Blog

3.0mm and 2.5mm square with hammered texture in platinum and yellow gold

material: platinum900, 18k yellow gold
size: 2.5mm wide and right 3.0mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

おふたりの大切な景色を映してつくる。屋久島の祝福に包まれた[プラチナ×ゴールド結婚指輪]

1.9mm and 2.2mm wave ring in 18k pink gold with original cutting line

material: 18k pink gold, diamond
size: 1.9mm wide and right 2.2mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

黄昏時、夕焼け色だったピンクゴールド。 “wave ring” 屋久島の海をモチーフに結婚指輪を作りました。

2.0mm and 2.3mm platinum with hammered texture #屋久島でつくる結婚指輪

material: platinum900, diamond
size: 2.0mm wide and right 2.3mm wide

Delivery time is within 2 months.
Make by custom, One-of-a-kind .

こちらの作品はサイズを合わせてオーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約2ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島のアジサイとプラチナリング 。 雨の季節に作り進めたお二人の結婚指輪が出来上がりました。

夏×ゴールド×ダイヤモンド!屋久島の雨をモチーフに作りました“しずくのブレスレット”と“雨上がりの指輪”

アトリエより、夏のジュエリーチョイス。

屋久島の雨のキラキラをモチーフにして作りました。

ゴールドとプラチナ、ダイヤモンドを組み合わせたジュエリーです。

 

今までもずっと作ってきているのですが、

繊細でキラリと輝くものが大好きで、

ゴールドやプラチナ、ダイヤモンドを使った軽やかなジュエリーに魅せられています。

 

“しずくのブレスレット”と“雨上がりの指輪”は屋久島の雨をモチーフにしたジュエリーです。

屋久島の雨、夏の雨はザーッと激しく降ってピタリと止むスコールのような雨で、1日のうちに何度もそれを繰り返します。

 

その中でも特にお気に入りが雨上がりの時間。

しずくとひかりいっぱいの世界に影響を受けて、たくさんのデザインが生まれました。

 

夏に間に合うように!と声をかけていただいて作ったブレスレットと指輪です。

ゴールドやプラチナ、金属の種類やダイヤモンドの数をアレンジしてみるのも素敵ですね。

 

 

お問い合わせ
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

しずくのブレスレット 18k yellow gold, platinum, diamond

¥75.600.-

 

雨上がりの指輪 18k yellow gold, diamond

¥302.400.- (ダイヤモンド一周18個の場合)

素材とダイヤモンドの数をご自由にお選びいただいて、オーダーメイドでお作りいたします。

じんわり幸せだった。屋久島の海とジュエリー作りと、あとパンも。

届き始めた台風うねり。

いつものビーチに向かうと、

久しぶりに仲間達も集まってきました。

海とジュエリー作りと、あとパンも。

じんわり幸せだった

いつもの屋久島時間でした。

屋久島の海、空 屋久島海とジュエリー オーダーメイドマリッジリングのインスピレーション 屋久島でつくる結婚指輪 食パン 手に 屋久島日々の暮らしとジュエリー 屋久島でオーダーメイドマリッジリング

 

おふたりの大切な景色を映してつくる。屋久島の祝福に包まれた[プラチナ×ゴールド結婚指輪]

出来上がった結婚指輪を海の向こうに送り出す朝。

木漏れ日の下でリングを眺めていると

七色の光が現れては消えてを繰り返し始めた。

 

朝のあたたかな光。

キラキラと輝く指輪の表面に差し込む虹色。

夏の音。

まるでお二人の指輪が屋久島の祝福を浴びているようだった。

 

ご結婚おめでとうございます!

素敵だった朝、その20秒をお二人に。

 

3.0mm and 2.5mm square with hammered texture

 

彼のリングはプラチナで。

彼女のリングはゴールドとプラチナのコンビネーションで。

表面をキラキラと輝くように金槌でコンコンと叩いて仕上げると、

オブジェのようなお揃いの指輪となりました。

 

表面の輝きは

お二人が屋久島旅で出会った、水にまつわる時間をイメージしてデザインしたものなのですよ。

 

素敵だった思い出を映すように、

お二人と相談を重ねて作り上げたイメージが二つのリングとなって本当に嬉しい!

屋久島の自然を表現するように作ったスクエアシェイプ の結婚指輪です。

 

水のキラキラ

水のたゆたい

 

屋久島に暮らすわたしにとっても馴染み深く、大切な景色があります。

きっとお二人も水に囲まれた屋久島の時間に魅せられたのだろう。

作業中はお二人とわたし、大好きな屋久島で繋がるご縁を感じながら机に向かっていました。

 

最初はもちろん、初めまして!からだったけど、

海を越えてのやりとりも今となっては楽しかった思い出ですね。

指輪を介してお話を進めるうちに、お二人のハッピーが伝わってきて、

わたしも幸せな気持ちに包まれました。

 

終わりの始まり。

なんとなく名残惜しいような気持ちもありますが、

新しく始まったお二人の時間におめでとうございます!

偶然のようで必然のようにも感じた出会いに感謝しかありません。

きらきら鏡面仕上げのプラチナとゴールド

この暑さのせいか、

手に取ると、ひんやり冷たくて、一層心地よく感じました。

いよいよ夏本番ですね!

楽しかった指輪作りにありがとうございます。

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

手作業が有機的な質感をつくる。南国 屋久島でつくるプラチナ、スクエアシェイプ結婚指輪。

 

始まり編

屋久島ー京都、しずくギャラリーのモンステラに囲まれて結婚指輪の相談会。今年最初のパッションフルーツ!水面の表情を描く結婚指輪作り。

手作業が有機的な質感をつくる。南国 屋久島でつくるプラチナ、スクエアシェイプ結婚指輪。

屋久島のチョウチョ、ハイビスカス 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪 場面2 屋久島のチョウチョ、ハイビスカス 屋久島日々の暮らしとジュエリー オーダーメイドマリッジリングのモチーフ 屋久島でつくる結婚指輪

ここ数日でチョウチョがたくさん飛ぶようになってきた。

それにつられて、ハイビスカスを見上げる時間が長くなった。

眺めていると、彼らにもコースのようなものがあって、

ぐるりと回って何度も戻ってくるんです。

 

アトリエもそうだけど、島の特に南部では生垣にハイビスカスを植えるのが主流で、

窓の向こうにいっぱいのハイビスカスを眺めては、

今年もまた、ああここはやっぱり南の島なんだなあと実感していました。

 

今指輪を作ってるお二人もサウスに滞在してたと聞いたので、

ハイビスカス南国風味だったのだろうか。

そんなことを思いながら、今日も指輪作り進めていました。

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島ジュエリーのアトリエ プラチナの指輪 屋久島でつくる結婚指輪 

表面を金槌で力一杯、何度も何度も叩いて凸凹を施したプラチナリング 。

指輪に表情を与える大切作業だったので、

うまくいってホッと一息。

 

一度だけの作業は緊張感あるけど、

一つだけの模様が出来上がって、最高に嬉しかった。

 

このままではまだ荒さが残っているので、

ここから細部に手を加えてスッキリ、美しく仕上げていこう。

 

 

お昼ご飯 屋久島日々の暮らしとジュエリー

お昼ご飯はニンジンのきんぴら丼といたしました。

 

シンプルなきんぴらを作っておいて、ご飯の上に海苔を散らして、きんぴらを。

さらにその上に温泉たまごをのせて、そこに醤油を少し。

ランダムに混ぜていただくのがヤング流であります。

(温泉たまご乗せシリーズは得意とするところなので、続編もお楽しみに♪)

 

オーダーメイドマリッジリングの制作風景 屋久島緑バック プラチナの指輪 屋久島でつくる結婚指輪

そして、いよいよメンズのリングが完成!

手作業が有機的な質感を作ってくれました。

スクエアシェイプ のスタイリッシュな指輪です。

 

出来上がったばかりのプラチナリングを窓側の光で眺めていると、

降り始めた雨のしずくがリングに宿った瞬間。

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

屋久島、雨の日、ジュエリー作り。おふたりの大切な景色。シンプル スクエアシェイプ、結婚指輪の個性とは。

屋久島、雨の日、ジュエリー作り。おふたりの大切な景色。シンプル スクエアシェイプ、結婚指輪の個性とは。

今朝の雨はなかなかすごかった!

部屋の中にいても

ザザザーっと激しい音が鳴り響いていて、

まるで水の分厚い膜に包まれてるようだった。

いやいや、ホント、今年はよく雨が降る屋久島であります。

 

でも、島の雨は穏やかな気持ちにさせてくれるのはなぜだろう。

ざあざあ雨音を聞きながら作業机に向かっていると、

ワクワクしている自分に気がついた。

雨が降ると、ジュエリー作りですね。

 

platinum and 18k yellow gold bimetal ring

 

プラチナとゴールドを組み合わせたコンビネーションリング。

お二人が旅で訪れた屋久島で出会った景色があって、

素敵だったその時間を映すようにと、

結婚指輪を作り進めています。

 

こちらは先日出来上がったレディースのリング。

このキラキラ感がお揃いになるようにと、イメージをしっかりと抱きつつの、

今日からメンズのリング作りが始まりました!

 

platinum900

 

レディースのリングはゴールドとプラチナのコンビネーションでしたが、

メンズはシンプルにプラチナ単一の素材を選びました。

 

スクエアシェイプ 、リング幅3.0mm、サイズ13.2号。

 

シンプルなスクエアシェイプのリングといっても

それは様々なスタイルがありまして、

シンプルであればあるほどに、作り手やデザインに関わる人の個性が浮き上がって出来上がるものなんです。

 

シンプルなスクエアシェイプ のリングは、

ケーキでいうとショートケーキだし、

中華でいうと焼き飯、というのは今までも何度も言ってまいりましたが、

シャツでいうと、白シャツなのかもしれません。

 

そして、ここから細部に個性を与えてゆくのですが、

その道具となるのが鉄鋼ヤスリ1本。

道しるべとなるのは、お二人からいただいたお手紙や、お二人と一緒に作り上げたイメージを置き換えた、たくさんの数字。

 

この暗号めいた数字を眺めてたら、

これまでお二人と一緒に進めたデザイン作りの時間が思い出されて、

屋久島があって、お二人がいて、わたしのジュエリーがあって、

出会いというのは不思議なものだなあと、

今この一瞬がかけがえなく感じました。

 

今日の雨上がり。

一瞬、雨が弱まったのを見計らって庭に出てみると、

チョウチョもたくさん集まってきた。

雨は降りますが、もう屋久島は夏本番!

 

すっきりと、しっかりと、

プラチナリングは抱いたイメージ通りに造形が進み、

レディースのリングと同様、表面にキラキラ模様を施すために金槌を手に取った。

 

そして、続きはまた明日のお楽しみに!

これがいよいよ最後の大作業となって、

なんだかグッときています!

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

制作編

屋久島の夏。一度っきりの作業、世界に一つだけの模様。ハンドメイド結婚指輪作りの面白さとは。

 

*おまけ

夕方遅くなるまで作業を続けてしまうのですが、

まだ晩御飯には早いけど、小腹が空いちゃった!

おやつ的なもので、でも、しょっぱいものが食べたい時ってありませんか。

子供の頃の記憶だと、

アメリカンドックみたいな味。

今日はパンケーキミックスを使ってキウリのサンドを作ってみました。

万能の優等生、“田舎パンケーキミックス”を我が家では愛用しておりまして、

こちらを水で溶いて、フライパンを二つ用意して、そこで薄ーく焼きます。

 

片面焼いてひっくり返したら、片方に取りけるチーズをぱらり。

チーズが溶けるまでにキウリをスライスしておいて、

チーズが溶けた頃合いを見て生地をフライパンからおろし、

そこにスライスしてチーズを並べて塩胡椒。

もう片方の生地を上からのせて、完成です。

 

“田舎パンケーキミックス”は

水だけでといて、いつもよりもやや強火で短時間焼いたらパリッと香ばしく仕上がりました。

4つほどの大き目サイズに切って、がぶりと召し上がれ。

 

 

 

黄昏時、夕焼け色だったピンクゴールド。 “wave ring” 屋久島の海をモチーフに結婚指輪を作りました。

お二人の結婚指輪が出来上がったら、その指輪を持って海に行こう!

ずっと前からそう決めていた制作がありました。

 

彼女のリングに小さなダイヤモンドをセットして、

長く続いた指輪作りもいよいよ完了!

夕暮れ時、いつものビーチに出かけたんです。

“wave ring ”18k pink gold, diamond 

 

波のリズム。緩やかなカーブ。ダイヤモンドの輝き。

ピンクゴールドで作りました。

彼と彼女、お揃いデザインの結婚指輪です。

 

波打ち際でリングを手に取ると、

やはりというか、

とても自然に海にマッチしていて!

 

「水がテーマで、流れを感じるようなデザインの結婚指輪を作りたくて」

2月にお二人がしずくギャラリーに来てくれた時、

彼女がそう伝えてくれたんです。

 

あれから春が過ぎて、いよいよ夏になったのだなあと

短かったけど楽しかった、指輪作りののいろいろを思い出していると、

どんどん日が深まってゆき

あたり一面がオレンジ色に染まった。

黄昏時、

夕焼けのような淡赤色だったピンクゴールド。

2本のリングがまるで屋久島の部分みたいだった。

 

わたしも大好きな海をモチーフにした“wave ring”は、これまで何度も作ってきたのですが、

お二人のスタイルやおこに見に合わせてお作りすると、

新しい指輪が出来上がって、いつも新鮮な喜びがあります。

 

彼女が1.9mm彼が2.2mm

有機的で流れるようなアウトラインは自然のリズムにぴったり。

 

すっきり細身でも、

しっかりとした存在感があるのがゴールドの魅力であります。

 

リング真ん中から左右に広がる切り込み模様が見えますでしょうか。

ポジションや大きさ、お揃い具合。

細部のスタイルにはこだわりました。

 

つい先日までそうだったのに、

3人で打ち合わせを重ねた日々がもうすでに懐かしく感じます。

 

そして、彼女のリングには一粒のダイヤモンドをセット。

海の飛沫なのか、夏の光なのか、

この石にはどんな想いが込められているのだろう。

今度お会いした時に聞いてみよう。

 

楽しかった指輪作りにありがとう。

おめでとうございます!

今度は海の季節に屋久島にいらしてくださいね。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

 

オーダーメイドのご相談はこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

 

 

制作編

雨音聞きながら結婚指輪の相談会。そして海へ。屋久島スタイルでマリッジリングをつくること。

始まり編

お二人の指輪を今、作りたい!屋久島の深い緑と雨とピンクゴールド 今日から結婚指輪作り編です。

summer! ring! summer!

朝の木漏れ日も、食べごろになったパッションフルーツも、夕暮れ時仲間と入った海も、

気がつけば、島全体が夏色になっていた。

夏になれば、お気に入りのこれ!ってありますよね。

みなさま素敵な週末を!

ハッピージュエリーでいきましょう。

 

お気に入りの木漏れ日。

出来上がったばかりのコンビネーションリング。

 パッションフルーツは半分に割ってそのまま食べたり、

朝のスムージーに入れてみたり、

夜はバニラアイスクリームに乗せて食べてりしています。

毎年友人が畑から採れたてを持ってきてくれるんです。

いつものビーチ。7時を過ぎてもまだまだ波に乗れた日。

夏は作業を終えて、1日の終わりに海に行くのがお気に入り。

ジュエリー作りで生まれた端材は溶かして、あたらに配合して、

次のジュエリー作りの素材となるのですよ。

ハッピーが広がりますように!

 

屋久島の夏。一度っきりの作業、世界に一つだけの模様。ハンドメイド結婚指輪作りの面白さとは。

朝、海に出かけると、

子供達が集まってスイカ割りをやっていた。

ああ、もう夏なのですね!

今年はまだ屋久島も長い長い梅雨の中にあるけれど、

もう7月も半ばに差し掛かりました。

 

ここはオレもとばかり、

海からの帰り道に鬼塚農園さんに立ち寄って

小ぶりのスイカを買い求めた。コンコン。

 

今年最初のスイカを半分、裕子さんとペロリといただいて、

からの今日の指輪作りです。

屋久島で出会った水面と夕焼け空

お二人の時間を映すようにと進めている結婚指輪作り。

 

彼女の指輪はコンビネーションのデザインとなるのですが、

そのベースとしまして、プラチナとゴールドの2本を作りました。

こちらはそのうちの一本。

 

リングの表面をピカピカに磨き上げて、

金槌の表面も同じくピカピカにして、

ここからがいよいよ本番となるところであります。

 

プラチナリング の表面を金槌でコンコン、コンコンと叩いて

さらに何度も何度もコンコンと力一杯叩き続けると、

表面に有機的なデコボコ模様が現れた。

一度っきりの作業。

世界に一つだけの模様。

ハンドメイドの面白いところって、

微妙な揺らぎも含めて、その瞬間すべてが装飾になるところだと思う。

 

お二人が屋久島で出会った水のキラキラもそうなのかな。

今、ここにしかないものって、

儚いのにどうしてこんなにも力強いんだろう。

 

出来上がったプラチナリング とゴールドリング を重ねてみる。

 

このリングを二つに分割して、ここは大胆に!

2本のリングをつなげるイメージ。

ここからさらに慎重な作業は続いて、

途中、キュッとなりすぎたので、

庭のハイビスカスを眺めてふわりとしていたら、

チョウチョもふわりとやってきた。

今日もありがとう屋久島。

そしてそして、

1日の終わりにコンビネーションリングが生まれましたよ!

ここまでお二人と一緒に作り上げたイメージが初めて形になって、

最高に嬉しかった瞬間。

 

初めて生まれたデザインは、

もちろん初めて作るデザインで、

制作の過程は大冒険みたいな道のりだけど、

進むこと自体に満ち足りた時間を感じています。

一歩一歩いこう!

 

制作編

屋久島で出会った水面と夕焼け空。プラチナ×イエローゴールド コンビネーションの結婚指輪作り。