Blog

緋寒桜が咲きました。屋久島の冬とお花のエタニティーリング作り。#屋久島で作る結婚指輪

毎年お決まりの場所に咲き始めた冬の桜を愉しむ。

雨の雫と相まって、ピンク色のドットのような世界にうっとりでした。

 

ここにきてようやく島にも冬がやってきたような。

しんと張り詰める空気の中でお花をモチーフにしたエタニティーリングを作っている。

 

元気になる!紫陽花をかたどるエタニティーリング作り。#屋久島でつくる結婚指輪

 

プラチナとゴールドを手に作業机に向かったり、冬の花々を眺めて冬の海に波を求めたり。

あと、ポンカンにサツマイモを朝の市場に買いに出かけたりして。そして家族の食卓を囲んで。

ささやかではあるけれど、温かで満ち足りた時間は本当にすぐ近くにあるのだなと。

いつも思うけれど、もうこれ以上はイメージできなかったりするものです。

 

花々にはなぜ癒されるのかなと考えるのだけれど、それは今を感じられるからではないかと思うのです。

今、ここに幸せがあるのだなと思えると、なんでもないはずだった一日が素敵に彩られる。

道端で出会う小さな躍動にインスパイアされる。そうだ、今日も精一杯やっていこう、と。

 

ジュエリー作りはそんなささやかな日常の延長にあって欲しいもので、

特別であったり外に向かうような煌びやかさももちろん素敵ではあるけれど、

自分自身をあたたかくしてくれるようなフィーリングもおすすめしたい。

 

咲き始めた紫陽花に出会って、なんだか嬉しくなってしまうような。スマホで写真を撮って大切な人に伝えたくてワクワクするような。ほっこりとした幸せを感じていただける指輪が出来上がるといいなと思います。

 

さてさて、今日のアトリエです。

かたどったプラチナの花は、ほんの5ミリほどだろうか。ピンセットとルーペを片時も離さずに、精密な宝飾の作業は続いている。

小さな花が集まって、一つになって、それがまた集まって大きな一つになってゆく感覚が好き。

 

むっちゃ寒いけれど、細やかな作業の前には窓を開け放っておく。

 

丸い線に圧をかけたり、伸ばしたりして厚みが1.1mm、幅が1.7mmほどの角ばったリングを作った。とても繊細なのだけれど、ゴールドなのでかなりしっかりとしている。プラチナの花を散りばめる土台となるリングだ。

サイズを合わせるために何本かのサンプルをお送りして微妙な調整をしてきたので安心感もある。

なかなかなれない作業にお付き合いいただきましてありがとうございました!

 

夕暮れ時には霰が降って窓の向こうに虹が出た。こんな風にふわりとした雰囲気も良いなと思った。

虹が出てもラッキーだし、出なくてもラッキーだ。明日もまたいつもの屋久島でありますように。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

元気になる!紫陽花をかたどるエタニティーリング作り。#屋久島でつくる結婚指輪

とても寒い冬の日なのに、作業机に向かっていると温かな気持ちに包まれました。

プラチナでかたどる小さな花。

新しい指輪作りが始まっています。

 

屋久島に暮らし始めて花が大好きになって、ジュエリー作りや海と同じくらいに夢中になっている。

庭先や散歩道で出会う感動を分かち合いたくなって、季節の花をかたどってジュエリーにすることにした。どうしても女性的に出来上がるので自分ではつけることができなかったのに。

初めて島で過ごした雨の季節、深い霧の中で色鮮やかに佇む紫陽花は紫陽花がとても印象的だったのをよく覚えている。背丈よりも大きくて、ポコポコと道沿いを飾る色彩を、あの日からずっと変わらず眺めている。

 

小さなプラチナの花はかたちと大きさを変えてたくさん作った。紫陽花は小さきものが集まる佇まいが好き。リングをくるりと囲むスタイルなので、額紫陽花っぽくなるのかな。まだ始まったばかりなのに、なんだか元気になってきた!

 

そういえば、スミレの花は紫陽花と似た色合いでもあるなあ。こちら屋久島は春に向けて新しい開花に出会える頃だ。カメラ片手にとても忙しい季節なのである 笑

 

いよいよ冬本番がやってくる。そして宝飾色の高いジュエリーづくりが続くことになるので、その細やかなタッチを時折ここでピックアップしていこうと思っています。

澄み渡る冬の空気と春の予感。そしてルーペ越しの世界には、何かしらの新しい発見があるかと思います。

大きな世界、小さな世界を一緒に旅しましょう。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島ー埼玉、お二人にお届けする結婚指輪のサンプルリング #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエから埼玉へ。

お二人にお届けする結婚指輪のサンプルリング。

 

上段左から右へ。

k18シャンパンゴールドの素材サンプル
k18イエローゴールドの素材サンプル
k18ピンクゴールドの素材サンプル

下段左から右へ。

ラウンドシェイプ 2.3mm幅
ラウンドシェイプ 2.6mm幅
ラウンドシェイプ 3.0mm幅
ラウンドシェイプ 3.5mm幅

 

意外かもしれないけれど、結婚指輪のオーダーメイドでは海を越えてデザイン作りをご一緒させていただくことの方が多い。

数週間前にメッセージをいただいたお二人とは、メールで気になる素材を伺ったり、お気に入りのリングの画像を送ってもらったりした。

はるか遠くの屋久島まで、大切な指輪作りのお声がけをいただいてありがとうございます!

 

そっと足並みを揃えるように、まずは最初の第一歩だ。

少しずつではあるけれど、たしかにお二人だけのデザインが生まれ始めている。

サンプルリングの他にはサイズゲージ、そしてダイヤモンドのカラーサンプルも同封した。

何はともあれ、質量だったり手触りから伝わることがたくさんある。

 

手に取っていただけると自然とイメージが広がるだろう。

そして、その広がりに心を委ねつつデザイン作りを進めていこう。

イマジネーションに任せてお二人と歩むオーダーメイドの時間はいつも楽しい。

 

ふと足元に目をやると、小さなタンポポがたくさん咲いていることに気がついた。

指輪をお届けする頃にはぽかぽか春の陽気に包まれているのかなと思うとなんだかほっこりとした。

 

お二人と私と、そして屋久島の季節と。

とても細い糸だけれど、あるいはずっと前から強くつながっていたのかもしれない。

 

今、ここにある結婚指輪作りを、共に歩んでいきましょう!

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

大切な結婚指輪作りにオススメするk18ゴールド3種類 #屋久島でつくる結婚指輪

上から下へ。

k18シャンパンゴールド
k18イエローゴールド
k18ピンクゴールド

 

わっ!

こうやって重ね合わせてみると結構お色が違うものですね。

でも、こちら全て同じk18ゴールドなのです。

 

 

長いお付き合いになる結婚指輪だから、

自分に合った素材を選びたい!

 

お色ももちろんだけど、

心に響くような、

そんな素材と出会うことができると素敵ですね。

 

つけていただく方やデザインに合わせて、

これまでたくさんのジュエリーを作り続けて参りました。

 

そんなわたくしも大好きで、みなさまにご紹介したいゴールドがあります。

大切な結婚指輪にオススメしたい、3種類のカラーバリエーション。

 

今日は結婚指輪の素材編です!

 

 

ゴールドの単位、カラットは24進法で数えられるので、

この18金というのは18/24

つまり純金24に対して18の金位を持っているということ。

あとの6はというと、そのゴールドを固く、ジュエリーに適した素材とするべく

銀や銅、パラジウムなど、他の金属がミックスされているのです。

 

3本のリングは全て18金なので、

あとの6に含まれる金属の内容を変化させるだけで

こんなにも表情が変わるのだからスゴイ!

 

ではさっそく、

一つずつ参りましょう。

 

k18シャンパンゴールド

シャンパンゴールドは黄昏時の柔らかな光のような印象でしょうか、

木肌のように有機的な穏やかさもあり、

肌馴染み良いお色かと思います。

 

シャンパンゴールドを纏うことは、あるいは自然そのものを纏うことに近しいのかもしれません。

 

k18ピンクゴールド

シャンパンゴールドが黄昏色なら、

ピンクゴールドは夕焼けのような淡赤色。

落ち着いてシックな色調は案外とメンズにも人気なのですよ。

 

かわいくて、かっこいいピンクゴールドはいかがでしょうか。

 

k18イエローゴールド

穏やかな感じもいいけれど、

もう少し煌びやかさが欲しい!

という場合はイエローゴールドがおすすめです。

 

光を放つような輝きが指元を華やかに、そして上品に飾ってくれます。

 

 

左側がピンクゴールド、右側がシャンパンゴールド

 

面白いのは、

素材を前にすると、

誰もが気に入ったリングに手が伸びるということ。

すーっと、自然に。

 

左側がシャンパンゴールド、右側がイエローゴールド

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

結婚指輪選びでは

素材もデザインも全く同じにしてみたり、

デザインをお揃いで素材を微妙に変えてみたり、

素材が同じででデザインに変化をもたせてみるのも素敵ですね!

 

それぞれが違っていたり、

でも、どこかよく似ていたり、

 

だから結婚指輪選びは面白い!

それってパートナーと同じなのかも。

 

二人つが一つになって、

お二人だけの結婚指輪が生まれる喜びがあります。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

オーダーメイドで大切にしたい、シルバーとプラチナの比較編

オーダーメイドで大切にしたい、シルバーとプラチナの比較編 #屋久島でつくる結婚指輪

 

海の向こうのお二人に、オンラインでオーダーメイドのご相談を承っております。

 

屋久島のアトリエにて、結婚指輪の相談会を承っております。

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がりまでの流れ、素材、価格

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

 

 

 

2.0mm、2.3mm ラウンドシェイプのプラチナリング。限りなくシンプルに、親密な着け心地を。#屋久島でつくる結婚指輪

リング幅は2.0mmと2.3mm、

ラウンドシェイプのプラチナリングは限りなくシンプルなフォルムで、

そして親密さを感じる着け心地に仕上がった。

 

たしかに、これからずっと長いおつきあいとなるお二人の結婚指輪だ。

日々の着け心地だったり、お二人だけの約束のような彫刻模様だったり、繋がっている感覚も。

表面にはに見えてこない細部が印象となり、日に日に大きくなる波紋のように心に響き続けるのかもしれない。

 

そして多彩な表情を演出してくれるプラチナの輝きもお楽しみいただきたい。

今日眺めたお二人のリングは朝の光のように透明だったように思う。

 

出来上がりまでもう少しなのだけれど、爽やかな祝福を感じずにはいられない。

いよいよ始まりの時がやってくるのだなあと、

希望のイメージでいっぱいになった。

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

着け心地やわらかなプラチナリング作り。結婚指輪に包まれる安心感。#屋久島でつくる結婚指輪

 

相談会編

静岡から会いにきてくれたお二人と結婚指輪の相談会! #屋久島でつくる結婚指輪 #オーダーメイド

着け心地やわらかなプラチナリング作り。結婚指輪に包まれる安心感。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。

晴れの日は庭先で過ごす時間が長くなるのは、島の動物たちにも似ているような気がする。

表面を丸く削り出したプラチナリングは、ぽかぽか木漏れ日の中で眺めて。

雨が降って暖かくなり、寒くなると青空が広がるリズム。

爽やかな屋久島の冬に包まれて、お二人の結婚指輪を作っている。

お二人の暮らしにいつも寄り添ってくれている結婚指輪とは。屋久島でつくる結婚指輪

 

秋の屋久島にお越しいただいて、アトリエでお会いして始まったお二人の結婚指輪作りもいよいよあと少しなのか!

島時間でスローに流れる指輪作りにお付き合いをいただきましてありがとうございます!

気持ちは今日の天気のように晴れ晴れしく、

 

透き通る緑の中でプラチナリングも輝いている。

まるで静かに喜んでいるようにも見える。

マットな表情では穏やかではあるけれど、その奥に感じるプラチナの力強が好きだ。

 

ここからさらにヤスリを入れて、アウトラインを精密に仕上げよう。

内側にもカーブを施して、着け心地柔らかにしよう。

 

軽やかな中にも丈夫さだったり確かな着け心地があると、今日も大丈夫だよーと包まれているようで、安心感に満たされる。

 

左手の薬指は一番弱いところだと言われているけれど、なるほど、補い合い守るようなフィーリングは二人が出会うことと響き合っているのかもしれない。

 

結婚をしてもずっと一緒というわけにはいかないだろう、けれどもリングをつけていると二人が共にあることを深く感じられるのではないかと思う。

指輪作りの間はツワブキの花がずっと咲いてくれていたなあ。

季節はまた移ろいつつある。

ありがとう屋久島!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島でつくる結婚指輪。オーダーメイドでお届けする、お二人だけの結婚指輪 #プラチナ #シャンパンゴールド

屋久島に暮らすお二人にお届けする結婚指輪は、

ぽつりぽつり降り始めた雨の中で眺めました。

 

屋久島の雨にはずっと癒されています。

 

 

お二人がアトリエに来てくれた日から、

庭先には山茶花が咲いて、ツワブキの花も咲いて、なんとヒマワリ畑も!

季節は秋から冬になり、そしてポンカンの収穫も始まりました。

お二人とご一緒してきた日々が今となってはほんの少し名残惜しいような。

屋久島で出会う喜び。ご近所さまと結婚指輪の相談会 #屋久島でつくる結婚指輪

 

お二人と屋久島の冬と、そしてわたしと。

今しかない結婚指輪作りだったように思います。

素敵な出会いにありがとう!

大好きな屋久島の冬とお二人の結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

 

たしかに、たくさんの感動に出会える島暮らし。

その中でもやっぱり雨の情景はとても印象的。

しとしと雨のリズムの中で過ごす里の暮らしが、

気が付けばとても大切なものになっています。

 

静かで内側にじんわりとくるような感じでしょうか。

なんだかとってもほっこりなのです。

 

この曲線も、手触りも、厳しさと優しさも。

いつもの屋久島時間から生まれたお二人の結婚指輪なのだなと、

しみじみ感じています。

 

彼女のシャンパンゴールドと

彼のプラチナと

お揃いでオーダーメイドしました。

 

屋久島に暮らすお二人にお届けする結婚指輪。

 

庭先のミモザの木陰でそっとリングを手に取ってみる。

 

丸く、そして緩やかにカーブするアウトライン。

手触り感はとても柔らかいのです。

 

すっきりととても繊細なスタイルでありつつも、

確かな存在感を感じられるのは

プラチナとゴールドの素敵で大好きなところ。

 

シャンパンゴールドのリングはリング幅に抑揚をつけて繊細に。

プラチナリングの方はリング幅を均一にしっかりと。

実のところ、細部のデザインは少しずつ違っていて、

それだからでしょうか、

不思議と近しいような、

二つで一つになるような雰囲気も感じられました。

 

角度を変えるたびに新しくなる光の表情が心にグッと響いてきて!

くるくると遊んでいると不意にしずくがリングに宿って、

なんだか少し嬉しくなりました。

 

こんなフィーリングも島ならではかも。

そう考えてまた楽しくなる。

 

側面に残したシャープな平面、見えますでしょうか?

丸く柔らかでありつつも、シャープに、

そして丈夫になるようにとデザインしたこだわりなのです。

 

アウトドアでの活動が大好きなお二人だから。

屋久島の自然の中でリングと一緒に時間を過ごしてただけるように、

しっかりと丈夫に仕上げたかった!

 

見上げると屋久島の祝福のようだった、雨のしずくたち。

 

 

結婚指輪のオーダーメイドは、わたくしが始まりからお届けまで、

お二人をサポートさせていただいております。

屋久島のアトリエにて、遠方の皆さまにはメールやお電話にて、

ご相談を承っておりますのでぜひお気軽にお声がけください。

 

サンプルリングやサイズゲージの貸し出しも承っておりますので、

こちらよりご連絡を頂けますと

細やかな対応をさせていただけるかと思います。

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

わたくしごとになりますが、

屋久島に暮らすようになって、

何気なく出会う植物たちや海や山々、雨の情景に

ずっと癒されているように思います。

そんな日々の喜びや感動をジュエリーにして

皆さまと分かち合うことができれば最高だな、

と思ったのが夢の始まりだったように思います。

 

自然が大好きな皆さまに、

屋久島繋がりの皆さまに、

パートナーを愛する方に、

もちろんご自身のためにも!

 

昔ながらの手作業で、ゆっくりペースのオーダーメイドとなりますが、

皆さまに手に取っていただけることは何よりも幸せなことです。

 

指輪作りがひと段落して、また新しい時間の始まりですね!

フレッシュなお二人とご一緒できて幸せでした。

 

この広い世界で、お二人と出会えたことに感謝します。

ご結婚おめでとうございます!

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

海の向こうのお二人に、オンラインでオーダーメイドのご相談を承っております。

海の向こうのお二人へ。屋久島からお送りするサンプルリング #屋久島でつくる結婚指輪

 

屋久島のアトリエにて、結婚指輪の相談会を承っております。

屋久島でつくる結婚指輪, 屋久島のアトリエにて相談会を承っております

 

お二人だけの結婚指輪が出来上がりまでの流れ、素材、価格

結婚指輪のオーダーメイドにつきまして #屋久島でつくる結婚指輪

 

インスタグラムでこれまで作ったジュエリーを見ていただけます!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kei Nakamura(@keinakamurajewellery)がシェアした投稿

お二人の暮らしにいつも寄り添ってくれている結婚指輪とは。屋久島でつくる結婚指輪

冬の夜明けが好き。

ほの明るい空に輝く三日月にも、久しぶりに晴れそうな空にも感動しました。

 

ずいぶんと昔に初めて訪れた屋久島で、水の美味しさや空気のクリアさに、一番最初にその違いに気が付いて感動したのをよく覚えている。

いつも当たり前のようにここにあるものが実はとても大切だったりするのだろうなと思う。

 

結婚指輪をお届けして、お二人の暮らしが新しく始まって、

いつもの時間がささやかな喜びに満ちていたらとても素敵。

そんなさりげない時間がとても美しい。

 

 

お二人の暮らしにいつも寄り添ってくれている指輪とは。

穏やかさと高揚感、柔らかさと洗練と。

シーソーのようなバランスがリングに個性を与えるのかもしれない。

屋久島の雨とお二人の結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

 

さて、アトリエです。

彼女のリングを削り出す工程が始まることになり、昨日に造形がひと段落した彼のプラチナリングを横に置いて作業をすることにした。

お二人の結婚指輪は素材もデザインも、内側の細部までぴたりとお揃いに仕上げることになっているからだ。

 

ヤスリでプラチナを削って、ときおり彼のリングを眺めて、またヤスリを手に取るリズムで。

彼のリングが2.3mm幅。彼女が2.0mm幅。

リング幅とサイズは違っているけれど、つけた時にお揃いに見えるボリューム感だと思う。

 

これからはフォーマルな場所に出席することも増えてくるだろうと思うので、

ある種の頼もしさだったりエレガントな雰囲気も意識してタッチを重ねてゆきたい。

 

そうそう、ここで生まれたプラチナの破片は集められてリサイクルされるのですよ。

 

また新しいプラチナ素材となって次のジュエリー作りへとバトンをタッチする。

今この作業はずっと未来まで繋がっていくのだと考えると、

まだ会わない人たちも、時間も自然も、全てが仲間のように思えてきます。

 

空はすっかりと晴れ渡り、裏庭の森を歩くと木々の隙間からたくさんの光が降り注いでいた。

ずっと雨だったのもついていたのかもしれない、

いつもの当たり前の瞬間がいっそう幸せに感じられた。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の雨とお二人の結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

朝はしずくの世界を満喫。

一日の制作が始まる前に爽やかな気持ちに包まれました。

 

お二人の結婚指輪を作っている間も、屋久島の冬はまだまだ深まりそうです。

素材となるプラチナはくるりとリングになったところまでを書きました。

結婚指輪との長いお付き合い。シンプルなプラチナリングを作ること #屋久島でつくる結婚指輪

 

さて、アトリエです。

鉄鋼ヤスリを片手にアウトラインを定めていく、ここからが造形の大切なところです!

今日もじっくりと。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

 

2023、ジュエリーのフォトブック! #屋久島でつくる結婚指輪

ほんとうに久しぶりとなりました。

ジュエリーのフォトブックが出来上がりました。

 

ポストカードサイズで全八ページ、

ジュエリーと屋久島の季節との出会いが楽しい一冊となっております。

 

手のひらで感じる質量も愛おしい!

 

以下、本文より抜粋

屋久島の季節を纏うように。

雨が降れば、しずくの指輪を。

菜の花が咲けば、菜の花のピアスを。

星空に魅せられて、月の指輪を。

屋久島のリズムの中で、ジュエリーをつくっています。

手に取ると、子供の頃のような遊び心に包まれる。

屋久島で生まれた小さな輝きを、

日々の暮らしの中でお楽しみいただけますように。

 

プレゼントご希望の方はメッセージを!

屋久島で出会った感動を分かち合えると幸いです。

 

お問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

結婚指輪との長いお付き合い。シンプルなプラチナリングを作ること #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。

時折降っては止んでを繰り返す、雨のリズムの中でお二人の結婚指輪を作っている。

2023年も16日が過ぎた。

 

濃い緑の中で静かに深く潜る。お二人と一緒に作った印象がいよいよ形になりつつある。

山にまつわる物語。 お二人だけの結婚指輪作りを始めよう。#屋久島でつくる結婚指輪

 

彼女の2.0mm幅 彼の2.3mm幅。

お二人のために配合したプラチナをまずはリング状に加工した。

まだ角ばっていて重たい感じなのは、これから鉄鋼ヤスリを使って大きく削り出しを進めていくからだ。

すっきりとシンプルで、ずっと長くお使いいただける結婚指輪の姿を思い浮かべながら。

シンプルなスタイルのリングは使ううちに味わい深くなるところがよい。

きっとお二人は大好きな山をたくさん歩いたりするだろう。

そうやって小さな傷がついたら、また磨き直して使おう。

 

そうこうするうちに、気がつけばリングとのお付き合いも何十年になっているかもしれない。

実のところ私たちの時間よりも長い金属の時間軸なのである。

とても小さなリングだけれど、大切なことと繋がることができるような気がする。

今だからこそ大地のリズムに寄り添っていたい。

 

長いお付き合いといえば、

結婚指輪のメンテナンスはいつまで有効ですか?

とお声がけいただくことがしばしばある。

そんな時は、

私がいる限りはずっと、と答えるようにしているのです。

 

これからも長く頑張っていかなくちゃ!

 

お二人から初めてメッセージをいただいてからだと、もう4ヶ月に。

庭先では山茶花が咲いて季節は巡ったけれど、ハイビスカスがまた咲き始めていて、

なんだか指輪作りを祝福してくれているように思えて嬉しくなった。

 

島が紡いでくれた素敵なご縁に感謝します。

 

長かった雨もようやく上がるようだ。

 

皆さま、どうぞ素敵な冬の日々を!

今週もどうぞよろしくお願いします。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547