Blog

屋久島の潤いに囲まれて♪ ご結婚10周年をお祝いする、ツユクサのペンダント作り。

屋久島の潤いに囲まれて、

お二人のご結婚10周年を記念するジュエリーを作っている。小さなペンダントのモチーフになってるツユクサの花。

雨降りを合図に始めた、水にまつわる二つのジュエリー作り。しずくの指輪はゴールドのリングにプラチナの粒々を装飾して、ツユクサのネックレスはプラチナのお花にゴールドの粒々を装飾する。

ご結婚10周年の記念にと声をかけていただいて、ツユクサをかたどった小さなネックレスを作っています。#屋久島でつくる結婚指輪

それにしてもご結婚だったり、記念日だったり、大切な思いの詰まったジュエリー作りは、みんなの幸せを分けていただいているようでもあるなあ。おめでとうの気持ちに包まれながら、今日も作業机に向かっている。

火をかけたり叩いたりの造形作業を終えて黒ずんだプラチナを綺麗に洗い流す。アトリエで火を使うときはキャンプ道具が登場するのが屋久島流。

最後の段階で磨き上げをかけていくのだけど、ここで柔らかな光沢に出会えるといつもながらに嬉しい。キラリと輝く何かには誰もが惹きつけられるものがあって、それは金属も朝露も天然石だって同じなんだろう。

これからセットするアクアマリンのブルーと。

春の海の印象と。

ジュエリーが出来上がることは、お二人にとっては新しい時間が始まることでもある。終わりのようでもあるけれど、あと少しで完成を迎えるのはとても爽やかな心地だ。ずっと長くつけていられるようにと、大好きなツユクサのネックレスを選んでいただけて嬉しかった。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

ご結婚10周年の記念にと声をかけていただいて、ツユクサをかたどった小さなネックレスを作っています。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。造形のひと段落したゴールドのリング越しに春をながめて。

小さいものには何でこんなにも惹かれてしまうのだろう。小花やしずくもそうだし、繊細なジュエリーもそう。あと、シマリスなんかもいた。

繊細さを作り出すための水面下、ジュエリー作りではルーペやピンセットは欠かかせない。集中を高めすぎてキューっとなることも多いけれど、ときおり遠くの山々を眺めるとフワリと力が抜けてゆくので助かる。刺激と癒しの共存が屋久島らしいところだなと思う。

しずくの指輪とツユクサのネックレス。屋久島の雨にまつわるジュエリーを作る日々。

さて、アトリエではしずくの指輪からバトンをタッチ。ご結婚10周年の記念にと声をかけていただいて、ツユクサをかたどった小さなネックレスを作っている。

炎で真っ赤に熱するとプラチナはフワリと緩む→柔らかになったところでカーブをつけてゆく→木槌で叩くとプラチナはまた硬くなって仕上がる。金属にも呼吸のようなものがる。ずっと長く丈夫にお使いいただくものですものね。金属のリズムに心を傾けながら、じっくりと作業を重ねてゆきたい。

そしてまた、窓の向こうを眺めて。山々に分厚くかかっていた雲が空へ解き放たれて、新緑の緑が発光し始めている。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

しずくの指輪とツユクサのネックレス。屋久島の雨にまつわるジュエリーを作る日々。

屋久島サウスのアトリエです。激しく雨が降り続くのは季節がぐんと前に進むタイミングでもある。百合の開花までもうあと少し。毎朝そわそわしながら百合をチェックしてからのジュエリー作りがこの頃の日課となっている。

新しく始まった水にまつわるジュエリー作りをこの雨が盛り上げてくれているのも嬉しい。雨が降ると作業机に向かって、雨が上がると散歩に出かけるリズム。

素敵なつながりにありがとう。熱帯屋久島、雨にまつわるジュエリー作り。

さて、アトリエです。雨にまつわるジュエリーはリングと合わせてペンダントも一緒に作り進めている。今日はもう少しリングの工程を。

ゴールドとプラチナの粒々を装飾するデザインだから、二つのジュエリーに繋がりを感じるのか、そうか。

仕上げ作業に入ったゴールドのリング部分。繊細なタッチでヤスリをかけてゆく。そっと優しく。

プラチナのしずくをリングにレイアウトしていると、いつも真っ白になって時間を忘れてしまう。一度進むと後戻りができない道のりだ。いつも庭先で眺めているしずくのリズムを思い出しながら歩んでゆこう。

昼過ぎにはもうこんなにも太陽の光が差し込んで!ここでネックレス作りへとバトンタッチをしよう。明日の朝はツユクサいっぱい咲いてそうだなあ。みなさま、素敵な日曜日となりますように。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

素敵なつながりにありがとう。熱帯屋久島、雨にまつわるジュエリー作り。

ぽつり、雨の気配を感じた朝に。庭ではランタナも咲き始めたのか。これは熱帯味が増してくる合図だぞ。時間を追うごとに湿度重たく、色濃くなってゆく屋久島を眺めながら、しずくにまつわるジュエリーを作っている。

まずは最初の第一歩。細いゴールドのリング作りから。

4.5号。小指につけるリング。しずくの指輪。

小さなプラチナ片に高温の炎をかけてゆくとある一定のタイミングでキュッと丸くなる不思議。古代ローマの時代からこの粒々装飾は登場してくる。今日も長い歴史の延長線上でジュエリーを作っている。

今日も屋久島にありがとう。古代ローマから屋久島へ、そして屋久島から大阪へ、今ここにある奇跡のような繋がりを感じながら、窓の向こうに深い緑色を眺めている。

屋久島、花のある暮らしとジュエリーと。オーダーメイドでお届けする“月と星の指輪”

月と星の指輪  18k yellow gold, diamond, island shell

屋久島の海からいただいた夜光貝とゴールドを組み合わせて。ダイヤを一粒添えてリングが完成。月と星をモチーフにしたジュエリーだけど、花とも自然に馴染むのが素敵。花びらの白の上に浮かぶ色彩を眺めている。

今日の切り花はお馴染みfrench colourさんで。花のある暮らしとジュエリーと。アトリエの床リニューアルのタイミングにも合って嬉しい!

出来上がったばかりのリングは小さなケースに入れて海を渡ることに。月のジュエリーにはなんて夢があるんだろう。いつまでたってもドキドキする。お会いしたことはないけれど、遠い海の向こうに月好きの仲間ができたような気がするなあ。月と星の指輪は小さなひかりみたい。雨の日だって輝いている。いつもの何気ない時間をキラリと彩ってくれますように。楽しいジュエリー作りをありがとうございました!

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

海の向こうのお二人に結婚指輪のサンプルリングをお送りする日 #屋久島でつくる結婚指輪

海の向こうのお二人に結婚指輪のサンプルリングをお送りする日。先日島のビーチでお会いした時から指輪作りは始まっている。

あれから少しして咲き始めた花。

新しくなった空も。

東京のお二人にはデザインのサンプルと素材のサンプルを揃えて。ミモザの季節に婚約指輪をお届けしてからずいぶんと暖かになってきた海を眺めながら。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の夜光貝とプラチナ。オーダーメイドでお届けする“月のかたちのネックレス”

屋久島の夜光貝とプラチナ。月のリズムと海のリズム。

お届けする前のネックレスを浜辺で眺めていると、太陽の光を受けてキラキラ。光の種類によって様々な表情を見せてくれるのが夜光貝の素敵なところだなあ。

ビーチも暖かになってきたので、太陽に透かしてみたり、ゆらゆらさせたり、夢中になって時間を忘れてしまった。

海の月ネックレス platinum, island shell

漂流してきたシーグラスにそっとペンダントを載せてみる。大きさは約8mmくらい。始めて合わせたのだけどプラチナのチェーンが素敵で、チカチカと涼しげに輝いている。これは新しい定番の仲間に加えなくては!と思う。

デリケートな貝殻のジュエリーではチェーンと肌に触る部分をプラチナでつくる。

オーダーメイドでジュエリーをお届けするようになって、デザインの幅がかなり自由に広がるようになってきた。いただいたリクエストから思っていなかった素材の組み合わせが生まれたりもしている。

作家の個性をキュッと詰め込むことはもちろん大切なのだけど、そこに誰かの物語が加わるとジュエリーは世界に一つだけのものになる。

ジュエリーにも心の通じ合う部分があってもいいのではと思うようになってきた。ジュエリー作りの時は差し支えないように、もしできればくらいの感じで、言葉をかわしながらデザイン作りを進めていたい。ささやかかもしれないけれど、あたたかな物語が愛おしい。

月のネックレスはつけていても気分が上がるし、手にとってうっとりと眺めるのも好き。いつもメールでやり取りしていた細やかなデザイン作りもいよいよ終わりになるけれど、これからネックレスが海を渡ってまた新しい何かが始まるのだと思うと、心が軽やかになった。

ネックレスはケースに入れて、リボンを巻いておきましたからね。楽しい制作をありがとうございました。素敵なジュエリーの日々を。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

月をかたどった貝殻のネックレスを夜明けのビーチで眺めて #屋久島 #オーダーメイドジュエリー

そういえば夜光貝をプラチナと組み合わせて作ったのは初めてだったような。オーダーメイドのジュエリー作りでは自分のイメージよりももっと大きな流れに乗って作品が出来上がってゆくのが面白い。夜光貝は月の形に。肌に触れる部分にプラチナを組み合わせたネックレス。朝の船で送り出すその前に、夜明けのビーチで眺めて。

2.0mm and 2.3mm square in 18k yellow gold #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k yellow gold
size:2.0mm and 2.3mm

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

カラフルな屋久島の日々と。イエローゴールドでお揃いに!オーダーメイドの結婚指輪

カラフルな屋久島の日々と。イエローゴールドでお揃いに!オーダーメイドの結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。出来上がったお二人の結婚指輪を庭先の木陰にそっと並べてみる。イエローゴールドの輝き。緑若々しい季節。

冬の寒い頃にお電話をいただいて始まったお二人の結婚指輪作り。お二人とはラインでデザインをの相談をしたり、サンプルリングを送ったりしてデザイン作りをしてきた。なかなかなれない作業にお付き合いいただいてありがとう。

そして島ではもうハイビスカスも咲き始めている。この赤も久しぶりだ。

指輪作りの間には石楠花も咲いたし、海のブルーも透明になったし、カラフルな島の日々を思い出しながら。

60歳になってもずっと変わらずお揃い。オーダーメイド、お二人の結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

シンプルなスクエアシェイプ の結婚指輪。シンプルなリングは手に取るとそのフィーリングが伝わってくる。結婚指輪ならではの大切なフィーリングに触れてみようと思う。

手に取るとゴールドの柔らかな質感が伝わってきたお二人のリング。金属もまた植物と同じようにこの大地から生まれたものだということがよくわかる。表面に無垢な質感が残されているのは、出来るだけタッチを少なく仕上げたからだろう。

毎日つける結婚指輪ですものね。お二人の暮らしにすっと馴染んでくれますように。

お二人ともイエローゴールドのお揃いに。すっきりシンプルなスクエアシェイプの結婚指輪 。出会うことってなんだかとても素敵。

上が彼女のリング、2.0mmのリング幅。彼のリングは2.3mmのリング幅。つけた時にピタリ同じ印象に感じるように、リング幅や厚みに微妙な変化をもたせて。

時間とともに小さな傷がついたりしながら味わい深くなってゆくだろう。リングを眺めて、今までのいろいろを思い出してみたり。そんな時間もまた楽しい。

いよいよお二人にリングを送り出す日がやってきた。海も気持ちの良い季節になってきた。指輪作りは終わったけど、これからが新しい始まりでもありますね。ご結婚おめでとうございます。水色のキラキラに包まれながら、このリングがお二人の時間とともにあることを思い描いています。楽しい指輪作りをありがとうございました。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547