Blog

屋久島の友人に結婚指輪をつくろう。幸せだった、3人で開催した相談会 #屋久島でつくる結婚指輪

庭のツリーハウスに登る、屋久島の長い友人。

彼とはもう10年以上の知り合いになるけれど、幸せなことに結婚指輪の相談会を彼女とオレと3人で開催することになった。

初めて森歩きをした時に同じコースを歩いていたような気もするし、海ではいつも一緒だけれど、指輪のサンプルを挟んで話す時間はとてもフレッシュ。

今のお二人の気持ちを写すようなイメージをつかむことができたのではと思う。

 

シックな彼のチョイスはさすがだなと思ったし、初めてお会いした彼女には丁寧に指輪たちを観ていただけて、楽しい時間をありがとう!

たぶん今年を締めくくるジュエリー作りになるだろう。冬の花々や海とともにある、爽やかな時間になると思うので、制作編もよろしくお願いします。

 

もうすっかりホットコーヒーの季節ですね。

こちらは冬の風が吹くとの予報ですが、皆さまの明日がほっこりあたたかな時間に包まれますように。

 

オーダーメイドで始まる繋がりにありがとう!屋久島から台湾に結婚指輪のサンプルを送る朝 #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。屋久島から台湾に結婚指輪のサンプルをお届けする朝。

こちらは最近雨が少なくなってきて、冬の訪れを感じる場面が多くなってきたけれど、台湾はまだまだ熱帯のムードいっぱいなのだろうか。

遥か南の島に思いを馳せながらお二人の指輪を庭先で眺める。

屋久島に暮らし、結婚指輪をつくるようになってからは、案外遠くの方々と繋がることが多くなったと思う。

屋久島と、彼の暮らす台湾と、彼女の暮らす宮城と、細い糸で紡がれたご縁があって、そこから一組の結婚指輪が生まれる。

昨今の広すぎる世界の中で、何か直感めいた選択を大切にジュエリーを作ってゆけると嬉しい。

ささやかなきっかけを手にとって、声をかけてくれてホントにありがとう!

そして、国内とほぼ変わらない送料で荷物を送ることができる郵便の方々にも感謝感謝です。

繊細ではあるけれど確かな手触りを感じながら、指輪作りを始めよう。

「細くて華奢なラインが好みです!」

楽しい挑戦だなとワクワクしながら作った彼女のリング。これまでで一番細いデザインを、ゴールドでつくる強度を考えてサンプルを仕上げました。

 

彼は彼女とお揃い推しのようで、近しいデザインならオーケーと言ってくれたのも、それってあるだろうなあと、親み深く。

どんな結婚指輪になるのだろうか。

新しく始まった指輪作りを、わたし自身も冒険をするような気持ちで歩き始めている。

 

*

おまけ

スマホにつけたストラップが大きすぎて、ポケットからはみ出していたワンシーン。

今年もなんと!あと2ヶ月と少しとなりましたが、みなさまいかがお過ごしですか?

思い通りのこと、そうじゃないこと、色々ありますが、まあゆっくりいきましょう。

ルーペとピンセットを持たない日 #屋久島日々の暮らしとジュエリー

朝の庭先を歩いた。雨上がりは特別な時間だと思う。今日はルーペとピンセットを持たずに過ごそうと思っていたので、こんな日は見上げたりしゃがんでみたりと、ゆっくり世界を眺めてみる。今日も屋久島にありがとう。

柔らかな朝。

シロツメクサの成長をいつも楽しみに眺めています。

ほんと、よくできているのですよね!ランタナの集まり具合についつい魅入ってしまい

植物の先生でもあるお隣さんに、グミの木と教えてもらった木。少しおすそ分けいただきます。

蜘蛛の巣越しに木漏れ日を見上げて。

山茶花の蕾を見つけては、冬のいろいろを少しずつ考え始めています。

サキシマフヨウ 、ハイビスカス、プルメリア、屋久島の季節とともに結婚指輪を作っています #オーダーメイド

ステンレスの型枠に添えたリングを木槌で叩き、造形も一旦折り返しとなるお二人の結婚指輪。

サキシマフヨウ の開花とともに始まって、秋の気配の中進めてきた制作の日々を振り返る。

 

お二人としずくギャラリーでお会いしたのは夏真っ盛りの頃だった。

あれからは海もあって、ハイビスカスもプルメリアも咲いたし、大きな台風も来たし!なんとも屋久島らしい日々だったなあ。

ここまで長くお付き合いいただいてありがとう!

お二人のストーリーからデザインが生まれる。オーダーメイド、柔らかラウンドシェイプ の結婚指輪、制作編 

結婚指輪を作るときは、今までの暮らしと、これからの暮らしの、お二人が区切り目に立っていることがしばしばで、そのドキドキとした瞬間にご一緒できるのは、わたしにとっても大切な時間となっている。

今までの旅がひと段落して、これから長い旅が始まる、二人で一緒に地図を開いて眺めている、宝物のような時間だなと思う。

 

ちょうど指輪が出来上がる頃に長く暮らした屋久島を旅立つことになっている彼女のリングを今日は眺めながら。

*

 wave ring in platinum

アウトラインにカーブを施したプラチナリング。全体を丸く、柔らかな曲線が包んでいる。

淡いピンクの色合いが心地よくて、サキシマフヨウ 越しに小さなリングの中を眺めているシーン。白色系のプラチナは、暮らしの中で世界の色々を写しこんでくれるだろう。

彼のリング と彼女のリングをここで初めて並べて。スクエアシェイプ とラウンドシェイプ 、それぞれのスタイルが重なり合って、新しい一つの息吹が生まれるような、そんな結婚指輪を思い描いている。

1日が終わる頃、その花を閉じるサキシマフヨウ 。季節の中には、小さな終わりと始まりが重なり合っている。そのサイクルの一部となって、ジュエリーを作ってゆこう。

お二人の指輪が出来上がる頃、島にはまた新しい花が咲き始める。

 

屋久島でつくる結婚指輪

秋の屋久島。サキシマフヨウの花とともに作る、お二人だけの結婚指輪 

秋の屋久島サウスです。サキシマフヨウの花とともに作り進めるお二人の結婚指輪、半ばを過ぎたその制作過程を振り返りながら。

お二人のストーリーと島の季節との出会いから生まれるプラチナリングの造形をご覧いただければと思います。

出来上がる頃にはまた新しい花々が咲き始めていると思います!

 

 

お二人のストーリーからデザインが生まれる。オーダーメイド、柔らかラウンドシェイプ の結婚指輪、制作編 

彼と彼女、そしてわたし。これまで歩んできた結婚指輪作りも、もう半ばを過ぎたのかな。一緒に作り上げたイメージがいよいよ形になってゆく時間はなにものにも変えがたく、楽しい。

彼のスクエアシェイプ とこれから造形を始める彼女のラウンドシェイプ 。アウトラインの違いも大切なアクセントだ。出来上がる指輪は二つで一つになるようなイメージだからだ。

ジュエリー作りで生まれた繋がりにありがとう。お二人と旅するように結婚指輪を作ること。#屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

結婚指輪作りって、お互いが一緒に歩むことを決めて、かなり最初のうちに取り組む共同作業だろうと思う。

いざ、好きなデザインをピックアップしてみると、当たり前のようにそれぞれが違っているのも面白くて。

あ互いの“好き”を隣り合わせると補い合いが生まれて、繋がり一つになる様子を微笑ましく思いながら、いつも作業机に向かっています。

 

プラチナのリングに手を加える度にお二人らしくなってきた。ときおり並べて佇まいを眺めてはまた作業に戻る。彼女のリングは柔らかな手触り感に仕上るだろうか。今日は手の中で息吹を確かめながら進める造形作業を。

 

「全体を柔らかなラインが包み込むようなフォルムが好きです」

しずくギャラリーで彼女が伝えてくれた。彼女のリングはラウンドシェイプ のデザインで。体の一部になるような指輪のイメージをずっと大切に抱いてくれていたようで、とても印象的だった。

丸くて柔らかく。そして、すっきりとシャープに。

お二人の大切なモチーフとなっている月桃についてはもう少し先のお楽しみに。

表面をできるだけ丸くして、内側も柔らかに、そして太さに抑揚を与えたプラチナリング。これまでいくつも作ってきたはずだけど、初めての形であることに気がついた。オーダーメイドの結婚指輪作りでは、つけてくれる人の数だけオリジナルが出来上がるのだと思う。

なるほど、お二人のストーリーからデザインが生まれるのだ。

夕暮れ時、海とプラチナリング。

アウトラインを爽やかな光の下でチェックして、

うんいい具合です。

明日もきっと良くなる。

 

屋久島でつくる結婚指輪

プラチナリングと今日の空 #屋久島でつくる結婚指輪

造形を始めることになった彼女のリング。

島に暮らす(なかなか近所に)彼女とは、彼と一緒に打ち合わせもしたし、ちょっとしたタイミングに待ち合わせをしてサンプルのサイズ確認なども重ねてきた。

振り返ると、それがしずくギャラリーでの最後の打ち合わせのでもあって、なんだか巡り会いを感じるデザイン作りの時間だった。

アウトラインの造形は鉄鋼ヤスリを片手に。

彼女のリングは全体を柔らかなカーブで包むように。ここまで3人でイメージを作り出してきた。

かたちのない思いやイメージが一つのリングとなってゆく、その時間を一緒に楽しんでゆきましょう。

 

屋久島でつくる結婚指輪

ツワブキの指輪 18k yellow gold, diamond #屋久島でつくる結婚指輪

ツワブキの指輪

material: 18k yellow gold, diamond
size: 0.8mm flower, 2.3mm diamond

Delivery time is within 1 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約1ヶ月。

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com

tel: 0997-47-3547

屋久島の季節とともにジュエリーを作ること。ありがとう!ツワブキと紫陽花の指輪 #動画編 

紫陽花の指輪 18k yellow gold, platinum, diamond #屋久島でつくる結婚指輪

紫陽花の指輪

material: 18k yellow gold,platinum, diamond
size: 5.0mm wide

Delivery time is within 1 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約1ヶ月。

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com

tel: 0997-47-3547

 

屋久島の季節とともにジュエリーを作ること。ありがとう!ツワブキと紫陽花の指輪 #動画編 

ジュエリー作りで生まれた繋がりにありがとう。お二人と旅するように結婚指輪を作ること。#屋久島でつくる結婚指輪 #制作編

雨上がり、アトリエの近所を散歩に出かけて朝露を眺めました。朝のしずくはいっそう心地よい。みなさま、この週末はいかがお過ごしでしたか?

アトリエには長野に暮らす友人から驚くほど甘い葡萄が届いていて!それを朝食にいただいて、長野をたっぷり感じて作業を始めることに。ジュエリー作りで生まれた大切な繋がりに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

結婚指輪作りは、お二人とわたしと、ともに描いた地図を片手に旅するようにいつも進んでいて、デザイン作りが始まってから出来上がるまでの数ヶ月の色々もまた、かけがえない時間だなあと思いながら。ジュエリーを形作るのは、きっとそのかたちの向こう側にある事柄のような気がしている。

やっぱり自然が好き!屋久島に暮らして作る、お二人の結婚指輪 #オーダーメイド #制作編

そして2020年の10月は、屋久島の仲間にお届けする結婚指輪を作っている。

長く島に暮らした屋久島から新しい場所へ。おわりのはじまりにまつわる気持ちはきっと幸せな揺らぎなのだろう。そんなフレッシュな心地をシェアしていただきながら作業机に向かうこの頃。

 

今日は、彼のリングの造形プロセスを。プラチナの質感もクローズアップで眺めると心地よいと思います。

鉄鋼ヤスリ1本を片手に彼のリングの造形を進める。シンプルなスクエアシェイプ 、といっても細部に柔らかさを感じていただけると最高だ。手作業ならではのあたたかみあるラインを生み出したいと思っている。

内側は丸く。お仕事柄つけ外しの多くなるだろう彼の指に優しく。

造形がひと段落した彼のリング。リング幅3.0mm、スクエアシェイプ 、プラチナ。ここでお二人の指輪を作ることができる今にありがとう。