Blog

桜にまつわる素敵な物語。屋久島からお届けしたピンクゴールドの結婚指輪とベビーリング。#屋久島でつくる結婚指輪

桜の季節になると思い出します。

お二人とご一緒した結婚指輪づくりのことを。

 

ご家族はお元気かな?

屋久島からありがとう。

 

ジュエリーが出来上がって、お届けをして、

その後も長いお付き合いをさせていただけるのも結婚指輪作りの素敵なところだなあと思います。

 

 

たしかに、メンテナンスや新しい制作のご相談をいただくことの多いオーダーメイドのジュエリー作り。

そのようなタイミングでお二人にお会いできたり、近況をお伺いできたり。

まるでお二人の幸せを分けていただいているようで、

感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

もう3年前になりました。

屋久島から海の向こうに暮らすお二人にお作りした結婚指輪には

桜の季節にまつわる素敵な物語がありました。

お二人がピンクゴールドを選んでくれたのも、桜との素敵な出会いでした。

彼のリングが2.6mm幅 彼女のリングが2.3mm幅 

ぴたりとお揃いのデザインです。

表面に流れるラインを施して、リング全体を緩やかにカーブさせるように、手作業でじっくりと仕上げました。

 

波のような、水の巡りのような、有機的な印象を感じるのは、

以前屋久島に暮らしていた彼女が抱いていた大切な印象だったのかもしれません。

 

指輪が出来上がって、お二人で屋久島に受け取りに来てくれたのも嬉しかったなあ。

結婚指輪作りにまつわる色々は宝物のような時間になって、今もまだ色褪せていないのです。

 

そして一年がすぎ、島には桜の季節がやってきました。

 

一年前は2本だったリングが3本に。

お子様が生まれた記念にと、ベビーリングの制作をご依頼いただいたのです。嬉し涙。

 

「ふっくらとして、コロリと可愛くて」と彼女が伝えてくれた赤ちゃんの印象がありまして、

一滴のしずくのような小さなリングをデザインしたのをよく覚えています。

 

表面に彫刻したシダの模様は、実はご両親のリングの内側にも彫刻されているのですよ!

 

せっかくの機会にと、前年にお作りしたお二人のリングをお磨き直しして、

ベビーリングと一緒に記念撮影。

新しい繋がりが育まれ、未来への希望が広がってゆく、

素晴らしい瞬間にご一緒させていただいた指輪作りでした。

 

幸せな時間をありがとう。

 

本当にいろいろなことがあるけれど、

それも含めて全部、

ご家族の暮らしにこれからもずっと指輪が寄り添っていますように。

 

きっとお子様も自然が大好きなのだろうなあ、と遠くを思うひと時。

またいつか屋久島でお会いできると嬉しい。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

結婚指輪のオーダーメイドにつきまして

相談会やサンプルリングのお届け、価格や素材について。

 

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています

2.3mm and 1.7mm-2.6mm wave ring in platinum #屋久島でつくる結婚指輪

material: platinum
size: 2.3mm and 1.7mm-2.6mm

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

プラチナと菜の花と。立春の日、屋久島からお二人にお届けする結婚指輪のお話 #屋久島でつくる結婚指輪

お選びいただいたジュエリーのメンテナンス、お修理につきまして #屋久島でつくる結婚指輪

Kei Nakamura Jewelleryでは、お選びいただいたジュエリーを永く美しくご利用いただくために以下のアフターサービスを用意しております。

・磨き直し(ポリッシング)、仕上直し(表面加工のリフレッシュ)お渡しから無期限、無償にて対応。(送料のみご負担いただきます。)
・サイズ交換(調整) お渡しから1年以内、無償にて対応。(送料のみご負担いただきます。)
・チェーン切れ、その他消耗に対する部品交換 有償にて対応。

 

ご購入いただいたKei Nakamura Jewelleryの作品の修理や点検につきましてはメールかお電話にてお問い合わせください。hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

日々の暮らしの中で指輪できる小さな傷は、お二人が過ごしてきた時間の証のようで愛おしく感じることもあります。

けれども、表面に磨きをかけるとまた元通りの輝きを取り戻すところも金属の素敵な特徴だと思います。

 

長くお使いいただいて、お磨き直しをして、また長くお使いいただく、

そのようなリズムを繰り返すうちにジュエリーは味わいを増してゆきます。

 

長い時間もまた一つの装飾となり、ジュエリーは世界に一つだけのになるのかもしれません。

 

実は、お選びいただいたジュエリーが日々味わいを増してゆく時間に、このようなメンテナンスの作業を介してお付き合いをさせていただけることも私自身の楽しみになっているのです。

 

ジュエリー作りを行っている間は、わたし自身の手でメンテナンスの作業をさせていただきますので、何かあればぜひお声がけいただけると嬉しいです。

 

お預かりしてからは数日か一週間ほどでリフレッシュしたジュエリーをお返しすることになりますが、どんな作業をしているのかは確かに気になるところではありますね。

 

今日はちょうどお預かりしていた2本のリングのお話を。

左側が彼女のプラチナ。右側が彼のシルバー。結婚指輪にとオーダーメイドのお声がけをいただいたリングです。

今回は彼のリングのサイズお直しをご依頼いただいて、久しぶりに屋久島に里帰りとなりました。

 

彼のリングはサイズお直しを完了して、表面を磨き直してマットな質感に整え、仕上までげを終了しています。

 

「せっかくなので、彼女のリングも一緒に送ってください。お磨き直しやりますから!」とお伝えして同封いただいたプラチナリング。よく見ると表面に小さな傷がたくさんついているのがわかりますか?

 

暮らしの中でお使いいただくものですから、お仕事だったり家事だったりで、リングは特に経年の変化を反映しやすいように感じます。

 

でも、大丈夫。お任せください。

彼女のリングも紙やすりを使って、荒い番手から細かい番手へ、ざっとお磨き直しをしてまいりますよ!

 

どうでしょう。つるりとした表情が現れました。

数年前の質感に戻った感じでしょうか。

リフレッシュできてわたしも嬉しい。

 

小さな傷は全て消えているのですが、大きめの傷はあえて残すように仕上げたのも良かったなと思っています。

リングについた傷もまた、お二人が歩んだ時間の印のようなものですからね。

 

これからもどんどん味わい深くなってゆきますように。

ずっとお手伝いさせていただけると最高です。

 

指輪をお届けして、お二人がご結婚されてもう4年が過ぎたのか。

ほんと色々あり過ぎて濃密な日々だったな。

こんな時だからこそ大切にしたいお付き合いがあるなと、最近はしみじみ思います。

いつも本当にありがとう!

 

そしてリングは海を渡りお二人のもとに。

いつかまた、忘れた頃にお磨き直しのご連絡をいただいて、近況なんかをお伝えいただけると、とても嬉しい!

 

金属で作ったリングは私たちよりもずっと長くあり続けるのだからすごいです。

金属の長い時間軸を思うと果てしない気持ちに包まれます。

今こうしてお二人に出会えた奇跡に感謝します。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

シンプルラウンドシェイプの結婚指輪を作りました。春と指輪と、始まりの予感。

結婚指輪の造形作業が完了しました。幸せの始まり。#屋久島でつくる結婚指輪

雨の日が続いている。

秋の終わりから真冬にかけては案外青空の広がる乾いた日が多いので、この湿度を体感すると「ああ、ここはやっぱり屋久島なのだなあ」と認識を見直すことになる。

 

庭先では小さくて白い花がぽつりぽつりと咲き始めた。

木々には黄緑色をした若葉を見ることができる。

島はこれから長くて深い雨の季節を迎えることになる。

 

 

島に暮らすようになって、季節が近い、というよりかは自分自身もその一部分であるように感じるようになった気がする。

2月になれば2月の花が咲いてその花をかたどってジュエリーを作ることは、あるいはとても当たり前のことなのかもしれないな、とも思う。

旬を扱うのは料理もそうだけれど、魚もまた季節を伝えてくれるのだろうなあ、と隣の島でのお二人の暮らしを想う。

 

屋久島と口永良部島をつなぐ結婚指輪作り。

本当に不思議な巡り合いだと思う。

けれどもそこに何か強い結びつきのようなものを感じながら。

海とプラチナリング、お二人との繋がりについて #屋久島でつくる結婚指輪

 

さて、今日も作っていこう。

12月のアトリエでお会いして一緒にイメージしたお二人の結婚指輪だったけれど、

実際にプラチナリングという質量を持って、叩き模様を施してデザインされ、いよいよ形になる時がやってきた。

 

これから毎日手にしていただく指輪だ。エッジを効かせたスクエアシェイプのデザインではあるが、ここは手触りを一番大切にしていきたい。

リングの内側はつるりと丸くしておく。

最初は鉄鋼ヤスリで大きく削り落とし、サンドペーパーを徐々に細やかにしながらスムーズな曲面を作っていく。

 

作り手にとっては出来上がりではあるけれど、お二人にとっては始まりになるのだから、

日々が快適になるようにフレンドリーなつけ心地をここにしっかりと残しておきたい。

 

きっとこの先何十年もお使いいただくことになるだろう。

いつもよりも長い時間を感じながら作業のタッチを進めていく。

作業台の上に散りばめれられたプラチナの小さなかけらがキラキラと輝いて綺麗だった。

 

内側の後に側面を紙やすりで磨き上げていくと、端正なフォルムが手の中に現れた。

生まれたての小さなプラチナリングである。

 

 

日々の中でお使いいただく指輪は使ううちにどうしても小さな傷がついてしまったりするけれど、

このようにして磨き上げると同じ質感や輝きを取り戻すことができるので、記念日や何かのタイミングで時々メンテナンスをするとリフレッシュできるだろう。

ジュエリーが出来上がってこの先もずっと長いお付き合いができるのもオーダーメイドの素敵なところだと思う。

 

指輪の造形作業は無事に終えることができた。美しく着地できたように思う。

これからリングの内側に刻印を施してお二人が島に来るタイミングに合わせてお渡しすることになるだろう。

 

お二人から届いたメールに夏に新しい家族が増えると書いてあった。

何よりも嬉しいメッセージだ。

ご家族との幸せな繋がりは実は今始まったばかりなのだ。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

海とプラチナリング、お二人との繋がりについて #屋久島でつくる結婚指輪

リングの表面に金槌で装飾を施す大切な日。

ずっと雨が降り続いていたのもあって、アトリエに篭っていつかの海の情景に思いを巡らせながら。

 

海の優しさも、決して及ぶことのできないその圧倒的さも好きだ。

 

リングは鉄の芯金に当てておいて、その表面を金槌で打ち付けていく。

もうこれ以上出せないくらいのありったけの力を込めて、一打。

プラチナがスタンプのように小さな平面をつくる。

そしてその小さな平面に重ね合わせるように、ピンポイントで狙いをつけてまた次の一打を振り放つ。

時計の12時の位置、その次は6時の位置、くるりと裏返して、出来るだけ均一な力を与えていく。

平らだったプラチナリングにはいくつもの角度を持った小さな面が与えられ、万華鏡のように立体的な輝きを放ち始めている。

 

プラチナはとてもしなやかな金属である。

力を入れて叩くのに合わせてリングのサイズも少しずつ大きくなっていく。

叩き模様がリングの表面を埋め尽くす時に、彼女の9号サイズよりも少しだけ小さいところにぴたりと着地できるようにうまく呼吸を合わせることが、この作業で一番のチャレンジだったように思う。

 

とても濃密ではあったけれど、短い時間だったのかもしれない。

無事に一連のタッチを終えることができて、アウトラインに生じた歪みを側面からハンマーで叩いて真っ直ぐに戻しているところだ。

 

水はその形を止めることがないのが美しいところではあるけれど、

その一瞬をリングに留めることができると嬉しい。

 

小さな島で海ととても近く暮らしているお二人だ。

きっとどんな時も水の音をどこかに聞いているに違いない。

 

海を眺めて大切な出来事を思い出すように、

お二人のこれまでと、これからが印にようにリングにも刻まれていく、

あたたかで希望に溢れる未来を思い描いている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

水のゆらめきに憧れて。すっきり細身、お揃いのプラチナリング作り #屋久島でつくる結婚指輪

水のゆらめきに憧れて。すっきり細身、お揃いのプラチナリング作り #屋久島でつくる結婚指輪

散歩道には蓮華が咲いていたし、朝露も春特有の潤しさを纏い始めている。窓を開くとふわりと緩んだ空気がアトリエに漂ってきて心地よい。

それにしても南の島ならではの早い春である。

 

宝石を纏っているみたいにキラキラだった朝に癒されて一日の作業を始めることにした。

 

 

屋久島から12キロ先の島に暮らすお二人と同じ季節を分かち合いながら結婚指輪を作っている。

音、手触り、ゆらめき。島の暮らしでいつもどこかに感じている水に憧れて。

プラチナとゆらめきと。水にまつわる結婚指輪作りの始まり #屋久島でつくる結婚指輪

 

さて、アトリエです。

お二人が選んでくれたのはぴたりとお揃いのデザインである。

すっきりと細身のプラチナリング。ゆらめきの装飾。

シンプルであるが故に、そこには印象的な雰囲気が生まれる可能性が大きくなる。

手作業の確かさがジュエリーに個性のようなものを与えるのだと思う。

 

くるりと巻いたプラチナはお二人のサイズに合わせてその両端をカットした。

今回の指輪作りのために配合をしたプラチナはとても硬い。

 

リングの両端をぴたりと合わせて高温の炎に包んで繋ぎ合わせる。

炎を扱う大胆さはもちろん必要ではあるが、なにしろとても小さく繊細なリングである。

足元を確かめながら夜道を歩くように、注意深くタッチを進めなくてはならない。

 

作業の合間には目を休めるために遠い空を眺めた。

何もないのがここでの暮らしの素晴らしさでもあるように思う。

 

2本のプラチナリングは鉄鋼ヤスリを使って表面にある荒をざっと削り落として、一日の終わりには端正なフォルムに整えることができた。

その佇まいを作業台の上に眺める。

まだまだ土台ではあるけれど、その内側にはこれから造形するべき姿を見ることができた。

わたしたちが一緒に作り上げたイメージが形になるつつあることが実感できて喜びがこみあがてきた。

 

思い出してみると小さな作業机の上では実に色々な出来事が起こっていて、その度に一つ一つハードルを越えていくような一日ではあったけど、金属を扱う手作業はまるで生き物と対峙しているようで面白い。

作業はとてもスムーズに流れている。

指輪作りはもう中盤といったところだ。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

プラチナとゆらめきと。水にまつわる結婚指輪作りの始まり #屋久島でつくる結婚指輪

夜明けの海に出かけたのは島に寒波が訪れて北西の力強い波を運んできた朝のことだった。

空は澄み渡り、キリリと研ぎ澄まされた空気が漂っていた。

 

海水は思いのほか冷たく感じられたけれど、海を泳いで何本か波に乗るうちに体と頭がクリアになってくる。

新しい制作を始めるには最高のタイミングだったように思う。

 

プラチナの輝き。水面のゆらめき。海のある暮らし。

水にまつわる結婚指輪作りである。

 

 

大地や海が織りなす響きのようなものに触れることができると、心癒される。

お隣の島に暮らすお二人とは島のリズムで繋がっているように思う。

屋久島-口永良部 アトリエの庭に咲いた山茶花に包まれて、結婚指輪の相談会でした #屋久島でつくる結婚指輪

 

ありがとう。

大切な気持ちを分かち合うことができる喜びに包まれながら、最初の第一歩を。

日々の暮らしの中に出会う何気ない喜びの、その中の一つにこのリングも含まれると素敵だろうと思う。

新しい暮らしを始めてむっちゃ頑張っているお二人にお届けする結婚指輪作りだ。

きらりと輝く時間を生み出すように、一つ一つのタッチを丁寧に重ねていきたい。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島でつくる結婚指輪。お二人にオーダーメイドでお届けする、杉の葉模様のプラチナリング

杉の葉模様を彫刻したプラチナリング。

 

屋久島からお二人にお届けする結婚指輪が

木漏れ日の中で輝いていました。

 

まるで森林浴をしているみたいで、

眺めているだけで爽やかな気持ちに包まれました。

 

 

屋久島のアトリエから皆さまへ。

オーダーメイドの指輪作りでは少しの間お付き合いを頂きながら、

ゆっくりと時間のかかる手作業となりますが、

お二人だけの指輪を大切にお作りさせていただいております。

 

 

海の向こうに暮らすお二人とはメールでデザインのご相談をしたり、サンプルリングをお送りしておりますが、

もちろん、屋久島のアトリエにて相談会も承っております。

 

 

デザイン作りが始まってお届けまでは約3ヶ月ほどでしょうか。

短い間ではありますが、お二人とご一緒できる日々もまた宝物のように思えます。

 

指輪作りに寄り添っていてくれた屋久島の季節もお二人を祝福しているようで。

ありがとう、おめでとうの気持が溢れていて。

わたしも幸せな気持ちに包まれました。

 

リングの表面にお揃いで彫刻した杉の葉模様。

お二人にリクエストをいただいて光沢仕上げにしたのもよかった!

リングは鏡のように屋久島の緑を映していて、思わずうっとり。

 

細やかなリングの表情をお二人のお好みにアレンジしてお作りできるのも、

オーダーメイドの素敵なところだと思います。

 

彫刻模様のベースとなったのは、柔らかなラウンドシェイプのデザインでした。

 

表面の半分は模様にして、あと半分を無地に仕上げてあるので、

場所によって表情が新鮮に感じられるのも嬉しい。

 

お二人の暮らしとともにずっと長くお使いいただけるように、手作業でじっくりと仕上げました。

使ううちに味わい深くなるリングだと思います。

 

きっとお二人も自然が大好きなのだろうなあ、と遠くを思うひと時。

いつか屋久島でお会いできると嬉しく思います。

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

わたくしごとになりますが、

屋久島に暮らすようになって、

何気なく出会う植物たちや海や山々、雨の情景に

ずっと癒されているように思います。

 

そんな日々の喜びや感動をジュエリーにして

皆さまと分かち合うことができれば最高だな!

と思ったのが夢の始まりでした。

 

自然が大好きな皆さまに、

屋久島繋がりの皆さまに、

パートナーを愛する方に、

もちろんご自身のためにも!

 

昔ながらの手作業で、ゆっくりペースのオーダーメイドとなりますが、

皆さまに手に取っていただけると何よりも幸せです。

 

この広い世界で、こうして指輪作りを介してお二人と出会えたことに感謝します。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

屋久島のひとひらを纏うように、

お二人の想いを彫刻模様に施して。

これまでにたくさんの結婚指輪が生まれてきました。

 

大好きなシダ模様

 

リングの内側には彼女のお名前にちなんで菜の花模様を彫刻しました

 

りんご模様はいかがでしょうか?

 

皆さまと幸せなジュエリー作りのひと時を分かち合うことができれば幸いです。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

結婚指輪のオーダーメイドにつきまして #屋久島でつくる結婚指輪

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

 

島民にも優しくて愛されているホテル、サンカラさんで季節のフルーツたっぷりのタルト #屋久島日々の暮らしとジュエリー

島民にも優しくて愛されているホテル、サンカラさんで季節のフルーツたっぷりのタルトをお持ち帰りしました。

確定申告中の数字いっぱいの頭でしたが、むっちゃ癒されました。

今まではずっとショートケーキ一筋だったのだけど、これからはタルト一筋に変更あるかも!

屋久島に咲く季節の花をかたどって小さなネックレスを作っています #屋久島でつくる結婚指輪

爽やかな春。

装いも軽やかになって、ジュエリーを纏って出かけたくなるこの頃です。

 

色とりどりの花は眺めるだけでも幸せになりますが、

屋久島に咲く季節の花に憧れて、小さなネックレスを作っています。

 

 

そして今日は、

春の花をモチーフにしたジュエリーを三つ集めてみました。

 

三月の花、ルリハコベ。

四月の花、タンカン。

五月の花、百合。

 

庭先に、散歩道に出会う花をモチーフにネックレスを作ろうと思ったのは

屋久島に暮らしてすぐのことでした。

 

つけぱなしでも大丈夫なサイズ感で、

お花の個性が表現できると嬉しいなと、

長い時間作業机に向かい、

 

1cm弱の小さなペンダントが出来上がりました。

 

3月の花、ルリハコベ。

いつもの散歩道に咲く小さな小花です。

 

このブルーはやっぱり

 

ルリハコベのネックレス platinum, 18k yellow gold, sapphire

 

サファイアがピッタリだったのです。

 

素材は花びらのプラチナとの組み合わせですが、

ルリハコベらしい額の部分をゴールドで細工してアクセントを加えました。

 

シルバーでもお作りできるのですが、

つけっぱなしすることを考えると、

やっぱりプラチナ、ゴールドが変色なくて安心なのですよね。

 

お守りのように、ずっと長くお使いいただけるジュエリーを作りたかった!

 

植物の繊細で精巧なフォルムは肌触り柔らかでした。

 

ミカンのネックレス 18k yellow gold, diamond

 

ミカンのネックレス。

屋久島の名産タンカンの花であります。

 

 

清楚で甘い香り。

ゴールドでもプラチナでお作りしても美しい。

 

ミカンのネックレス platinum, 18k yellow gold, diamond

 

さりげなくて、でも特別で。

屋久島のかけらのようなネックレスは、

金属や天然石の種類をお好みにアレンジして、

お作りしています。

 

チェーンの長さもご自由にお選びいただけますので、

こちらにご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

百合のネックレス platinum, 18k yellow gold, diamond

 

五月になると屋久島の里を華やかに飾る白い百合。

 

毎朝庭先に開花を眺めながら、

じっくりと手作業で仕上げました。

 

もちろん自然の中でも、

とても上品なのでフォーマルなシーンでも、

たくさん活躍してくれる、

わたしもお気に入りのネックレスです。

 

 

屋久島の季節にありがとう。

 

ゴールドだったり、プラチナだったり、

冷たい金属でつくるジュエリーではありますが、

花々の香りに包まれるような、あたたかい幸せを感じています。

 

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

屋久島の季節を纏うように。島で出会う草花や海、月星をモチーフにしたジュエリーを作っています

 

紫陽花、梅雨くさ、ひまわり

紫陽花、ツユクサ、ひまわり、屋久島に咲く季節の花かたどって小さなネックレスを作っています #屋久島でつくる結婚指輪

 

プルメリア、サキシマフヨウ、コスモス

コスモス、芙蓉、プルメリア、秋の屋久島に咲く花に憧れて小さなネックレスを作りました #屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドでお二人だけの結婚指輪をお届けしています。

 

海の向こうのお二人に、オンラインでオーダーメイドのご相談を承っております。

 

屋久島のアトリエにて、結婚指輪の相談会を承っております。

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がりまでの流れ、素材、価格

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

イエローゴールド×プラチナ、ラウンドシェイプのコンビネーションリング #屋久島でつくる結婚指輪

material: platinum, 18k yellow gold
size: 2.0mm wide and 2.3mm wide 

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島から沖縄にお届けする結婚指輪。イエローゴールドとプラチナのコンビネーションリング #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島から沖縄にお届けする結婚指輪。イエローゴールドとプラチナのコンビネーションリング #屋久島でつくる結婚指輪

イエローゴールドとプラチナのコンビネーションリング。

海辺で眺めたお二人の結婚指輪。

まだ冷たく感じた潮風と波の音。

屋久島と沖縄をつなぐオーダーメイド。

お二人との素敵な出会いにありがとう。

 

 

冬から春へ。沖縄から屋久島へ。

お二人の結婚指輪づくりは季節の巡りを感じながら。

お二人の結婚指輪が完成に近づいて、アトリエには春の知らせが届きました #屋久島でつくる結婚指輪

 

海と緑があって、花や果実がいつも季節を教えてくれる。

星や雨もそうかもしれません。

お二人とは島のリズムで繋がっているように思うのです。

 

とても広いこの世界ではあるけれど、大切な何かを分かち合えると、そこに確かな結びつきのようなものを感じることができる気がします。

 

奇跡のような、けれども必然のような。

沖縄に暮らすお二人にお声がけをいただいて、

幸せな心地に包まれて結婚指輪をお作りしました。

 

 いつも眺めている海からインスピレーションを受けて出来上がった、

イエローゴールドとプラチナのコンビネーションリングです。

 

 波打ち際でリングをそっと手に取ってみる。

イエローゴールドの艶やかな色彩に思わずうっとり。

 

彼の2.3mm、彼女の2.0mm幅

細身のラウンドシェイプのデザインでお作りしたリングが寄り添って、

まるで二つで一つであるように見えました。

 

プラチナサイドは海を通り抜ける風のように爽やかです。

 

リング1週の50%ずつをゴールドとプラチナで分けているので、

角度によっていつも新しい表情を見ることができるのも嬉しいですね。

 

とても軽やかな雰囲気ではあるけれど、太陽の強い光を受けて反射する輝きはとても力強い。

手の中に確かな重みを感じられるのはプラチナとゴールドの素敵なところだと思います。

 

 二つの金属が出会う斜めのラインをリングの向かい合わせに2箇所作ったこと。

彼女のリングに緩やかなカーブをつけたこと。

 

お二人との結婚指輪作りで生まれた新しいデザインがありました。

 

たしかに、わたしがお作りする結婚指輪ではありますが、

いただいたものがたくさんあったオーダーメイドだったように思います。

新しい暮らしを始めるお二人とご一緒する時間はいつも喜びに満ちています。

 

そして、ここで生まれたデザインがまた別の未来へと繋がっていくのかもしれませんね。

そう思うとまた胸がドキドキします。

 

海までの道ではスモモの花が咲いているのに出会って

思わず途中下車をしてしまいました。

スモモの白い花が咲くと屋久島に春が訪れた合図です。

 

ご結婚おめでとうございます。

お二人に屋久島から溢れる祝福を

 

いつの日か屋久島にもいらしてくださいね。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547