Blog

月、丸、しずく。屋久島の夜光貝をかたどってジュエリーを作ろう!

二月最後の日はしとしと雨降りでした。

朝、庭に出るとモワッと湿度に包まれる。

屋久島が屋久島らしくある季節がやってきた。

こちらは11月にしずくギャラリーにきてくれたお二人の結婚指輪。

いよいよ海を渡り、彼と彼女が暮らす鎌倉にお届けすることになりました。

 

寒かった冬を越えて、季節は春に。

 

こんなにも大きくなったユリの葉越しにプラチナリングを眺めていると、

お二人との指輪作りのいろいろが思い出されてグッときた。

屋久島旅の思い出、お二人とつくる、オーダーメイドの結婚指輪。しずくギャラリー編

 

 

荷物を無事見送って、ホッと一息。

そして、今日のジュエリー作りを始めました。

今日は夜光貝をひたすら糸鋸で切り抜き続けるぞ!と決めていた日。

厚みが5mmほどの分厚い貝殻のプレートに鋸刄をあててフレームを上下させる。

しっかりと力を入れて、ゆっくりと。

途中、何度も折れる刃を入れ替えてはまた進む。

シンプルな作業を数時間続けると、貝の粉で作業着が真っ白になってしまった。

 

こんな時はやっぱり海です。

 

ちょうど南からのウネリが届いていたので、いつものビーチに。

30分ほど波に乗って

夜光貝の粉も洗い流すと、

まっさらな状態にリセットされました。

 

うん。

アトリエに戻って続きを進めよう!

 

しずくと丸と月。

かたどった夜光貝が、一日の終わりにずらりと並びました。

 

きっちりと同じように、端正に削り揃えたつもりだけど、

そこにどうしても生まれる誤差があって、

そんな不均一性が案外お気に入りなんです。

手作業ならではのフィーリングだろう。

微妙な揺らぎがとても心地よく感じます。

 

月はネックレスに、

丸はピアスに、

しずく型はピアスとネックレスに。

 

手を加えるたびに、夜光貝が輝きを放ち、少しずつ息吹を帯びていく。

ゆっくりと進んでゆく時間もまた、ハンドメイドの素晴らしいところだと思う。

 

この喜びがジュエリーとなって、皆さまに届きますように。

 

今日もありがとうございました。

屋久島サウスのアトリエより。

咲き始めた桜の余韻に包まれて。

 

 

制作編

2020年屋久島、ノースの桜とサウスの海。夕暮れの海と夜光貝の色彩について。やくのさとさんでお買い物。

 

SNSやってます

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

2020年屋久島、ノースの桜とサウスの海。夕暮れの海と夜光貝の色彩について。やくのさとさんでお買い物。

ここは屋久島ノース。

あまりにも素敵な桜の木との出会いがあって、

宮之浦は“憩いの森”に二日間通っていた。

 

実はここを知ったのは10年以上島に住んでいて初めてのことでありまして。

一面の芝生に、早咲きから山ザクて、枝垂れ桜まで、

点在する公園を歩いては、

これはあと2ヶ月ほどの間は桜を楽しめそうだ、

お弁当にお花見も良さそうだと、

嬉しい新発見をいたしました。ワクワク。

 

県道から病院の角を曲がって、山側に登って5分ほど。“憩いの森”の看板が目印です。

桜のあとはここ。

“やくの郷”さんに行くのがお決まりで、

一日目は一口サイズのチーズパンと、同じく一口サイズのチョコパンにコーヒーを。

二日目には裕子さんがエビフライ定食、オレは黒豚とんかつ定食をいただいて、夢心地となりました。

店内に展示されていた作品はどれも素敵で、

この日一目惚れした刺繍バックは白と迷って迷った挙句、

黒をこの日のチョイスといたしました。

 

実は、ジュエリーと絵画の他には、陶芸と織物、刺繍関係を昔から専門分野としていまして、

15年ほど前にグアテマラの山岳地域を旅してカラフルな織りで紡がれた民族衣装を見た時と似たような感激です!とテンション高く喋ってしまいそうになったのはここだけのお話。

いやいやここ屋久島でグッと響く作品と出会えるなんて。

 

そして今日。

タンカンの季節も始まりました。

農作物やお花、海に山、自然に接していると、

ホントは3年分くらいギュッと凝縮されている一年が、

なぜか早く感じたりするものですね。

もうすぐ三月がやってきます。

 

日も随分と長くなってきて、

夕暮れ時には海にも出かけました。

 

これから削り始める夜光貝を手にすると、

ブルー、グリーン、ピンク、オレンジ、イエロー、マゼンタ、、、

夕焼けの色彩にスッと溶け込んだ。

春の始まり、2020屋久島サウス。

 

今日もありがとう。

皆様の週末が素敵な時間に包まれますように。

ここから思ってます。

 

 

制作編

一日の始まりに出会った朝露。ゴールドでしずくのピアスを作ろう。#屋久島

fern ring in 18k pink glod, polished finish #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k pink gold
size: left:2.6mm-1.8mm, right:2.3mm-1.5mm

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

桜×ピンクゴールド。屋久島から徳之島に暮らす友人に届ける結婚指輪。#完成編

桜×ピンクゴールド。屋久島から徳之島に暮らす友人に届ける結婚指輪。#完成編

リングの内側に彫刻を施して、出来上がりとなったピンクゴールドの結婚指輪。

お揃いのシダ模様は彼女の好きな森のイメージで。

そして、彼の好きは海のイメージ。

緩やかな波のようにカーブしたリングの表面に、もう一つの波模様を組み合わせて作りました。

 

磨き方によってその表情がガラリと変わるのが金属の面白いところ。

表面の質感は鏡のようにピカピカとなるように、光沢仕上げといたしました。

 

 

切り返しのライン。ピンクゴールド。

お揃いではあるけれど、お二人にぴたりと寄り添うようにと、

アウトラインを微妙に変えてデザインしたのが3人のこだわり。

同じ鹿児島県でも海を隔てた徳之島に暮らすお二人と

サンプルリングを送ったり、電話でお話をして、ともに歩んだ指輪作りの道のりでした。

 

制作中はしとしと雨が多くって、窓の向こうに大きな虹も出たなあ。。

緋寒桜も咲いたし、シダの新芽もニョキニョキだった。

 

12月なのにこちらは暑いです!と伝えると、うちは半袖です!

と南国ならではの会話もあったりして。

 

お二人とご一緒した時間もまた素敵な思い出で、

出来上がったリングを手にすると、

喜びが胸いっぱいに溢れてきた。

 

ありがとう。

そしていいことを思いついた笑

少し前に屋久島に暮らしていた彼女。

多分よく眺めただろう宮之浦の桜がタイミングよく咲いたので、指輪を持って出かけてみた。

Sakura×18k pink gold

 

桜の花にピンクゴールド。

ピンクゴールドはこれまでもお気に入りだったけど、

こうして眺めると、

なんとも優しげな印象を感じるものですね。

 

出来上がったばかりのお二人のリングに

桜の花や屋久島の空が映ってて!

 

お二人がこのリングを手に取ると、

それからはまた新しい景色を映すのだろう。

 

出会うってほんと素敵です。

 

海の向こう、徳之島に暮らすお二人に。

ご結婚おめでとうございます!

 

そしてなんと、

実はお二人とは屋久島でお会いする予定があるのです!

ありがとう。

楽しみはもう少し続きます。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

お二人の“好き!”をデザインに。屋久島ー徳之島 森と海を感じる、ピンクゴールド結婚指輪作り

始まり編

屋久島サウス、大きな虹とピンクゴールド結婚指輪作り 始まり編

 

SNSもやってます

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

一日の始まりに出会った朝露。ゴールドでしずくのピアスを作ろう。#屋久島

夜明けの時刻がずいぶんと早くなってきた。

そして何より寒くなくなったので、朝の散歩がイージーになった。

いい具合の朝露にも出会えたことだし、

今日もまたゴールドを使ってしずくをテーマとするジュエリーを作り進めることに決めた。

 

こちらは昨日の制作記。

いよいよ三月からオープンとなるしずくギャラリー。

そこで展示を飾るピアスやネックレスをゴールドと夜光貝を組み合わせて作っています。

屋久島の雨や月、海のこと。日々のささやかな出会いや喜びをかたちに現して、ジュエリーを作る。

この日の作業もピアスの金具作りからでした。

まずはゴールドの細い線を金槌でコンコン、コンコンと叩くことから始める。

こうして土台に凸凹のついたハンマーを添えて、

上からも同じく凸凹表面のハンマーで叩き続けた。

 

0.75mmと細いゴールドの線をくるくると回しながら、

全体に凸凹模様をスタンプするように、さらにコンコンコン。

その強弱具合はこれまで何度もハンマーワークを繰り返してきたフィーリングだけが頼りになっていた。

 

すっかり年季の入ったハンマーは

10年以上前に自分で創作した物や、

大先輩が引退される際に譲り受けたもの。

いよいよ造形作業の工程がやってきた。

 

出来上がった凸凹ゴールド線は手の中でくるりと回したり、

芯棒に当てて曲げたり、ペンチでキュッと力をかけたりして変化を与える。

 

測ることはしなくて、手の感覚で作り進めるので、

何となく不揃いかもしれないけど、

それがきっと、作品に必要な揺らぎとなるだろう。

朝のしずくから始まって、一日の最後に出来上がったゴールドのしずく。

小さいけれど、とても大切に感じられた、ふた粒。

 

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

SNSやってます!
https://keijewellery-yakushima.com/?p=19257

屋久島の雨や月、海のこと。日々のささやかな出会いや喜びをかたちに現して、ジュエリーを作る。

2月最後の1週間が始まりました。

まだまだ冬のリンゴや安納芋も食べたいし、

でもあたたかな日が続くので山盛りサラダやアイスコーヒーなども美味しく感じる屋久島サウスです。

 

皆さま、この二月はいかがですか?

 

北海道の友人からはまだ雪が降ってるとのお話も聞いておりますので、

朝夕の冷え込みに気をつけて、どうぞあたたかくしてお過ごしくださいね。

さて、アトリエでは新しいジュエリー作り始まりました。

三月からオープンするしずくギャラリーの展示準備をしています。

その制作ラインナップ。

海の泡ピアス
雨の雫ピアス
海の月ネックレス
海の雫ピアス

今こうしてピックアップしてみると、全部がポツリとしずくをモチーフにしたジュエリーだったことに気がついた。

いつもの馴染みの顔ぶれであります。

 

おそらく、一生のうちに100作品くらいだろうか。

これは絶対!というお気に入りのデザインが生まれれば最高だなと思ってて、

これから作るジュエリーはその中に入る4つのお気に入り。

これまでにも作ってきたけど、これからもずっと作っていきたい作品だ。

 

まずはイエローゴールドで丸やしずく、月をかたどる。

小さな丸はピアスの金具になるように、3個を組み合わせて一つにした。

 

そして、それぞれのゴールドは同じく丸やしずく、月の形をした夜光貝と一緒になってピアスやネックレスが出来上がる予定。

 

屋久島の雨や月、海のこと。

日々のささやかな出会いや喜びをかたちに現したジュエリーたちを思い浮かべると、ドキドキと高揚感に包まれた。

 

なんだかソワソワ感にも包まれる笑。

そして、海へ出かけた。

昼が長くなって、夜が短くなってまいりました。

昼と夜の境界線。

大好きな時間です。

 

Calm and peaceful.

Simple days we have together.

そんな言葉も同じように大好きです。

 

屋久島サウス、春の始まりを集めたよ

屋久島サウスで出会った春の始まり。

新学期や新しい職場、おひな祭り、、

フレッシュな準備いろいろある季節ですね。

新ジャガも見るし、タケノコも気になってきた。

山菜も食べたいし、はまゆさんのケーキもそろそろ食べたいし。

2020年はどんな春になるのだろう。

ジュエリー作りも明日から新章始まります!ドキドキ。

2.0mm and 2.3mm wave ring in platinum

material: platinum
size: left:2.3mm wide , right: 2.0mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島で出会った海のリズム、プラチナリング。オーダーメイドでお届けする結婚指輪

屋久島ーモスクワ、不思議なつながり感じたジュエリー作り。シルバー×アクアマリン “ツユクサのネックレス”

この海のずっと向こう、

ずっとずっと向こうにジュエリーが届くのかあ。

 

郵便局で荷物を送り出したあと、なんとなく遠くが見たくなって

すぐ近くの岬まで歩いて海を眺めた。

ツユクサのネックレス silver, 18k yellow gold, aquamarine

 

モスクワに暮らす彼女にお届けするツユクサのネックレス。

シルバーにイエローゴールドの装飾を加えて作りました。

 

お花の中央には天然石をセットして、きらり。

雨の季節に咲くツユクサにはやっぱりアクアマリンがよく似合います。

 

クローズアップで見ていますが、

小指の先の乗るほどの繊細な大きさなのですよ。

こちら屋久島でも梅雨前になると、あちらこちらで見ることが出来るツユクサの花。

 

朝一番、ツユクサに出会うと、ワッと心が躍ります。

なんだかいいことありそうな気がするのはなぜだろう。

 

そんなささやかな感動をキュッと詰め込むことができればいいなと思ったのが、このネックレスをきっかけだったのをよく覚えてる。

さっそく庭に持ち出してみる。

 

風でゆらゆらと揺れる。軽やかに。

1.5mmとすごく小さなはずなのに、アクアマリンが印象深かったのは、

カッティングされた表面に光が乱反射していたからだろう。

光が当たるとシルバーが白く輝き、影に入ると一転、黒っぽい表情も現れた。

「ツユクサが大好きな姉にプレゼントしたいのです!」

と彼女が言ってくれたので、

ネックレスはケースに入れて、リボンを巻いて届けることに。

 

そういえばロシアにもツユクサって咲いてるのかな?

そう思って調べてみると、ツユクサは日本から中国へ、そしてロシアへと世界に広く分布していることのこと。

ロシアの「ツユクサの歌」なんてのも検索で出てきて驚いた。

 

「ツユクサの歌」ではツユクサの青と青い瞳を重ね合わせているようで、

そうか、瞳の色に天然石の色を合わせるのも素敵だなと、新しい発見もありました。

 

屋久島の水に、アクアマリンに、青い瞳に、ツユクサに。

不思議なつながりを感じたジュエリー作り。

インスタグラムだと、遠くても“好き”で繋がることが出来るのが嬉しかった。

声をかけてくれてありがとう!

楽しいジュエリー作りをありがとう!

 

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

ふわり、屋久島サウス さくら通信2020♪ ツユクサのネックレスにアクアマリン。

ふわり、屋久島サウス さくら通信2020♪ ツユクサのネックレスにアクアマリン。

ふわり。

そろそろ咲き始めるかなと思っていつもの公園に行ってみると、やっぱり!

ハチの先客と今年最初の桜timeでした。

 

まだほんの少しの開花だたけど、やっぱり桜の花は特別な気持ちになるものですね。

 

桜が咲いて、タンポポやハコベも、そして百合、紫陽花と。

これから春がやってきて島を飾る色とりどりをイメージしては、ワクワクに包まれてます。

 

そしてツユクサも。

アトリエでは一粒の石を用意して、

小さなネックレス作りもいよいよ最後の仕上げ作業に。

雨の香り。水の音。

ツユクサをイメージした天然石はアクアマリンです。

 

制作編

大好き!ツユクサのネックレスを作る。屋久島とロシア、大切な気持ちを分かち合う。

 

 

*おまけ

寒さが緩んだからか、のんびりと集まってきた猫。ネコ。ねこ。

明日もゆっくりまいりましょう。

大好き!ツユクサのネックレスを作る。屋久島とロシア、大切な気持ちを分かち合う。

長く続いた冬の嵐が去って、屋久島サウスに晴れ間が広がった。

穏やかな一日。

 

この3日間は鹿児島と屋久島を結ぶ船も欠航して、

食材や宅急便など流通が途絶えていたので、なんだかほっと一安心。

世界と再びコネクトできたような気分であります笑

嵐の後は、いつもの草花チェックを。

スモモの花の蕾もポコポコで!

まだまだ冷たい空気の中に、あたたかな芽生えを感じては、

これからやってくる春のこと、そして島を飾る花々のことに思いを馳せています。

 

始まりの季節ですね。

アトリエでも新しいジュエリー作りが始まりました。

シルバーでかたどった小さな花。

 

わたしの大好きな花の一つツユクサをモチーフにこれまでに何度もネックレスを作っていて、その作品をインスタグラムで見てくれたのが今回のジュエリー作りの始まりだった。

 

はるか海のずっとずっと向こうから、「姉の大好きな花で!」というメッセージをいただいのです。

 

国境を越えたツユクサ好き。

ツユクサの輪。

可憐な小花love

雨上がりのラッキーアイテム

 

大切にしているものを分かち合えてあような気がして嬉しかった。

小さなパーツ同士にバーナーの火を当てて接続する。

ピンセットとルーペを片手に進める精密な作業だ。

じっくりと手作業で作り進めるうちに心がスーッと平らに広がった。

 

作業がひと段落したところで向かったのはサウスの銘店パンドシュクルさん。

今日はここでコロッケパンとエビカツサンドを買い求め、

冷たい牛乳と一緒にいただいてからの、

海に出かけることに。

いつもの冬の一日です。

 

今日もここにお越しいただきましてありがとうございました!

皆さまも美味しい冬の一日を♪