Blog

風土を感じて、季節と一つになる。屋久島で結婚指輪をつくること

7月最後の1日でした。暑い屋久島サウスです!

2020年は実に不思議な季節感となっていて、長かった雨や突然やってきた熱帯感、パッションフルーツにパパイヤも、そんな島の夏をお二人と共有しながら、結婚指輪を作っています。

今日はその制作過程を。

お二人が選んでくれたピンクゴールドの素材はくるりとリング状になって、いよいよここから造形を始めるところ。

 

手のひらにリングを乗せてイメージを高めていたこの瞬間は、このあとスコール続きになるって思ってはいなかった。

巡り会うって素敵。同じ夏を過ごしている屋久島の友人に届ける結婚指輪作り

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

突然の天気雨。やはりここは南の島なのだなと思う。きっとどこかで大きな虹も出ていただろう。

雨が強くなると、窓の向こうを眺めて、庭に出て、また作業に戻る。今日はそんなリズム。

 

 

 

まさにこの熱帯感はバリ島やハワイなんかに通じるところがある気がするけど、今指輪を作っている彼と彼女もインドネシア大好きで、このフィーリングを求めて島に暮らすようになったのかな。

わたしがバリ島に通っていたのはもう25年以上も前のことで、インドネシア風味のお料理屋さんを営む彼女には最近の観光事情や食事事情なんかを教えてもらったりした。

バリでは銀細工や染色関係、木工など、工芸にどっぷりハマったのもよく覚えている。実に今屋久島で行なっている、南の島×工芸のアプローチは18歳のあの頃にインプットされていたのかも。

風土を感じて、季節と一つになる、モノ作り。

 

鉄鋼ヤスリと2本のリング、そしてわたし。あと紙やすりを足して、今日は一日この組み合わせ。

夏の緑を背景に雨を眺めながら。

しずくいっぱいの世界に魅了される。

何時間ほど削り続けただろう。リングに柔らかな表情が生まれ始めた。3人で作り上げたイメージが少しずつ形になるのが嬉しい。

 

からの、ここで一休みです。お昼ご飯はさっと簡単にいきましょう。

ウインナーに半熟卵、キウイ、バゲット、たっぷりのカフェオレ

半熟卵がうまくできたときはテンションが上がりますよね。

この週末も、ささやかな幸せに出会えますように。

 

そしてもう少し作業を続けよう。

自然の中で感じる柔らかさとの接点を求めて。

巡り会うって素敵。同じ夏を過ごしている屋久島の友人に届ける結婚指輪作り

庭先の草をバッサリと刈り込んで(もらって)、すぐ近くまでアプローチできるようになったバナナの木。葉っぱが子供の背丈くらいはある。

しっかりとした実がつきそうな気配があるので、作業の合間に訪れてはここで空を見上げては、リフレッシュしてまた作業机に戻る夏の一日。

同じ夏を過ごしている屋久島の友人に届ける結婚指輪作りです。

 

ピンクゴールド、屋久島の海、夕暮れ色。新しい結婚指輪作りが始まる前に、いつものビーチまでやってきた。#屋久島でつくる結婚指輪

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

彼とは島に来てかなり早い時期に出会っていた。というよりかは、実は島に来て初日に会った人!

屋久島に暮らすことになって、船で海を渡り、家主さんにまずは挨拶に行って、その次に会話をしたのが彼だったのです。当時、彼は電話線を引く工事のお仕事をしていて、「オレも移住してきていて」なんて話ができて嬉しかったのをよく覚えている。

 

今こうしてオレが指輪を作っていて、彼が庭のバナナの木までの道を作ってくれていて(彼は庭づくり、ケーキ作りの名人なのです)、あの時はもちろん想像できなかったけれど、細い糸でここまで繋がっていたのだと考えると面白い。

 

きっと彼もそうだろうと思う。巡り合わせの綱を渡るように時間を紡いで、この南の島で暮らしている直感っぷりには共感するところが大きい。

ほんのささやかな兆しがあって、小さな選択があって、その繰り返しこそが人生なのだろうと思う。

 

巡り合わせというものがあるからこそ、人と場所や、人と人、そして話の中から、いつも新しい何かが生まれてくるのかもしれない。

お二人が出会って、共に過ごす時間があって、わたしがいて、何気ない会話の積み重ねから結婚指輪のデザインが生まれてくるのはとても自然なことだなのだろう。

 

 

これまでのささやかな出来事や、お二人との指輪作りのいろいろを思い出しながら。18k ピンクゴールドをバーナーの火で焼きなまして、じっくりと造形を加えてゆく。

いつもながらの手作業を少しずつふり返っていこう。

まずは最初の第一歩。火を入れてピンクゴールドを加工しやすく柔らかにするのだけれど、

このピンクゴールドが、とても硬い!おそらく結婚指輪作りの素材の中で一番硬いのではないだろうか。

力をいっぱいかけて

しっかりと叩く。仕上がり13.5号と10号を目指して進んでゆく。

お二人ともに手作業の多いお仕事されているので、この硬さが味方になってくれるに違いない。

うっすらと月を眺めて。

このあと光の中に消えていったシジミチョウも。

くるりと2本のリングとなって、今日はここまで。

お揃いデザインの予兆が感じられて、心地よい。

ピンクゴールド、屋久島の海、夕暮れ色。新しい結婚指輪作りが始まる前に、いつものビーチまでやってきた。#屋久島でつくる結婚指輪

新しい結婚指輪作りが始まる前に、いつものビーチまで泳ぎにやってきた。

長い雨を通り抜けて、とてもとても暑かった屋久島サウスです。

作業とは深い関わりはないけれど、ここで最初の第一歩を踏み出すのはセレモニーのようなものかも。お二人の指輪を島のリズムのなかで作ろうと思う。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

ピンクゴールドは夕焼けのような淡赤色。

オレンジ色の光が海面を渡る、屋久島で好きな時間です。

 

そういえば、この結婚指輪を頼んでくれた彼とは、わたしが屋久島に暮らし始めた最初の日に出会ったのだった。

こんなにも長い付き合いになるとは思っていなかった第一島民との出会いについてはまた次のお話に。

 

さあ、夏の結婚指輪作りです。

 

屋久島から海を越えて。素材のこと、デザイン価格のこと、結婚指輪のサンプルリングに添えた手紙

屋久島から鹿児島へ。結婚指輪のサンプルリングをお届けすることになった。この海の向こうに暮らすお二人に。

 

オーダーメイドの結婚指輪作りではお二人と、わたし、一緒にデザイン作りを進めてゆくのだけど、屋久島にはなかなか来ることができない場合もしばしば。

そんな時はいつもこうしてサンプルリングを選んで、お二人のもとに送ることにしています。

素材感やつけ心地、微妙な色合いやデザインの違いも、リングを手にとって試してもらいたい。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

ホームページを見たけど、どれも気になってしまいました!と言ってくれた彼と彼女には、お任せセットとして、わたしのお気に入りのサンプルを揃えることに。

 

素材サンプルがあって、表面仕上げのいろいろやデザインの違いもチェックしやすいリング14本となったので、きっとこれは皆様にも参考にしてもらえるだろうと考えていた。

素材や質感の違いが生み出す効果のことやデザインと価格のことなど、リングに添えた手紙をパブリックな内容に書き直したものを、ここにシェアさせていただきたい。

 

 

結婚指輪のサンプルリングに添えた手紙

一番上の列が素材サンプルです。

左から右に。

プラチナ、18kシャンパンゴールド、18kイエローゴールド、18kピンクゴールド

 

結婚指輪の素材は大まかに色合いで分けると金色系(各種ゴールド)、銀色系(プラチナ、シルバー)に分かれます。

ゴールドは同じ18kゴールドでも配合によって色合いが変化しますので、微妙な違いを比べてみてください。

 

ゴールドとプラチナはシルバーの倍ほどの重さがあり、強度も高くて、繊細な結婚指輪のデザインにはオススメの素材です!

逆に、シルバーをお選びになる場合は、安心して長くお使いいただけるよう、指輪にボリュームをしっかりと持たせてデザインさせていただいております。

 

変色とアレルギー反応、また価格につきましても素材によって違いがありますので、こちらもご参考ください。

 

[素材、変色、アレルギー反応の関係]
シルバー 変色あり アレルギー反応する場合あり 
ゴールド 変色ほとんどなし アレルギー反応ほとんどなし
プラチナ 変色なし アレルギー反応ほぼなし

 

[素材、価格、デザインの関係]
オーダーメイドでの指輪作りでは、金属の種類と重さ、デザインの違いによって、指輪の価格もその時々に合わせたものとなります。

同じデザインでもシルバーよりもプラチナの方がお高くなりますし、同じプラチナでも繊細なデザインの方がお安く収まる、といった具合です。

ご希望の予算にあわせて、お好みのデザインや素材を重視してなど、お二人のリクエストに合わせたご提案、制作を承っておりますのでお気軽に声をかけてください◎

 

silver ring 2本で¥70.000,-より 平均¥120.000.ほど
gold ring, platinum ring 2本で¥150.000,-より 平均¥250.000.ほど

同じデザインに対する素材の価格 プラチナ≒ゴールド≫シルバー

 

さて、

2列目は表面仕上げのサンプルです。全てシルバー、ラウンドシェイプ のリングをベースにそれぞれ異なる表面加工を施しました。

いつもは素材サンプルと同じようにマットに仕上げることが多いですが、光沢具合や手触り感などお好みのスタイルありましたらアレンジいたしますね!

 

左から右に。

鏡面光沢仕上げ、梨地仕上げ(マット感の強い仕上げ)、叩き模様、キラキラ模様

 

また、金属の特徴といたしまして、使ううちにマット仕上げは摩擦で光沢を帯びてきて、光沢仕上げは曇りを帯びて、どうしても中間あたりで落ち着く傾向があります。

指輪の場合は日常使いでの摩擦の力も案外大きくて、叩き模様も角が柔らかになってきます。傷や曇りも含めて経年の変化を楽しみながらお使いいただくようなイメージでしょうか。

その中でもキラキラ模様は摩擦に強い加工ですので、変化少ない方が良い場合はオススメのテクスチャーとなっております。

 

少し長くなりましたね。ここまでいかがでしょうか?

同じラウンドシェイプ のデザインでも、リング幅によって印象が大きく変わりますので、お気に入りのボリューム感も探してみてくださいね。

 

では次に参りましょう。

 

3列目と4列目はデザインのサンプルです。

左から上下上下と、番号順です。

9   11 13
10 12 14 

 

9、10
リングの形を大まかに分けると丸い形、四角い形に分かれます。

9,10は基本的なスクエアシェイプ とラウンドシェイプ のデザインです。表面にはシダ模様の彫刻を施してあります。

シダ模様は1本、2本、内側も、お好みにアレンジしてレイアウトいただけます。

お二人の好きな植物など、コストはかかりますがオリジナル模様も制作させていただけますので、よろしければ声をかけてください。

 

11,12
基本のスクエア、ラウンド、リングのアウトラインをゆるやかにカーブさせたwaveのデザイン。

均一幅で、リング幅に太いところと細いところ、抑揚をつけたりと、アレンジの幅も広いです。

waveのアウトラインはつけたときに指に沿うようなフィット感があり、指周りがすっきりと見えるのが特徴。

 

13.14
waveのデザインは表面に切り込み模様を入れると、さらに動きを感じるデザインになりますよ。

13は均一幅のしっかりボリュームに、14番はwaveリングに、流線型の切り込み模様をプラス致しました。

 

手紙を書き終えて。

 

スタンダードがあるように見えてスタンダードが無いのが、オーダーメイドの結婚指輪作りの素敵なところだと思う。

 

お二人に合わせてお送りするサンプルもその時々で全く違うものになるし、もちろん、出来上がる指輪は世界にひとつだけのものになる。まるでずっと前から決まっていたかのように、そこに導かれるようにスーッと自然にお二人のデザインが出来上がるのだから、すごい。

 

お二人が出会ったきっかけだったり、好きな色だったり、大切な言葉だったり、ほんの些細なこと。それが結婚指輪作りの始まりになればいいと思う。

お二人のこれまでの時間とこれからの時間から、ひとつだけの指輪が生まれるのだから。

 

Contact us

hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

屋久島の夏。咲き始めた百合の花をモチーフに、小さなペンダントを作りました。

きっと雨の終わりになるだろう。やたらと激しく雨の降り続いた屋久島サウスです。

夏の入り口を前にして咲き始めた百合の花をモチーフに、小さなペンダントを作りました。

 

制作中にはモコモコになってきた雲の様子や百合の咲いた日のこと、季節の巡りに出会いました。毎年のことだけど感動だったなあ。

夏のユリが咲き始めたから。新しいネックレスづくりを始めている、屋久島サウスのアトリエです。

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

季節に咲く花に魅せられてジュエリーを作るのは、まるで旬の素材を扱うお寿司屋さんのようでありますね。

屋久島では春と夏に咲く白い百合の花。甘い香りも漂って、とっても素敵なんです。

百合のネックレス silver, yellow gold, diamond

約1cmほど。小さな百合の花を雨上がりの光にかざしながら。ダイヤモンドがきらり。

ネックレスはシルバー×ゴールド×ダイヤモンドの組み合わせとプラチナ×ゴールド×ダイヤモンドの組み合わせを用意しております。

 

お花好きの皆さまに、屋久島好きの皆さまに、小さいもの大好きな皆さまにも、たくさんの方々に手にとっていただけますと幸いです。

 

お好きな素材や天然石をアレンジしてのカスタムメイドも承っておりますので、ピンと来られたときは、ぜひ。

 

Contact us
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

ダイヤモンドをセットしてお届けの用意をした雨の日。

屋久島から大阪に。いつもありがとう!

 

one of a kind flower ring for engagement #屋久島でつくる結婚指輪

material: platinum900, 18k yellow gold, yellow diamond, diamond
size: 0.8mm flower, 2.3mm diamond

Delivery time is within 1 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約1ヶ月。

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com

tel: 0997-47-3547

お二人の特別な日のために。オーダーメイドでお届けしたお花の婚約指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

 

 

お二人の特別な日のために。オーダーメイドでお届けしたお花の婚約指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

そろそろプロポーズの日だろうか。。送り届けた指輪の未来を想っている、屋久島のアトリエです。

大切な記念の品に選んでいただいたジュエリーをお作りするときは、お二人の喜びを少しの間、共有しているような気がして嬉しい。

 

そういえば、お二人と初めて会ったのもツワブキの花が咲く11月の頃だったなあ。

選んでくれたネックレスをつけて東京の個展会場まで来てくれてありがとう。

ちょうど屋久島も寒くなってくる頃、道沿いにツワブキの花が咲き始めて、その黄色い光に励まされるようで。

ぽかぽかと包まれる明るい気持ち、みたいなものを表現したくて、ツワブキをかたどったジュエリーをつくり始めたのをよく覚えている。

特別な日のために。

細部の装飾を彼と一緒にデザインして、オーダーメイドで作りました。

彼女にはずっと秘密だったジュエリー作りです。

 

しずく、木漏れ日、ツワブキの指輪

溢れるひかりをお二人に。

ツワブキの指輪 18k yellow gold, diamond, yellow diamond, diamond

 

イエローダイヤモンドを基調として、その周りに小さなクリアカラーダイヤモンドを散りばめて仕上げました。イエローゴールドとプラチナのコンビネーションリングです。

 

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

屋久島の季節を纏うように。オーダーメイド、誕生月にちなんで百合のネックレスをつくる。

夕暮れ時、水平線を眺める心地よさ。海の日の屋久島サウスです。

長い長い梅雨、とはいうものの、雲はモコモコとなってきているし、アトリエの庭には白い百合の花が咲いて、フレッシュな気持ちで今日も作業机に向かっています。

夏のジュエリーづくり。

夏のユリが咲き始めたから。新しいネックレスづくりを始めている、屋久島サウスのアトリエです。

 

お花をかたどった小さなペンダントは屋久島の季節を飾る花々をモチーフにして作っています。

誕生月に咲く花や、好きな天然石など、たくさんの個性や色彩に出会えますので、よろしければチェックしてみてください。

12flowers

 

自分だけの記念に!という皆様には、お好きな素材を組み合わせたオリジナルジュエリーもお作りしていますのでぜひ。

Contact us
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

百合のネックレスは彼女の誕生月にちなんで。

シルバーにゴールドにダイヤモンドに、小さな素材を組み合わせて有機的なフォルムを造形してゆこう。

季節のかけらを纏うような、そんな時間をお届けしよう。

夏のユリが咲き始めたから。新しいネックレスづくりを始めている、屋久島サウスのアトリエです。

夏のユリが咲き始めたから。

あっ、と思いついて新しいネックレスづくりを始めている、屋久島サウスのアトリエです。

夏の強い日差しが花びらを透過して綺麗。

 

暑さの強いこの季節の百合は短く華やかに咲くのが印象的なので、この刹那的な感覚を味わいながら、ジュエリー作りもキュッと凝縮させて進めようと思う。

 

百合の花をかたどった、シルバーのネックレス作り、まずは最初の第一歩です。

シルバーの板を糸鋸でガリガリと、百合の花びらをなぞって切り抜いてゆく。はみ出さないようにゆっくりと手を進める。

叩いて曲げて、火を当てて柔らかにして、また叩いて造形を深めてゆく。

金属が少しずつ有機的な柔らかさを帯びてくる。

モチーフとなる植物を近くに作業を進めていると、その息吹や躍動感についてのインスピレーションがある。

 

何度も繰り返したはずだけど、いつまでたっても新鮮な花のジュエリーづくり。

巡り来る季節とリズムを合わせてゆこう。

 

屋久島の夏とともに結婚指輪をつくること。すっきり細身、ハンドメイドのプラチナリング #制作編

ここにきてグッと光のコントラストが強くなってきた屋久島です。

仕上げ作業を前に庭先で造形のイメージを膨らませている1日の始まり。

屋久島サウスでは生垣にハイビスカスというスタイルが主流だったりします。

赤やピンク、オレンジ、白のハイビスカスや夏の百合を眺めながら。アトリエでは今日もお二人の結婚指輪作りを進めています。

島の花とともにつくる。

あたたかい雨にハイビスカス、白いユリ。南国 屋久島より海の向こうのお二人に届ける結婚指輪作り。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

それにしても、この季節、植物たちの勢いがハンパない。

少しずつだけど、日々休むことなく変化を続ける花々の姿を前にして、金属でつくる指輪もまた、使ううちに味わいが増すように作ることが出来ればと考えるようになった。

小さな傷もまた装飾の一つになるようにと考えると、リングはできるだけシンプルに仕上げてゆきたい。

 

彼のリング。ラウンドシェイプ 、2.0mm

すっきり細身のデザインにフィットするように、プラチナは強度を高めて丈夫な配合といたしました。

 

そして、鉄鋼ヤスリから精密ヤスリに、そして紙やすりへと。少しずつ細やかなタッチを加えてゆく。手作業のゆるやかな時間が愛おしい。

 

完璧に均整が取られたプロダクツも好きだけど、手作業にはそこから生まれるほんのささやかな歪みがあって、その微妙な誤差にどうしようもなく惹かれるのはなぜだろう。

 

すっと体になじむような有機的な感覚を求めて作業の手を進めて、進めて。

造形がひと段落したところで、リングを持って海の見える丘まで歩くことに。

柔らかに磨き上げたプラチナの表面に海や緑が写り込んでいることに気がつく。

夕暮れ時、2本のプラチナリング、波の音、あたたかだった潮風。心地よくて、丘の上でしばし佇んでしまう。

 

作業はここで折り返し地点。

これからシンプルなリングに加えてゆく装飾の数々は、今、リングに写り込んでいる世界を実際に描き出すような作業になるだろうと思っている。

 

 

snsもやっています