Blog

ジュエリー作家が “シダの指輪”を作って、妻の誕生日をお祝いしたお話し #屋久島でつくる結婚指輪

シダの指輪を作って、妻の誕生日をお祝いしました。

 

久しぶりに、サプライズも楽しい。

 

おめでとう!

いつもずっとありがとう!

大切に育んでいる夢が叶いますように。

 

 

誕生日が1ヶ月半ほど先に迫ってきている。

今年のプレゼントはどうしようか。

 

そのようなシチュエーションに、いつもながらではあるけれど、ワクワクしてしまいます。

 

一緒に旅行をしたり、食事や買い物に出かけるのも素敵ですし、

たまにはサプライズでプレゼントを届けてみるのも盛り上がりますよね。

 

その瞬間、二人が世界の中心にいるみたいに、幸せな気持ちに包まれます。

 

プレゼントには、妻がずっと好きでいてくれた“シダの指輪”をつくることにしました。

アトリエが隣同士なので、ここは気づかれないように要注意です 笑

 

シダの指輪 18k yellow gold, platinum, diamond

 

葉っぱのイエローゴールドに、リング部分のプラチナを組み合わせたコンビネーションリングです。

 

今回は特別な日のプレゼントということで、

五粒のタイヤモンドを散りばめるように仕上げたのですが、

動きに呼応するように変化するダイヤモンドの煌めきは、動画だとより胸に響くかと思います。

 

 

たしかに、レシピだったり、ナレッジだったりは溢れているこの頃ではあるけれど、

人と人の温度のようなものを介してしか伝わらないことって、結構あるような気がします。

 

日々暮らしを共にするパートナーと分かち合うことができる、大切な想いや姿勢のようなものは、

実は、何よりもかけがえのないものなのかもしれません。

 

喜びや幸せから生まれ出るジュエリーは、

この先、世界がどんな風に変容を遂げたとしても、

ずっと変わらない美しさを持っているのだと思います。

 

 

誕生日の2週間ほど前に、リングは無事に出来上がったのですが、

今回はサプライズのプレゼントです。

できればポケットに入るようなケースがあればいいな、と思って探してみると、

とても素敵なものに出会うことができましたので、

こちらは皆さまにもご紹介させていただければと思います。

 

6月の雨も、ゴールドとプラチナも、一緒に囲んだ中華料理も、

柔らかな手触りを感じることができたお祝いでした。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

1.8mm and 1.3mm-1.8mm wave ring in 18k champagne gold #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k champagne gold
size:1.3mm-1.8mm and 1.8mm

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

大好きな波のリズム。屋久島から宮崎へお届けする、シャンパンゴールドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

大好きな波のリズム。屋久島から宮崎へお届けする、シャンパンゴールドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

嬉しい晴れ間が訪れて、いつものビーチで眺めたお二人の結婚指輪

海のブルーと波音と響き合い、まるで夢を見ているようでした。

 

波のリズム、シャンパンゴールドのペアリング。

 

 

春先のアトリエでお会いして、お二人と机を挟んでデザイン作りをした日のことが、今でも鮮やかな記憶として心に残っています。

屋久島サウスのアトリエで結婚指輪の相談会, 海を感じるデザインに出会う #屋久島でつくる結婚指輪

 

指輪作りが始まって、紫陽花も咲き、雨もたくさん降りました。

シャンパンゴールドを夜明けの光の中に眺める #屋久島でつくる結婚指輪

 

ゆっくり島のリズムで、指輪が少しずつ出来上がってゆくのは、お二人と一緒に抱いたイメージを大切に育んでいるような、分かち合いの時間だったかもしれません。

なんとも幸せな日々でした。

 

これまでずっとありがとう!

お二人の結婚指輪が出来上がって、まるで一輪の花が咲いたような、爽やかな喜びに包まれながら。

 

 

お二人のリングが6月の陽光を受けて強く輝いています。

シャンパンゴールドの色彩は優しい。

その穏やかで有機的な佇まいが、浜辺のシーンに溶け込んでいるように見えました。

 

屋久島サウスの山々に囲まれたいつものビーチに、かすかに夏の気配が漂始めています。

 

2本のリングを重ね合わせて、そっと手に取ってみる。

ぴたりとお揃いのシルエット。

 

丸いリングなので、手触りはとても柔らかいのですが、

すっきりと軽やかな印象もお楽しみいただきたくて、側面に平らな部分を残して仕上げました。

 

リング幅はどちらも1.8mmなのに、

彼女のリングがより繊細に見えるのは、

さらに細いアクセントをつけてあるからなのです。

 

けれども、こんなにも優美なのに、

しっかりと丈夫で、変色もしないのがゴールドの素敵なところですね。

 

体の一部分のように、

お二人の暮らしに長く寄り添ってくれるリングだと思います。

 

リングが出来上がると、やっぱりここに来たかった。

遠く離れて暮らしてはいるけれど、どこか近しいところがたくさんあるような気がするお二人です。

素敵な繋がりに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

リングの内側の刻印は、屋久島でお会いした後もずっと長く相談をしてきていたので、

実際に彫刻されたものを眺めると、いよいよ感が凄いですね!

 

これから長くお使いいただくうちに、小さな傷がついたりするだろうけど、それが味わいとなり、リングはいつも新しくなっていくのかな、と思います。

 

わたしたちもお互いに、いつまでも始まりを繰り返していくことができると、素敵ですね。

 

リングはご結婚記念日にお手元に届くようにお送りいたしました。

 

庭先に咲き始めたプルメリアをお二人に。

 

おめでとうございます!

楽しい指輪作りをありがとうございました!!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島-静岡 雨上がりの朝に、結婚指輪のサンプルリングをお送りしました #屋久島でつくる結婚指輪

昨日の夕方から激しく降り続いていた雨がぴたりと止んだのは、夜が明けてすぐのことだった。

突如訪れた静寂の、あまりの深さに目を覚まし、久しぶりに姿を現した山々の姿を眺めていた。

 

今日は海も穏やかなので、きっと船も予定通り入港するだろう。

天候の具合で荷物の発送状況を気にするのは、島暮らしならではの習慣なのである。

まるで海の向こうに家族を送り出すように、用意したサンプルリングを大切にケースに詰めていた。

 

雨上がりの庭先ではハイビスカスやツユクサ、プルメリアも元気そうに花を咲かせている。

大雨の後は、いつも季節が新しくなっているが面白くて、ワクワクしてしまう。

湿度は重たく、朝なのに随分と気温も高い。

確かに夏の気配が漂っている。

 

2024年の夏を丸ごとかけた結婚指輪作りになるだろう。

一度だけしかない季節を、お二人と共に歩み始めている。

 

お二人の素敵な物語。屋久島の雨に包まれて、婚約指輪作りの相談会でした #屋久島でつくる結婚指輪

 

もしかすると、今年の梅雨で一番の雨だったかもしれません。

静かで深い緑に包まれて、婚約指輪作りの相談会でした。

 

島に暮らして2年目の彼とご一緒できた、

なんとも屋久島らしい時間でした。

 

プロポーズの日に向けたジュエリー作りなので、

細やかなお話はまだできないのですが、

お二人の素敵な物語にご一緒できるジュエリー作りは、いつも胸が高鳴ります。

 

雨の中アトリエまで来てくれてありがとう!

 

 

いつも不思議に思うのですが、

サンプルリングを挟んでお話をするうちに、

「間違いない!」と信じられるデザインに出会うことができる。

まるで、そのデザインがお二人のために、ずっと前から用意されていたくらいに自然な流れで。

今日もそのような時間だったように思います。

 

はじめてお会いしたけれど、森と海に囲まれて暮らす、仲間のようなお二人にお届けする指輪作りの始まりです。

夏の指輪作りですね!

喜びを分かち合いましょう。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ツワブキの花をモチーフにしたゴールドリング、いよいよあと少しで完成となりました! #屋久島でつくる結婚指輪

大好きなツワブキの花をモチーフにしたゴールドリングも、いよいよあと少しで完成となりました。

 

庭先では季節外れの花も咲きました。

素敵なタイミングにありがとう!

 

考えてみると、お二人との出会いも、開花のように儚く美しい時間なのかもしれません。

7月の屋久島でお会いしましょう。

 

お二人の大切な指輪作りにご一緒できて、温かな気持ちに包まれています。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

お二人が屋久島にお越しになるタイミングに合わせて、小さな花の指輪を作っています #屋久島でつくる結婚指輪 #オーダーメイド

お二人が屋久島にお越しになるタイミングに合わせて、小さな花の指輪を作っています #屋久島でつくる結婚指輪 #オーダーメイド

お二人が屋久島にお越しになるタイミングに合わせて、小さな花のゴールドリングを作っている。

アトリエでお会いする7月まであと少し。

 

 

梅雨入りをした屋久島サウスでは、雨に包まれる日が本当に長い。

窓の向こうに眺める緑は色濃く、庭先の花々や見上げる木々にも、うっとり魅入ってしまうほどの、潤いに満ちた情景が広がっている。

雨降る季節のジュエリー作り。お二人と分かち合う、美しい島の時間 #屋久島でつくる結婚指輪

 

小さなリングが手の中で少しずつ形になってゆく。

窓の向こう側に広がる雨と光の情景を眺めながら。

完成を待ちきれないような、同時に、もう少しこの時間が続いてほしいような。

不思議な気持ちに包まれている。

 

お花とリングがぴたりと重なり合うと、嬉しくなった。

ここまで続けてきた作業が報われる瞬間かもしれない。

 

日々の暮らしの中でも、安心してお使いいただけるように、

しっかりと丈夫に仕上げていきたい。

 

 

強い雨の日は車の窓越しに島を眺める。

 

2024年の紫陽花にありがとう。

 

そして、また新しい時間を予感しつつ。

夏はすぐ近くまでやってきている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

屋久島でつくる結婚指輪。 ひかりのかけら、お二人の想いをかたどるプラチナリング。

 

ハイビスカスの木漏れ日の中で、

屋久島からお二人にお届けする結婚指輪を眺めました。

 

ひかりのかけらみたいで、手にすると希望のイメージに包まれます。

 

ぴたりとお揃いデザインで、

お二人だけのプラチナリング。

 

 

屋久島のアトリエから皆さまへ。

オーダーメイドの結婚指輪作りでは少しの間お付き合いを頂きながら、

ゆっくりと時間のかかる手作業となりますが、

お二人だけの指輪を大切にお作りさせていただいております。

 

海の向こうに暮らすお二人とはメールでデザインのご相談をしたり、サンプルリングをお送りしておりますが、

もちろん、屋久島のアトリエにて相談会も承っております。

 

 

屋久島の季節に包まれて、

穏やかな心地でお作りした結婚指輪です。

昔ながらの手作業でじっくりと丁寧に仕上げました。

 

お二人の暮らしにずっと寄り添ってくれますように。

 

 

リング幅は彼女の2.3mmと彼の2.6mm

緩やかにカーブした波のようなフォルムです。

 

しっかりと重みのあるプラチナではあるけれど、

軽やかなリズムを感じるのは、

表面に施した切り込み模様のリズムよるものかもしれません。

 

とても素敵なお揃い感。

 

 

つるりと光沢のある質感と細かい粒子を感じる質感の組み合わせ。

同じプラチナでもこんなにも豊かになる表情が、わたしもお気に入りなのです。

 

デザイン作りではサイズゲージをお送りしたり、サンプルリングをお作りしながら、

細部の表現にこだわってきたので、喜びもひとしおです。

 

 

同じ角度で重ね合わせてみと、ぴたり。

プラチナリングが光に包まれて、まるで二つで一つのように見えました。

 

お二人の想いから生まれた結婚指輪だなと、しみじみ思いながら。

 

屋久島サウスのアトリエから、ご結婚おめでとうございます!

 

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

長くお使いいただいて、お磨き直しをして、また長くお使いいただく、

そのようなリズムを繰り返すうちにジュエリーは味わいを増してゆきます。

 

長い時間もまた一つの装飾となり、ジュエリーは世界に一つだけのになるのかもしれません。

 

実は、お選びいただいたジュエリーが日々味わいを増してゆく時間に、このようなメンテナンスの作業を介してお付き合いをさせていただけることも私自身の楽しみになっているのです。

 

ジュエリー作りを行っている間は、わたし自身の手でメンテナンスの作業をさせていただきますので、何かあればぜひお声がけいただけると嬉しいです。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がりまでの流れ、素材、価格

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

 

 

雨降る季節のジュエリー作り。お二人と分かち合う、美しい島の時間 #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島ノースの山並みが、雲の中に溶け込むように静かに佇んでいる。

雨降る季節の情景である。

 

薄明るい霧に包まれた景色があまりにも情緒深くて、しばしの間海辺に佇んで、遠くをじっと眺めていた。

この潤いに満ちた空気のせいだろうか、気持ちが柔らかくなってくる。

 

雨の屋久島。なんとも美しい時間だ。

 

 

ツワブキの指輪を作り始めると、気持ちも華やいだ。

お二人との素敵な出会いにありがとう。

ツワブキの指輪制作記。花をモチーフにしてつくること。#屋久島でつくる結婚指輪

 

イエローゴールドの花が出来上がると、その次はリングの造形作業へと手を進めることにした。

リング部分も花と同じイエローゴールドで、茎をイメージしたそれはとても細い。

その繊細なリングの強度を上げるために、絶妙なバランスを保たなければならなかった。

 

上から見るとすっきりとした細いシルエット、指の内側に向かうにつれて幅が広くなっていくイメージで。

 

金槌を使い、コンコンと小さなタッチを重ねていく。

打ち付ける度に、その力に応えるようにイエローゴールドが形を変える。

左右が対称になるように、バランスを整えながら、注意深く叩いていく。

少しずつではあるけれど、指輪が息吹を帯びてゆく。

 

そのような過程を前にできるのは何よりも楽しい。

 

1日の終わりに、窓際の光でリングのアウトラインをチェックしてみた。

リング幅のグラデーションは良好だ。

ここからは花とリングを一つにする作業に移ることになるので、慎重に進めていかねばならない。

けれども、今日はここまでにしておこう。

 

雨はまだ、しとしとと降り続いていた。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

ツワブキの指輪制作記。花をモチーフにしてつくること。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのボタニカルパークにあるブーゲンビリアが満開で見頃だった。

その中に、しっかりとした幹を持った一本の木がお気に入りで、木陰に身をかがめるようにしてマゼンタ色の世界に包まれていた。

 

梅雨の合間の晴れ間といった感じなのだけど、日差しはなかなかに強い。

地面には濃く、エッジの立った影が落ちている。

2024年の夏の訪れをすぐ近くに感じる、南国のムード漂う昼下がりだった。

 

島では紫陽花も今が旬で、これからはヒマワリやプルメリアなど、キャラクターの強い花々が今か今かと開花を待っている。

植物たちの営みに遅れをとってはならないと、季節とじっくりと関わっていくのも島暮らしならではかもしれない。

 

秋になればサキシマフヨウが咲いて、ツワブキの花が咲くと冬が訪れる。

そのような日々の中で、花をモチーフにジュエリーを作るようになったのは、とても自然なことだったように思う。

 

 

アトリエではイエローゴールドとダイヤモンドを用意して、新しいジュエリーを作り始めている。

まずはイエローゴールドのプレートを糸鋸でくり抜いて、8mmほどの小さな花びらを造形した。

わたしも大好きなツワブキの花をモチーフにした婚約指輪作りの始まりだ。

 

ツワブキは冬の島を黄色く飾る小さな花なのだけど、今の季節も間違って咲いたりするので、なんだかかわいい。

庭先や散歩道にポコポコと咲くリズムも絶妙で、島のみんなにも愛されている花なのである。

 

朝目を覚ますと、昨日よりも大きくなっている蕾を眺めてワクワクしたり、

鮮やかな花びらの黄色に励まされたり、

そのような、ささやかな日々の癒しを分かち合うことができると嬉しい。

 

作業机の上にある、小さな花をピンセットで支え眺めながら、冬の風にゆらゆら揺れるツワブキたちを、微笑ましく思い出していた。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547