Blog

k20イエローゴールドの響き、屋久島からロサンゼルスにお届けする結婚指輪の物語 #屋久島でつくる結婚指輪

ビーチで眺めたシルエット。

素敵な夕暮れ時でした。

お二人の結婚指輪がオレンジ色の光に、打ち寄せる波の音に溶けていきそうでした。

 

 

お二人は今ロサンゼルスに住んでいます。

初夏の雨に包まれていた相談会の思い出。

遠くからアトリエまで会いきにてくれてありがとう!

アメリカから屋久島に新婚旅行で訪れたお二人と、雨の日の相談会でした #屋久島でつくる結婚指輪

 

花を眺めたり、月も、夜明けも、りんごのケーキも。

豊かな色彩に包まれた制作の日々だったなあ。

屋久島-ロサンゼルス、温もり感じる結婚指輪作りの日々 #屋久島でつくる結婚指輪 #k20イエローゴールド

 

ここで生まれたアイデアやデザインは未来の指輪作りへと繋がってゆく。

長い時間の中でデザインが育まれゆくところがオーダーメイドの素敵なところだなと思います。

 

お二人との指輪作りで生まれたエッセンスのようなものも、きっといつかの誰かに受け継がれてゆくのだろう。

そう思うと胸の高まりを抑えることができません。

 

お二人と相談を重ねた素材選びでは大切にしたことがありました。

どこか古の雅やかさを感じる、k20イエローゴールドの色彩が私もお気に入りなのです。

 

リング幅は2.5mmです。

一つの素材をお二人で分かち合うように、ぴたりとお揃いのデザインでお作りしました。

 

k20イエローゴールドというのは?

k24の純金に近しくなるようにゴールド多く配合したものであります。

 

その趣深い黄金色がオリジナルで、

ビーチでは太陽の光を受けてエレガントな輝きを放っていました。

 

どうしても柔らかくなりがちなk20ゴールドであるけれど、

ずっと長くお使いいただけるように、

丈夫に仕上げる工夫を重ねてきたので喜びもひとしおです。

 

表面に施した流線形のラインが柔らかな陰影を作り出していて、

二つのリングを重ね合わせてみると、寄り添う波のリズムのようにも見えました。

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

一つ一つ手作りでお届けをしているため、どうしても詳細を掲載できておりませんが、

価格についての詳しい説明やご予算に合わせたデザインづくりなどもご提案させていただいております。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島から海のずっと向こうに暮らすお二人に。

ご結婚おめでとうございます、穏やかな輝きに包まれた日々を。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

海の向こうのお二人に、オンラインでオーダーメイドのご相談を承っております。

 

屋久島のアトリエにて、結婚指輪の相談会を承っております。

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がりまでの流れ、素材、価格

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

オーダーメイドで生まれる新しいデザイン、イエローゴールド×プラチナ コンビネーションの結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

雨の日が続いている屋久島だけど、足元には草花の緑色を目にするようになってきています。

作業が始まる前に庭先に出てみると、ついつい夢中になって雨上がりの雫を眺め続けてしまいました。

春は土からやってくるのではないか、と思ってしまうくらいに植物たちはいつも敏感に季節を現してくれています。

 

一歩ずつ。一歩ずつ。

今日も小さきものたちに励まされながら、作業机に向かっています。

 

お二人のリングはぴたりと同じアウトラインに造形をしてきたのですが、

彼女のリングにはここからさらに新たなタッチを加えていくことに。

 

細部にお互いの好きな雰囲気を施すことができるのはオーダーメイドの素敵なところでもありますね。

実際に手を動かしているのは今この瞬間かもしれないけれど、このリングを形作っているのはお二人とご一緒してきた数ヶ月の時間だったりもするのです。

 

表面を綺麗に磨きあげるとゴールドとプラチナの境界線がくっきりと浮かび上がりました。

そのラインはリングの側面からもう片側に向かって伸びています。

 

ゴールドとプラチナが二つの場所で出会う斜めのラインも。

彼女のリングに施す緩やかなカーブも。

 

今回の結婚指輪作りで生まれた新しいデザインです。

お二人とわたし、屋久島の季節と。奇跡のような出会いに感謝の気持ちでいぱいです。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

島のリズムから生まれるデザイン。プラチナ×イエローゴールド、コンビネーションの結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪