Blog

手の中にダイヤモンドの星空が広がった。シャンパンゴールドでつくる、 月にまつわる結婚指輪。#屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 屋久島の月モチーフ ゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

去年に婚約指輪をお作りした二人のために

いま結婚指輪を作ってます。

シダの葉をモチーフにしたエンゲージリングに続いて、

今回は月をテーマとする指輪の制作です。

 

今日はその大切な工程。

月の造形を模した石枠とにリングを組み合わせる作業が無事に終わり、

ホッと一息。

 

微妙な角度、

繊細な配置、

接続具合、

全てが手作業によるものなので、

出来上がるものは必ず一つしかない指輪となるのです。

 

空気感や、お天気まで、

屋久島の時間やその時のフィーリングが写し込まれる瞬間。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 ジュエリーのアトリエ 屋久島の月モチーフ ゴールド、ダイヤモンド 屋久島でつくる結婚指輪

綺麗に指輪を磨き上げて、

これからセットするダイヤモンドを並べてイメージを高めているところ。

 

4.4mmと大きなダイヤモンドと

0.8mmほどの小さな小さなダイヤモンドを周りに散りばめてみると、

そこに小さな星空が広がったように思えた。

 

自分の手に中に、暮らしに中に

いつも月や星を感じていることができると

どんなにも素敵なことだろう。

 

ここ屋久島で暮らすようになり、

月に対する思い入れが一層強くなったのは

とても自然なことでした。

 

今日は大潮だからねえ。。とか、

やたら明るいと思ったら、もうすぐ満月か。。などなど

いつもの暮らしの中で月の話が出てくるのが

街で生まれ育ったわたしにとっては、今でも新鮮なことに感じてしまう。

 

こちらレディースのリングと同じく、

メンズのリングにも小さなダイヤをセットする予定ですので、

せっかくなので、一緒に作業いたしますね。

次はメンズリングです!

 

屋久島しずくギャラリー外観 屋久島の緑、青空 オーダーメイドジュエリーの販売 屋久島でつくる結婚指輪

「昼過ぎに平内まで行きます!ギャラリーで会えますか?」

フェイスブックのメッセージが入って、

しずくギャラリーに向かった。

 

屋久島しずくギャラリー 結婚指輪の相談会 屋久島でつくる結婚指輪 トレーに指輪 ゴールド、シルバー

ちょうど今、島に暮らすお二人の結婚指輪作りを進めていて、

今度近くに来た時にサンプルリングを試してください!

そんなお話をしていたところだったのです。

身軽なスタイルも屋久島流ですね。

 

ギャラリーでは

素材のこと、デザインのこと、最近の漁のこと(彼が漁師さんなので)

などをお話しして、

いよいよ指輪作りが近づいて参りました。

 

 

屋久島しずくギャラリー、ジュエリーのディスプレイ シルバーゴールドリング オーダーメイド結婚指輪のサンプル 屋久島の緑バック 屋久島でつくる結婚指輪

お二人が帰った後に、

ディスプレイに並んだ指輪を眺めて、

あれ?なんだかこの指輪はお二人の雰囲気に似ているなあと感じたり。

あたたかい時間の中で指輪作り進んでいます。

屋久島の海、夕日 屋久島海とジュエリー オーダーメイドジュエリーのモチーフ

今日の思い出。

空の様子も少しずつ秋めいてきた、いつものビーチにて。

 

連休が始まりましたね。

皆さまはどんな予定ありますか?

 

連日の海通いいのせいか、

土曜日のブログを書くのが少し遅くなって今日は朝4時に起きて

書き終えたところです。

 

そして

外も明るくなって来たので、そろそろ海に出かける予定です!

皆さまもどうぞ素敵な週末を♪

屋久島海とジュエリー制作記。シャンパンゴールド×ダイヤモンド、月にまつわる結婚指輪

オーダーメイド結婚指輪の素材 屋久島の緑バック シャンパンゴールド 屋久島でつくる結婚指輪

月にまつわる結婚指輪作り。

今日はリング部分を造形する日。

その素材となるシャンパンゴールドを窓際に持ってきて、

太陽の光の下で眺めることにした。

 

ハイビスカスの緑や赤が映ったり、太陽の光が照り返したり、

金属は世界と共鳴するところがいい。

 

オーダーメイド結婚指輪の制作風景 ジュエリーのアトリエ シャンパンゴールド 指輪 屋久島でつくる結婚指輪

まずはレディースのリングから。

1.7mmと細いスタイルのリングです。

というのも

レディースのリングは昨日仕上がった月形の石枠を組み合わせる予定になっているから。

 

仕上がりがスリムな印象と仕上がるようにと

彼女と打ち合わせを重ねてきた。

毎日着けていられるデザインと、丈夫さにはこだわりました。

 

石が大きくて、リングが細いので、

ぼん、きゅっ、

というスタイルであります。

場面2 オーダーメイド結婚指輪の制作風景 ジュエリーのアトリエ シャンパンゴールド 指輪 屋久島でつくる結婚指輪

火を当てて、リング状に形成し、磨きをかける。

出来上がった指輪の表面を金槌で叩いて

キラキラ模様を施しました。

場面3 オーダーメイド結婚指輪の制作風景 ジュエリーのアトリエ シャンパンゴールド 指輪 屋久島でつくる結婚指輪

1.7mm wide, 18k champagne gold

 

細くて、丈夫、上品なつけ心地。

1.7mmというリング幅、いいかもしれません!

上から眺めると、繊細な中にもしっかりとした芯があるのです。

とっても素敵なフィーリングを見つけました。

 

今日のキラキラはシャンパンゴールドのリングです。

18k champagne gold 1.7mm from SHIZUKU GALLERY on Vimeo.

 

 

夕暮れ時、作業を終えて海へ。

いつものビーチには台風のうねりが届き始めていて

到着する頃にはもう仲間が何人か海に入っていた。

いつものビーチは島の西側に位置する場所にあるので、

サンセットタイムに合わせて海に入ることが多いのです。

 

ここで何本か波に乗って

からのアトリへに戻ることに。

車窓より望む 屋久島の夕暮れ時 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスプレーション

海からの帰り道、バックミラー越しに美しい色彩を確認し、

車を路肩に止めた。

 

屋久島の海、空月 屋久島海とジュエリー オーダーメイドジュエリーのモチーフ

ピンク色に染まった空を眺めていると

上の方に見えた小さな三日月。

ちょうど今作っているリングの月と同じくらいのアウトラインだった。

 

こうして、いつもの暮らしの中で不意に現れる月がある。

月をかたどって作るジュエリーたちは

間違いなくここから生まれてきたのだ。

 

立ち止まったり、遠回りしたり、

思えばそんな時間を長く過ごしているけれど、

こうして小さな輝きを手にすることもある。

この小さな点がずっと続いてゆけばいいのだろう。

 

とくに秋の空には足を止められるのです!

ちかごろ、眼を見張るものがあります。