Blog

たった一つのジュエリーだから。 シャンパンゴールド結婚指輪作りの 1、2、3。

ここ最近、アトリエに篭り結婚指輪を作っていて、

その工程にあまりにも没頭しすぎていた。

周りで何が起きているかわからなくなるほどだった。

 

ヤスリと金槌、シンプルな道具だけを共にして、

手の中で造形を繰り返す指輪作りは

あらかじめルートが予定されているのではなくて、

目的地があって出発地点があるだけの船旅のような作業でもあり。

 

右に触れたら左に舵を取り直して、

遅れたら早く進む。

今目の前にある出来事をどうするか、それだけが見えていた。

 

時には風がおさまって、快適に進むこともあれば、

海が荒れて転びそうになるときもある。

でもその状況全てが作品の一つでもあって、

航海を終えた時には、

なんとも言えないフォルムと出会うことができるのです。

 

たった一つのジュエリー。

シャンパンゴールド結婚指輪作りの、1、2、3。

出来上がった指輪を手に取ると、

たった今、手の中で小さな息吹が生まれたような感覚に包まれた。