Blog

大切なジュエリーを受け継ぐこと。リメイクしてお届けするエメラルドのネックレスとダイヤモンドのブレスレット。#屋久島 #受け継ぐジュエリー

リメイクのジュエリーが出来上がったばかり、屋久島サウスのアトリエです。

庭先の緑にネックレスをそっと添えると、夏の光がエメラルドを通り抜けた。

 

屋久島へ、エメラルドとダイヤモンドの旅路。リメイクのジュエリー作りが始まりました。

ご家族がお使いだった大切なネックレスをお預かりして、エメラルドとダイヤモンドを取り分けて、新しくネックレスとブレスレットを作り進めてきた。

 

彼女とたくさんお話をしたデザインや素材のことが、こうして形になったのがとても嬉しい。

 

見返してみるととても長くなっていたインスタグラムのメッセージ。ここまで長くお付き合いいただいて、ホントありがとう!

エメラルドの個性に導かれるように。オーダーメイド、一つだけのリメイクジュエリー作り。屋久島、制作編

リメイクの作業では、いつもよりも少し長い時間感覚を抱いて作業作りに向かっている。

昔から今へ、そして未来へと、時をバトンタッチするような感覚。

このエメラルドは一体どこからきて、どこへ行くのだろう。

これまで通過してき場所や人たちのことを思い巡らせては、いつも果てしない気持ちに包まれる。

 

そして、屋久島でリメイクの工程を経ることになるなんて!

声をかけてくれた彼女と私、そして屋久島、エメラルドとダイヤモンド、偶然のような必然のような不思議な繋がりを大切に思いながら。

今日は新しく出来上がったジュエリーのお話を。

エメラルドとプラチナ。

日々の暮らしの中でお使いいただけるように、できるだけシンプルに、丈夫なフォルムを作りたかった。

5mmほど、繊細なペンダントトップです。

 

 

エメラルドの力強いこの透明感、島の緑に通じるところがあって好きだなと思う。

強い日差しの下、吸い込まれるような影と光にしばし魅せられながら。

 

少し時間を戻して、リメイクの作業の始まりへ。

お預かりした当時のエメラルドとダイヤモンド。ネックレスに使っていたチェーンはダイヤモンドと組み合わせてブレスレットを作ることに。

ダイヤモンドも同じスクエアシェイプ だったので、エメラルドのネックレスとお揃い感を出せたのがよかった。

指先に乗せると、こんなにも小さくて!

石枠含めて約3mmほどでしょうか。こうなるとキラキラと光の結晶感がすごい。ググッと胸に響いてきます。

 

ジュエリーはカタチのあるものだけど、そのかたちを変えながらも、リメイクの作業を施すのは、大切な人から人へ、このフィーリングを受け継いでゆきたいのかもしれません。

 

やがてネックレスやブレスレットをまた受け継ぐ時がやってきて、

このジュエリーをつけていたあの頃は、なんてストーリーがあったりすると楽しいですね。

昔流行った音楽を聴きながら話すみたいに。

 

 

 

 

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

snsもやっています

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

親から子へ、そして孫の世代へと。何百年も使い続けることができるリメイクジュエリーを。#屋久島 #受け継ぐジュエリー

受け継ぐジュエリー。大切なジュエリーをお預かりして、日々の暮らしでお使いいただけるようリメイクする作業。金属も天然石も、精製や再加工を施すと、そこにまた新たな息吹が吹き込まれます。

親から子へ、そして孫の世代へと、何百年も使い続けることができる。

バトンタッチの瞬間でもありますので、よろしければ制作編も、ぜひ。

エメラルドの個性に導かれるように。オーダーメイド、一つだけのリメイクジュエリー作り。屋久島、制作編

オーダーメイドのジュエリー作りにありがとう。大切にしたい言葉と言葉。#屋久島でつくる結婚指輪

一つの結びつきがあって、一つの表現があって、

ジュエリー作りでずっと探し求めている距離感です。

この頃のキュッとした世界観で、みんなの幸せを分けてもらえるのは何よりも嬉しい。

アトリエとギャラリーを往復する夏の日々。島の友人とは結婚指輪を作っている。

うっとりと魅入ってしまう夜光貝の輝き

いよいよ完成を迎えるエメラルドとダイヤモンドも。

こんなデザインどうですか?今から夜光貝を削るところです。チェーンの長さはどうかな?サンプル無事届きました。暑くなりましたね。あと少しで出来上がりです!

手触り感ある日々のメッセージにありがとう。

 

何気ない日々の暮らしの中にあたたかな幸せを見つけながら、この夏を過ごしてゆこう。

 

 

2.8mm and 2.5mm-1.8mm square with original flower pattern on the surface #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k yellow gold, platinum, diamond, yellow doamond
size:left2.5mm-1.8mm, right2.8mm

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

お二人の大切をキュッと詰め込んで。 オーダーメイド、つながる結婚指輪の物語 #屋久島でつくる結婚指輪

お二人の大切をキュッと詰め込んで。 オーダーメイド、つながる結婚指輪の物語 #屋久島でつくる結婚指輪

夏の中心にいる屋久島サウスです。あの頃は緑も若々しかった、春にお会いしたお二人の結婚指輪が出来上がりました。

晴れやかでもあって、なんだか少し名残惜しいような気もした日。

つながりの中で生まれるもの。オーダーメイドお二人だけの結婚指輪選び #制作編 #屋久島

素材選び、お二人の時間、大切な思い。屋久島しずくギャラリーで春の結婚指輪相談会

ギャラリーでデザイン作りのお話をすることになって、「それまでにデザインで気になることあれば教えてください」って伝えたら、デザインや素材、モチーフのこと、お二人の出会いのこと、「長めになりましたが」といって作ったファイルをメールで送ってくれたりした。

これまでお二人と歩んできた指輪作りの時間が、すでにとても懐かしい。

 

出来上がったばかりの指輪は夕暮れ時の森を歩いて、差し込む光の下で眺めてきた。

チョウチョが寄り添ってきたり、虫の大合唱にも囲まれて、やはりお二人の指輪は自然の中がよく似合っている。

お二人が出会った北海道の自然とこの屋久島の自然が繋げてくれた指輪作りだったのかなと思いながら。

 

その細部を、全体をゆっくりと鑑賞していこう。

彼がプラチナ。彼女がイエローゴールド。

手の中にそっと重ね合わせると、ふわり。柔らかな輝きが広がった。

すっきりと繊細なのに、そこに確かな存在を感じられたのは、プラチナとゴールドの素材が持つ力だろう。

 

アウトラインはとてもシンプルに、スクエアシェイプ waveのデザインとしたのは、そこにレイアウトしたい大切なお花のモチーフがあったから。

 

思えば、この“オオバナノエンレイソウ”のモチーフがすべての始まりで、これを中心に広がり進んだデザイン作りでもあったなあ。

お二人がこれまで過ごした日々がここにキュッと凝縮されているようで、

時間って素晴らしいなあと、あたたかな気持ちに包まれる。

 

そして、残りのキャンバスにはお二人の“これから”を刻んでゆくのも楽しいだろう。新しい思い出やひらめきを記すように。

そんなアイデアを見つけた森の中。

見上げると6時を過ぎているのに!まだ夏の日差しが眩しかった。

 

この屋久島の自然があって、お二人がいて、わたしがいて、オーダーメイドの指輪作りは奇跡のようで、でもどこか必然を含んでいる出会いなのだと思う。ずっと前から知っていたような懐かしさもある。きっとそれは心のずっと奥の方に抱いているもので、その温もりのある繋がりを分かち合うように、バトンタッチするように、作り進めてきたお二人の結婚指輪です。

 

ご一緒できたこの喜びもまた、未来へとつながってゆくと素敵ですね。

 

おめでとうございます。

楽しい指輪作りをありがとう!

体いっぱいで受け止めて、それでも溢れ続けた光いっぱいをお二人に。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

dream of the forest

夏の日差しを逃れて森の中を歩いている。ときおりリングを光にかざしながら。花の模様を眺めてデザイン作りの色々を思い出す。お二人としずくギャラリーで過ごした時間が懐かしい。おめでとう。長い間お待ちいただいてありがとう!

 

屋久島から静岡にお届けする結婚指輪が出来上がりました。

夕暮れ時、リングを持って森へ。

お二人との出会いのことやデザイン作りのこと、花のこと、ダイヤのこと、

歩くうちに溢れてきた想いを明日に書こうと思っていますので、楽しみにしていてください。

大切な気持ち分かち合おう。ピンクゴールド、自然のリズム、屋久島の友人に結婚指輪を作る。

夕暮れ時、ついに造形の完了したお二人のリングを眺めている、屋久島サウスのアトリエです。まだ梅雨を引きずっているのだろうか、霞みがかった山々が美しい。

ピンクゴールドのリングと風景との調和。

手の中でキュッとした硬さの中に感じる、ふわり柔らかな質感が心地よかった。

南国風味に感動!屋久島でオーダーメイドの結婚指輪をつくること。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

島に暮らすお二人に届ける結婚指輪作りでは、山や海、植物と近しい感覚をとても自然に分かち合うことができたなあ。

ここは海っぽい感じで、とか、有機的な質感で、とか、リングのイメージをふわりと伝えることができるのはありがたい。

 

こうやって結婚指輪作りを介して仲間になるように、

気がつけば、いつの間にか、同じような気持ちを共有する誰かを探している。

わたしにとってはそれがジュエリー作りの目的なのかもしれない。

 

ハイビスカスにバナナの葉っぱ、スコールも、島の夏を感じながら作った(この先にもう少し作業があります)リングを眺めてゆこう。

18k pink gold, one of a kind wedding ring

 

手前が出来上がったばかり、彼女のリングです。

ピンクゴールドにマットな質感。リング表面に施した切り返しのラインがスッキリ感。

素材を感じるシンプルなデザインをお二人が好きなのがよくわかります。

彼のリングを重ねてみる。

リング幅は2本ともに2.3mm。サイズ違いで素材、デザインお揃いのリングです。(このあと彼女のリングにもう少し作業があります)

 

シャープであるような、柔らかであるような、

クローズアップで眺める金属の表情が艶かしい。

ああ、早くつけていただきたい。

 

アートと工芸とのポジションがあるなら、結婚指輪はその中間くらいに位置するのかもしれない。

もちろん日々の暮らしの中で体の一つのようになる感覚があって、また、手から外して眺めてみたり、ときどき細部を気にしてみたりするのも楽しみの一つかなと思っている。

サイズやボリューム具合、つけ心地など、ほどよい制限の中にある素材やデザインのアート性と触れ合う時間が楽しい。細部に表情が豊か。

 

思えば数年越しの作業がひと段落して、ホッと一息。

窓のずっと向こう、遠くの山々を眺める時間。

でも、お二人にお届けするまでが結婚指輪作りですからね笑

楽しい時間はもう少し続きます。

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで

hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

snsもやっています

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

南国風味に感動!屋久島でオーダーメイドの結婚指輪をつくること。

朝の散歩でツユクサに出会うと、ラッキーな気がするのはなぜだろう。わたしだけかなと思っていたら、話してみるとお隣さんもそうみたいで不思議。なんだかいいことありそうだった朝。

5月の百合が咲いて、ツユクサが咲き始めて、また夏の百合が咲いて、島を巡る季節の中にいつも感動を求めている。そしてその感動をかたちに置き換えるように、今日もまたジュエリーを作っている。

 

屋久島リズム、海とピンクゴールド結婚指輪作り。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

この夏に進めているお二人の結婚指輪作りは、何と言ってもハイビスカスやプルメリア、バナナ、パッションフルーツ、トウモロコシ、、、南国風味に彩られているなあ。。今回の素材となっているピンクゴールドの色彩も素敵なアクセントになってくれている。

 

なかなかアトリエにいることが多い2020年の夏だけど、身の回りを賑やかにしてくれている花々とともに、作業の手を進めていこう。

 

粗めの鉄鋼ヤスリ片手に、3割ほどまで削り出す。記録を留めて、休むことなく造形を繰り返す。

ときにはラインを守るように。ルーペ越しに精密ヤスリでカリカリ。

生まれた金属片は溶かして生成して、また次のジュエリーの素材としてリサイクルできるところが、金属の素晴らしいところだと思う。

こうして眺めると、こらキラ星屑のようで綺麗でもあり。

ついついその輝きに魅入ってしまいながら、これから最後の磨き仕上げ作業です。

明日には2本揃いますので、楽しみにしていてください!

 

おまけ。

いつかのトウモロコシの思い出。

テーブルクロスを引いて、トウモロコシ。issou coffeeさんのコーヒーを入れたら、パッケージのイラストがその日のカラーと同じで驚いた!

美味しい色合いなのですね。

皆さまも美味しい1週間を♪

素敵なジュエリーライフを♪

屋久島リズム、海とピンクゴールド結婚指輪作り。

暑い日が続きますね!

夕焼けが海を赤く染まるようになってきた、屋久島サウスより。え、もう?というくらい早く8月がやってきました。

 

この夏もジュエリー作りや海のこと、ご飯のこと、島の暮らしとジュエリーを写真と言葉に現してゆきます。今月もよろしくお願いします!

 

風土を感じて、季節と一つになる。屋久島で結婚指輪をつくること

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

ちょうど今アトリエでは、島の熱帯感を共有している友人に結婚指輪を作っています。

日中はピンクゴールドのリングを手にとって、夕暮れ時になると海に出かける日々。

作業でキューっとなって、海でふわりと緩むリズムがいつの間にか体に馴染んできた。

高いコントラストの中に滲みがあったり(写真)、エッジを立てながら質感を柔らかにだったり(ジュエリー)、塩と甘味で強弱効かせながらのさらに酸味も(お料理)。島で包まれている緩みと厳しさの繰り返しは表現にも影響を与えてゆくのだと思う。

 

手のタッチは柔らかなラインを生み出すだろう。そして、時折回転機械を使い境界線を際立る。そうするとまた柔らかさが広がりを持ち始める。

(しっかり甘辛く味をつけた豚肉にパイナップルの酸味を加えることによって、一層甘辛のコントラストが際立つような、酸味自体にも充足感を覚えるような。。感じかな?)

 

さて、今日の作業も回転道具を使いながら。

側面に少しある平面部分と表面の曲線部分の境界線をつくる工程で、造形作業はいよいよ終盤へ。

このあと紙やすりへ、また回転道具へと、磨き作業を繰り返してゆくと、

リングの表面に柔らかなラインが現れた。

波のリズム、島のリズム。

クローズアップで眺めてみて。うん、いい具合です。

指先に収まるほどに小さいのに、大切感があふれていて、結婚指輪ってやっぱり特別なものだなと思う。

きっとそこには形以上の何かがあって、ジュエリーというよりかは、約束、とか、もっと違うレイヤーの事柄に近いのかもしれません。

 

今日のソバには、冷やしトマトと豆の天ぷらの赤と緑コントラストで。

からの、

次は彼女のリングです。

二つのリングを並べて置いて、イメージ高めて、ここは一気に造形進めようと思っています!