Blog

屋久島を感じて作りたい。ハイビスカスと青空、シャンパンゴールド結婚指輪 

生垣にピンク色のハイビスカスが咲き始めた。

今日もアトリエに佇んでの制作日。

窓の向こうではダイナミックに季節が巡っている。

女性の手のひらくらいある大きなハイビスカスが元気になってくるのは夏の勢いが上昇してきた合図なのです。

青空に包まれた1日だった。

 

ジュエリー作りに集中してると、どうしてもアトリエに籠りがちの生活となるけれど、こうして周りを見渡しては、ぐるぐると変化する様子を楽しんでいます。

 

花も咲くし、猫も現れるし、料理を作って、ジュエリーを作って、海にも行く。

ちょっとした変化に気がつくと、自然の一部になれたような気がして嬉しい。

 

ジュエリーのインスピレーションはいつもそんな暮らしの中で生まれていて、

散歩道で、海の中で、キラリと佇んでいるジュエリーがあって、それを手にとって身に纏うようなイメージ。

さて、今日のアトリエです。

三重に暮らす彼と彼女からお便りをいただいて、お二人の結婚指輪を作っています。

 

6月、指輪が出来上がる頃に島に受け取りに行きます!と言ってくれていたのだけど、それはどうも難しくなってしまった。

 

なので、ここ最近はいっそうこの島を感じて作りたい気持ちが大きくなっているのかなと思う。

 

作業台にはシャンパンゴールドの硬くて細い線を。ハンマーを手にして叩き始める。

 

コンコンコン。

気持ちの良いラインを作り出すのは、コンコンとリズムよく叩くのがポイントであります。

彼女のリングには細いところと太いところ、抑揚をつけて繊細な仕上がりと致します。

 

叩いて、削って、火を当てて、くるり。

こちらもリズムよく。

少しずつリングのイメージが見えたきた。

 

それにしても、削る作業でこんなにもゴールドの粉が出るものだなあ。

この金属粉はきちんと集めて保管→精製→再び配合

という手順をとって、また次のジュエリーの素材となるのですよ。

 

素材もまた、共有しながら、次へとつながっていて、

このリングと同じゴールドを遠く離れた誰かも持っているかもと想像すると、果てしない気持ちに包まれる。

シャンパンゴールド、9.5号、幅1.3mm-2.0mm

 

1日の終わり。夕暮れ時。

彼女のリングを眺める。

小さくて、キュッとまっすぐな佇まいだなあと思う。

楽しい指輪作りはまだまだ続きます。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

結婚指輪作り、大切なこと。シャンパンゴールド、屋久島時間、柔らかなつけ心地。

結婚指輪作り、大切なこと。シャンパンゴールド、屋久島時間、柔らかなつけ心地。

長く降り続いた雨が上がって、梅雨入り前の一休みといった具合の屋久島サウスです。

 

みなさま、そちらの5月はいかがでしょうか?

 

ここ最近は始まった雨の季節とともに、海の向こうに暮らすお二人に結婚指輪を作っています。

テーマとなるシダの葉もグンと大きくなってきた。

シャンパンゴールド、シダの葉、雨、ハイビスカス。屋久島の季節とともに結婚指輪を作り始める。

しっとりと湿度と濃い緑に包まれる日々はジュエリー作りにはもってこいで、

屋久島とお二人の指輪とオレ

キュッと凝縮された世界で、まずは彼のリングの造形作業を始めることに。

サイズから始まって、リング幅や、アウトラインの直線と曲線などなど、

細部にお二人の“好き”を詰め込みながら、日々の暮らしに溶け込むような指輪を作り進めています。

彼のリングはスクエアシェイプ がリングデザインのベースとなっているのだけど、

シンプルなフォルムの中に、ここまでお二人と言葉を交わしてきて生まれたインスピレーションをさりげなく並べていきたいと思っている。

リングの造形は大きめの鉄鋼ヤスリを1本使って進めることがほとんど。

表側、側面、内側に、ガリガリとそして柔らかに、造形を加えてく。

リングの内側、丸くラウンドしているのがわかりますか?

こうすると指を包み込んでくれるような優しいつけ心地になるのです。

角のない内側のデザインは、つけ外しの際にもフレンドリーなのが嬉しい。

表面にはほんの、ほんの少しだけ曲線を与えて、光の周りをよくした。

 

表面も内側も、見たところはその変化に気がつかないくらいの作業ではあるけれど、

この微妙な造形は自分自身に響くところで、

毎日ずっとつける結婚指輪では、実はこの内側に向かうデザインがとても大切だなと思っている。

スタイリッシュなスクエアシェイプ のデザインの中に、島の時間を感じるような、柔らかな指輪を作りたい。

 

 

さてさて、作業に集中しすぎました。

お昼ご飯はスナップエンドウとキヌサヤを玉ねぎとハムと一緒に炒めて山盛りいただきました。

豆がいっぱい出てくると、夏近しの合図ですね。

今年は庭のインゲンが育ってくれるといいなあ。。

 

鉄鋼ヤスリでの造形を終えて、ざっと紙やすりで表面を削ってあげると、すっきりとしたフォルムが現れた。

2.5mm square in champagne gold, work in progress

 

うん。いい具合です。

ここで彼のリングから彼女のリンングにバトンタッチしよう。

同じシャンパンゴールドを使って、

スクエアシェイプは同じように柔らかに、

そこにリズミカルな変化も加えてゆこう。

 少しだけ違っていて、二つが揃ったときに一つになるような、

そんな結婚指輪をイメージしています。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

シャンパンゴールド、シダの葉、雨、ハイビスカス。屋久島の季節とともに結婚指輪を作り始める。

雨の日に少しずつ作りました。“シルバー×サファイア” しずくのネックレス #屋久島 #オーダーメイドジュエリー

シルバーのしずくにブルーのサファイアをセットして、

小さなペンダントトップが出来上がりました。

しずくが二つ重なり合うので、しずくのしずくネックレス。

雨の日に少しずつ作り進めてきたジュエリー作りでした。

今日も朝からしとしと雨が降っている。

しずくのしずくネックレス silver, sapphire

 

サファイアはツユクサや紫陽花の青に似ていると思う。

ちょうど庭では紫陽花が咲き始めていて、ムードを盛り上げてくれたし。

 

「花の色が雨のしずくで透けているような感じがいいです。」と彼女が言ってくれたのがとても素敵だなと感じて、

シルバーとサファイアを組み合わせてみると、雨のフィーリングにとてもマッチしていて感動した。

小指の上に乗せてみると、指先にちょこんと収まるくらいに小さい。

小さいものって、なんでこんなにも惹きつけられるのだろう。

雨が降ると、いつもこうして植物に宿る雨のしずくを眺めている。

出会った躍動や感動を表現して、どこかにいる、同じように小さいものが好きな、しずく好きの誰かと分かち合いたい。

ここから生まれてくるようなジュエリーを作りたいなあ。

 

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで

hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

snsやっています

Kei Nakamura Jewellery の Instagram/ Facebook/ Twitter

シャンパンゴールド、シダの葉、雨、ハイビスカス。屋久島の季節とともに結婚指輪を作り始める。

庭の菜園でカボチャの花が咲き始めている。

ここ最近の色々を受けて衝動的に畝を作ったのが4月の21日だったから、これちょうど1ヶ月がたっとことに。

植物の成長ってすごい!と、こう見ると感じるけれど、なんとももどかしいスローペースのモノづくりだったー。

調べてみると、結実させるためには雌花から雌花に受粉作業が必要なことを知って、いざ!と思い立って雄花の準備をすると、周りの花も全部雄花なことに気がついた朝。ホントに?!

なかなか一筋縄にいかないこともありますね。

まあ、いそがずゆっくりといきましょう。

 

さて、アトリエです。

作業机ではこれから始まる結婚指輪作りの材料を準備して、作業工程のイメージを膨らませていた。

イメージのベースとなるのは、数ヶ月間お二人とメールを交わして一緒に作ったデザインとサンプルリング、細部詳細を数字に変換したデータと、

そしてもう一つ。シダの葉っぱも。

お二人の指輪のテーマとなるシダと一緒にシャンパンゴールドを何日か前の雨の日に眺めていた。

いよいよこれからお二人の指輪作りが始まる。

まずはバーナーの火を当てて、シャンパンゴールドが真っ赤になるまで温度を上げる。

そして急冷してあげると、ゴールドがふわりと柔らかになるのです。

すかさず、くるりと巻いてリング状に。

彼のリングサイズは12.7号なので、わたしの手と同じくらいの大きさかな?

リング幅は2.5mm。

うん。いいボリューム具合です。

 

これから彼のリングはスクエアシェイプ のアウトラインを造形してゆくことに。

 

雨も多くなってきて、百合の花から紫陽花へとバトンタッチする頃。

生垣のハイビスカスも元気になってきた。

また新しくなった季節とともに、お二人の指輪作りは続きます。

エメラルド、ルビー、ダイヤモンドでプラチナリングをお揃いに。屋久島で出会った友人にお届けする“オーダーメイド”の結婚指輪。

エメラルド、ルビー、ダイヤモンドをセットして、お揃いのプラチナリングが出来上がりました。

島で出会った友人にお届けする結婚指輪です。

 

お二人が揃ってギャラリーに来てくれたのはヒマワリ咲く去年の夏のことでした。

それから秋になりサキシマフヨウ が咲いて、東京でお会いして指輪作りの話を始めたので、気がつくと半年が!経ったことになるのだなあと、しみじみ。

 

そして森にはオオゴカヨウオウレンの咲く冬になりました。

ここからの数ヶ月がこんなにも凝縮されたものになるとは、もちろん想像もしていなかった。

 

屋久島から海を越えて、長野県と宮城県へ。フェイスブックのメッセンジャーで互いに連絡を取り合って、デザインのことや屋久島旅のこと、今をしっかりと掴むように進めてきたお二人との指輪作りです。

むっちゃ特別で、大切な時間だったーー。

お仕事大変だった時にお付き合いいただいて、ホントありがとう!

emerald, ruby, diamond, 3colors wedding ring in platinum

 

緑、赤、透明。

きっとお二人の間では、それぞれの色に想いがあるのだろう。

今度会ったら聞いてみよう。

 

お二人が選んくれた3個の石はリングの表面に同じバランスでレイアウトしました。

彼女のリングはすっきり細身に、

彼のリングはしっかりと幅広に、

すっきりシャープなラウンドシェイプのデザインです。

 

お互いの好きを形にしつつも、その2本につながりを持たせましょう!

というのは指輪作りで3人が抱いた合言葉でもありました。

ウミガメと杉の新芽をかたどった模様。

 

リング内側に繊細なラインで彫刻いたしました。

 

こうして彼女と彼の好きをキュッと小さくレイアウトすると、

世界で一つ感がグッと広がります。

 

内側のマークは普段見ることができないけれど、

お二人だけの約束のようで、なんとも素敵だなあ。。

もちろん、お友達やご家族にも披露して盛り上がってくださいね!笑

 

ウミガメのイメージがあったので、指輪作りの始まりは海の見える丘まで歩きました。

春の祝福に包まれて、 新しいジュエリー作りが始まる! 屋久島で出会った友人に届ける結婚指輪

 

実は、

杉の新芽やエメラルドの緑を施したリングはやっぱり島の緑がよく似合うだろうなあとも思っていて、

出来上がったら、このリングを持って行こうと考えていた場所があったのです。

清流の音、風と木々の音、緑のバリエーション。

家から歩いてすぐの場所、集落と集落を分ける小川にやってきた。

(近くにこんなにもグリーンな場所があるなんて!ステイホームで得たものもたくさんありました。)

苔むす岩の上にそっとお二人の指輪を置いてみる。

プラチナの表面に屋久島の森が写り込んだ。

 

木々の間から投下する太陽に照らされて、エメラルドが、ルビーが、ダイヤモンドがキラキラと光を放つ。

 

ダークな部分と白く抜ける色調を同時に有するのはプラチナ独特の個性で、

森の中に指輪がすっと溶け込んで思えたのは、プラチナもダイヤモンドも、全て土から生まれた素材でできているからだろう。

 

指輪と自然とのつながりを目の前で感じて、ああ、オレも同じように自然の一部なんだなと、大切なことに気がついた。

 

そう思うと、指輪は自然との架け橋のようでもありますね。

でも、いつかまた、お二人もここに来てください。

深い森に降り注いだ光いっぱいをお二人に。

ご結婚おめでとうございます!

楽しい指輪作りをありがとうございました。 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

いいリズム。お二人と過ごした時間。結婚指輪デザイン作りの思い出。#屋久島でつくる結婚指輪

 

始まり編

春の祝福に包まれて、 新しいジュエリー作りが始まる! 屋久島で出会った友人に届ける結婚指輪

 

屋久島より東京へ 新しい結婚指輪作りが始まりまりました #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の今を伝えたくて、これからお届けするサンプルリングを庭先に咲いた百合と一緒に並べる。

花が風に揺られて甘い香りが漂う。

 

サンプルリングはプラチナとゴールドのコンビネーションデザインを中心に。

リング幅を2.0mmから4.0mmまで、スクエアシェイプ から徐々にラウンドシェイプ までのバリエーションを揃えました。

 

彼女とは初めて出会ってからもう10年近くになるのかと思うと、じーんと感慨深い。嬉し涙。

これから島の友人との指輪作りが始まります!

 

雨上がりのしずくギャラリーへ。ギャラリーはしっとりとした屋久島の湿度がよく似合う。

白い花が素敵に咲いていたのだけど、これはそろそろ草刈りをしなくてはと芝をチェックしていると、

白い小花がたくさん咲いていました。

よく見るとところどころに、ポコポコと広がってる様子が可愛くってたまらない。

このは花も10年近く前にノースサイドに暮らす友人にいただいた苗が根付いたヒメイワダレソウ。

 

ギャラリーはただ今クローズしていて、結婚指輪やオーダーメイドのご相談を、予約制にて承っております。

しずくギャラリー 営業日変更のお知らせ

 

もう少しはこのままでいよう。

これまで数え切れない出会いのあったギャラリーを霧の中で見つめている。

 

 

しずくギャラリー

屋久島でつくる結婚指輪

 

 

屋久島での出会い、オーダーメイドの思い出。シャンパンゴールド、お揃いの結婚指輪をつくる。

18k champagne gold “wave ring”

 

島のリズムを感じて作った結婚指輪。

素材はお揃いのシャンパンゴールド。

少しずつ微妙なバランスを変化させながら、彼と彼女のオリジナルに仕上げたリングで、これまでお二人とLINEで交わしたデザイン話が蘇る。

リングはゴールドの地金をバーナーで焼きなまして、叩いて曲げて、また火を当てて接続、ヤスリでガリガリと造形を進めてゆきました。

じっくりと。昔から変わらない手作業です。

 

作業はここから先へと進む工程を控えているのだけど、

リング自体の造形はここでひと段落したので、一旦じっくりとここまでのリング作りを眺めてみよう。

 

お二人とお会いしたのは3月のしずくギャラリーでした。

春の合図、しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。夕暮れ時、屋久島サウス、プラチナリング。

屋久島でお仕事をされていた彼女と、島を発つことになって彼女を迎えに来てくれた彼。

庭では春の花が咲き始めて、希望に満ちた時間だったなあ。

 

ギャラリー横に流れる小川の音や植物の緑色も、空の広さも、あの時の色々がみんなわたしたちに伝わっていて、指輪のデザインにも波及しているのだと思うと、この小さなリングにどこまでも大きな広がりを感じずにはいられない。

 

そして、この先お二人の手に届いてからまた新しい物語が広がるのだろうと、

一滴の雫がやがて大きな波紋を起こすようなイメージを思い浮かべている。

 

もしかすると、お揃いのものを持つことって、場合によっては結婚指輪だけなのかも。

 

同じように柔らかなカーブを与えた2本のリングを重ね合わせると、ピタリ。

出会うって素敵です。

 

最初はシンプルなラウンドシェイプ にする予定だったけど、相談会の最後に切り込み模様のデザインが目に入って、「あ、これ素敵ですね!」ときらめきを得た瞬間もありました。

 

今となってはデザイン作りの色々も、かけがえのない思い出です。

 

作業が落ち着いて、ひと休みの雨。

しずくのポツリポツリに癒されたー。

奄美まで梅雨入りしているので、こちらもそろそろかなという雰囲気です!

屋久島は雨の量も木々の営みも勢いが圧倒的で、自然主役がですものね。

せっかくなので、その一部になってジュエリー作ろう。

そちらもそろそろ雨でしょうか?皆さまも素敵な1週間を♪

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

制作編

自然のリズム×シャンパンゴールド。屋久島の5月に包まれてお二人の結婚指輪をつくる。

 

出会い編

春の合図、しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。夕暮れ時、屋久島サウス、プラチナリング。

自然のリズム×シャンパンゴールド。屋久島の5月に包まれてお二人の結婚指輪をつくる。

雨の季節が近づいてきている。

そして、これからは植物たちから一層目が離せなくなってくる。

庭の紫陽花も咲き始めたし!

この島に暮らしていると、信じられないほど大量に降り続く雨の中での成長がむっちゃダイナミックだからなのです。

 

綺麗に磨き上げて、太陽の光の下で眺めていた彼女のリング。

屋久島の5月に包まれて進めているお二人の結婚指輪作りは折り返し地点に。

お二人とお会いした3月のしずくギャラリーが懐かしい。

 

このリングはこの1週間で作り上げたものだけど、

お会いした時からここまで言葉を交わしながら、長い時間を重ねて出来上がったデザインなので、世界にひとつだけのものになるだろう。

そう思うと、このリングが小さいけれどキュッと重みを感じられて、なんだか感激。

 

左側の太い部分は2.1mmで、右側に向かって細くなり1.5mmとなります。

こうするとリング全体に抑揚が現れて、つけたときにリズム感が生まれるのです。

婚約指輪と一緒につける時は細い部分が重なり合うようにするとすっきりと収まって佳い。

 

リング全体を包む大きな波があって、もう一つ、表面に波の切り返し模様がある。

太さの抑揚も相まって、いくつかのリズムが小さなリングの中で重なり合っている。

 

それはまるで小さな自然のようでもあって、

いくつもの関わりがあって、穏やかなバランスを生み出しています。

 

思えば、とってもシンプルな循環ではありますね。

島の自然の中で暮らして→感じて作る→ジュエリーが出来上がってそれが自然の一部となる。

 

さてさて、

アトリエでは彼のリングの造形作業が始まっておりますよ!

 

ここからは一気に仕上げ作業まで進めていこう。

彼女のリングを横に置いて、

あとはヤスリとオレだけで、

携帯電話を裏返しにして笑、

目が疲れたら窓の向こうに山々を眺めて、

 

イメージは頭の中にあるものの、一度だけの作業はやはりライブ感がむっちゃある。

なんだか少し名残惜しいような気もするな。

小さなリングを前に、いつものようにドキドキしていた。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

二人の想いがかたちになる。シャンパンゴールド、オーダーメイドの結婚指輪作り。 #屋久島でつくる結婚指輪

二人の想いがかたちになる。シャンパンゴールド、オーダーメイドの結婚指輪作り。 #屋久島でつくる結婚指輪

ここ最近、新しく始めたことの中で気に入っている、毎朝の野菜チェック。

1日でむっちゃ育ちます。

今朝はトマトの花が咲きました。赤いトマトなのに黄色い花、というのも初心者的に純粋な感動だった。これをいつか食べられるのだからもっといい。

 

そして、トマトもインゲンもかぼちゃもキュウリも、実のなる野菜はどれも全部楽しみであるけれど、すぐにパッとできる葉野菜たちも最高。

お気に入りはバリッバリッの食感だなあと思う。

ほんの数種類だけだけど、きちんと個性的な味わいがあって、でも、合わさると調和を奏でるところも好き。

ささやかな幸せが毎朝の食卓に広がる心地は、畑に囲まれた育ちの裕子さんは体験してきたようだけど、ここでようやくわたしも仲間に入れてください。笑

 

日々のささやかな幸せって、ジュエリーを作ってると、ふと感じられるフィーリングでもあって、

とくにオーダーメイドの結婚指輪作りは。

お二人とのデザイン作りもそうだし、島で進める制作も。

ふわりとあたたかな心地に包まれるのだけど、今日もまたそんなジュエリー作りのお話。

二人が共に歩む時間。すらりと繊細に、シャンパンゴールド結婚指輪を作る。2020年、屋久島サウスの白い百合。

屋久島サウスで満開となった百合に囲まれて、海の向こう、神奈川に暮らすお二人に届ける結婚指輪を作っています。

左が彼のリングで、右側が彼女のリング。

お二人ともお揃いのシャンパンゴールドを選んでくれました。

彼のリングに続いて彼女のリングにも緩やかなカーブを施して、ここで1幕目が無事完了。

 

いよいよ二幕目はそのアウトラインに造形を加えることになりまして、

長さ約21cmほどの鉄鋼ヤスリを手に、お二人とのデザイン作りの色々を思い出していた。

彼と彼女とギャラリーで交わした言葉があったり、海を隔ててLINEで交換した膨大な文字があったり、時間や言葉がかたちとなるのだから、オーダーメイドの結婚指輪作りは面白い。

緩やかなカーブと抑揚を少しつけて、全体的にすっきりと細身で、キラリと鏡のように光沢があって、、、

「彼が選んでくれた婚約指輪と合わせたいので」と言ってくれた彼女のリングです。

ヤスリを動かすうちに、言葉の向こうにある想いが伝わってきて、それがさらに作業の手に伝わっていった。

ここまで一気にいきました。

うん、いい具合です。

集中しすぎてキューっとなってしまったので、ここで少し手を休めましょう。

海まで歩いて、ずっと遠くを眺める。

なんとなく今日の夕暮れ時の色に似ていたシャンパンゴールド。

波の音もまだ体に残っている。

鉄鋼ヤスリを紙やすりに変えて、もう少し。

最後の仕上げ作業を進めることにした。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

出会い編

春の合図、しずくギャラリーで結婚指輪の相談会。夕暮れ時、屋久島サウス、プラチナリング。