただく、

そのようなリズムを繰り返すうちにジュエリーは味わいを増してゆきます。

 

長い時間もまた一つの装飾となり、ジュエリーは世界に一つだけのになるのかもしれません。

 

実は、お選びいただいたジュエリーが日々味わいを増してゆく時間に、このようなメンテナンスの作業を介してお付き合いをさせていただけることも私自身の楽しみになっているのです。

 

ジュエリー作りを行っている間は、わたし自身の手でメンテナンスの作業をさせていただきますので、何かあればぜひお声がけいただけると嬉しいです。

 

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています

海の向こうのお二人に、オンラインでオーダーメイドのご相談を承っております。

 

屋久島のアトリエにて、結婚指輪の相談会を承っております。

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がりまでの流れ、素材、価格

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!