Blog

シャンパンゴールドと屋久島の出会い。山リング!オーダーメイドでお届けする結婚指輪 #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の夏の中で眩しかったシャンパンゴールド。山々の稜線をモチーフにした結婚指輪なのだけれど、庭先に咲くハイビスカスとの出会いも有機的で最高だった。そして白は彼にとても似合合っているような気が。

そう、彼とは紫陽花の季節に種子島でお会いできた。ずっと夢だった旅スタイルの相談会にお付き合いいただきましてありがとうございました!

屋久島でつくる結婚指輪, 種子島へ

あれから梅雨を超えて台風シーズンに。お隣どうしで、同じ季節を分かち合いながら歩む結婚指輪づくりはいつも楽しい。

種子島ー屋久島 出会い繋がる結婚指輪作り。シャンパンゴールドといつもの夏 #屋久島でつくる結婚指輪

意外かもしれないのだけれど、結婚指輪を1本でお作りすることはときどきある。それぞれのお好み合わせてなのか、あるいは以前にプレゼントしたリングを大切にしたかったのかもしれない。指輪選びのスタイルは自由になってきたのだと思う。お二人の物語から生まれるお二人だけの結婚指輪、ということだろう。お二人にはどんなストーリーがあったのだろう。またいつかお会いできたら聞いてみたい。

 

さて、台風接近中の屋久島サウス。雨が強く降ったり止んだりの天気が続いているけれど、そんな時の島はドキリとするほど美しい瞬間がある。空気がこのクリアな空気感を彼も知っているだろうなと思いながら、雨上がりのキラキラの中でリングを眺めたひとときを振り返ってみたい。

しかしながら暑い夏だ。

ハイビスカスの木陰を見つけてそこで眺めてみる。シャンパンゴールドの色合いが緑の中に溶け込んでいる。島の祝福を受けて静かに輝いているようにも見える。いっそう有機的に感じられるのは彼がリクエストしてくれたマット仕上げのおかげだろう。屋久島と静かに響き合っている。

表面を渡るラインの力強さ、柔らかな抱擁と。山々の稜線をイメージしてオーダーメイドした彼のリングだ。

そして、また雨。

シンプルで、つけ心地優しいリングに仕上がったと思う。昔ながらの手作業で、じっくりと時間をかけて作りました。

新しく始まったお二人の暮らしに寄り添ってくれますように。ふとしたタイミングに何気なく、シャンパンゴールドの柔らかな輝きと響き合う瞬間があると嬉しい。

旅から始まった指輪作りもいよいよひと段落に。山サイドには大きな虹も現れた!

虹に出会うとなんだかいいことありそうな予感がいっぱいになる。ほんの数時間だったけれど、海を越えて会いに行って彼とご一緒できた時間を想う。

そしてお二人の新しい時間が刻まれてゆく。

 

いつか、次は屋久島でリングと一緒にお二人とお会いしたいですね!

楽しい時間をありがとうございました。

ご結婚おめでとうございます!

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

台風days #屋久島日々の暮らしとジュエリー

サウスからノースへ。台風が接近するなか、島の中を毎日のように移動している。空がとてもクリアになるのは台風前後のギフトのように思う。そして大雨の中でアトリエで静かにおやつをいただく時間も。

気がつくと7月も残りあと二日なのか。あと半分くらい!と名残惜しく思いつつ、残りの充実を誓うのもずっと変わらない夏だ。

今朝はノースの山際に大きな虹を見た。みんな車を走らせながら虹を指差して笑っている。なんだかいいことありそうな1日の始まりだった。

さあ、8月はこちらアトリエでは相談会の予定もいくつか。ジュエリーも変わらずマイペースで作ってゆく。どうぞ皆さまも素敵な日々をお過ごしください。

お選びいただいたジュエリーのメンテナンス、お修理につきまして

Kei Nakamura Jewelleryでは、お選びいただいたジュエリーを永く美しくご利用いただくために以下のアフターサービスを用意しております。
・磨き直し(ポリッシング)、仕上直し(表面加工のリフレッシュ)お渡しから無期限、無償にて対応。(送料のみご負担いただきます。)
・サイズ交換(調整) お渡しから1年以内、無償にて対応。(送料のみご負担いただきます。)
・チェーン切れ、その他消耗に対する部品交換 有償にて対応。

ご購入いただいたKei Nakamura Jewelleryの作品の修理や点検につきましてはメールにてお問い合わせください。

hp@kei-jewellery.com

日々の暮らしの中で指輪できる小さな傷は、お二人が過ごしてきた時間の証のようで愛おしく感じることもあります。けれども、表面に磨きをかけるとまた元通りの輝きを取り戻すところも金属の素敵な特徴だと思います。

長くお使いいただいて、お磨き直しをして、また長くお使いいただく、そのようなリズムを繰り返すうちにジュエリーは味わいを増してゆきます。長い時間もまた一つの装飾となり、ジュエリーは世界に一つだけのになるのかもしれません。

実は、お選びいただいたジュエリーが日々味わいを増してゆく時間に、このようなメンテナンスの作業を介してお付き合いをさせていただけることも私自身の楽しみになっているのです。

一人きりで行っているオーダーメイドの作業ではありますが、ジュエリー作りを行っている間は、わたし自身の手でメンテナンスの作業をさせていただきますので、何かあればぜひお声がけいただけると嬉しいです。

 

お預かりしてからは数日か一週間ほどでリフレッシュしたジュエリーをお返しすることになりますが、どんな作業をしているのかは確かに気になるところではありますね。

今日はちょうどお預かりしていた2本のリングのお話を。

左側が彼女のプラチナ。右側が彼のシルバー。結婚指輪にとオーダーメイドのお声がけをいただいたリングです。

今回は彼のリングのサイズお直しをご依頼いただいて、久しぶりに屋久島に里帰りとなりました。

彼のリングはサイズお直しを完了して、表面を磨き直してマットな質感に整え、仕上までげを終了しています。

「せっかくなので、彼女のリングも一緒に送ってください。お磨き直しやりますから!」とお伝えして同封いただいたプラチナリング。よく見ると表面に小さな傷がたくさんついているのがわかりますか?

暮らしの中でお使いいただくものですから、お仕事だったり家事だったりで、リングは特に経年の変化を反映しやすいように感じます。

でも、大丈夫。お任せください。

彼女のリングも紙やすりを使って、荒い番手から細かい番手へ、ざっとお磨き直しをしてまいりますよ!

どうでしょう。つるりとした表情が現れました。数年前の質感に戻った感じでしょうか。リフレッシュできてわたしも嬉しい。

小さな傷は全て消えているのですが、大きめの傷はあえて残すように仕上げたのも良かったなと思っています。リングについた傷もまた、お二人が歩んだ時間の印のようなものですからね。

これからもどんどん味わい深くなってゆきますように。ずっとお手伝いさせていただけると最高です。

指輪をお届けして、お二人がご結婚されてもう4年が過ぎたのか。ほんと色々あり過ぎて濃密な日々だったな。こんな時だからこそ大切にしたいお付き合いがあるなと、最近はしみじみ思います。いつも本当にありがとう!

そしてリングは海を渡りお二人のもとに。いつかまた、忘れた頃にお磨き直しのご連絡をいただいて、近況なんかをお伝えいただけると、とても嬉しい!

金属で作ったリングは私たちよりもずっと長くあり続けるのだからすごいです。金属の長い時間軸を思うと果てしない気持ちに包まれます。今こうしてお二人に出会えた奇跡に感謝します。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の夏、癒しの指輪作り。小さな宝物みたいなピンキーリング。#屋久島でつくる結婚指輪

小指につける小さなリングをピンクゴールドで作ったら、そこにキュッと凝縮された自然のリズム。とても気持ちいい。

「ピンキーリングは軽やかさが大切ですよね、あと、宝飾品のクオリティーも。」彼女とは大切な言葉をたくさん共有しながらオーダーメイドの作業をともに歩んでいる。小さな宝物のようなリング作りだ。

屋久島の夏、癒しの指輪作り。オーダーメイド、大切な付け心地とは #屋久島でつくる結婚指輪

なかでも、デザインのテーマとなる海は制作中にもよく眺めていたなあ。ふとしたときに、何気なく、海の情景を眺められるのが島暮らしの素敵なところだと思う。

光溢れる、ふわりとした海が好きだ。

波のような、水平線のような。この世界に漂う響きがある。あるいは音もそうなのかもしれない。波は重なりあい共鳴して砕けたり、そしてまた生まれたり、心だってきっとそうだろう。なんだかとてもふわりとした印象なのだけれど、それは実に確かなものであって、響きは形を留めないこともあるし、留めることもある。たとえば雨の雫のようにそしてこの小さなリングのように。

この美しい情景も今、わたしとどこかで響き合っているのだと思うと、とても穏やかな気持ちに包まれる。支えられている気がする。この印象がジュエリーになってどこまでも広がりますようにと願いながら、屋久島の夏を眺めている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の夏、癒しの指輪作り。オーダーメイド、大切な付け心地とは #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。リングの内側は丸く緩やかなカーブを描くように削り出した。つけ心地柔らかになりますように。そして造形作業もあと少し。

気がつけば彼女との指輪作りも折り返し地点を過ぎたようだ。制作自体はある意味儚く過ぎてゆくのだけれど、デザイン作りだったり出来上がってからのお付き合いもまた、オーダーメイドならではの充実した時間だと思う。

屋久島の夏、癒しの指輪作り。ハイビスカスの下でピンクゴールドを眺めた。#屋久島でつくる結婚指輪

たしかに、ジュエリーは身につけるものなので、身体的なフィット感は一番大切にしていたいところ。なんとなくではあるけれど、日々確実に伝わってくるフィーリングが自分にぴたりと響き合ってくれると、心地よいものだ。

ずっと長くつけていただけると嬉しい。今日もそんな想いとともに、いつもより少し長い時間軸で。

コンコンコンと、リングに緩やかなカーブを与える。大好きなスタイルで、これまでもずいぶんたくさん作ってきた。造形的に“流れを”感じるところが日本的で良いなとも思うし、カーブが指元にすっと馴染んでくれるところも気に入っている。硬くて冷たい金属のはずなのに、とても有機的な温かみが感じられるのだ。

しかしながら、付け心地だけではまだ完全ではない、というのも正直なところ。

たとえば、庭先で雫を抱くハイビスカスのように柔らかな質感と美しいアウトラインとを同時に備えている、そんなジュエリーをイメージしつつ。作業台の上で小さなタッチをシンプルに積み重ねている。

 

気がつけば7月もあと少しとなっていて驚きではありますが、皆さまこの夏をいかがお過ごしでしょうか?海にとうもろこしやスイカのスタイルでしょうか?夕暮れ時の散歩やドライブも気持ちよく感じられますね。屋久島はノースの海が美しい季節です。

作業終わりに車を走らせてノースの海で波に乗って、帰り道に冷たいミネラルウォーターとヨーグルトをいただきながらサンセットを眺めていた、夕暮れ時のワンシーン。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の夏、癒しの指輪作り。ハイビスカスの下でピンクゴールドを眺めた。#屋久島でつくる結婚指輪

屋久島サウスのアトリエです。造形のひと段落したリングは太陽の光の下でアウトラインを眺めるようにしています。次の工程までに少しインターバルを開けて、一呼吸を置くようにして。

大きくなったハイビスカスの木陰で手に取ったり、

柔らかな夕暮れ時の太陽にかざしてみたり。

彼女が選んでくれたピンクゴールドは鉄鋼ヤスリでガリガリしてくるりとリング状にしたところまでを書きました。夏休みだから、というわけではないけれど、島リズムのスローな制作時間にお付き合いいただきましてありがとうございます!

屋久島の夏、癒しの指輪作り。大地とつながるピンクゴールドのリング #屋久島でつくる結婚指輪

うん、でもとてもいい具合に造形作業は進んでいる。小指サイズの小さなリングではあるけれど、確かな重みを感じられるし。同時にふわりとした軽やかさもある。

ここからのタッチ一つひとつひとつが更なる息吹を与えてゆくところなのだけれど、島のリズムとともに歩んでゆけば大丈夫だろう。チョウチョも飛び交っていたし、きっと。

さて、造形作業は鉄鋼ヤスリ1本を持って、休まず一気に手を動かす。

もちろん、設計図や寸法もある。けれども、ここまで彼女と話してきた物語が大切な道標になっているような気がする。

揺らぎとリズム、時の巡り、今ここにある確かな繋がりと

夕暮れ時、パン屋からの帰り道。

車から降りて海を眺めていて、しばらくしてからようやく虫の音に包まれていることに気がついた。とても大音量なのに、なぜか心地よくて、あることを忘れてしまうのだ。そういえば、本当に美味しいものを食べているときは素材だったり味付けについて考えたりしないものだけれど、それと同じことだろうか。わたしも同じように心の深い部分にタッチするようなリングを造形できるだろうか。これから始まる工程を心の中で先に辿ってみる。

そういえば、彼女は大切な日に海を眺めることにしていると言っていたな。この海も良さそうだ。リングを受け取りに来てくれた時に伝えたい海がたくさんある。

トースターで焼いてバターを塗った食パンと熱いコーヒーをいただいてからの、作業の続きへ。

1日の終わりに、リングの表面に1本のラインが現れた。リングをぐるりと囲む波のような。

毎日つけることが大前提の指輪だから、表現を与えるキャンバスはどうしても小さくなるので、シンプルにそして印象深い揺らぎがそこにあればいいと思います。

小さな印象は日々積み重なって深い部分に響きを与えてくれるから。何気なく、そして永遠に。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

屋久島の夏、癒しの指輪作り。大地とつながるピンクゴールドのリング #屋久島でつくる結婚指輪

夏は1日の始まりが早い。まだ涼しさの漂う屋久島サウスの朝。

山々の稜線を辿り、すぐ近くに現れる海を眺めた。海と森がすぐ近くにある屋久島だ。風もなくて海面は凪いでいる。今日も穏やかな1日になりそうだ。

長い雨を抜けていよいよ始まった感のある夏。海も山も花々も、南国調に染まった色彩に囲まれて、ピンクゴールドのリングを作っている。

屋久島の夏、癒しの指輪作り。ピンクゴールドを手に海に出かけました。#屋久島でつくる結婚指輪

ジュエリーの素材となるゴールドやプラチナもまた、元々は全てこの大地から生まれてきたのだと感じることがある。ピンクゴールドもまた、ハイビスカスやあるいは朝焼けだったり、世界を包む色彩の一部なのだと思うとグッとくる。

もともとジュエリーとは、この地球のかけらを纏うような感覚だったのかもしれない。はるか昔のインディアンの暮らしに思いを馳せてみたりもする。そこでは、大地と繋がっていられるようにと、何かお守りのようにリングを作っていたのかもしれない。

 

さてさて、アトリエです。今日も作っている。癒しが洗練と出合う場所を求めながら。

つけた時にリズムを感じられるように、ピンクゴールドには最初に抑揚を与えておく。鉄鋼ヤスリを使ってガリガリ。

普段に何気なくつけるお守りのようなリングが宝飾の高いクオリティーで作られていると良いな、とずっと感じていた。それが自分自身でジュエリーを作るようになったきっかけだったように思う。

抑揚を与えたピンクゴールドはくるりと巻いてリング状に、ガスバーナーの火を慎重に当てつつ、両端同士をぴたりとくっつけた。こうすると金属は一気に強度を増して硬くなるのだ。小指サイズの小さなリングがもうすでに可愛いくてほっこり。

彼女とは東京の裕子さん個展ですれ違ってお会いできなかったのだけれど、10月の屋久島にリングを受け取りに来てくれる。お会いして出来上がったリングを手にしていただけるのが嬉しい。その頃はもうコスモスなんかも咲き始めているだろうか。夕焼けの綺麗な季節だ。

数ヶ月にわたるオーダーメイドの日々のその1日。今日も屋久島にありがとう。

 

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

海の向こうから届いた玄米コーヒー、カボチャのいとこ煮について #屋久島日々の暮らしとジュエリー

カボチャのいとこ煮を作ったら、海の向こうから玄米コーヒーが届いて癒された。今日はルーペとピンセットを持たないで過ごした日。静かに、心の声に耳を傾けながら。

いとこ煮って、つくるのがなんだか大変に思いませんか? でも大丈夫、さっと簡単につくるスタイルがありますので、皆さまもぜひ!

まず、カボチャを適度な大きさに切ります。最終的にとろりとさせたいので、ここは少し大きめが良いかも。切るのはこれでおしまいです。

次に、僕は分厚くて重たいstaubの鍋を使うのですが、蒸気が逃げなそうな鍋を用意して、切ったカボチャを入れていきます。この時、天然の出汁粉末や生姜など、お好みで入れるのも良いですね。甘さが引き立つように、しょっぱい寄りの味付けに持っていくのがポイントです。

ここでいよいよ“あずきの水煮”の出番です。これは赤飯用に缶詰で売っているのですが、使ってみたらカボチャとの相性もバッチリでした。

小豆は煮汁を別にして、小豆だけを鍋に入れまして、鍋の機密性に合わせて煮汁を入れて最終の水分調整に持っていきましょう!ちなみにstaubの場合はほぼ煮汁なしで、カボチャの水分だけでちょうど良く煮込んでいけます。

ここで、味付けは塩。以上でした笑 火加減は弱火で長くできるとほっこり仕上がるので嬉しいですね。

そして、カボチャに火か通ってきたところで、醤油を少々。水分を調整チェックしながら煮込んでいきましょう。

最後に、蓋を開けて木ベラで天地をざくりと返してあげつつ、煮汁を煮切ってお好みの水分に整えて出来上がりです。

晩御飯の副菜に添えても、コーヒーと一緒におやつにいただいても最高ですので、皆さまもぜひ。

屋久島の夏、癒しの指輪作り。ピンクゴールドを手に海に出かけました。#屋久島でつくる結婚指輪

長く続いた雨が上がると、島は眩しい光でいっぱいになった。夏の花々も咲き始めた。海にも人たちが集まってきた。

ああ、夏はこの夢みたいな儚さなんだよなと南国の情景に癒されつつ、今日は海の向こうに暮らす彼女にお届けする指輪作りの第一歩を。

ところで、最近はよく朝から始まる癒しの巡り、みたいなものについて考えているのだけれど、季節の花々との触れ合いはやっぱり欠かせないなと思う。色も好きだし香りも、それぞれがそれぞれなのに救われる。

思いついたら海に入ったりできるのも屋久島の素敵なところだなと思う。あとは、写真を撮ったり、料理を作ったり、ひたすら表現をすること。もちろんジュエリー作りはそれの大きな一部分だ。

表現活動はそれだけである程度完結できることなのだけど、向こう側に誰かがいてくれると幸せに広がりが生まれる。投げたボールをキャッチしてくれる人がいて、また投げ返してくれるような。むしろそのような心のやりとりに深く癒されているような気がする。

カタチの向こう側にあるもの、そして、カタチのないものが生み出すカタチのあるもの。

さて、作業の前には海に出かけた。彼女にとって大切な場所からこの指輪作りを始めたかったからだ。ピンクゴールドと色濃くなってきたブルーが響き合う。夏の色彩が美しい。今日も屋久島にありがとう。

アトリエに戻ってもまだまだ明るい夏休み感 。さあ、楽しい指作りの始まりだ。金槌でコンコンと叩き、ピンクゴールドにリズムを与えてゆく。朝に眺めた花々や夕暮れ時の海の印象が今もまだ心の中に響いている。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

つながりの指輪 #champagnegold #platinum #屋久島でつくる結婚指輪

material: 18k champagne gold, platinum
size:1.5mm-1.8mm, 2.0mm-2.4mm

Delivery time is within 3 months.
Make by custom, One-of-a-kind.

こちらの作品はサイズを合わせて、デザインをお好みにアレンジして、オーダーメイドにてお作りいたします。
ご注文からお届けまで約3ヶ月。

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

波のリズム、あるいは風のように。シャンパンゴールドとプラチナでお作りしました、コンビネーションの結婚指輪。 #屋久島でつくる結婚指輪

波のリズム、あるいは風のように。シャンパンゴールドとプラチナでお作りしました、コンビネーションの結婚指輪。 #屋久島でつくる結婚指輪

屋久島の情景とお二人の物語、波と風、シャンパンゴールドとプラチナ、そして彼と彼女。出会いそして繋がって、お二人の結婚指輪が生まれました。隣り合うとリズミカルな佇まいもいい。

お二人は屋久島のアトリエにも来てくれたし、南青山でもお会いできた。屋久島の森でのプロポーズからまだ3ヶ月しか経っていないのか!お二人の幸せな時間にご一緒できる濃密な日々にありがとう。

屋久島でお会いしたお二人とは南青山でもご一緒することができました #屋久島でつくる結婚指輪

そして季節は初夏に。いよいよ始まったお二人の結婚指輪作りは森や海の響きとともに。

初夏の屋久島、森の響きとお二人の結婚指輪作り。シャンパンゴールドとプラチナ、風と波、重なり合うリズム。

あの時にお話ししていなかったら、この季節でなかったら、とたまに思うことがある。そう考えると、この小さなリングが無限の広がりを抱いた時間のように感じられて、感謝の気持ちに満たされた。お二人と出会えた奇跡なのだ。

それにしても、ここまで楽しい道のりだったなあと、お二人と歩んだ指輪作りを思い出しながら。お二人のもとにお届けするリングは海の情景とともに眺めることに。

夕暮れ時、いつものビーチにて。

そっとケースを開いてみる。2本のリングが優しい光に包まれた。シャンパンゴールドとプラチナが重なり合って、カールして、波のリズムを描いている。あるいは風のように、とても軽やかに。

彼女のシャンパンゴールドと、彼のプラチナと、それぞれ好きな素材を組み合わせたリングだ。閃いたアイデアをお二人が伝えてくれたのも良かった。「同じ素材だけれど、金属の見え方がお互いで変わるようになりますか?」と。

自然が生み出すラインが好きだ。

2本のリングを重ね合わせてみて、ふとお二人を想う。こんなにもサイズが違っていて、それだけでなんだか心温かになる。バウムクーヘンのようでおめでたくもある。おめでとう、ずっと仲良しで。

シャンパンゴールドはプラチナは質感も色も全然違っていて、チャレンジに満ちた制作だったな。けれども一つになると、ずっとそうだったように自然に感じるものだな、とこれから始まるお二人の暮らしに重ね合わせてみたり。

屋久島の森や海の響きに心を傾けながら、手作業でじっくりと仕上げました。暮らしの中で、ふとした瞬間に、南の風を感じていただけると嬉しい。

水面に映る夕日の色彩はお二人の指輪のようでもありますね。次は水着を持って島に遊びに来てください。またどいつか、こかでお会いできる日を夢見つつ。

ご結婚おめでとうございます。

楽しい指輪作りをありがとうございました!

 

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547

 

動画編

繋がりの指輪 #champagnegold #platinum #屋久島でつくる結婚指輪

島の緑や海に溶けていきそうな繋がり感。シャンパンゴールドとプラチナのコンビネーションはこれまでもたくさん作ってきたけれど、お二人との指輪作りで生まれた新しいデザインをぜひご覧ください。

屋久島でつくる結婚指輪

オーダーメイドのお問い合わせはこちらまで
hp@kei-jewellery.com
tel: 0997-47-3547