Blog

桜×ピンクゴールド。屋久島から徳之島に暮らす友人に届ける結婚指輪。#完成編

リングの内側に彫刻を施して、出来上がりとなったピンクゴールドの結婚指輪。

お揃いのシダ模様は彼女の好きな森のイメージで。

そして、彼の好きは海のイメージ。

緩やかな波のようにカーブしたリングの表面に、もう一つの波模様を組み合わせて作りました。

 

磨き方によってその表情がガラリと変わるのが金属の面白いところ。

表面の質感は鏡のようにピカピカとなるように、光沢仕上げといたしました。

 

 

切り返しのライン。ピンクゴールド。

お揃いではあるけれど、お二人にぴたりと寄り添うようにと、

アウトラインを微妙に変えてデザインしたのが3人のこだわり。

同じ鹿児島県でも海を隔てた徳之島に暮らすお二人と

サンプルリングを送ったり、電話でお話をして、ともに歩んだ指輪作りの道のりでした。

 

制作中はしとしと雨が多くって、窓の向こうに大きな虹も出たなあ。。

緋寒桜も咲いたし、シダの新芽もニョキニョキだった。

 

12月なのにこちらは暑いです!と伝えると、うちは半袖です!

と南国ならではの会話もあったりして。

 

お二人とご一緒した時間もまた素敵な思い出で、

出来上がったリングを手にすると、

喜びが胸いっぱいに溢れてきた。

 

ありがとう。

そしていいことを思いついた笑

少し前に屋久島に暮らしていた彼女。

多分よく眺めただろう宮之浦の桜がタイミングよく咲いたので、指輪を持って出かけてみた。

Sakura×18k pink gold

 

桜の花にピンクゴールド。

ピンクゴールドはこれまでもお気に入りだったけど、

こうして眺めると、

なんとも優しげな印象を感じるものですね。

 

出来上がったばかりのお二人のリングに

桜の花や屋久島の空が映ってて!

 

お二人がこのリングを手に取ると、

それからはまた新しい景色を映すのだろう。

 

出会うってほんと素敵です。

 

海の向こう、徳之島に暮らすお二人に。

ご結婚おめでとうございます!

 

そしてなんと、

実はお二人とは屋久島でお会いする予定があるのです!

ありがとう。

楽しみはもう少し続きます。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

お二人の“好き!”をデザインに。屋久島ー徳之島 森と海を感じる、ピンクゴールド結婚指輪作り

始まり編

屋久島サウス、大きな虹とピンクゴールド結婚指輪作り 始まり編

 

SNSもやってます

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter