Blog

屋久島の緑が似合う。オーダーメイドでお届けする、お揃いシダ模様×シャンパンゴールドの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

シャンパンゴールドのリングには屋久島の緑が似合う。雨上がりの雫もイルミネーションのようだった。この空気感もお二人に届くと嬉しい。

森の中でよくキャンプをするお二人のイメージがデザインとなって、屋久島の情景と重なり合って、わたしの手を通り抜けて、一つだけの結婚指輪が出来上がった。

お二人とは自然の中で包まれる大切なフィーリングを共有しているような気がする。海を越えての結婚指輪作りでまだお会いできないのだけど、デザイン作りでは言葉や画像をたくさん交わしてきた。

 

「どれも素敵なもので迷いましたが、意外にも2人の意見は同じでした。」

 

「いいですね!では、シダ模様は左右で一つになるように彫刻いたしましょうか?」

「リングを合わせた時に大きなシダと小さなシダが組み合わさるイメージです」

 

何気なく、でも必然のようにお二人のデザインが生まれてゆく。ずっと長くお使いいただける結婚指輪を作りたいから、お二人と真っ直ぐに向かい合っていたい。なかなか慣れない作業にお付き合いいただきまして本当にありがとうございました!

二人で一つのシダ模様×シャンパンゴールド、今までにはなかったお二人だけの結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

リングの造形はあまりに集中しすぎていて作業を写真に収めることができなかったので、出来上がったお二人の結婚指輪はアトリエの庭先でゆっくりと眺めることに。

しとしと雨も上がって、柔らかな光が差し込んできた夕暮れ時。

木漏れ日の下でお二人のリングを手にとってみる。重ね合わせるとシダ模様は一つになる。シャンパンゴールドが屋久島の緑にすっと溶け込んでゆく。お揃い感が伝わってくるのは、リング幅やシダの大きさを微妙に変えて作ったからだろう。ささやかな違いが重なり合い、補い合って、親密さを生み出してくれる。

表面と内側を丸く柔らかにして、側面にはすっきりシャープな平面を施して造形をいたしました。つけ心地軽やかなリングに仕上がったと思う。こらから始まるお二人の暮らしに、優しく寄り添ってくれますように。

ああ、雨が上がって、サキシマフヨウの花も開いたのか。また新しい始まりですね。

まだまだ暖かな屋久島サウスより、ご結婚おめでとうございます!

楽しい指輪作りをありがとうございました。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547