Blog

咲き始めたユリとともに、ピンクゴールドのリングを眺めている #屋久島でつくる結婚指輪

去年の秋にお便りをいただいて、お二人と、屋久島の季節とともに進めてきた結婚指輪作り。

ピンクゴールドのリングは造形作業がひと段落。アウトラインを確認したくて庭先で手にとって眺めていた表情のいろいろ。

リングには太さの強弱と波のリズムがある。静かでもあるし、さっきまで動いていたようにも感じる。

彼のプラチナリングとはほんの少しずつバランスを変えて作ってあるけれど、きっとそれがつけたときにお揃い感を増してくれるだろう。補うように。共に歩むように。結婚指輪ってなんだかお二人に似ているようにも感じられて、出会うことって素敵だなと思う。

夕暮れ時、海へ。お二人の指輪作りの間はよく海に通っていたなあ。作業もいよいよ終わりに近づいてきて、少ししみじみ 笑。今日も屋久島にありがとう。

空を見上げて、ふわり、自由な気持ちに包まれる瞬間が好きだ。

大きな鳥が風に乗って西の空へ、羽ばたいてゆく姿を追いかけている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

結婚指輪は屋久島の季節とともに。大好きなピンクゴールドでつくる、お二人だけのリング