Blog

屋久島のひかり、お二人に届けるオーダーメイドのプラチナリング。#屋久島でつくる結婚指輪

木漏れ日の下で爽やかな光のよう。屋久島の夏を丸ごとかけて作ったお二人の結婚指輪が力強く、そして静かに輝いている。

彼から初めてお便りをいただいてから10ヶ月。これまでずっとありがとう!

婚約指輪作りから始まって、その間はずっと世の中で本当にいろいろなことが続いているので、お二人の結婚指輪が出来上がって、ここまでたどり着いて本当に嬉しい。今だからこそ大切にしたい繋がりがある。

初めはサプライズの婚約指輪作りだったけど、結婚指輪作りはいつもお二人一緒で、屋久島と同じ南の島同士で歩んできた道のりもまた楽しかったなあ。

波のリズム、柔らかに。お二人の“好き”が詰まった、オーダーメイド、プラチナの結婚指輪作り #屋久島でつくる結婚指輪

そしてもう一つ嬉しいのは、もうすぐお二人が島に受け取りに来てくれることになっていること。まだ先に楽しみを残しつつ、待ちきれなくて一足先に指輪を眺めている。

お二人との結婚指輪作りではこれまでになかったアプローチにも挑戦しているので、新しい表現や質感も多彩に。

木漏れ日でひんやり涼しそうに見えたプラチナリング。表面を鏡のようにつるりと磨き上げたのも良かった。島の色彩が装飾のように写り込んでいる。きらり光を強く跳ね返したり深い影を作ったり、小さなリングの中にたくさんの表情を感じるのはぐるりと一周に施してある切り込み模様によるものだろう。彼女のリングに散りばめたテクスチャーの輝きが作ったものなのか、自然の光なのか、なかなか区別がつかなかった。

日が穏やかになってきたので、夕暮れ時はビーチで眺めてみることに。

夏のひかりに溶けていきそうだった。お二人の結婚指輪を手にとって、小さなひかりみたいだなと思う。

彼女のリングは3.0mm幅でキラキラの模様を施して。彼のリングは3.8mm幅でシンプルに。

ご家族の暮らしに長く寄り添うジュエリーとなるように、手作業でじっくりと作り上げました。

使ううちに小さな傷も味わいとなって、時間は経過するけれど常に新しくなっていくと嬉しい。

そして時々お磨き直しの作業で指輪が屋久島に里帰りしたりして、そうやってこれからもふわりと繋がっていられる未来を思うと心あたたかになる。

お二人の暮らす徳之島はちょうどこの先の方角にあるはず。

ご結婚おめでとうございます!楽しい結婚指輪作りをありがとう。

そして、物語は最終章へ。屋久島でお二人にお会いできる日がもうすぐそこまで近づいている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

婚約指輪編

お二人の物語と屋久島の時間から生まれた婚約指輪。オーダーメイドでお届けする“月と星の指輪”